<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

田んぼの風景

「見沼田んぼ」は、一面 黄金色に色付いていた稲も、収穫の刈り込みを終えた。
刈り込みが済んだ跡地には、何処ともなく雀・ムクドリなどの鳥が集まり、巨大な面積の食卓テーブルのごとく餌をツツイテいる。
あのように、たわわに籾を付けた稲が刈り込みを終えると、「田んぼ」はどことなく寂しさを感じる。そう 元気に働いていた人が、急に老けた老人になったような風景、 周りは何も変わらないのにふと 空虚に感じる気持ちに似ているかも知れない。

「電車と稲田ネット」
d0150720_7483579.jpg

d0150720_749769.jpg

d0150720_749255.jpg

「刈り込み 近し」
d0150720_7495224.jpg

刈り取られた「田んぼ」は、老けたような風景となる」
d0150720_7502541.jpg

「まだまだ元気 菊芋の花 ?」
この花は、「見沼田んぼ」の川、道端で夏の初めから元気に咲いている。
雑草や葦の中で咲き続け、強健で旺盛な成長力がある。
花の背丈は2~3メートルにもなる
d0150720_752366.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-30 10:09 | Trackback | Comments(6)

秋の青空 & 実

秋の良い天気が続いていましたが、今朝は小雨が降っています。乾いていた「見沼田んぼ」の土壌もしっとり潤るわれて植物には恵みの雨になったろう。

「ピラカンサスの実」
秋の青空と、木に色付いてなる実は本当に良く似合う。
鳥のように、色々の角度から眺めてみました。
「横から」
d0150720_6395082.jpg

「下から」
d0150720_6401149.jpg

「見上げて」
d0150720_641424.jpg

「山椒の実」
鰻の蒲焼きの薬味として良く知られてますが、雌花は秋になると直径5ミリほどの実が赤くなり、裂開して中の黒い種子が現われます。
d0150720_6413956.jpg

d0150720_713285.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-29 07:40 | Trackback | Comments(6)

秋の季節 

 どんどんと秋が進み、撮っていた写真も季節遅れになってしまいそうです。
「見沼田んぼ」で撮った季節の花々を掲載します。

「萩の花」
d0150720_8371421.jpg
d0150720_8374844.jpg
d0150720_8382664.jpg

「ミントの花」
d0150720_840547.jpg

「びっしり実が付いたウメモドキ」
d0150720_8414372.jpg

「蕎麦の花」
d0150720_8462832.jpg

まもなく新蕎麦の季節がやってきますネ
d0150720_847390.jpg

明日も9月中のストック写真になりますが、我慢して下さい。
by saitamanikki2008 | 2009-09-28 08:53 | Trackback | Comments(2)

Jazz Day & 夜空

 天気の良い秋の休日、 さいたま新都心 「けやき広場」 で繰り広げられた第6回ジャズの祭典を聴きに行った。
ビックバンド編成のスイングジャズ、少人数編成のモダンジャズに観客もリズムに合わせて
体を動かしながらJazz音楽を楽しんでおりました。
ケヤキの木々に囲まれた広場の秋、テーブルに冷えたビールとおつまみで、Jazz音楽を
楽しむ環境は理想的と云って良い。
「けやき広場」
d0150720_7224524.jpg

d0150720_723339.jpg

「けやき広場」は、ビックバンド演奏、地下はモダンジャズ演奏
d0150720_724497.jpg

 秋の良く晴れた日は、澄んだ夜空を見上げるのも楽しいものだ。
今年の十五夜は、10月3日、4日が満月なので、今宵は綺麗な三日月が出ていました。
今夜の目的は、国際宇宙ステーションを撮りに近くの「見沼田んぼ」まで行く。
ジャズ演奏があった「さいたま新都心」方向のテスト撮り
d0150720_7362715.jpg

