<   2009年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

秋谷海岸・夕焼け

秋の夕陽は、つるべ落としの如く早い。
夕陽を見るために用事を済ませて、夕陽を見るため海岸に行く。
11月下旬 秋谷海岸から見ると太陽の沈む場所は、伊豆半島の上空。
12月22日の『冬至』にむけて日々南に傾き、伊豆半島の先端ほどに到達する。

「波打ち際の美」
d0150720_6333281.jpg

「夕陽とウロコ雲」
d0150720_6342363.jpg

「夕陽と桟橋・防波堤&釣り人」
d0150720_635544.jpg

「長者ケ崎海岸の夕陽」
葉山沖には、アウトリガーカヌーを漕いで沖合で夕陽を見ている人々もおりました。
d0150720_6372996.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-30 07:33 | Trackback | Comments(6)

秋谷 草花スケッチ

秋谷海岸で数日過ごし、暖かい天気の中、街とは違いどこまでも続く、広い空と海の景色、空気を味わいました。

「アロエの花」
秋谷海岸は温暖なので、アロエの花が咲き始めてます。
d0150720_10574781.jpg

「水仙の花」
山間に、もう咲いています。
d0150720_1101051.jpg

「皇帝ダリア」
成る程 皇帝と冠がつくほどに背が高くなっています。
d0150720_1111544.jpg

「蘇鉄の実」
d0150720_113056.jpg

「紅葉のツタ」
山路で見かけたツタの葉
d0150720_1135039.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-29 12:21 | Trackback | Comments(4)

色彩料理 モミジ葉 & 赤

今日は、料理のメニュー風に御説明いたします。
   
     ・・・・・・・大宮公園・氷川神社産のモミジ葉 3品・・・・・・・
  地元産のウメモドキの実を添え、チロリアンランプで彩ってみました。

前菜は、料理に飴細工でクモの巣を描いてみました。  な~んて説明したりして (笑)
d0150720_8211613.jpg

背景を3色の新鮮野菜で飾り
d0150720_8242369.jpg

滝をイメージした料理に仕上げました
d0150720_8221423.jpg

お口直しに、ウメモドキの赤い実
d0150720_8223553.jpg

目に暖かそうなチロリアンランプを.....飾ります。
d0150720_8225389.jpg

    今週は、海辺を散策しますので、ブログ 2~3日休みます。
      
by saitamanikki2008 | 2009-11-25 09:23 | Trackback | Comments(7)

良い天気に誘われて

昨日、勤労感謝の日は大変良い天気になりました。
晩秋の暖かい日に誘われて、大宮公園の落ち葉を踏みながら氷川神社横まで来ると、
モミジが真っ赤に染まりひと際目立っています。

「公園の松」
  冬の薦巻きをして春を待ちます。
d0150720_7582980.jpg

「今年も真っ赤に染まったモミジ」
d0150720_9295184.jpg

昼食は、久し振りにサッカー・大宮アルディジャーのホームスタジアム横の
     蕎麦店「奥信州」
に立ち寄る。この店 蕎麦の盛りが凄いので注文を間違えたと思う程で、
通常の2.5倍位の蕎麦が運ばれてきます。
味は兎に角 蕎麦でお腹を満腹にしたい方にお勧めの店です。
d0150720_9205212.jpg

「蕎麦・マイタケ・シメジ汁」
d0150720_9211368.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-24 09:42 | Trackback | Comments(4)

秋 風景

今日は、勤労感謝の日 天気も良く晴れて快適な日となりました。
昨日に続き、大宮公園・氷川神社です。 武蔵一宮 氷川神社、日にちが過ぎても
子供の健やかな成長を願って七五三参りをする微笑ましい光景が続いています。

d0150720_11154549.jpg

「青サギ」・・・・・神社の神池で
d0150720_11164639.jpg

「味のある自転車」
以前、公園で撮った一コマ、骨董品のような雰囲気があります。
d0150720_11173053.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-23 11:44 | Trackback | Comments(4)

紅葉つづり

寒い日もあり、今年の紅葉も見納めとなりつつある。
大宮公園・氷川神社を歩き、紅葉スポットを撮りました。
『美』には、言葉など必要ありません。

「自然の美」
d0150720_1416342.jpg
d0150720_14163923.jpg
d0150720_1417211.jpg
d0150720_14174276.jpg

「地上は紅葉・空にウロコ雲」
d0150720_1419256.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-22 14:27 | Trackback | Comments(6)

秋 実の季節

霜月の11月は、収穫を祝う季節でもあります。
11月23日 勤労感謝の日、祭日の根拠が曖昧ですが、世界各地では収穫祭として祝っています。
「勤労感謝の日」 旧称は新嘗祭として新穀をお供えする収穫祭の意味合いがありました。
フランス産のポジョレ・ヌーボーも新ワインの収穫を商業ペースにした収穫祭のようなもの
でしょうね。

