<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

水・人の繋がり

人は、人と何がしかの繋がりを持たなければ生きていけない。
東北地方の漁港近くの町で長年暮し、被災で遠い土地に移動するには大変不安だろう。
毎日顔を合わせて挨拶していた隣人たちと別れるのは、若者ならまだしも、高齢な被災者は自己の気力・体力など考えて、出来るなら生まれ育った被災地から離れたくない心情だろう。
ある被災者が「被災地に残るのも地獄、離れるのも地獄」と云っていたが、被災者一人一人、これからの人生 生涯で最大の戦いを覚悟して進むしか選択幅がない。

人は、お腹にいる時は羊水で守られ、水を温めた産湯につかり、
そして 毎日 何気なく水と共に生活してきた。
震災後、スーパーマーケット店内 水のペットボトル売り場は、一本もなく空っぽ状態が続く。
原発の放射能で水道水まで汚染、人々の不安が広がった。
原子炉・放射能の専門家が毎日テレビに出演してましたが、人の生活に係りの深い水
(水道水)の測定を提唱した専門家は一人もいなかった。
東京都が初めて水道水の放射能を計測したことは、石原都知事の危機管理によるところが大きいと思う。
人が普通に生活していれば、大気中から常に放射線を受けている。
水道水は、この原発の放射能漏れがなければ、0ミリシーベルトなのか 或いは 
一定の数値を示すのか知りたいものだ。
それが専門家の唱える正確な安全情報と云うものでしょう。
各県一律の野菜出荷停止・摂取停止も変な対応と云わざるを得ない。
県境の川一つ挟んだ他県では何の問題も無いと云う。

日本の放射能測定値が厳しいので、今 測定基準値を変えると云う意見も出ている。
この時期に基準値を変えれば、全ての基準値があやふやで信用出来ないものとなる。
小手先で不都合な事態を乗り越えようとする為政者を選挙民は良く見ておく必要がある。

東北関東地方が、想像を絶する津波で壊滅的な状況になったのも水(海水)、
被災者が一番先に求めたのも食糧品・水であった。
今、危機的状況になっている福島第一原発 この原発を安全に保っていたのも冷却水。
炉心や周辺設備を冷やす為、毎日 細心の注意を払い 水を放水・注入している。

『人と水』 この切っても切れない大切な繋がり、最先端技術の原子力発電も
水に守られていた。
自然を侮らず、これからは原子力発電より、自然の水・空気・風・太陽を利用した
総合的な自然エネルギー利用を目指す社会作りが必要だと思う。
日本全体が地震地帯の上で暮している現状から、一家に一基 蓄電器を備えた太陽光発電が必要な時代になって来た。
これから建つ全国の新築家屋に太陽光発電を義務化など建築基準法改正なども
必要だろう。
計画停電で節電が続いている中、
街中で、55歳位の婦人の情けない話を耳にした。
   「家は、節電なんかしていない。だって 屋根に太陽光発電があり、
    東電に余った電気を売っているので、計画停電で迷惑している」
と云った内容だった。
世の中、身勝手で人の悲しみ・苦悩が判らない人もいる。
好むと、好まざるも関わらず この人も、毎日 水や人と繋がっている。

日本の海岸近くで稼働中の原発数は、54基もある。 
国の中央防災会議が発表した静岡・愛知を含む東海大地震の30年以内の発生確率は、
87%と非常に高い。
更に巨大な東南海地震などを含め、今回の東北関東巨大地震を参考に原発・津波に対する真剣な危機管理が今 早急に求められる。

「繋がる花 アセビ」
花言葉・・・・・・犠牲・献身
d0150720_1425880.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-29 15:14 | Trackback | Comments(8)

最悪な東電体質

東北関東巨大地震から2週間を過ぎても災害の爪痕は深く、被災者を苦しめている。
被災地の方々を思うと、やるせない気持ちで一杯です。
今日は、北寄りの春の嵐が吹き荒れてます。
福島第一原発の強い放射能が太平洋側に吹いて、周辺陸地に少しでも及ばないよう
祈るばかりです。
今年は、例年より寒い日が続き、避難所での生活を辛くしてます。
せめて、この寒さが原子炉周辺器機の温度を1℃でも下げる効果があれば
良いのだが......。

福島第一原発で国民の盾となり懸命に作業している方々、その家族にどのような言葉を
かけてよいか判らない。
強い放射能を浴びながら命がけで作業を続行している姿に値する言葉がない。 
ただ 無事で !!  と願って祈ってます。

