<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

九州の旅 フォト・スケッチ

チリ沖巨大地震で、日本列島に津波警報が出されました。三陸沖は大津波(3メートル)、度々訪れる三浦半島も 2メートルの津波情報が出されました。

日本各地の津波被害が最小限に止まるよう心から願っています。

九州旅行で見かけたチョト ナイスな風景を撮ってみました。

「湯のけむり」・・・・・別府温泉名物
d0150720_10282541.jpg

「温室」・・・・・別府温泉「海地獄・温室」
d0150720_1031955.jpg

「看板」・・・・・豊後高田「昭和の町」
d0150720_10325050.jpg

「客待ち人」・・・・・富貴寺    承諾を得て撮りました
d0150720_10384157.jpg

「こもれび」・・・・・宇佐神社
d0150720_1040453.jpg

「朱色」・・・・・宇佐神社
d0150720_11374533.jpg

「川辺」・・・・・湯布院
写真が良いのでなく、この川がコンクリート護岸でなく、鉄条網・ロープなどで囲ってない
川辺の自然な姿が大変気に入りました。
d0150720_1144117.jpg

「通路の先」・・・・・湯布院
d0150720_1050243.jpg

「静」・・・・・湯布院
d0150720_11505682.jpg

「川の流れ」・・・・・湯布院
d0150720_10523983.jpg

「庭の観音様」・・・・・湯布院
d0150720_10535549.jpg

「木車」・・・・・湯布院
d0150720_10551610.jpg

「ホウズキ飾り」・・・・・湯布院
d0150720_10571313.jpg

「雑木林のクロッカス」・・・・・湯布院
d0150720_1059216.jpg

「ユニークな家」・・・・・車窓から
d0150720_1105694.jpg

「吊り橋」・・・・・九重「夢」大橋
d0150720_112417.jpg

「神々しい風景」・・・・・高千穂峡・真名井の滝
d0150720_1142065.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-02-28 11:47 | Trackback | Comments(4)

九州の旅(3)

2月23日(火)
今日は、黒川温泉を後にして阿蘇五岳を望む大観峰~阿蘇神社~高千穂峡~天岩戸神社・天安河原を観光した後、熊本空港から東京に戻ります。
「阿蘇」
一口に阿蘇と云っても広大な山地で、外国の風景を見ているようでした。
d0150720_9103020.jpg

d0150720_9532091.jpg

「大観峰」
阿蘇外輪山の北側にあり、世界一のカルデラを眼下(阿蘇市)に望めます。
阿蘇五峰は、ノコギリの様な根子岳は良く見えましたが、モヤが出て良く撮れませんでした。
d0150720_910028.jpg

d0150720_9415123.jpg

「阿蘇神社」
勇壮な桜門が特徴の神社で、阿蘇開拓の神々を祭っています
d0150720_947568.jpg

神々が降臨された地(天孫降臨) 神話の古里 高千穂地方の印象
高千穂は、周りを山の峰々に囲まれた狭い面積の山地に民家と棚田が点在し、山の峰々・民家・棚田が大変よく調和している。
山の峰々に囲まれたと云っても、標高が均等した小刻みな山々が連続して、険しくもなく又 なだらかでもない。そして その峰々の中で囲まれている安心感があり、まさに神に抱かれているような風景です。
子供の時 雑木林の中に子供小屋を作り中で遊んだ事がありましたが、高千穂全体が
隠れ小屋の中のような雰囲気をもった場所です。
・・・・・高千穂峡 千穂の家 神楽宿で昼食・・・・・
神々と里人との絆を表す装飾や切り絵が飾られている。
d0150720_10103465.jpg

苫屋の夜神楽煮〆料理
茅葺き屋根に苔むした歴史ある家の中、高千穂夜神楽が舞われる中で出される
おもてなし料理。
古代黒米 素麺うどん・とうきび飯と油味噌(油が入っている訳でなく、椎茸や7種類の根菜を煮込んだおかず料理)
d0150720_1010511.jpg

