<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

コスモス祭り

台風が通り過ぎても、台風一過とならず曇り日になりました。
近くの「見沼田んぼ」でコスモス祭りがありました。
今年のコスモス祭りは、花の見頃を過ぎ、又 昨日の台風も重なって、
花・茎も傷んでしまって祭りのようなコスモス畑でありませんでした。

「コスモス」
d0150720_1721812.jpg

d0150720_17155282.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-31 18:56 | Trackback | Comments(2)

今週は、ハロウィン 又は ハロウィーン Week

今週末 10月31日は、ヨーロッパを起源とする ハロウィン 又は ハロウィーンの日 
日本では、商業ペースで子供の仮想行列など行ったり、 ショー・ウィンドウに
ジャック・オー・ランタンが飾られてます。
本来は、悪い霊を怖がらせて追い払う為のジャック・オー・ランタンですネ。

カボチャちょうちん(ジャック・オー・ランタン)は、オレンジ色のカボチャをくりぬき、
刻み目を入れ、内部にロウソクを灯し照らすもので、黒色とオレンジ色が
伝統的なハロウィンの色で、最もハロウィンらしいシンボルです。

「カボチャ飾り」
ある園芸店に飾られていた直径 40センチ位の 巨大カボチャ
愛嬌のある河童(カッパ)の顔に似た飾り付け
d0150720_6562187.jpg

次は、以前にも一部 ブログ掲載しましたが、ハロウィン(ハロウィーン)に因み、
面白顔を載せてみました。

「 昔 場末の酒場女の顔 」
d0150720_752144.jpg

「 宇宙人 ドア・ノブ 」
d0150720_7524188.jpg

「 パック マン風 ノブ 」
d0150720_753039.jpg

「 水道蛇口の猿顔 」
d0150720_7531440.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-29 09:37 | Trackback | Comments(8)

秋の日

急に冷え込んだ大宮公園 冬の訪れを知らせる松の薦(こも)巻きが始まりました。
藁の中で害虫などが冬を越し、春先 藁から出る前に取り払い焼却します。
松の薦巻きが終わると、晩秋から冬の季節を迎えます。
そして今日は、寒い雨の一日でした。
「松の薦巻き」
d0150720_15545335.jpg

「わら細工展」
大宮第二公園 展示室で、秋に相応しく 「稲わら」 を再利用した『わら細工展』が
開催されていました。
さいたま市岩槻区 居住の岡崎さんが作った見事な作品が飾られてます。
「婦人」
d0150720_1649556.jpg

「農作業」
d0150720_16502794.jpg

「釣り」
d0150720_1651425.jpg

「雀の学校」ならぬ 「ニワトリの学校」 
d0150720_16291142.jpg

「万年亀」
d0150720_1630346.jpg

「面白くて ユーモア溢れる大蛇」
d0150720_165954.jpg

製作者 岡崎さんのご了承を得て撮りました。
10月31日まで展示


「公園展示コーナー」
又、公園展示コーナーには、面白い工作品も展示されてます
木片・木の葉・ドングリを利用した スポーツカー風の作品 
d0150720_1631220.jpg

シュロの葉毛で作った本物の様な巨大蜘蛛
d0150720_16312673.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-28 17:17 | Trackback | Comments(4)

ガーデン ・ デコレーション

Garden decoration   略して、ガーデン ・ デコ  ( 庭飾り ) 。 
我が家の狭い庭、ほんの少し ガーデン ・ デコ する場所もあります。
目立たない程度のガーデン ・ デコレーション は、庭の面白味が増します。

「 手作り 」
下手な字は、暖か味もあります(滑稽な自画自賛)
d0150720_9101665.jpg

「 ボトル 」
オーストラリア原産の花に合う 瓶 
d0150720_9442496.jpg

「 ウサギ ? 」
d0150720_9111877.jpg

「和風の庭先に」
この石に、アーモンド・ピーナツなど砕いて置くと、シジュウカラが飛んで来て食べます
d0150720_7275013.jpg

「ガーデン ・ ランプ」
秋が深まると、キャンドルの灯りも良いものです
d0150720_7281258.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-27 09:56 | Trackback | Comments(6)

