<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今年 一年 有り難う !!

日一日と寒くなって来ました。 今朝は、庭に霜柱が立ちました。
正月を前に、庭のサザンカが綺麗に咲いてます。

そして、今年も クリスマスの日に、庭先にバード・レストランを開店しました。
早速 メジロ 2羽 飛んで来ました。
「サザンカの花」
d0150720_21295927.jpg

d0150720_21303460.jpg

「ロウバイ」
正月用にと、ロウバイの枝を頂きましたので玄関に飾りました。
花は、たった 一輪しか 咲いてませんが、
室内に甘い香りが漂ってます。
d0150720_21314241.jpg

「霜柱」
d0150720_2133932.jpg

早いもので 今年も残すところ、 あと 3日となりました。
今年一年、私のブログを見て頂きまして 有り難うございました。

12月 最後の記事となりました。  新年も 又 よろしく願いいたします。
そして、来年は、皆さまにとって良い年になりますように !! 
願っております。
 
 
by saitamanikki2008 | 2010-12-28 21:45 | Trackback | Comments(8)

長野(信州) 『温泉&歴史の宿』 の旅 (3) sanpo

12月23日( 雪→ 晴れ )
昨晩は、あの有名なアニメ映画  宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」油屋のモデルの
一つになったとも云われている渋温泉 『 温泉&歴史の宿 金具屋 』 に泊まりました。
昭和初期の旅館建築を現在に伝えており、文化財指定にもなっている斉月楼・大広間
などがある。
「斉月楼全景」
d0150720_7485511.jpg

宿全体は、斉月楼・神明の館・居人荘・潜龍荘と大広間(食事処)があり、迷路のような廊下・階段(エレベーター1基あり)でつながっている。
そして 館内どこを歩いても、目を見張るような興味深い廊下・建具・置物がある。
犬のような嗅覚の持ち主でなければ、行き先を一度は迷うのではないだろうか。
アニメ映画 「千と千尋の神隠し」に出てくる「湯婆婆」がどこに現れても不思議でない
空間がそこにあった。 
驚きの渋温泉旅館「金具屋」である。
「廊下の美」
d0150720_8172052.jpg
d0150720_8173945.jpg
d0150720_818838.jpg

「階段の美」
d0150720_819136.jpg
d0150720_8193569.jpg

「廊下洗い場」・・・・・洗面器が驚きの銅製である
d0150720_8234341.jpg
d0150720_82467.jpg

洗い場の温水は、温泉が出るので湯たんぽが置いてあった。
d0150720_8242844.jpg

「部屋」
大広間・・・・・食事処
d0150720_8403082.jpg

居人荘に泊まりました。 隣部屋のガッチリした入り口引き戸を撮りました。
d0150720_8422726.jpg

部屋入り口 廊下・・・・・こんな場所も 「美」への「こだわり」がある。
d0150720_8483128.jpg

部屋の鏡台
d0150720_852532.jpg

部屋 洗面所のガラス障子
d0150720_853644.jpg

渋温泉 『 温泉&歴史の宿 金具屋 』の朝 早めに起きると雨だった。 
旅先での楽しみは、食事と風呂 特に朝風呂に入れることである。
金具屋は、館内に 5ヶ所の貸し切り風呂、露天風呂があるが、特に趣のある風呂は 
「浪漫風呂」と「鎌倉風呂」の二つ、それぞれ朝夕男女の入れ替えとなっている。
風呂から出ると、いつの間にか外は雪景色となっていた。
「史蹟 鎌倉風呂」
d0150720_11294328.jpg

風呂洗い場・・・・・当然のごとく シャワーなし
d0150720_11334592.jpg

「浪漫風呂」
d0150720_11311724.jpg

「廊下の建具 飾り障子」
階段踊り場  富士山と満月に見立てた灯り、 壁はベンガラ色 
日本伝統のオシャレ感覚は凄い  !!
d0150720_11362015.jpg

d0150720_11384617.jpg
d0150720_11391272.jpg
d0150720_1139361.jpg
d0150720_11401055.jpg

「玄関の番傘」
d0150720_12484637.jpg

思いの外 楽しかった長野(信州) 湯田中・渋温泉 2泊3日『温泉&歴史の宿』の旅も
最終日になりました。
渋温泉の共同風呂では、スェーデンから音楽を学びに来日中のご夫妻と偶然 一緒になり、風呂・日本文化など話が尽きなかった。
明日は、クリスマス イブ Merry Christmas  !  で別れました。 
有意義な日本滞在を願ってます。

「帰りの車窓」・・・・・山の雪景色
d0150720_12583676.jpg

「長野 善光寺」
d0150720_1301095.jpg

d0150720_1303853.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-12-27 13:09 | Trackback | Comments(8)

長野(信州) 『温泉&歴史の宿』 の旅 (2)