今、秋に青空に『柿』の実がなっている風景を良く見ますが、青空に熟した柿の風景が好きでこの季節は、柿の実を見上げる事度々です。因みに、日本の美味しい柿は欧米では高級品扱いです。
「柿と飛行船」
d0150720_892462.jpg

d0150720_8121625.jpg

「唐辛子」
乾燥した秋の季節 軒下の「唐辛子干し」が良く似合う
d0150720_8124496.jpg

「銀梅花」
別名「ビーナスの木」とも云われ、喜びと平和の意味もあり、昔ヨーロッパでは葉の精油から香水・化粧水が作られてました。
d0150720_821995.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-20 08:32 | Trackback | Comments(4)

秋の競演

今日は曇り日、冬の足音が聞こえて来るような寒い朝となりました。
身近な木々も冬に向かって、競い合うように化粧を始めてます。
      
    自然が織りなす美しさに、人の『言葉』は必要ありません。
d0150720_922279.jpg

d0150720_9253218.jpg

d0150720_9281979.jpg

d0150720_9262789.jpg

d0150720_9302578.jpg

d0150720_9264421.jpg

by saitamanikki2008 | 2009-11-19 09:40 | Trackback | Comments(4)

散歩で....サスペンス・ドラマの楽しさ

さいたま市の盆栽村周辺の秋を探して散策しました。
花などのカット写真は撮れましたが、途中 JR東北本線の沿線に三脚に高級カメラを
据えた鉄道マニアの人達が数人いましたので「今日は、珍しい列車が走るのですか ?」
と声をかけたところ、手に持っていたコンパクトカメラを見て「〇〇系の電車が青森から列車を引いて来ます」との事。
小さいカメラを見て安心したように 「あと13分で来ます。ここで撮ってもイイですよ」と云って
くれた。線路には有刺鉄線などもあり、鉄道マニアの人からすれば少しでも良く撮れる場所を確保したいようだ。しかし、この場所はマンションの敷地で、どう見てもここに住んでいる人には見受けられなかったが、「それでは。。。」と少し離れた雑草の生えた場所でカメラを構えたがどうも背景アングルがよろしくない。
列車の通過時間が迫っての場所探しが始まる。一人のマニアは、鉄道敷地内の踏切に設置したボックスの影に隠れてカメラを据えていた。 こうなると執念の列車撮影です。
私は、通過に合わせやっと他の鉄道マニアのいない場所を確保して、待つこと2分 
とうとうその列車が現われました。
ぐ~と引きつけて撮影を試みる。全面の運転席が黄色で「485」と書いてある。車体に明るい紫色のラインが入った列車でした。 鉄道マニアでない私にとって、見たところ普通の列車、
蒸気機関車でも引いてくるのかと思っていました。
一時は、通過時間と場所探しに迫られ、急迫したサスペンス・ドラマの中にいるような楽しさ
でした。

「鉄道マニアになった気分で」
    オートで撮ったのでプレています
d0150720_10441339.jpg

「列車を後方ろから撮影」・・・・少しプレています
d0150720_10445268.jpg

「桜通りの紅葉」・・・・・盆栽村で
d0150720_11231335.jpg

「紅葉の駐車場」・・・・・盆栽村で
d0150720_1125952.jpg
 
by saitamanikki2008 | 2009-11-17 11:31 | Trackback | Comments(6)

お土産

相方が友人達と一泊旅行に行った。
お土産は、カメラに収めた旅行の風景写真 食べ物などより旅の話・写真の方が嬉しい。
行先は、駿河湾越しに富士山の見える周囲2.5キロの小さな島 かっては会員制リゾート
ホテルでしたが、今は一般客も宿泊できるようになりました。
宿泊者はホテル専用の小型ボート船で島に渡り、桟橋からホワイト&コーラルピンクの
ホテルに到着する。 送迎が船なのでリゾート感覚たっぷりのホテルです。
波打ち際の露天風呂(温泉)から、島の小さな灯台の灯がともる夕暮れ時は、
夕陽に照らされた富士山が一層綺麗に見えます。
ホテルの回廊ギャラリーで美術品も楽しめますが、ホテル横のワイン貯蔵トンネルを抜けて
島内一周散策すると本格的な水族館でイルカショー(宿泊者は無料)も楽しめます。
島内散策は、心地よい音楽が流れ、運が良ければ野生動物(タヌキ)とも会え、
天気の良い日は、心地よいガーデンテラスでTea or Coffee & Cake でも.....。

「夕暮れの桟橋」
d0150720_1146381.jpg

「綺麗な夕焼け」
d0150720_11462354.jpg

「夕焼けの富士山」
d0150720_11464276.jpg

「ホテルの部屋」
d0150720_11511673.jpg

   参考・・・・・静岡県沼津市内裏重寺186  淡島ホテル

「柿田川・湧水」
d0150720_11494482.jpg


 
by saitamanikki2008 | 2009-11-16 13:23 | Trackback | Comments(6)