一般の民家の玄関先には、一年中しめ縄が飾られています。
これは天照大神が再び天岩戸に引きこもらないように張られた縄=シリクメナワだそうです。

「高千穂峡」
水深の深い川・流れ落ちる間名井の滝は、神秘的で別世界のような神々しさがある
d0150720_1123339.jpg

縦に切り立った岩肌
d0150720_11261634.jpg

「3っの橋」
一地点から大正・昭和・平成時代に架けられた橋を一緒に見ることは稀のようです
d0150720_1131294.jpg

「天岩戸神社」
神話の中心地となる天岩戸神社に参拝した後、神職から川を挟んだ神域天岩屋戸の説明を受けました。写真は神域と云うことで撮れませんでした。
「天安河原」
天照大神が天岩屋戸に隠れ世界が暗黒に包まれた時、八百万の神々が集い、審議が行われたのが天安河原。 最近ではパワースポットとして有名になり若者も多く訪れている。

河の上流奥まで参拝者が積み上げた無数の小石が積み重ねられ、人の願い事は、深く多種多様のようだ。

神々がなんとか天照大神を洞窟から出そうと、鳥を鳴かせてみたり、占いをしたりとあらゆる策を弄するが、一向に天照大神は出てこようとしない。その時、踊りに長けた天鈿女命(アメノウズメノミコト)が奇妙な格好で滑稽な踊りを披露したところ、それを見た八百万の神々が笑った。
笑い声を聞いた天照大神は、「自分が洞窟にこもって世界が闇になっているのに、なぜ天鈿女命は楽しそうに踊り、神々も喜んでいるのか?」と不思議に思って岩戸を空け、世界は再び明りを取り戻したと伝えられる。
d0150720_11412340.jpg

遊んでいる時の時間の経過は、早いもので三日間もアッという間に過ぎました。
明日は、フォト・スケッチとして旅の途中で見かけたチョトナイスな風景などを掲載します。

by saitamanikki2008 | 2010-02-27 12:26 | Trackback | Comments(8)

九州の旅(2)

2月22日(晴れ)
今日は、別府「海地獄」を見物~湯布院散策~九重「夢」大橋~黒川温泉(泊)です。
宿泊した「杉乃井ホテル」は、高台に建つ巨大なホテルで別府市街を一望できます。
10階に宿泊し、湯船が棚田状になっている大展望露天風呂に行く場合、エレベーター2回、エスカレーター1回乗り継ぎ、長い通路を延々と歩き露天風呂にたどり着く、迷路と散歩を
兼ねたような広い館内でした。
さすが九州のホテル 焼酎売り場の広いこと。コンビニ店を3~4店舗合わせた程の焼酎専用売り場に5~600種類の焼酎を販売している。
d0150720_724356.jpg

「海地獄」
熱湯が凄い勢いで噴出、蒸気が一面に立ち上り、コバルトブルーが神秘的です。
d0150720_841264.jpg

「湯布院」
2時間半、昼食を兼ねて民芸村・金鱗湖などを巡る観光
・・・・・「湯布岳」・・・・・
d0150720_9171191.jpg

「湯布院 玉の湯」でティータイム。
クロッカスが咲く雑木林のアプローチの眺めが良く、窓際の席でアップルパイとコーヒーを注文
これが大変美味しかった。
d0150720_945767.jpg

・・・・・雑木林の敷地で・・・・・
クリスマスローズ
d0150720_973556.jpg

クロッカス
d0150720_954515.jpg

梅の木
d0150720_982785.jpg

・・・・・金鱗湖 大分川で・・・・・
d0150720_919263.jpg

九重「夢」大吊り橋
鳴子川渓谷に出来た吊り橋で、高さ173m 長さ390m 幅1.5m
日本一の歩行者専用吊り橋
d0150720_9232121.jpg

吊り橋上から望める「振動の滝(雄滝)」・・・・・落差83メートル
d0150720_9394519.jpg

・・・・・やまなみハイウェイを通り、湯めぐり人気の黒川温泉に到着・・・・・

「老舗旅館 山の宿 神明館」(泊)
日本秘湯の会員で、黒い墨で塗られた館内や手摺、川に架かった旅館の木橋も
黒い墨で塗られ秘湯感たっぷりです。
d0150720_948296.jpg