12月22日 曇り
今日は、湯田中温泉 『 温泉&歴史の宿  よろづや 』 をチェックアウト後、ブラブラ歩き
ながら湯田中温泉街を散策。 更に奥まで行き 本日 宿泊する渋温泉 『金具屋』 に
手荷物を預け、冬季通行止めになった車道の坂道を登り地獄谷を経由して「野猿公園」へ。
そこで温泉に入浴する野生の猿を見ます。
そして 今夜 宿泊する 『 温泉&歴史の宿 金具屋 』に戻るルートを丸一日かけて
歩きます。
『 温泉&歴史の宿  よろづや 』 を出発する頃まで降っていた雨も上がり、一安心です。チェックアウトの時、この日 宿泊した客に限り、女将から温泉宿の「もてなし」の真心を
受けました。 敢えて ここでは書きませんが、お客に対する誠実な対応に驚きました。

「湯田中温泉 共同風呂」・・・・・町の中に点々とある住民の共同風呂
ホテル「よろづや」横の共同風呂、宿で鍵を開けてもらって入浴。 かなり熱い温泉です  
d0150720_8274555.jpg

         ・・・・・湯田中 ぶらり歩き・・・・・
「土塀と柿の木」
d0150720_8363016.jpg

「お堂」
d0150720_8364941.jpg

湯田中温泉から歩いて17~8分 約1.2キロ奥まった場所に渋温泉街があります。

「渋温泉の共同風呂」・・・・・宿で鍵を借りて、入浴できます。
d0150720_8414090.jpg

さて、これから冬季閉鎖中の急な車道 約2.4キロを歩き、地獄谷を経由して
野生の「野猿公園」に行きます。
d0150720_9344515.jpg

「野猿公園」は、温泉に入浴する猿の様子がインターネット配信され、世界中に知れ渡り 
来園者の7割位が外国人です。
「温泉に入浴する猿たち」
d0150720_925575.jpg

「 寒いよ~ 」
d0150720_934524.jpg

「 暖か~ィ 温泉  極楽 極楽~ 」
d0150720_94331.jpg

「 将来の人生考えてま~す 」
d0150720_951773.jpg

「 ワシらには必要なんですョ  温泉 トリートメント 」
d0150720_955166.jpg

「 猿の温泉エステ 」
d0150720_963224.jpg

「猿の追い剥ぎ事件」
「野猿公園」からの帰り道、橋を数メートル渡ったところ、突然 2匹の大きい猿が橋の下から
現れました。
手に持っていたお菓子の包みを見て、『置いて行け』と云うように 二本足で立ち上がり
立ちはだかったのです。
「野猿公園」から随分 離れている場所ですが、猿の生息エリアだったのです。
二匹の猿が、私の前に来て、両手でジャンパーと手首を掴み離しません。
こうなると橋の上で猿に降参するしかないのですが、振り返って見ると、後続の見物人が
橋を渡ろうとしています。このグループの近くまで逃げて、猿に菓子袋を見られないように
身をクルリと回しながら、慌ててポケットに袋を入れました。
そして、両手を高々と上げ降参のポーズを取りました。
猿も数人が合流したことで、菓子袋の行方が判らなくなったようです。
私の降参したポーズを見た後続の4人連れグループも、全員 両手を上げて降参ポーズ。
二匹の猿は、彼方此方 目で菓子袋を探してましたが、猿の目を見ないようにして
徐々に橋を進み 猿から離れました。
ア~ 怖かった !!   これが笑えない 猿の追い剥ぎ事件(恐喝未遂)の真相です。
帰り道は、山の下り坂 渋温泉街まで一目散に戻りました。
温泉街の商店入り口に 『 本日 猿の出没あり 注意 』 の張り紙。
まさか 「あの猿が私達の後を追いかけて来た」と思うほどの「警告」張り紙でした。

今夜は、あの有名なアニメ映画  宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」
油屋のモデルの一つになったとも云われている渋温泉 『 温泉&歴史の宿 金具屋 』 に泊まります。
果たして、あのアニメ映画に出てくる「湯婆婆」は、現れるのでしょうか ?
明日のブログで『 温泉&歴史の宿 金具屋 』を紹介します。

 
by saitamanikki2008 | 2010-12-26 11:22 | Trackback(1) | Comments(10)

長野(信州) 『温泉&歴史の宿』 の旅 (1)

12月21日 曇り
大宮駅は、徒歩圏内なので度々行きますが、新幹線に乗るのは久し振りである。
長野新幹線に乗車、1時間15分程で長野駅に着く。長野電鉄・特急に乗り換え、
約25分で小布施駅に着きました。
「長野電鉄」
d0150720_9275858.jpg

