<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

寒い~ 朝

今朝は、本当に寒かった。
朝起きると、窓ガラスが凍ってました。我が家は、最新型のペアガラス窓でないので、
寒さが厳しいと凍るようです。
今朝の最低気温はマイナス4℃ 寒い朝でした。
窓ガラスに下手なイタズラ書きしました。
携帯メールの絵文字ならぬ 子供の頃描いた 「平仮名文字絵」 
『へのへの・も・へ・じ』 や 『つ・る・さん・は・まるまる・むし』
今日では、幼稚園児でも書かないだろうな~。
団塊世代の人なら、一度位書いであろう こんな絵です。


「青年」 
「つ・る・さん・は・まるまる・むし」の絵  オッと 「は」文字が抜けてました。
「は・・・ハ」は、眉毛になる文字でした。
d0150720_1022191.jpg

「壮年」 
「へのへの・も・へ・じ」の絵  鼻にあたる「も」の横棒二本は入れてません。
d0150720_1025752.jpg

「老人」 
「つ・る・さん・は・まるまる・むし」の絵  これも「は」文字が抜けてます。
d0150720_1034439.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-31 10:18 | Trackback | Comments(10)

お祝い 『紅梅・白梅』・・・・・アジアサッカー優勝  

寒い朝でしたが、窓から春の明るい日差しが差し込んでます。
今年の紅梅は、幾分 早く咲きました。12月の暖かい日々が開花を早めたようです。
1月は、例年より寒かったので一部の早咲きの白梅は咲いてますが、
白梅は、これから開花を迎えます。

深夜の日本・オーストラリア アジアサッカー決勝戦 午前2時過ぎの延長後半まで
テレビ観戦しました。
「 1 対 0 」 李選手が、見事なシュートで優勝を決めてくれました。
本当に綺麗なシュートでした。
アルベルト・ザッケローニ監督の試合の采配 お見事でした。
選手の皆さん 『おめでとう』 そして 有り難う !!  
お祝いの『紅梅・白梅』になりました。

「梅」・・・・・大宮公園 梅林で
d0150720_1113716.jpg

d0150720_11373121.jpg

d0150720_1134643.jpg

「梅林の野鳥」
d0150720_11383161.jpg

d0150720_1143385.jpg

d0150720_114760.jpg

「枝垂れ梅」
d0150720_1152868.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-30 12:16 | Trackback | Comments(8)

もう 春はすぐそこ 「マンサク」

寒かった1月も残すところ2日間となりました。
そう云えば、最近 日中の太陽の輝きが増し、明るく感じるようになりました。
もうすぐ 春の到来ですネ。
公園では、早春に咲く 「マンサク」 が開花し始めました。

早春に咲くことから 『まず咲く』 『まんずさく』 が東北地方で訛ったものとか。

「マンサク」
d0150720_7422834.jpg

d0150720_742832.jpg

今日の深夜(0時~)、アジアサッカー決勝 日本とオーストラリア戦がありますね。
放送時間が深夜で厳しい時間帯ですが、春に先駆け 『まんず 勝利』 を願って
テレビ観戦します。
 
by saitamanikki2008 | 2011-01-29 08:02 | Trackback | Comments(8)

もう一度 ロウバイ

公園にある大きなロウバイの木、 今 満開になってます。
甘い香りが周囲に漂って、香りに誘われる小鳥のように写真を撮ってしまいました。
今年、既に撮ったロウバイですが、もう一度。

「ロウバイ」
d0150720_7394394.jpg
d0150720_740790.jpg
d0150720_7402538.jpg

「サザンカとロウバイ」
d0150720_7411065.jpg

d0150720_7405235.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-28 09:29 | Trackback | Comments(4)

一日のフィナーレ

この日 秋谷海岸は夕陽が綺麗でした。
それは自然が織りなす、一日のフィナーレに相応しい風景です。
黄金色に輝く夕陽が「広大な空」と「広い海原」を茜色に染める頃、
広い海原は、静寂になり 自然が演出する とっておきの風景が現れる。

夜のしじまに包まれる前 一日のフィナーレだ。 
寒さを忘れ、その空間にいる自分を忘れる程の美しさがある。

「秋谷海岸の夕陽」
d0150720_10223260.jpg
d0150720_10224860.jpg

「冬青 (そよご) ? 」・・・・・秋谷海岸 立石公園で
大空を染めるものは、夕陽ばかりではない。
一日のフィナーレを見る観客のように、実を赤く染めている植物
d0150720_1023127.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-27 10:55 | Trackback | Comments(14)

散歩 秋谷海岸~葉山

秋谷海岸に行くと、移動はもっぱら歩くことにしている。
この日も、秋谷海岸・立石公園から西海岸通り 143号線を久留和~長者ヶ崎~御用邸前~
葉山で人気のイタリア料理 『イル・リフージョ・ハヤマ』の場所確認 1ヶ月前から予約が入る店だそうで、案の定 予約で満席でした。
仕方なく、真名瀬海岸近くの「磯料理 魚佐」で新鮮で美味しい アジフライ定食。
お腹 一杯になって、海岸通りを秋谷海岸まで戻るルートです。
途中、海の見晴らしの良い葉山公園で休憩して往復約10キロの道を帰りました。

