山の絶景 3大パノラマ 「白馬五竜 高山植物園」「栂池自然園」「八方尾根」の登山、散策


10月14日 八方尾根(八方池)まで歩く。

山の絶景 3大パノラマ
 
2泊三日、「白馬五竜 高山植物園」「栂池自然園」「八方尾根」の登山・散策の旅 
最終日です。

午前8時 ホテルを出発。観光バスでロープウエイに乗る為に
八方尾根の麓 八方駅(標高 770m)まで行きます。 
因みに、八方尾根と呼ばれる理由は、
白馬連峰の唐松岳から四方八方に尾根が伸びていることで八方尾根と云われている。
八方尾根と云うと、必ず「八方池」と共に背後に迫る白馬 鑓ヶ岳(やりがたけ)
の綺麗な風景が池に映る写真をPRポスターなど、色々な場所で目にしていた。
八方尾根 一番の魅力、標高 2,060mの地点にある神秘の池 「八方池」まで登り、
その姿を写真に撮りたかった。


八方駅からロープウェイ(8分)を乗り、うさぎ平(標高1,400m)に着いた。
そこは、もう先が見通せない雲の中でした。
この場所にあるコロナ・エスケープテラスからの眺望は、
秋の快晴の日は、日本百名山 の11峰が見られるそうだが、
雲の中で周囲 20m位の視界だった。
d0150720_09020972.jpg


うさぎ平から、更にリフトに乗り継ぎ(7分) 黒菱平 鎌池(標高1,680m)に到着。
ここから又 リフトに乗り継ぎ(5分)で八方池山荘のある終点に着いた。
d0150720_09051448.jpg


リフトを降り、八方尾根パンフレットの登山道ルートを確認。
八方尾根 途中の第二ケルン(標高 2,005m)まで二つの登山ルートがある。
右ルート 大きな岩がゴロゴロした登山道
左ルート 山道と整備された木道・階段道
岩がゴロゴロした右ルートを選んで登山することにした。

さぁ~ 八方池(標高2,060m)まで登るぞ !!  と意気込む。
山道は、蛇紋岩がゴロゴロ重なり合っている。
登っても登っても岩、岩、岩。
荷物は、バスの中に置き ぺットボトル 1本所持。
厚手のヒートテック下着 一枚、ゴアテックの上衣を身に着けていたが
登るに従って身体が暑くなってきた。
d0150720_09040960.jpg

まだ蛇紋岩の山道が続くのか。。。と、思っていた地点から、
左右のルートが合流していたので、左ルートで登ることにした。
左ルートは、木道コースが整備され歩きやすい。
往くて奥に第二ケルン(標高 2,005m)、トイレがある。
d0150720_09043213.jpg

第二ケルン(標高 2,005m)まで登って来ると、
曇り空が明るくなり、眺望が開け 荒々しい山の中腹が見える。
左から不帰ノ嶮(かえらずのけん)
Ⅱ峰 と Ⅰ峰 と 白馬 鑓ヶ岳(やりがたけ) 標高 2903m。
不帰ノ嶮は、左からⅢ峰、Ⅱ峰、Ⅰ峰とあるが、山が険しく 登ったら無事に下山できない程に
険しいことから「不帰ノ嶮」と呼ばれているそうだ。

d0150720_09071347.jpg

第八ケルン 標高 2,035m地点を過ぎて、少し登ると
憧れの神秘の池 八方池 (標高 2060m)が見えた。
アレ~ ?!  以外と 小さい池   偽らざる第一印象であった。
d0150720_09073455.jpg

八方池は、池を一周できない。
池まで降りるには右ルート、左ルート周りがある。
神秘的な写真を撮る位置は、左側なので少し登り左ルートから八方池に降りるこちにした。
d0150720_09075504.jpg

登山道 左側は、このような急斜面が。。。
d0150720_09081831.jpg

第三ケルン 標高 2,080mに到着すると、
低い雲が急に流れ去り、 そして青空が現れた !!