「撮影失敗映像 」・・・・・・良く見ると右上部に薄く国際宇宙ステーションが映っています
衛星軌道 18時29分北西に13°で現われ、18時33分東に29°で消えました。
最大仰ぎ角度50°
d0150720_8533539.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-27 09:12 | Trackback | Comments(4)

栗拾い

収穫の秋ですね~。
青空の下、我が家で恒例となった秋の行事「栗拾い」をしました。
昨年は、栗を落とす干し物竿を持ち、やぶ蚊の大群に備え タオルで覆面・襟巻・軍手・長靴スタイルの完全防備姿で栗拾いをしましたが、今年は意外にも覆面する必要がありませんでした。
軍手をしても、栗のトゲは手に刺さり痛いときもあります。又 栗拾い途中 蜂の巣もあって
緊張しましたが、無事 栗拾いを終える事ができました。
NHKの好評テレビ番組「ためしてガッテン」の放映で、採った栗は一日以上 冷蔵庫に入れておくと栗の甘さも増して美味しくなるとのこと、今は冷蔵庫で熟成中です。
後日、好物の一つでもある栗の渋皮煮、焼き栗、湯で栗で頂きます。
d0150720_7262663.jpg

d0150720_7265760.jpg

栗の木の他、柿もありますが、甘柿を植えたつもりが どっこい渋柿だったのです。
渋柿が、秋の青空のもとでデコレーションになっています。
d0150720_7564010.jpg

「渋柿と野バラの赤い実」
d0150720_7575045.jpg

「花は一見 ウドの花に見えます、赤い粒は野バラの実です」
d0150720_801621.jpg

「 ウド ?  こんな花がさいています」
d0150720_835549.jpg

「雑草の実」・・・・・雑草と云う名前でなく、何か名称があるはずですが
d0150720_881285.jpg
 
by saitamanikki2008 | 2009-09-26 08:13 | Trackback | Comments(6)

彼岸花 百景

お彼岸に合わせて、多くの方が彼岸花の写真をUPしています。
私も一応 今日 25日 お彼岸の明けに合わせて、彼岸花を掲載します。
埼玉県では、日高市の巾着田が有名となっていますが、昨日は 幸手市の「権現堂堤」に
行ってきました。
既に花の最盛期から5~6日を過ぎていましたが、遊び心で色々撮って来ました。

「幸手 権現堂堤公園にて」
d0150720_752116.jpg

「最盛期を過ぎた彼岸花」・・・・・真上から撮影すると絵画のように撮れました
d0150720_7523328.jpg

「枯れた彼岸花」・・・・・あえて、手ブレで枯れを隠して印象派風の絵画みたいに。
d0150720_7563031.jpg

「最盛期の花株がありました」
d0150720_812717.jpg

「珍しい彼岸花」・・・・・赤でもなく、白でもなく、クリーム色でもない
d0150720_835144.jpg

「青空に咲く彼岸花」
d0150720_842221.jpg

「豪華な彼岸花を表現してみました」
d0150720_843194.jpg

「可憐な彼岸花」
d0150720_8433484.jpg

「休憩所にあった彼岸花のような真っ赤な日本傘」
d0150720_844569.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-25 09:05 | Trackback | Comments(10)

海沿いの「味わい」

海沿いを歩くと、味わいある光景をアチコチで発見する。それが周囲の自然とマッチして
違和感を感じさせないのだ。
暮らしの中で遊び感覚が豊かなのか、その味わいは家であったり、表札であったり、
ペイント文字であったりするのだが、海の塩風にさらされて自然な風合い・美しさがある。
「塩風にさらされた倉庫」
d0150720_8504978.jpg