小布施は、葛飾北斎と栗菓子で有名だ。
目当ては、北斎館で画狂 北斎の肉筆画。北斎90年の生涯で多くの絵を遺しているが、
晩年の作ほど素晴らしくなる。本などで見馴れた有名な絵も数々展示されている。
富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」に描かれている大波の中に描かれた富士山の絵も
有名だが、北斎 86歳で描いた祭り屋台の天井画「男波・女波」の怒濤図には驚いた。
今 映画・テレビ画面で流行っている 3D映像のように立体的に見えるのだ。
北斎は既に江戸時代、立体画を目指していたのではないのだろうか ? と思われる程
3D画のような出来栄えである。
「北斎館付近の風景」
d0150720_9294533.jpg

d0150720_9301834.jpg
d0150720_9304661.jpg

「綿の木 ? 」・・・・・道端で
d0150720_931218.jpg

栗の街 小布施、蔵様式の家並みの町をブラブラ歩き、栗の和菓子など食べたり、
和紙の民芸店で買い物したりして、再び 電車に乗って湯田中駅に着きました。
12月末の湯田中駅は観光客も少なく 寂れた街の雰囲気である。
今夜の「温泉&歴史の宿」は、駅から歩いて13~4分の ホテル 『よろづや』 
昭和27年から2年間、贅を尽くして造られた数寄屋造りの松籟荘・桃山湯殿(文化財指定)が大変素晴らしい。又 日本の大広間の伝統美を継承する 大広間 「萬代」などもある。
昔 歌舞伎役者 15代 市村羽左衛門が度々訪れた宿でもある。

「神殿造りのホテル ロビー」・・・・・香の香りが漂う空間
部屋は展望の良い8階、広い2間続きの和室、夕食は部屋食です。 
朝食は食事処で、珍しい笙の音色が響いてました
d0150720_104573.jpg

「桃山風呂」
広い楕円形の風呂で、時間がゆっくり流れ 心の旅に酔いしれました
d0150720_1083035.jpg

「脱衣所」
柱・梁・透かし彫りなど 非常に贅沢な造りだ
d0150720_1094936.jpg

「桃山湯殿の露天風呂」
d0150720_10112189.jpg

秘湯感たっぷりの雰囲気
d0150720_10121357.jpg

d0150720_10124539.jpg

桃山風呂には半地下の温泉蒸風呂もあり 大変心地よい暖かさだ
d0150720_10381617.jpg

こんな懐かしい体重計もある
d0150720_10394227.jpg

「ホテル廊下に展示してあった色彩豊かな土人形」
d0150720_10404217.jpg

明日も、長野(信州) 『温泉&歴史の宿』 の旅は続きます。
by saitamanikki2008 | 2010-12-25 11:42 | Trackback | Comments(8)

クリスマス・イブ

         Painted The Season Bright

                 And Verry Merry Christmas !!


今日は、Christmas Eve ですネ。 
出窓に飾った小さな 小さな クリスマス ツリー にキャンドルを灯しました。

クリスマスの季節に  蜜蝋で創った特別のキャンドル
優しい炎で 心も優しくなります。

「聖夜」 
d0150720_7251698.jpg

「エンジェル」
出窓に飾ったクリスマス飾りです
d0150720_7254419.jpg


昨日 23日、 2泊3日の長野(信州)の旅から帰って来ました。
新幹線と長野電鉄を利用、 旅先では 全て徒歩です。
今回は、『温泉&歴史の宿』に泊まる旅 湯田中に一泊、渋温泉に一泊。
贅を尽くした建物に、職人(匠)の技が、歴史を超えて 今尚 輝いてます。

観光では、 小布施散策、地獄谷 野猿公苑、長野 善光寺を訪れ
葛飾北斎の絵に感動。地獄谷では、猿の「追い剥ぎ」に合うハプニング、
渋温泉の共同風呂では、スェーデンから来日中の外国人と出会ったりしました。
朝起きると、温泉街に降雪のホワイト・クリスマスなど

『歴史建物と温泉』 長野・北信州 の思い出深い 大変良い旅でした。
明日から、「思い出の旅 写真」を掲載します。
 
by saitamanikki2008 | 2010-12-24 09:18 | Trackback | Comments(8)

Chrismas holidays

 クリスマスが近くなった日曜日、夕暮れの都心を散歩しました。
用事を早めに終わらせて、銀座でフ~兵衛と待合わせ
日曜日の銀座の街は、クリスマス ウィークで華やかな賑わいです。
有楽町から東京駅までイルミネーションを見ながら歩きました。
人気の数寄屋橋の宝くじ売り場 一番窓口は、1時間半待ちの長い行列
一等が必ず当たれば、私も この長~ぃ 行列に並びたいところですが。。。。。

「東京フォーラム広場」
広場に、フランスのワイン・軽食・マスコット人形などの出店が並び盛況です。
d0150720_9521110.jpg

「帝国ホテルのクリスマス」
ベルギーの有名なフラワー アーティスト ダニエル・オスト氏がコーディネートした
クリスマス ツリー
人気のカフェ店は、人の長い列です
d0150720_1014454.jpg