東京電力の関係者は、当然 不眠不休の努力をしていると思ってますが、
深刻な原発事象の中で、東電(東京電力)の最悪の体質が所見されます。
  ・ 地震直後 原発で電気関係の仕事をしていた関係会社の作業員が負傷した事案
     東電責任者が記者会見席での発言
         『東電と関係ない作業員が負傷した』
    負傷した従業員が恰も、原発敷地内で東電に無断で仕事をしていたかのような発言を
    聞いて唖然となりました。
    東電の思い上がった体質が「東電と関係ない作業員」との発言となったのです。

  ・ 原発横の地下タービン室で、やはり東電の要請を受けて非常に危険な状況下で
    配線作業をしていた作業員 3名が放射能被曝した事案
      東電側は、作業前 地下タービン室には非常に高い放射能が検出されていたにも
      拘わらず、
      作業員に一言も伝えず、東電の放射能検知員も同行しなかった。

この2例でも判るように東電は、東電以外の会社作業員に対する危険性の配慮が全く無く、
虫けら同様の扱いとなっている。
この被爆事案は、避ければ避けられた被爆であった。
東電は、人の命を一体何と思っているのか理解に苦しむ。
謝ればすむ問題と、謝ってもすまない事象があることを、十分・しっかり認識して
作業依頼すべし。
東電は、神でもなければ 救世主でもない、 ただの一企業なのだ。

「悲しみの花」
d0150720_16285555.jpg

「スイセン」
災害被害にひたむきに耐える被災者に、春のような暖かい気持ちが
一日でも早く訪れますように....。 !!!
一日でも早く 普通の生活に戻れることを願って、黄色いハンカチ ならぬ黄色い花
d0150720_17111866.jpg

  
      
by saitamanikki2008 | 2011-03-26 17:05 | Trackback | Comments(8)

ボランティア活動 ・さいたまスーパー アリーナ 一時避難場所

3月20日(日) 3月としては、暖かい日となりました。
さいたま市の JR新都心駅に隣接する 「さいたまスーパー アリーナ」には、福島県から
約2500名の方々が避難して来てます。
昨日、バス車列で避難するようすがテレビで放映されたことなどから、数多くの若者による
ボランティア支援の輪が広がり、本日は色々の支援体制も整いました。
又、嬉しい事に県内外の企業・個人から日用品の提供も集り、物品仕分けも
忙しい状態です。
JR新都心駅周辺では、 炊き出し募金活動もしてます。

埼玉県民の皆さま、全国の皆さま
元気な東北地方の復活・復興を願って、 
是非 是非 募金支援 宜しくお願い申し上げます。

「駅募金活動」
d0150720_16122656.jpg

「アリーナ内 物品配布」
d0150720_1613199.jpg

「ガンバレ 応援メッセージ」・・・・・アリーナ前通路で
d0150720_1613457.jpg

「ボランティアによる子供と遊ぶコーナー」
d0150720_16142427.jpg

「支援物品」
d0150720_16261882.jpg

「昼過ぎからトン汁の準備」
d0150720_16271586.jpg

「外国人による演奏支援」
d0150720_16273989.jpg

 
by saitamanikki2008 | 2011-03-20 17:01 | Trackback | Comments(4)

ボランティア活動・さいたまスーパー アリーナ 一時避難場所 

3月17日 東北関東大地震で一時避難場所として開設されました。
「さいたまスーパー アリーナ 」には、福島県から避難してきた人々が18日夜の時点で、
796名となりました。
不安を抱え避難してきた人々に地元商店街から、夕食でおにぎりの炊き出し、
又 一時避難場所を知った周辺の方々から日用品の提供も少し集まり始めてますが、
全く不足してます。
多数の避難者と「心」を一つにする援助の輪が広げ、被災者支援に立ちあがったボランティア活動も始まりました。
18日ボランティア登録して「さいたまスーパー アリーナ 」に避難している方々の
支援活動しました。 炊き出し運搬、誘導案内、おにぎり配布などの活動です。
募金箱も備えられてますので、埼玉県民 一人一人が出来る範囲内での
支援活動・募金にご協力お願いします。
先ずは、身近な場所「さいたまスーパー アリーナ 」で何が出来るのか 
是非 現地に来て支援活動・募金をお願い申しあげます。

避難場所では、現実が理解できない小さい子供が無邪気に遊んでます。
元気な子供がいる限り、5年 10年 15年先、必ずや被災地を元気に復興させる
力となります。
今は先ず、被災者が 『 希望 』 をつなぐ気持ちを失わないような支援活動が
必要となってます。
是非、「さいたまスーパー アリーナ 」に支援の手を。。。。

