<   2009年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

冬 1℃

 昨日は、冬らしい寒い日。本格的の雪日となったが積もらなかった。
昼過ぎ日中の温度が、今年一番の最低気温をつけた。車の温度計て゜さいたま市で1度
(東京1.4度)でした。
こんな日は、近くの街の露天風呂に行く 地下1100メートルからのボーリング温泉、牡丹雪を眺めながら雪見風呂で温まる。
d0150720_750470.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-28 07:59 | Trackback | Comments(2)

街自慢 「鉄道の街」

さいたま市大宮区を歩くと鉄道で発展した街だと実感します。
JR東日本が鉄道博物館を作り大勢の鉄道ファンが訪れますが、北関東の鉄道の要所で、
東北・新潟・長野新幹線、宇都宮線、高崎線、川越線、京浜東北線、埼京線、東武野田線、ニューシャトルと10方面からの発着を大宮駅が担っています。
 大宮駅から鉄道博物館までの約1.5キロの沿道に実物の機関車、写真が展示され楽しみながら鉄道博物館まで歩けます。又 大宮駅西口 ソニックシティ 31階からはジオラマのように電車の走行を見ることが出来ます。
「D51機関車」
d0150720_10265188.jpg
d0150720_10272611.jpg
d0150720_10275154.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-26 10:43 | Trackback | Comments(7)

「Back to the Old Days」

 自然も好きだが、街を歩くと 人の「こだわり」の美しさに出会うことがある。
こだわりの風景に遇うと、「こだわり」が醸し出す雰囲気で、気持も優しくなれるような
気がする。
「古風なオートバイ & 空色にペイントされた家」
d0150720_11421769.jpg

「60年代を感じる店」・・・・・大宮駅東口にて
d0150720_11423819.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-25 12:04 | Trackback | Comments(4)

観梅 & ケーキ

 群馬から M 夫妻が来宅。3家族 6名で大宮第二公園の満開の梅の花を見物。
三月下旬位の暖かい日曜日となって、大勢の見物人が来ていました。
d0150720_10454116.jpg
d0150720_1046134.jpg

観梅の後は、6名で行きつけのイタリアン 「ボア・トスカーナ」
「薪が燃えるピザ窯」
d0150720_10505092.jpg

「ケーキと皿に書いた絵模様」・・・・・6人 6皿 別の絵模様が描かれます。
d0150720_1051523.jpg
d0150720_10511724.jpg

「併設のケーキショップ フレーズ・デ・ボア」で
d0150720_1051296.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-22 21:36 | Trackback | Comments(6)

バードレストラン & 椿

群馬から T 夫妻がきて一泊。
庭のやぶ椿の花が咲いて、バードレストランも華やかになっています。
「メジロと小鳥(作り物)の対話」
d0150720_10295960.jpg

「バードレストラン 常連のヒヨドリ」
d0150720_10302534.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-21 21:24 | Trackback | Comments(2)

古い家は、スルメの味

 東京・横浜の都市成熟度年齢が40~50歳位なら、さいたま市は25歳位。ビルが建つ街中を歩くと、解体工事現場に出くわす。解体現場は「スルメ」の様な味わいがある。
 近くを通ると埃っぽい、もう少し近づくと破壊と創造のエネルギーを感じ、もっと近づくと勿体なさを感じ、更に近づき立ち止まると、そこに暮らしていたであろう家族の面影が見えるようである。
 家を造った夢と希望、家族の愉しい団欒、ケンカした思いで、時には悲しい思い。
家族の行方は ? 美しい光景でないけれど、家族が暮らした証しとして捨てがたいものが
ある。
 家族を守ってくれた家が.......。 又 やがて壊されるであろう家が、スルメのような味わいのある家々に見えてきた。
「解体現場」
d0150720_10264388.jpg
d0150720_10276100.jpg