「丸の内 仲通り」
d0150720_10315847.jpg

「丸の内パークビル広場」
d0150720_10104415.jpg

「仲通りの街路樹」
d0150720_10113568.jpg

「ショーウインドー」・・・・・銀座 ミキモトビル
d0150720_10121471.jpg

「丸の内 マイ・プラザ ホール」
d0150720_10123987.jpg

「皇居前」
d0150720_10125866.jpg

明日から2~3日 当ブログも クリスマス休暇となります。
追って、ブログ更新しますので又 宜しくお願いします。
      
by saitamanikki2008 | 2010-12-20 11:09 | Trackback | Comments(6)

クリスマスの季節

今週は、Chrismas weekですネ。 23日木曜日が、 祝日 天皇陛下の誕生日、
24日金曜日が Chrismas Eve、 25日土曜日が Chrismas Day、そして 
26日 日曜日と続き、今年の年末は 家族で祝うのに都合が良い曜日となりました。

この季節、一家団欒の時間を過ごしたり、子供はプレゼントを貰ったり微笑ましい。
クリスマス・イルミネーションが輝くように、多くの人々が幸せな時を過ごして欲しい。。。。

        ☆・・・・・・ Chrismas card ・・・・・・☆ 
  『 当ブログを訪問して頂いた方々には、クリスマス キャロルと共に
           さらに幸せな時が訪れますように......。 』


「ステラタウン」
近くのショッピング ストアーのクリスマス飾り
d0150720_9343427.jpg
d0150720_9345178.jpg
d0150720_93579.jpg
d0150720_935239.jpg






 
by saitamanikki2008 | 2010-12-19 09:59 | Trackback | Comments(6)

生活を綴る

早いもので、何かと忙しい師走ですが、今年も残すところ2週間程になりました。
3年前の暮れ 本屋で表紙が厚く綺麗な3年日記を買って、毎日の生活を綴ってきました。
三日坊主で続かないと思っていましたが、なんとか3年間続き 残すところ13日で終了。

毎日 日曜日のような生活なので、特別書く程のことはない生活日記ですが、
自分ながら 良く3年間続いたものだと感心しています。
まあ これから長い人生 ボケ防止にでもなれは良いかな~。

昨日、再び 3年日記を買ってきました。新年 1月1日元旦から綴る新たな人生の歩み
どんな3年間になるのか楽しみでもあります。

「三年日記」
d0150720_9521514.jpg

「日本リス」・・・・・市民の森で
寒い冬は、巣から姿を見せなくなりがちですが、
今日のような良く晴れた天気は、暖かい日差しの中での食事
メニューは「どんぐり」の実
d0150720_957068.jpg


 
by saitamanikki2008 | 2010-12-18 10:02 | Trackback | Comments(2)

キッチンガーデンに霜柱

オ~  寒い !  今日は、真冬のような寒い朝となりました。
北海道では、昨日 マイナス 23.7℃だったようで急に寒くなりましたネ。
我が家の狭いキッチンガーデン、本格的な冬の到来で、今季 初めて霜柱がたちました。

ペパーミント、アップルミント、パセリ、西洋ミツバ、ヘェンネル、セリ、ミョウガ、フキ、ニラ  
和洋ごちゃ混ぜ状態のキッチンガーデンです。

「ペパーミント」
d0150720_10332075.jpg

「パセリ・西洋ミツバ・セリ」
d0150720_10335952.jpg

「ヘェンネル」
d0150720_10342241.jpg

枯れたホウズキも冬の庭では絵になります
d0150720_1034494.jpg

軒下の小さい紅葉  西側は暖かいのか 今 紅葉しています  
d0150720_10351522.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-12-17 10:36 | Trackback | Comments(2)

冬の味覚 キンカン

一昨日、庭で黄橙色に色付いた冬の味覚 金柑を採りました。
一粒 食べてみると、金柑独特の苦味・酸味と共に甘味が口いっぱいに広がる。
生果皮の成分は、ビタミンC、カロチン、カルシウムなど豊富に含まれ、
喉飴になったり、風邪の予防や咳・喉にも良いようだ。

「金柑」
d0150720_11115248.jpg

籠 一杯に採れたので、フ~兵衛が早速 金柑の甘露煮を作りました。
水・砂糖を加え煮て、最後に蜂蜜を入れます。
保存用に、熱いうちに瓶に入れ脱気処理します。 これで約1年 保存OKです。
d0150720_117716.jpg

保存用に 6瓶作り、残りは近所におすそ分けします。
d0150720_117273.jpg

by saitamanikki2008 | 2010-12-16 12:08 | Trackback | Comments(8)