<   2010年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

カラカラ乾燥の日々

猛暑日が長~く 続いた今年の8月も今日 31日で終わる。
気象観測が始まって以来の記録的な猛暑日を更新し続け、9月に入ってもまだ猛暑日が
続くようだ。
ここ数週間 雨らしい雨が降らず、地面は、砂漠のようにカラカラと乾燥した状態です。

雨が降らず、猛暑と乾燥した地面で公園・道路の樹木が枯れ始めました。
この雨ナシ猛暑が、人ばかりでなく動物、植物、鳥や蝉にまで影響を及ぼすことが判るのは
数ヶ月後、数年後、或いは数十年後になってからだろう。
自然界のサイクル変調は、突然やってくるのでなく前兆・予兆が必ずあります。
地球の変化を専門家に任せず、地球という星に生きる人類共通の変化として捉えることが
求められています。
パキスタンのような大洪水、シベリアのような大森林火災、急激な北極の氷減少、今世紀 人類が戦うべき相手は、地球温暖化による環境変化と新ウイルスだと思います。
家族間の争い、殺人、戦争などしている暇はありません。

「枯れた木々」・・・・・市民の森で
d0150720_9533255.jpg

「大宮公園で」
d0150720_9542851.jpg

「8月 枯れ落ちた葉」
d0150720_9545710.jpg

「公園の木で」
生きた蝉は、雨水などの水分補給も必要だろうな~
d0150720_9553429.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-31 10:14 | Trackback | Comments(2)

大曲花火 見物

先週 28日(土)、 秋田・大曲花火大会を見に、さいたま市から弾丸日帰り花火見物。
ひたすら東北道を北上すること約600キロ、 栃木・福島・宮城を経由して秋田に入ります。
「東北道・栃木」
d0150720_556481.jpg

「秋田道」
東北道から秋田道に入ると渋滞 18キロ表示 停車・ノロノロの繰り返し
d0150720_5593787.jpg

「花火会場の雄物川を大曲南大橋から遠望」
昼花火の煙が見える場所が会場です。 手前の河川敷には既に駐車車両が一杯です。
d0150720_6102570.jpg

「大曲花火大会」
新潟 長岡花火は豪華な見せる花火に対して、大曲花火は花火師の腕と技を競う大会です。
一業者 打ち上げ花火 2発と創作花火があり、花火に題名が付けられ花火の発表力、
構成の独創性、色彩、音楽・爆発音との調和など審査されます。
花火会場は、既にシートを広げた人・人・人で、全く座る場所がない。 座っている方に
頼み込み、やっと狭いスペースを確保出来ました。
お願いして確保した場所でしたが、前方に人混みの通路、明るい照明灯、立て看板
花火の写真撮影場所としては条件が良いとはいえません。
それでも午後7時過ぎから9時40分まで、芸術性の高い花火観賞ができました。
d0150720_6525392.jpg
d0150720_653119.jpg
d0150720_6533174.jpg
d0150720_6541285.jpg
d0150720_6543025.jpg
d0150720_6544916.jpg

d0150720_74218.jpg
d0150720_742335.jpg
d0150720_745657.jpg

d0150720_7610100.jpg

d0150720_763618.jpg

d0150720_77196.jpg

打ち上げ花火一発に芸術的な色彩があり、創作花火の独創的な構成を楽しんだ
夏の終わり 大曲花火でした。

改めて、スペースを空けてくださった 2家族に感謝申し上げます。
秋田まで往復 約1200キロ 花火見物の時間を含め約 24時間弱
腰・お尻は、バキバキに固まった状態でした。
by saitamanikki2008 | 2010-08-30 07:45 | Trackback | Comments(4)

子ブタ 

広い大宮公園の一角に木々に囲まれた小さな動物園があります。
数人の親子・カップルが檻の中を覗いていたので見ると、ミニブタの親子でした。
8月8日 4匹の子豚が誕生したようです。
身体に特徴がないので1~4の番号が書かれ、ピョコ ピョコ歩きの子ブタが
元気に歩き回り、そのしぐさが凄く可愛い。

  早く大きくなりたいな~
       重いので  早く降りてくれ  !! 

d0150720_9325512.jpg

古い木株に鼻を入れた 2匹の子ブタ
d0150720_9332333.jpg


明日 28日(土)は、夏の終わりに夜空を彩る秋田の「大曲 花火大会」を
見に行きます。
良い旅行ツアーがなく、それならばと 驚きの弾丸 夜行日帰りです。
日曜日は、爆睡状態でしょうネ。
by saitamanikki2008 | 2010-08-27 10:27 | Trackback | Comments(8)

庭の花便り

毎日このような猛暑が続くと、連日 暑くならない早朝 植木鉢に散水しています。
散水しなければ、3日後には乾燥して枯れてしまいそうです。
秋の季節の訪れを、忘れたかのように夏の日が続いています。

公園の樹木でも、根元を石・コンクリート囲んだ木は、可哀想に雨が降らず葉が茶色に変色し
樹木そのものが枯れている姿を多数見かけます。

雨が欲しい夏の朝です。

「葡萄」・・・・・スチューベン
庭のフェンスを飾るように木を絡ませました。
今年は、10~12房 収穫できそうで、秋が楽しみです。
d0150720_9333240.jpg

