北海道の旅 Ⅵ

 楽しかった北海道の旅も今日で終わる。
昨夜は、阿寒湖の町をブラブラ、多くの商店がアイヌ関連の木彫りを売っています。
夜8時過ぎ、タイマツ行列があると聞き「アイヌコタン」を訪れた。行列が到着し、アイヌの長老による平穏を祈る儀式を見る。
d0150720_12462310.jpg

d0150720_12465770.jpg

 阿寒湖畔の朝 爽やかな快晴となり散歩タイム
d0150720_12523122.jpg

 今日は、これから釧路駅まで行き、釧路湿原を走るレトロ感覚の列車に乗車、和商市場で昼食を取り、釧路空港から東京・羽田に着き旅も終了です。

「釧路駅」にて
d0150720_1323752.jpg

「20周年のヘッドマークを付けた ノロッコ号」
d0150720_1304283.jpg

 気動車を含め6両編成の『ノロッコ号』電車は、未だ昔の温かみの雰囲気が残る車両です。

先ず、天井は鉄梁・電燈がむき出しのまま。窓の開閉は電車の向かい合っているボックス席の二人で協力して、窓際に下がっている紐(ひも)の丸い赤色の取手を強く引き、フックに掛ける作業が必要なのです。知らない者同士が、協力し合って窓を開閉する、座席も床下もクラッシック感のある木製なのである。
下車する駅ホームは列車より短く、ホームのある車両まで移動して降車する。これが釧路湿原を走行する『ノロッコ号』電車なのです。
 どうですか ? 貴方も 一度 『ノロッコ号』電車に乗ってみたくなりませんか ?
d0150720_13265285.jpg

d0150720_13274750.jpg

「途中駅の反射板」
d0150720_13342468.jpg

d0150720_1335682.jpg

「釧路湿原のカヌー」・・・・・湿原のカヌー下りも魅力ですね~。
d0150720_13363967.jpg

「羽田への帰路」・・・・間もなく、旅のプロク゛も閉じさせて頂きます
d0150720_13413143.jpg


 ☆ 北海道の旅を見て頂きありがとうございました。
    今回は、旅行会社の企画した旅でしたが、色々な面で今回ほど
      『お金はただでは取らない』と思いました。
    
4日間の移動は、網走交通バスでE運転手さん、バスガイドのKさんにお世話になりました。
「美空ひばりは七色の声」と云われました。バスガイド K さんの案内は、4日間のガイドでもありましたが、七色の案内をして頂き有難うございました。
笑あり・ウイットあり、北海道気質あり(笑)、歴史・文化・文学まで最高のガイドさんでした。
          
        網走交通 バスガイド K さんに 敬意を表して !!
  
    
by saitamanikki2008 | 2009-07-15 14:35 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://saitamanik.exblog.jp/tb/9986502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by odamaki719 at 2009-07-15 16:13
こんにちは~阿寒湖畔の朝がお天気がよくて爽やかですね。
釧路湿原を走るノロッコ号に乗られたのですね。
いい旅が出来て本当によかったですね。
大昔釧路に友人が住んでいて釧路を拠点にして観光を一人で
したのですよ。ん十年前とは相当違っていますがとても懐かしく
見せて頂きました。機会があれば是非行ってみたいと思いました。
Commented by saitamanikki2008 at 2009-07-15 17:47
旅の良し悪しは、7~8割 天気で左右されますが、今回の旅は天候に恵まれ、本当に良かったと思っています。
 若い頃の一人旅 憧れました !! それも一人旅での理想の場所・北海道ですからね。
この時は、大学も夏休みでなくバック・パッカーも見ませんでしたが、
本州ナンバーのオートバイ、大きな荷物を付けた自転車を見かけました。
又、本州から訪れた方のレンタカー車が真っすぐな道路をスピードを出して、パトカーに質問されている姿も多くありました。 
<< 北海道フォト・スケッチ 北海道の旅 Ⅴ >>