「高層ビル横 古い空家」
d0150720_10274044.jpg

d0150720_10333257.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-20 10:34 | Trackback(1) | Comments(6)

万座「SKI&温泉」の雑感

 無事 万座「SKI&温泉」から帰ってこれました。一度 アイス バーン状のゲレンデで転びましたが、新品コンパクト カメラ G10 を意識しながら転び、心配した損傷もなく無事でした。ウン十年 スキーを履いていませんでしたが、結構 体が覚えているもので十分楽しめました。万座頂上付近の景観は、写真でもお分かりのように素晴らしいものです。
 ゲレンデは、シニアの方々がスキーを楽しむ姿が多く見受けられました。シニアの方々 皆スキーが上手でビックリです。リフトも格安なシニア料金設定で、昔 1時間位待ってリフトに乗ったことがありましたが、リフト待ちも無くスイスイ状態です。
 万座温泉は、勿論 源泉かけ流しで泉質も良く、柱を組んで作った湯殿に、木枠で出来た風呂、木製の床と万座のいで湯気分も良かったです。
「足跡も無い雪景色」
d0150720_15491871.jpg

「腰の小バックにカメラ G10 を入れました」
d0150720_1549452.jpg

  歌 「夜も更けて湯殿の中で歌う人 湯けむり深く人影見えず」
     「湯けむりも粉雪も舞う露天風呂 体ポカポカ背は粉吹雪」
    
d0150720_1550487.jpg

初日と同じ写真ですが、この湯殿が気に入ったのと歌をUPしたのでいれました。
by saitamanikki2008 | 2009-02-19 16:09 | Trackback | Comments(2)

SKI & 温泉

2月17日 天候 曇り のち 晴れ
 朝は雲っていた万座山 山頂でしたが、午前中には晴れて綺麗な雪景色が現われました。
「乳白色の露天風呂」
d0150720_1319757.jpg

雪が木々に積もりクリスマス ツリーの様な「純白の別世界」です。 白い点々は雪です
d0150720_1329273.jpg

「万座山頂 付近」
d0150720_13294720.jpg

「爽快なパウダー スノー」
d0150720_1330388.jpg

「積雪風景」
d0150720_13303627.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-18 13:50 | Trackback | Comments(4)

SKI & 温泉

2月16日 天候 曇り 時々 雪
 朝起きて、暖かい部屋の中からカーテンを開け外を見ると、細かい雪が降っていました。
ガラス窓に綺麗な氷の結晶が出来ていました。
「早朝の静かな雪景色」
d0150720_12414666.jpg

「窓ガラスの氷結晶」
d0150720_12432569.jpg

 2日目には、ウン十年ぶりのスキー感覚が戻り、ゲレンデを爽快に滑り、温泉に入り、又 スキー
早めに、美味しい夕食を頂き、ホテル内 7ヶ所もある温泉風呂めぐり。
天候も雪山らしく、万座山は時々雲の中でした。
「大きな氷柱」
d0150720_1333074.jpg

「リフトの乗って山頂へ」
d0150720_13571478.jpg


 
by saitamanikki2008 | 2009-02-18 13:13 | Trackback | Comments(2)

SKI & 温泉

2月 15日 天候 晴れ
標高 1.800m パウダースノーのゲレンデ、泉質抜群 源泉かけ流しの万座スキー場・温泉に行きました。
温泉の目の前にスキー ゲレンデ、スキーで冷えた体を温泉で温める。又 すぐにスキー場に
戻れるこの便利さが堪らない。
万座鹿沢口から有料道路に入ると直ぐに、噴火した浅間山の雄大な姿が現われました。
「浅間山・火口のけむり」
d0150720_1285282.jpg

「万座スキー場から浅間山を望む」
d0150720_12124172.jpg

「スキーを楽しんだあとは、温泉で温々(ぬくぬく) 外は雪景色」
d0150720_12162493.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-02-18 12:21 | Trackback | Comments(2)