2017年 02月 26日 ( 1 )

雪見の列車旅

新潟・福島 雪見の旅へ。

まだ春とは名ばかりの越後(新潟)から福島を周遊するプチ雪見旅行を楽しんだ。
こんな事を云うと深い雪国に暮らす人から、しかめっ面されそうだが、
単純に雪の積もった冬景色を見たかったのである。

旅のルートは、JR大宮駅から新幹線に乗り新潟・浦佐駅で降車、上越線 普通電車に乗り換え小出駅で降りる。
JR小出駅近くのスキー場で冬山を見てから小出駅に戻り、雪深い山間部を走る只見線 2両編成の普通電車に乗る。
冬の只見線は、静かで車窓から只見線沿いの只見川の雪風景が綺麗だと、聞いていたからである。
JR只見線は、平成23年7月 集中豪雨により鉄橋が崩れたまま復旧しておらず、
新潟・小出駅から直通で福島・会津若松駅まで行けない。
途中 只見駅(福島)から会津川口駅間(福島)は代替え連絡バス運行になっている。
JR会津川口駅で再び 2両編成の列車に乗車、JR会津若松駅で下車する。
そして、バスで東山温泉に行き宿泊する。

翌日は、会津若松 鶴ヶ城を見物した後、会津若松市内を散策して、
会津若松駅からJR磐越西線 2両編成の普通電車に乗り郡山駅へ。
同駅から東北新幹線に乗り換え大宮駅に着く。1泊二日のプチ雪見旅です。

   新幹線の車窓から越後湯沢のスキー場風景
d0150720_10140228.jpg


JR浦佐駅前にある 元首相 田中角栄の銅像
片手を上げている姿が象徴的である
今再び 田中角栄を見直す風潮もあるようだ。

d0150720_10260480.jpg

小出駅を下車して、歩いて 町営 小出スキー場に行く。
良く晴れて風も吹かず 小出スキー場から 越後三山の眺望が大変良かった。
左から駒ヶ岳 2003メートル、中ノ岳2085メートル、八海山 1775メートル
八海山は、日本酒の銘柄にもなっている山でもある。
d0150720_10271216.jpg

雪山の風景
d0150720_10484136.jpg

スキー場から見下ろすと、小出の町並みが綺麗だった。
d0150720_10490811.jpg

スキー場の中腹から上級スキー場を見上げる。
リフトで山頂まで行きたかったが、スキー、スノーボードを身に着けてないので
リフト乗車を断られたので仕方なく、スキー場の中腹で雪山風景を楽しんだ。

d0150720_10501961.jpg


d0150720_10505166.jpg


スキー場の隅を歩いて下山した足跡です(笑)

d0150720_10511514.jpg


スノーボードが ベンチ用に作り替えて利用されていた。
スキー場で越後三山を見ながら昼食

d0150720_10513920.jpg


越後三山を望む 魚野川沿いを歩いて小出駅に

d0150720_10520147.jpg


小出駅近く 線路下の地下通路

d0150720_10522506.jpg


地下通路の氷柱

d0150720_10524371.jpg


JR小出駅に停車中の只見線 2両編成の普通電車
JR小出駅から福島 会津若松方向に行く列車は、一日 3本と少なく、
小出駅 午後1時11分発の列車に乗らないと、会津若松駅まで行けない。

d0150720_10530416.jpg

2両編成の列車に乗客 6名、サラリーマン風の男性、40歳代の女性
70歳代の男女、そして私たち2名が乗車した。 
なんと贅沢な列車旅であろうか !!
昼過ぎの車内 勿論 暖房が効いて暖かい。

それでは、車窓の雪景色を。。。
d0150720_11400695.jpg
d0150720_11411648.jpg
d0150720_11414254.jpg
d0150720_11420689.jpg
d0150720_11422661.jpg

暫く 雪景色を見ていると、只見線の福島県側 最初の駅 JR只見駅に着いた。
この駅で列車を降りて、只見線の代替えバスに乗り換える。
d0150720_11462548.jpg


車窓から見える民家は、どの家も1階窓際に積雪除けの板塀を張り付けている。
人影もなく、家々が冬ごもりしているような風景があった。
時折り、軒下をスコップで雪掻きしている姿も見受けられた。

代替えバスの車窓から只見川沿いの風景を
d0150720_11470869.jpg


綺麗な風景が車窓から流れるが、写真に撮るタイミングが難しい。
只見川に映る静かな冬景色がきれいだった。
d0150720_11473495.jpg
d0150720_11475790.jpg
d0150720_11481445.jpg


バスは、幾つものトンネル、スノーシェルターを走り抜けて走行する。
d0150720_11483584.jpg

JR会津川口駅前に代替えバスが到着。
会津川口駅からの乗客も4~5人であった。
d0150720_11510209.jpg

再び2両編成の列車に乗り換え、会津若松駅方向へ。
列車は、又 幾つものトンネルを走り通り抜ける。
車内の人声もなく、聞えるのは走る列車(気動車)の駆動音のみである。
只見川沿いの山間(やまあい)をゆっくりとした速度で。。。
d0150720_11513103.jpg
d0150720_11553000.jpg
d0150720_11563538.jpg

夕暮れ迫る頃 車窓から会津磐梯山が。。。
d0150720_11570311.jpg
午後5時38分 2両編成の列車は、福島・会津若松駅に到着した。
会津若松駅前のバス停で東山温泉行のバスを待っていると、身体が冷えてくる。
早く 温泉に浸かり温まりたい !!
次回は、東山温泉から続きます。


by saitamanikki2008 | 2017-02-26 13:32 | Trackback | Comments(3)