神明館「露天 岩戸風呂」入り口
d0150720_1053279.jpg

神明館「洞窟風呂」入り口・・・・・秘湯たっぷり、薄明かりの電灯あり
d0150720_106763.jpg

神明館「露天 風の湯」・・・・・「ひっそり」とした夜の露天風呂
d0150720_10192883.jpg

・・・・・湯めぐり 入湯手形で三軒の旅館の露天風呂巡りが出来ます・・・・
日付が、ぞろ目の「平成22年2月22日」となり記念の入湯手形となりました。
d0150720_953581.jpg

「湯めぐり」・・・・・いこい旅館玄関先で
d0150720_1043447.jpg

「湯めぐり」・・・・・ふもと旅館 もみじの湯
d0150720_10445095.jpg


昨夜は、エレベーター、エスカレーター付きの細長い巨大なホテルでしたが、
黒川温泉では、老舗旅館で客室 13室 手彫りの洞窟風呂などの秘湯に浸りました。
4月のような暖かい夕方 旅館三軒の「湯めぐり」をして、名湯三昧の黒川温泉でした。
そして、旅館を散策すると、温泉名に合わせたように黒ネコに出会います。

明日は、熊本県 阿蘇 大観峰から阿蘇五岳を見ながら宮崎県 神話の古里でもある
高千穂峡、天岩戸神社・天安河原を見て回ります。

by saitamanikki2008 | 2010-02-26 12:28 | Trackback | Comments(4)

九州の旅(1)

2月上旬 厳寒の地 北海道を旅しましたが、今回は暖かい九州の旅となりました。
4月のような暖かい天候に恵まれて、豊後高田「昭和の町散策」~別府温泉~湯布院散策~黒川温泉~阿蘇・大観峰~高千穂峡~天岩戸神社・天安河原など名湯、雄大な大自然、神話の古里を巡る2泊3日の旅でした。
三日間の旅写真と最後に旅の途中に見かけた「フォト・スケッチ」を掲載します。
2月21日
「富貴寺山門」・・・・・本堂は九州最古の和建物
d0150720_918862.jpg

「昭和の町」・・・・・豊後高田
・・・・・懐かしい昭和の風景がありました・・・・・
d0150720_9221179.jpg

d0150720_9334661.jpg
d0150720_9345985.jpg

d0150720_9362549.jpg

「宇佐神宮」・・・・・全国・八幡宮の総本宮
八幡造の本殿は、国宝に指定されています
d0150720_9433934.jpg

本殿横の神木
d0150720_9384898.jpg

「別府温泉」
ホテルから夕暮れの別府市街を望む
d0150720_94942100.jpg

別府名物 湯けむり
轟々と吹きあがる湯けむりは壮観です
d0150720_9504423.jpg

朝 露天風呂で日の出を眺める
d0150720_951198.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-02-25 10:20 | Trackback | Comments(2)

梅まつり

2月19日 久し振りに、太陽が雲間から顔を出し 夕方近くに晴れました。
気温は低いですが、太陽の日差しにあたると暖かく、太陽の有難味が分かる週末でした。

大宮公園を経由して、第二大宮公園で開催中の「梅まつり」を見に行きました。
早咲きの白梅は終わり、紅梅・白梅・紅白のしだれ梅が見頃になっています。
「大宮公園で」
d0150720_6425739.jpg

「大宮公園で」
d0150720_6432615.jpg

「梅まつり」・・・・・第二大宮公園で
d0150720_646563.jpg

d0150720_650565.jpg

d0150720_6483632.jpg
d0150720_6485612.jpg

 ☆ 参考
第二大宮公園は、45種 520本の梅が3月上旬位まで楽しめます。
「梅まつり」期間中の2月26日、27日は、茶室で茶席・公園ギャラリーで呈茶
26日~3月1日まで骨董市が開催されます。

明日から3日間 旅行に行きます。追って観光写真などUPする予定です。
by saitamanikki2008 | 2010-02-20 07:14 | Trackback | Comments(8)

降雪

今年は、積雪は少ないですが、度々雪が降りました。
東京の2月の降雪日は9日 例年の3倍だそうです。
昨日も通勤時に、大粒のボタン雪が降りましたが、屋根に少し積もった程度で
直ぐに溶けました。