「見晴らしの良い西海岸通りから長者ヶ崎方向」
コートダジュールを彷彿させる海岸風景が続きます

d0150720_10315919.jpg

「西海岸通り」
海の見晴らしが良いのでロード・サイクリング、ランニング、散歩する人々も多い

d0150720_10321721.jpg

「葉山ホテル 音羽ノ森」
長者ヶ崎に建つ眺望の素晴らしい リゾート・ホテル
相模湾を一望、富士山・江の島・伊豆半島・大島などが目に飛び込んでくる

d0150720_10324060.jpg

「葉山町の看板」
d0150720_1033090.jpg

「冬の海は澄んで奇麗です」
d0150720_10333467.jpg

「小舟と裕次郎灯台・江の島」・・・・・葉山 真名瀬海岸で
d0150720_10335358.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-26 11:00 | Trackback | Comments(4)

秋谷海岸 冬散歩

冬の秋谷海岸に行きました。
私の住む内陸地「さいたま市」と秋谷海岸の冬気温を比べると、黒潮の影響なのか
2~3℃暖かいように感じます。
海岸の道幅は狭く、道端で見知らぬ者が出会って挨拶を交わしている。
2~3日滞在すると、いつの間にか 自ら挨拶している自分がいたり、
些細な事ですが、街にない普通の挨拶が自然の海風のように流れてます。
そんな空気が体感温度を少しアップさせているのかも知れません。

「冬の秋谷海岸・立石」
d0150720_10302257.jpg

「冬の夕暮れ」
d0150720_10312194.jpg

「前田川の鴨」
首を縮めて、寒そうな格好してます
d0150720_10322675.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-25 10:50 | Trackback | Comments(8)

落花生

正月に郷里に帰った時、落花生を頂いて来た。
落花生は、千葉県 八街産が有名だが、郷里の上州(群馬)でも、昔から母親が、
家庭で食べる少量の落花生を耕している。
『齢(92歳)になって落花生を割るのも大変だ』 と云って、一包み分けてくれたのでした。
昔、落花生割りをしたことがある人は容易に落花生が割れますが、初めて落花生を手で
割る人は容易でない。 数多く割るには指の力が必要で大変な作業です。

右手の親指と人差し指の間に落花生を挟み、左手でくるむ様にして左手の親指を
右手の親指の上に添え、一気に両親指に力を加え落花生を割る。
年老いた母親がこんな作業をするほど元気なので助かる。
落花生を割ると、中には殻ばかりで何も入ってない落花生もある。
少し作業を続けると実の入った落花生と実が空の落花生の違いが判って来た。

落花生の実を割ると、乾燥した皺の落花生の実が割れ落ちる。
落花生の実は、皺くちゃな母親の顔や手に重なって見える。
幼い頃、家の縁側で落花生割りした記憶がよみがえった。
昔 良く叱られもしたが、家族愛で満ちていたと思う。

「落花生」
冬は、炒った落花生が美味しい。
d0150720_713727.jpg

「落花生の実&殻」
d0150720_715654.jpg

フライパンで炒って、香ばしい落花生になる。
d0150720_72165.jpg

今日から、2~3日 ブログを休止します。
by saitamanikki2008 | 2011-01-21 09:46 | Trackback | Comments(10)

大寒

今年は、寒い日が続いてましたが 昨日は少し温かく感じる日でした。
今日は、二十四節気の一つ 「大寒」です。
夜中 目を覚ますと、カーテン越しに屋外が大変明るくなってました。
周囲の家が点灯しているのかな~、と思ってカーテンを少し開けて見ると、
何んと !   明るく輝いた満月の光が一面に降り注いでます。
まさに降り注ぐ感じの満月の輝き、建物の影まで明るく照らしてました。
「大寒」は満月の日でもあるのですネ。 何か 「得」したような真夜中の目覚めでした。

「大宮公園の池」
池に薄氷が張って、カモメ ? が着地の時、 転ばないように円を描くように舞い降りてます。
d0150720_9332288.jpg

「大宮公園」
日本庭園の枝垂れ梅にヤマガラが飛びまわってます。
d0150720_9421617.jpg

「水仙」
d0150720_951123.jpg

「バラの誘引」
昨日は、日中 北風も吹かず暖かくなったので、ホームセンターで買った木製 トレリスに
自然の風合いのプライムグリーン色のペンキをハケで塗りました。
真冬は、つるバラを誘引する季節、バラのトゲに注意しながらトレリスに付けました。
d0150720_9512588.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-01-20 10:37 | Trackback | Comments(4)

洋らん展

先日16日、近くの市民の森に行ったところ [さいたま市 洋らん展] が開催されてました。
花の女王「蘭」、 繊細にして豪華な洋らんが会場一杯に飾られてました。
会場は、花店にあるような豪華な花、小さい花ですが「私を見て」 と 
見る人に呼びかけるように咲く洋らん等もあり、
冬の寒さを忘れ、人々を魅了した洋らんの花々でした。

専門的なことは判りませんが、小さい洋らんを重点に撮りました。

「洋らん」
会場で、一番 面白かったのが、ディズニー キャラクターのリス 「チップ&デール 」
のような顔の洋らんが傑作でした。

d0150720_742166.jpg
d0150720_743237.jpg

d0150720_7434456.jpg

小鳥が葉先に止っているような洋らん
d0150720_744260.jpg

このような「毛むくじゃら」の洋らんもあります
d0150720_7444153.jpg
d0150720_7452477.jpg

d0150720_749459.jpg
d0150720_7492924.jpg
d0150720_750045.jpg

これらは、見馴れた洋らんです
d0150720_7511922.jpg
d0150720_7514012.jpg

・・・・・参考・・・・・
1月26日~30日 埼玉県熊谷市 「八木橋デパート」 8F カトレアホールで
第五回 彩の国 洋らん展が開催されます。

by saitamanikki2008 | 2011-01-18 10:45 | Trackback | Comments(6)