これは 奇跡 ?!  と云うしかない。

いそいそと 八方池に降りる。
d0150720_09084357.jpg

憧れの八方池 & 青空
写真を撮る位置で休憩方々 北風が止む時間帯を待つ。
暫くすると、一時的に風がおさまった。 
d0150720_09091064.jpg


そして、とうとう見えた。  この風景が。。。
d0150720_13554131.jpg


左から不帰ノ嶮(かえらずのけん) Ⅰ峰、白馬 鑓ヶ岳(やりがたけ)
杓子岳(しゃくしだけ)、白馬岳(しろうまだけ)
ほぼ期待どおりの風景を見せてくれた。
神秘の池 「八方池」に憧れて八方尾根を登って来た甲斐があった。
d0150720_09190512.jpg

八方池周辺に20分位 留まり下山した。
木道をメーンに下山したが、木道から足を踏みはずさないように、
2~3メートル先の木道に視点を合わせ続けて下山した。
下りのリフトに乗ると、再び雲の中に入った。
d0150720_09094807.jpg

リフトに乗り「うさぎ平 テラス」まで降りてきたが、
周囲は、雲の中です。
d0150720_09101223.jpg

リンドウの花は、咲かずに枯れるのかナ~。
d0150720_09103073.jpg

人影もなく
パラソルが ポツンと寂しそう
d0150720_09105979.jpg
d0150720_09111735.jpg

ロープウェイの八方駅前から観光バスに乗り、
山登りの疲れた身体を癒しに、白馬 八方温泉に立ち寄る。
「みみずくの湯」
立ち寄り温泉で大人 600円
男女別 内湯・露天風呂
何といっても、
この温泉 埼玉県の都幾川温泉、神奈川県の飯山温泉の pH値11.3と共に
日本屈指の高アルカリ泉です。
温泉に浸かると
肌が、ヌルヌル、スベスベ
女性が大変好む「美人の湯」「美肌の湯」温泉でした。

JR上田駅から新幹線に乗車、無事 JR大宮駅に戻って来ました。


by saitamanikki2008 | 2017-10-20 15:49 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://saitamanik.exblog.jp/tb/25944636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ruunouta at 2017-10-20 19:36
わ〜♪(*≧∀≦*)
かれこれ15年ほど前のことですが
この八方池からの景色が見たくて登ったけど
結局霧が晴れず断念したことがあります(;ω;)
いつかこの景色を見たいと思いつつ
時は過ぎ、年も取り...気力もなくなりました(泣)
こんな素敵な景色が見れたら最高ですよね(´∀`*)
私もここで見れて嬉しかったです♪
Commented by nenemu8921 at 2017-10-20 19:37
まあ、悲願の一念で青空になりましたね。
雲も晴れて素晴らしい景観です。
いい写真が取れましたね。なんとラッキーだったのでしょう。
いつも、こちらで画像を拝見すると、そこへ行ってみたくなります。
八方尾根は夏に行ったことがありますが、秋もいいですねえ。ありがとう。

Commented by HiroPhoto1690 at 2017-10-20 20:05
こんばんは^^
八方池の映り込みが綺麗ですね。
NHKの特番で見たと思います。
ドローンを飛ばしてアルプスを撮っていました(*^_^*)
Commented by odamaki719 at 2017-10-20 21:43
こんばんは♪
 うさぎ平からの風景は視界が悪いですがなんとなく
幻想的ですね。でも途中から急にお天気が変わったのでしょうか?
青空が見えて綺麗な風景になったのですね。
Commented by yasukon20 at 2017-10-21 10:22
おはようございます。

つたない私のブログにコメント頂きまして有難うございます。
入れ替わりに私も信州白馬までいきましたがまだまだ行ってない所が多いとこちらで拝見して思います。
私はハイキング程度でしたが しっかりお山に登っておられますね。
身体を鍛えていつか挑戦してみたいです。

雨の風景があるから青空が本当に綺麗でしたね。

これからもよろしくお願いいたします。
<< 超大型台風 21号 & 秋の恵み 山の絶景 3大パノラマ 「白馬... >>