今日は太陽が覗けて、明日以降は暖かく晴れた日が続きそうな気配です。
冬の寒い時期 写真も少なく バンクーバー・オリンピックを観戦していると、
更新も滞りがちです。

「桜門の雪」・・・・・氷川神社
d0150720_9373056.jpg

「大宮公園の風景」
d0150720_9375459.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-02-19 09:52 | Trackback | Comments(4)

薄墨色の風景

ここ数日、太平洋側の空模様も冬の日本海側のように、曇天・小雨・小雪の日々が
続き、今日も小雨の降るような曇り日です。
先日 14日、東北道を下り 佐野アウトレットに行きました。
佐野インター近くになると夜間 降り積もった小雪が木々、田畑に残り、
綺麗なモノトーンの風景を作っています。
そして、車内の温度計 マイナス1℃を表示しています。

寒い日曜日 チョコレート店・GODIVAのホット・ショコリキサーを買う。
寒い冬空の下 ホット・チョコは格別の美味しさだ。
「佐野アウトレット」横にある三杉川は、小雪の残っている風景に霧が流れ
墨絵の如く、薄墨色の世界を作っていました。

「川傍で」
d0150720_885717.jpg

d0150720_1026744.jpg

「雪の花」
d0150720_891745.jpg

d0150720_893486.jpg

「紅梅」・・・・・街中で
d0150720_894983.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-02-16 09:45 | Trackback | Comments(8)

バンクーバー 冬季オリンピック

13日、カナダで冬季オリンピックが始まりました。カナダは北方に位置しているので、
寒い国の印象が強かったのですが、開催直前に雪が少なかった事や東京と同じ位の
気温なのに驚きました。
開会式は、オリンピック 初の屋内会場となり綺麗な映像を交えた式典になってました。

日本のオリンピック代表選手の活躍で表彰台に日の丸をあげてくれるのを期待したいです。
14日 朝起きると屋根に薄っすら粉雪が積もっていました。
d0150720_8132476.jpg

椿の木にも雪が積もって
d0150720_8135789.jpg

「オリンピック聖火」・・・・・テレビ映像から
d0150720_817982.jpg


 
by saitamanikki2008 | 2010-02-14 08:22 | Trackback | Comments(6)

建国記念日

昨日は、日本の建国記念日でした。
街中の通行人も、単なる冬の休日という認識しか持っていない人がほとんどです。
昨年のテレビ番組の中で、都内の繁華街で若者に「今日は何の記念日」
と聞いていましたが、若い人は「ポカン」として、
「今日は休みの日です」等と答えていました。
諸外国では、盛大に建国記念日を祝いますが、日本の現状は寂しい限りです。
これでは、自分のルーツである大切な誕生日を忘れて暮らしているのと同様です。

昨年撮った国旗ですが、良く撮れているので今年も使います
d0150720_16493585.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-02-12 17:16 | Trackback | Comments(4)

厳寒の北海道 フォト・スケッチ(2)

北海道の冬のイベント会場などを巡り、良い思い出の旅になりました。
冬 魅力的な自然の表情を見せる
      釧路川の白鳥・美瑛の雪原・ダイヤモンドダスト、ライトピラーなど
冬でなければ見られない風景も是非見たいものです。

北海道旅行の残りのフォト・スケッチをUPします。

「札幌雪まつり会場」
迫力の雪像(北の動物園)
d0150720_1023811.jpg

冷た~い ! 氷の塀
d0150720_947225.jpg

「すすきの会場」・・・・・氷彫刻
大きな魚を釣り上げた !
d0150720_9473987.jpg

人魚の髪・手の動き・尾びれ が素晴らしい 
d0150720_9483022.jpg

「支笏湖畔」・・・・・自然が作る造形美
d0150720_9491529.jpg

d0150720_9494616.jpg

車窓の風景
d0150720_9522641.jpg

「夕張 希望の丘」
往年の名優 オードリー ヘップバーンのポスター
d0150720_9512127.jpg

カメラ位置を移動して、ドリンクを飲む ヘップバーン
ストローで飲んでいるように見えますか ?
d0150720_9514384.jpg

夕張市の家・・・・・車窓から
d0150720_950239.jpg

財政破綻した町の復興を願って撮りました
d0150720_9505686.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-02-11 11:02 | Trackback | Comments(6)