「さいたまスーパー アリーナ内 支援本部」
d0150720_1062354.jpg

「物資仕分け作業」
d0150720_1064935.jpg

「とん汁配布」
d0150720_1074159.jpg

「配布に被災者の長い列」
d0150720_108953.jpg

「被災者収容数」
d0150720_1082794.jpg

「さいたまスーパー アリーナ」
d0150720_1084641.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-19 10:19 | Trackback | Comments(6)

巨大地震・巨大津波・原発被害から1週間

3月11日午後2時46分 東北関東大地震の発生から1週間を迎えようとしています。
これまで震災発生時から3日間を我慢して生き残れば、支援態勢が整うことになってました。
しかし、広範囲な被災地・原発被害で1週間たっても支援の手が届いてない現状です。
地震発生当初から、余りにも悲惨で過酷な現状を目にして、
ブログを更新する気持ちになりませんでした。
今 日本の危機に立ち向かう為、全ての国民 一人一人が立ち上がり行動を起こす時です。
今 この時 立ち上がり行動しなければ動く時がありません。
発生から1週間、一時的に自衛隊・警察・消防・海上保安庁・諸外国の救援隊が
全面に立ち救命活動してくれてます。
これから、私達 国民一人一人が被災地への後方支援活動しなければなりません。
被災地の人々が餓死者が出る程 食べ物に困っている時、首都圏の食糧品・日用品の
買い占めなどは犯罪的な行為です。
自宅で使われてない毛布・衣類・食料品などが押し入れ、台所に必ずあります。
今 それらを市町村の役所を通して被災地に届けましょう。 その輪を広げましょう。

・・・・・福島原子力発電所・・・・・
地震発生が1週間 現地では自衛隊・警察・消防隊・東電などの作業員数百名が、
昼夜 首都圏・日本の最後の砦となって、度重なる事象に死を覚悟して、
僅かな可能性を信じて、原水炉の直近で必死で戦ってます。
私達は、ただ見守るだけで何もできず、この長い戦いに勝つよう 祈るしか出来ません。
今日も、自衛隊へり、飛行機が北に向かって飛んでいってます。
上空を見上げ、手を合わせて祈ってます。

幸い首都圏では、地震の影響が少なく生活できてます。
被災地の現状を思うと計画停電など微々たる不便なだけです。
ただ 病院だけはなんとか電力回復されるよう最大限 家庭の節電に努めてます。
次回のブログ更新は、何時になるか判りませんが、早く 明るい記事が載せられますように。。。。。!! (祈)
by saitamanikki2008 | 2011-03-17 12:30 | Trackback | Comments(2)

春の息吹

今だ寒い朝夕ですが、日中の明るい日差しは春そのものです。
冬 部屋の奥まで入り込んでいた太陽の手が、少しづつ窓辺近くに戻りはじめてます。
そして、雨の後 庭の草木の新芽が目立って伸びてきました。
人は、冬の上着を一枚脱ぐときに 『春が来た』 と感じ、植物は、土の中から新芽が生え、
花を咲かせ、枯れたような枝に新芽が生えた時、自然の息吹を感じます。
日一日と変わる春の庭、今年も期待に応えてくれるかな~。 

「フキノトウ」・・・・・近所の庭で
d0150720_10303367.jpg

   ・・・・・我が家で・・・・・
d0150720_1031581.jpg

d0150720_113182.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-10 11:26 | Trackback | Comments(7)

キーワード・溶ける

7日朝降った 名残り雪は、今日は早くも溶けてなくなりました。
民主党 菅政権も春とともに溶けだしました。
鳩山元首相、小沢元代表、仙石官房長官、前原外相など党全体で溶けてます。
そもそも 民主党は、政党としての綱領・規約が無く、国に例えれば憲法・法律も無く、
人間に例えれば、背骨がない その時々の状況により解釈を変える政党です。
このことは、民主党の1年半余の政権運営からも容易にお判りでしょう。

野党時代にあれほど激しく政権批判を繰り返してましたが、政権与党になったとたん
言っていた事を全て忘れ、ダンマリを決め党内闘争に明け暮れている。
この様子は、昔の左翼集団の後追いをしている典型的な姿です。
少子高齢化の日本で学校に通う児童が減少している中で、日本教職員組合の要求どおり
教職員の負担軽減の理由で少数人学級目指しました。
労働組合の声重視で、国民の悲鳴などを聞こうとする姿が全く見られません。
年金問題にしても、野党時代は民主党が政権を担えば、一年で年金問題は全て解決する
と豪語しましたが、消えた年金問題は放置され、法律を無視して国民年金を支払わない
人まで年金を支給するような無責任政党です。
事業仕分けのパホーマンスも化けの皮が剥がれ、官僚の天下りは合法化され
天下り官僚は、以前より増加しました。
この政党は、国の政権を担う能力すらありません。
問題は、これも国民が選挙で望み選んだ政党です。
人を見る目をもたず、単に雰囲気だけで政党を支持すると、とんでもない政党に
国の運営を任せたことを痛感するでしょう。