季節と庭

天気予報を見ると、フィリピンの東の海上を北北西に進んでいる台風 14号
10月下旬なのに日本列島を狙うような進路になっている。
このまま進むと異常豪雨により、甚大な被害を受け復旧工事中の奄美大島付近を
通過しそうだ。
今夜から明日にかけ、今年初めて 「 木枯らし1号 」 の吹く一日になるようです。
寒気をもたらす北の高気圧が通過した後、隙間をついて台風14号が日本列島に
上陸する可能性もあります。
太平洋上を北北東に進んで上陸しないように願うばかりです。

海水温は、2ヶ月前の気温が海水温に影響している。 と云うことは8月下旬の
あの猛暑 40度前後の温度が海水温を高くしている。
10月下旬になっても海水温が高いままの状態なので台風の発生しやすい海に
なっているのだろう。

「秋明菊」
紫の秋明菊が盛りを過ぎると、今度は白色の秋明菊が咲き始めます。
d0150720_6475348.jpg

「プーリンダ エクスタシー」・・・・・オーストラリア原産
10月上旬からピンク色の小さい花も増えて、寒くなっても咲き続けます。
d0150720_6482251.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-26 12:42 | Trackback | Comments(2)

散歩路で

雑木林の空き地で黄色い花が咲いている。 一見 綺麗に見えますが、
これが 「嫌われ者」 外来帰化植物のセイタカアワダチソウです。
根がしっかり張り、繁殖力も強い。
セイタカと名付けられているので背も大きくなり、手で中々抜けないほど強い。

ブタ草の黄色い花粉が、アレルギーを引き起こすことが問題となり、
いつの間にかセイタカアワダチソウの黄色い花がブタ草と勘違いされたようです。
セイタカアワダチソウ と ブタ草は、別の植物ですネ。

「セイタカアワダチソウ」
d0150720_11473535.jpg

「橋の絵柄」
大宮第二公園と大宮第三公園を結ぶ歩道橋 デザインも公園らしい
d0150720_7531635.jpg

「ハートマークの虫」
ハナミズキの葉におりました。
d0150720_7544913.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-25 12:19 | Trackback | Comments(4)

秋バラ

今朝は5時45分~50分頃まで、大変綺麗な朝焼けが現れました。
自宅からは、残念ですが写真に撮れませんでした。
明日は、雨模様になるようですね。

庭の秋バラを下方向から撮りました。
花を上から見るのと、又 違った雰囲気があります。

「カクテル」
d0150720_953910.jpg

「グリマルディ」
d0150720_9573219.jpg

「マチルダ」
d0150720_9555513.jpg

「ダリア」
これは、バラでなくダリアです。
d0150720_9564475.jpg

「ゴールド・バニー」
d0150720_9571316.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-24 10:26 | Trackback | Comments(6)

秋の想い

ここ数日 日々 肌寒くなって上着が もう一枚必要です。 
出窓に秋の季節感を......と言ったら、柿の実、ドングリ、松ぼっくり が出窓に飾られました。
公園を散歩すると、足元の落ちている 落ち葉、松ぼっくり ドングリの実に秋の深まりを
感じます。

今年は、冬眠前の熊の親子が人里に出没、庭の柿を食べたりしています。
夏の猛暑で熊の食糧となるドングリ等の実が少ないようだ。
クマの事情もありますが、怖い体験は避けたいですネ。 

「出窓の秋」
d0150720_7185890.jpg

「 ハテな~ ? 」
これは何の映像でしょうか ?
答えは、万華鏡です。
筒の先端に取り付けた水晶玉を通して見た被写体です。
「芝と散水ホース」 鳥のように見える白いものは、散水栓の取っ手です。
d0150720_7192298.jpg