「プーリンダ・エクスタシー」
オーストラリア原産で、毎年 小さい花が良く咲きます。
d0150720_934016.jpg

「ルドベキア タカオ」
6月中旬頃から、暑い夏をものともせず咲き、そろそろ花も傷み始めました
d0150720_9503488.jpg

「セプタード・アィル」・・・・・イングリローズ
8月 蕾から花が咲き始めたので、秋バラに備え剪定しましたが
目が届かない枝に一輪 花が咲きました。
d0150720_951829.jpg

「つゆ草」
さすが雑草 猛暑にも強いです。
d0150720_9353327.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-26 10:18 | Trackback | Comments(6)

夏の朝

・・・猫物語・・・

朝、塀の上でうたた寝していた一匹の猫
   「 暑くて、 夜 眠れない~  ムニャムニャ......。 」
d0150720_19333643.jpg

   「 何、  ナニ~   カメラ撮ってんの  ?!
        寝不足だょ........。 邪魔しないでくれョ 」  
d0150720_1933776.jpg

   「 .........???    ムニャ ムニャ~ 」   
d0150720_19422752.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-24 19:45 | Trackback | Comments(6)

偽 オープンカー

昨日は、郷里に日帰りで行ってきました。
今年の猛暑で、父親が熱中症になり数日間 病院で治療を受けました。
幸い 今は退院して、元気な顔を見せてくれました。
上州 群馬は、猛暑のテレビ ニュースで映像が流れれる程 
8月下旬になっても猛暑・猛暑です。

午前9時 出発地(さいたま市)の車載温度計は、31℃
中山道 17号線を下り 熊谷市・深谷市 34℃
本庄市から利根川を渡る頃には36℃ 相変わらず暑い群馬になりました。

車のドア・ガラスをフル オープンにして、音楽を聴きながら走行すると、
足元まで風が吹き抜けて爽快ですが、信号で停車すると灼熱地獄のようです。

熊谷市の手前で、ドア・ガラスを全オープンの状態でエアコンを入れると、
風が流れるオープン・カーのような雰囲気で、涼しさを感じられます。
他の運転手から見れば、今時 エアコンの故障した車を運転して
「バカな男」と映ったかも知れませんネ。

深谷市に入ってからドア・ガラスを閉めて、普通の車に戻りました (笑)

「庭の花」
d0150720_11455866.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-23 11:47 | Trackback | Comments(6)

夏の影

8月も下旬になると、夏の海で日焼けした上腕・足のすねが痒くなる。
何気なく掻くと、日焼け後の皮膚は、薄く白いサランラップのようにむける。
こうなると 日焼け跡が気になり、指先に注意してユックリと 日焼けした皮を剥がす。
2センチも連続してつながって剥がれると、思わず ヤッタ ! と快感に似た剥がし感だ。

もう暫く、夏の日のサランラップ 剥がしが続く.........。

「フルートを吹く女性」
夏の強い日差しが、部屋に面白い影を落とす。
カーテンの隙間から部屋のブロンズ像に日差しがあたり、
微妙な光の濃淡、 壁クロスに味わいのある影絵を演出している。
d0150720_8332392.jpg

「赤唐辛子」
台所の小窓から差し込む日差し、偶然 タイルに置いた唐辛子にスポット・ライトを
当てているようだった。
d0150720_8334167.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-21 09:45 | Trackback | Comments(8)

庭のピンク

昨日から猛暑が後退して、今日も過ごし易い 夏の日となりました。
昨夜 窓を開け放して就寝していると、涼しい風で目が覚めました。

庭の葡萄が少し色付き始めました。植えてから3年目 今年は4~5房採れるかな~。
真夏の庭は、花が少ない。 暑い夏 庭を飾っていたルドベキアも夏バテ状態です

先日 雨が降った翌日 「レインリリー」が咲きました。
サフランモドキとも呼ぶそうですが、この花 夏 雨が降った後に咲く草花だそうです。
「レインリリー 又は サフランモドキ」
d0150720_1240404.jpg

「アザミの旅立ち」
一年中 良く咲いたアザミの花 タンポポのような綿帽子になり
旅立ちで飛んでいきます。
d0150720_1241040.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-20 13:18 | Trackback | Comments(8)

黄色の風景

家庭ごみの集積場所、カラス対策用にネットが用意されている。
普段は、汚いイメージの場所ですが、真新しいネットが掛けられ
天女が置き忘れた羽衣のように綺麗に見える。
d0150720_7421121.jpg

「見沼田んぼ」
水田に稲穂が実る頃 子供が作った案山子が出現する。
黄色の衣服・黄色のエプロンを身に纏った案山子が、水田を守っていた。
d0150720_7415088.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-19 09:46 | Trackback | Comments(2)

夏の道端

人・車が通り、夏の雑草が生い茂っている道端の草むら、
近づいて見ると、捨てられ放置してあるものが色々ある。
空のポットボトル、飲料水のキャップ、缶のプルトップ、買い物ビニール袋などが落ちている。
これらの目障りな品々に混じり、雑草の「猫じゃらし」が逆光の中で主役のように輝いていた。

不景気で世知辛い世の中も、逆光で見ると良く見えるかな~。

「雑草の美」
d0150720_73256100.jpg

「逆光で撮った花 ケイトウ ? 」
d0150720_733176.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-08-18 10:10 | Trackback | Comments(4)