「夢のある素晴らしい家」
d0150720_853487.jpg

d0150720_854144.jpg

「表札飾り」
d0150720_8553077.jpg

d0150720_8563996.jpg

「軒下」
d0150720_8581734.jpg

「9月開店した 秋谷の花屋さん」
d0150720_8584242.jpg


さて、今日は秋分の日 太陽が真西に沈むお彼岸の中日でもありますね。
仏教では、西方の彼方に極楽浄土があり、太陽が真西に沈むことでお彼岸の中日が一番 極楽浄土に近い日と云われています。
最後は、海上に黄金の架け橋が造られたようなお彼岸らしい秋谷海岸の夕陽です。
d0150720_9254793.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-23 09:34 | Trackback | Comments(4)

秋谷海岸 癒し ヒーリング Time

街に行っても・人の歩く姿を見ても・テレビの中でも、勿論 家庭の中も、忙しそうに見える。
時には 『ゆる~い スローな時間を 』 過ごしてみたくなりませんか ?
海に行くと、大海原の先に 『ゆる~い スローな時間 』 が見えてきます。
そして、足元の 『ゆる~い スローな景色 』 を再発見することができますョ。

「 ゆる~い波 」
d0150720_10531735.jpg

「 釣り スローな風景 」
d0150720_10554767.jpg

「 スローな原風景 」
d0150720_10575454.jpg

「 スローな生活 」
d0150720_105946.jpg

「 ゆる~い 流木の干し物竿 」
d0150720_110880.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-22 11:06 | Trackback | Comments(2)

秋谷・生活スタイル 

今回の秋谷海岸 大型台風が心配でしたが、日本列島から離れて通り過ぎて行ったので、良い天候に恵まれ、散歩したり・音楽を聴いたり・朝はカル鴨・トンビの鳴き声で起こされたり、この地ならではの秋谷スタイルを楽しむことが出来ました。
秋谷海岸は、三浦半島で一番高い 大楠山の麓から流れる前田川があります。 今日は、
上流に沿って散策路を歩きました。山の木々に覆われた川底はひんやり涼しく、海が近いと
思えない手軽な散策路です。

「散策路入口」
d0150720_7413824.jpg
d0150720_742454.jpg
d0150720_7425343.jpg

「川底の木の上で、リスが2匹 ドングリを食べ落としていました」
d0150720_7433153.jpg

「川の砂利石に数匹いた 見た事がないような綺麗な昆虫」
d0150720_743533.jpg
d0150720_7441710.jpg

散策後のランチは、今年春  開店した海が見えるカフェ・ランチ「Earthen place」で頂く。
d0150720_9405595.jpg

子安の里山で採れた新鮮な「ベジタブルカレーランチ」1500円
d0150720_8842100.jpg

沖縄の器を主に展示している店内 ショップ&ギャラリー
d0150720_8123369.jpg

明るい店内から見たキラキラ輝く海
d0150720_932944.jpg

d0150720_9361332.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-21 09:45 | Trackback | Comments(8)

秋谷 フォトスケッチ

さいたま市の自宅から首都高速で秋谷海岸まで1時間45分、事故渋滞にあたると2時間半位となる。遠いとみるか 近いとみるか其々ですが、人の心理行動として旅行でもない限り、3時間以上かかる場所は、遠いと感じて足も遠のくそうです。
そんなことで、自宅から秋谷海岸は、遠くもなく近くもなく、ちょうど良い距離と思っています。
 ついでに、今朝のNHKテレビの番組で、高速道路の渋滞解消は、車間距離40メートル以上あけて、渋滞を回避する実験をしていました。車間距離を取らない方が早く通り抜けるように思われがちですが、全く逆なんですね。
因みに私は、車間距離40メートル以上取って安全・エコドライブですョ。

湘南国際村を越え、暗いトンネルを貫けると 目の前に突然 明るい秋谷の海が見えてきます。
d0150720_1661460.jpg

「16日 夕日の秋谷海岸で」
d0150720_11321754.jpg
d0150720_11323917.jpg

「夕陽のサーフボード」
d0150720_1133496.jpg

「浜辺の貝殻」
d0150720_11332717.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-09-20 11:40 | Trackback | Comments(4)