これは、万華鏡を通して見た秋バラ
水晶玉を取り付けた万華鏡をテレイド スコープと呼ぶそうです。
筒の中に、色々のプラスチック片を入れるのと違って、テレイド スコープを通して
庭の風景を楽しむ事が出来ます。
秋は思考の季節、 物一つで色々な楽しみ方もありますネ。
d0150720_1015763.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-22 11:00 | Trackback | Comments(4)

「 十三夜の月 観月 雅楽演奏会 」

10月20日 旧暦九月十三日 「 十三夜の月 」の日にあたる昨夜、 大宮・氷川神社境内の舞殿において「観月 雅楽演奏会」が催されました。  心配された雨も降らず、
悠久の歴史をたどる神楽・舞楽を鑑賞して、秋の一夜 雅の世界に浸りました。
舞殿の周りは、ススキが立てられ「観月会」の雰囲気が漂います。

静まり返った境内に、かがり火が焚かれ いよいよ「観月会」の始まりです。

「観月会の席」
d0150720_993865.jpg

「夜の舞殿」
d0150720_910078.jpg

「かがり火」
d0150720_9101653.jpg

「神楽・人長舞 其駒」
天宇受売命(アメノウズメノミコト)が、天の岩戸の前で舞ったのが起源とされ、
神の乗る馬をいたわる歌がうたわれ、舞う人を人長舞と呼びます。
d0150720_910313.jpg

「神楽・豊栄舞」
「乙女舞」とも称され、日本国の弥栄を願う祭祀舞です。
d0150720_9104575.jpg

「舞楽・胡蝶」
美しい蝶の飛び交う姿を舞楽化したもので、山吹の花をつけて挿頭花とし、
美しい蝶の羽根を背に右手に山吹の花枝を手に4人で舞います。
d0150720_911093.jpg

「舞楽・万歳楽」
賢明な君主の近くに鳳凰が飛んで来て、「賢王万歳」とさえずり祝福した事から、
その声を楽にして、その姿を舞に写したものと言われてます。
d0150720_9111857.jpg

「舞楽・納曽利」
雄雌の二匹の竜が楽しげに遊び合う姿を舞楽化したもので、装束・面に特徴があります。
d0150720_9113541.jpg

心配された雨も降らず、
薄雲の中 十三夜の月が輝いていた「観月 雅楽演奏会」でした。
d0150720_912398.jpg

   ※  参考 氷川神社資料

 
by saitamanikki2008 | 2010-10-21 09:13 | Trackback | Comments(8)

秋 十三夜の月 ・ 庭の花だより

今日は、旧暦九月十三日 「 九月十三夜の月 」 中秋の名月が中国から伝わった行事に対して、こちらは日本独特の行事だそうです。
中秋の名月と、十三夜の月の両方を同じ場所で眺めるのがよいとする言い伝えもあります。
 銀閣寺は、月見の別荘と云われますが、「月待山」から昇る月・池に反射する月を愛でる。  
なんと風流で、なんと贅沢な時間が流れる究極の美意識の館ですネ。
 近くでは、今夕 氷川神社境内の舞殿で「観月会の舞」も予定されてますが、
天気予報は、曇・雨模様  本当に残念だな~ !!
晴れるのは北海道・秋田・松江・福岡、こちらにお住まいの方は期待できますね。 

更に付け加えますと、今夜から 21日の明け方に「ハートレー彗星」が、最も地球に接近する夜のようです。  ダブル残念な曇り日になりました。 

「ホトトギス」
9月 虫に葉・花芽を食べられ、今年は花が見られないと思っていましたが、
強いですネ  葉が生え、花を咲かせてくれました。
d0150720_10365050.jpg

「秋明菊」
柔らかい朝日が花にあたり始めた時の写真です
d0150720_10371928.jpg

「ダリア」
涼しくなった10月から咲き始めました。
d0150720_10375589.jpg

「チェリー セージ」
d0150720_10381513.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-10-20 12:02 | Trackback | Comments(2)