菅総理は、権力意欲が人一倍強く、国や国民がどうなっても、
余ほどの事がなければ総理の権力にしがみつく人物です。
まるで日本の「カダフィ大佐」のような人です。
春の雪のように民主党が溶けるのか、 又は、どんな奇策で延命を図るのか
いずれにしても、日本の危機(外交・経済・国民生活)であることは間違いありません。

「雪割りそう」
d0150720_742781.jpg

「春の雪解けは早い」
d0150720_716964.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-08 11:35 | Trackback | Comments(8)

クロッカス & 春の雪

3月7日(月)  朝降っていた雨が、今は 大きなわた雪に変わりました。
屋根も、薄っすら雪化粧です。

昨日は、暖かい日になりましたが、花粉も飛んで鼻がグチュ。。。。気味で困りました。
3月6日の「啓蟄の日」を過ぎると、庭は春の目覚めが始まります。
早春の花、クロッカスが咲き始めました。
しかし、今日の雪で花をしっかり閉じてます。

「クロッカス」
花言葉・・・・・青春の喜び
躍動感があり、チョッピリ せつない青春時代も遠い彼方に過ぎて
今の年頃が、一番平穏な生活。。。。。
春の淡い雪のように、青春の思い出も一つ一つ融けて......。
d0150720_1017530.jpg

d0150720_10161237.jpg

d0150720_743712.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-07 10:32 | Trackback | Comments(12)

街並

今まで東京・JR 山手線の内側の地域は、仕事をする場所で人が住む場所でないと
思ってました。
都心で飲み会があった日、早めに家を出て、今回 初めて JR 山手線 鶯谷駅から
足の向くまま谷中、根津を通り JR 上野駅まで歩きました。
歩いてみると、そこは印象と全く違って、昔の落ち着いた面影が残る街並が広がり
人が住む良い地域・場所でした。
都内には、江戸時代に出来た名庭園が幾つかありますが、山手線の内側の地域も
幾つか「住んでみたいような地域・場所もあるものだ」 と改めて感じました。
再度 街歩きしたくなる魅力的な家並みがそこにありました。

「家屋」
立派な建物です
d0150720_829248.jpg

「和菓子店」
昔の建物を大切にして趣ある店構えです
d0150720_8292916.jpg

「銭湯」
まだ銭湯が残ってます 横壁に Bath House と英語で書いてあるのもオシャレだ
立派な建物の前に水タンクもあって、雰囲気が良い 
d0150720_8295878.jpg

「玄関」
木製の引き戸に電灯 銅製の雨樋
d0150720_831670.jpg

「バス」
巡回バスもレトロ調です
d0150720_8313115.jpg

「店の看板」
なんとも 味のある看板です 時間があったら一杯のコーヒーでも飲みたかった
d0150720_8441166.jpg

「キャット カフェの看板」
癒しの猫カフェですネ
d0150720_8322586.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-06 09:19 | Trackback | Comments(8)

秋谷海岸 フォトスケッチ

所要で秋谷海岸に行きました。
3日間滞在しましたが、2日間は雨の日となって、散歩も出来ませんでした。
帰る当日、天気も回復 初めて海岸を散歩。
帰り道 葉山の森戸神社にお参り、海が見渡せるファミリーレストラン「葉山デニーズ」で
遅めのランチを食べて帰りました。

「秋谷海岸」

雨が上がった後は、急に寒くなって海岸の人影も少ない
d0150720_13515242.jpg

「ディンキー」・・・・・秋谷海岸で
江の島・丹沢山系が見えます
d0150720_1352199.jpg

「葉山デニーズ」
海岸の風景にデニーズ ブルーのパラソル&ペイントが良く似合う
d0150720_13532622.jpg

「野菜カレー」
d0150720_13571931.jpg

「天然ワカメの天日干し」・・・・・森戸神社裏の海岸
春が目覚めたばかりの 3月3日、ワカメ採取が解禁になりました。
d0150720_13543439.jpg

「石原裕次郎 レリーフ」・・・・・森戸神社裏の海岸
「裕次郎灯台」が見え、遠くに江ノ島・富士山を望むことが出来る場所に設置。
    夢はとおく 白い帆に のって
        消えていく  消えていく  水のかなたに
d0150720_13545646.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-03-04 14:47 | Trackback | Comments(6)