<   2012年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初夏の庭花

昨日(25日)は、一日中 肌寒かった。
最高気温が 20℃ に届かなく、2ヶ月も後戻りした4月中旬頃の気温だったそうだ。

今朝は、良く晴れて、朝早く 目が覚めてしまった。
老人性の早起き癖になったのかナ~。
実は、数日後に楽しみが控えてまして、布団の中で想いを巡らせてました。
子供の頃 遠足の前日は、ワクワクして良く寝付けなかった記憶がありますが、
どちらかと云うと、子供時代の幼稚性に戻った。。。? (笑) 
どちらにしても、生活に少しの変化をつけるのは、楽しいものです。

早春から庭の草花を楽しんできましたが、初夏に咲く花で庭の草花は一巡します。
今は、早くも切り戻したバラが返り咲きしてます。
今朝のように良く晴れた日 初夏の花は、一層 爽やかな感じです。

フェンスに絡ませた葡萄の実に袋をつけました
グリーン色の葉の中で、白い袋が爽やかに見えます。
d0150720_543699.jpg

ストケシア
d0150720_546434.jpg

夏椿(娑羅樹)
朝 開花し、夕方には落花します
d0150720_5453034.jpg

d0150720_5472464.jpg

桔梗
d0150720_5451133.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-26 07:07 | Trackback | Comments(12)

今年も期待出来るかナ~

昨年 庭にゴーヤを植えてネットにツルを絡ませて、西日除けのゴーヤ・カーテンを
作りました。 これが思った以上の効果を発揮しました。
庭にゴーヤの苗を2本植え 秋口までに57個位ゴーヤを収獲、毎日食べました。
我が家の西側にある和室は、路地に面しているので普段の日常生活では、
窓ガラスを開けておりませんが、ゴーヤの葉が見事に茂り、
窓を開けると緑のゴーヤカーテンの隙間からそよ風が心地よく通り抜け、
クール効果は予想以上でした。

今年も視覚的にも目に優しいゴーヤ・カーテンの緑で窓辺を飾り、
暑い夏を迎えたいと思ってます。
今日現在、1.4メートル位の高さに伸び 花も咲き始めました。

「支柱に絡まり、日々成長するゴーヤの芽」
背景の赤い花は、ナスタチューム、
花・葉はワサビに似た辛みがあり食用にもなります  
d0150720_6413566.jpg

ゴーヤの花
近々 支柱を取り去り、芽をネットに誘引します
d0150720_6424033.jpg

庭隅に咲く アストロメリア 
d0150720_6435168.jpg

ストケシアも咲き始めました
d0150720_6442456.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-24 11:13 | Trackback | Comments(10)

紫陽花 コラボレーション

紫陽花&6月のイメージを素敵に!
6月 この季節に珍しく、早くも 台風4号が来襲 猛スピードで日本列島を縦断した。
夜、午後11時頃から12時頃 雨戸に大雨と強風が打ち付ける音が大変煩く、
庭の木々・草花は、手で捏ね掻き回したように舞っていた。
皆さん 台風被害 無かったですか。

一夜明け、朝 雨戸を開けると、太陽が輝き 晴れ間が広がっている。
庭の草花は、ユリ、ホオズキ、桔梗などが根元で倒れ、
若いバラの花芽、チェリーセージなどの枝が折れ曲がって倒れてました。
d0150720_746277.jpg

台風一過の紫陽花
d0150720_12325582.jpg

コラボレーション 『 紫陽花&ユリ&バラ 』 
   台風前に撮った庭の花 コラボレーションです 
d0150720_1195335.jpg

バラと紫陽花
d0150720_1112098.jpg

梅雨空の紫陽花&ユリ
d0150720_11114042.jpg

ユリ
d0150720_11111331.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-20 11:44 | Trackback | Comments(8)

初夏 庭の花だより

今週は、沖縄の南方を進行中の台風 4号が、早くも日本横断するような進路を描き、
梅雨前線と重なりあって大雨が心配です。
今日は、庭で咲く チョット地味な草花たちを掲載します。

ハンゲショウ
カタカナから受ける印象は、何でもありませんが、この花の名称を漢字で書くと
半夏生なんですが、半分白いので 『 半化粧 』 が合っている感じだ。
吾輩が昭和の男である故なのか この漢字の語感から受ける印象は、
大正・昭和に描かれた日本 美人画につうじるのです。
伊東深水、鏑木清方、上村松園などが描いた日本女性の美 「気品と奥ゆかしさ」
今 伊東、鏑木、上村たち生きていたら、絵筆を放り投げているのかナ~。
それとも、どんな美人画を描けるのかナ~。
d0150720_6145498.jpg

d0150720_6121277.jpg

ダイコン草
ダサイ感じの名前を付けられた草花ですが、花の色は大正・昭和の口紅の色みたいだ
d0150720_6255428.jpg

ホオズキ
浅草など ほおずき市の縁日で赤く色づいたホオズキが売られてますが、
私がホオズキから受ける印象は 大正・昭和時代の雰囲気です。
d0150720_6263125.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-18 07:46 | Trackback | Comments(4)

父の日

今度の日曜日 17日は、父の日だと云う。
「母の日」に比べ、認知度も薄く なんだか 後で取って付けたような感じかナ~。
しかし、6月 第3日曜日を「父の日」として設定している世界の国は、27ヶ国と多い。
ウィキメディア百科事典(ネット)によると、1972年 アメリカで正式決定されたようだ。
「母の日」の花がカーネーションなのに対し、
「父の日」の花は、バラだと云う。
YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、
亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられている。
世界では、イタリア、ポルトガル、スペインなどは、3月が「父の日」。 又、北欧の
フィンランド、 ノルウェー、 アイスランド、 スウェーデンは、11月となっているそうだ。

元気に頑張っている「お父さん」、それなりに頑張っている お父さん、
ずぼらな お父さん、ダメなお父さん。 
色々の「お父さん」がおりますが、同性として 「父の日」があることを認識し、
日々 誇りをもって生活したいものです。  

「 バラ・・・・Fathers Day 」
我が家で咲いている ファザーズ・デイ(ミニバラ)は、1959年 ドイツで生まれた。
大変 花付きが良い。
誇れる お父さんに 捧げたいバラです。
d0150720_10394736.jpg

「庭のアマリリス」
企業戦士として、疲れ気味な お父さんには、
その真っ赤な色彩が元気にしてくれます。
d0150720_104705.jpg

「ジャックリーヌ・デュプレ」
元気と云えば、春 切り戻したバラ枝に もう花が咲きました。
疲れ切ったお父さん そのストレスを 偶には、静かにバラの香りで癒しても。。。。
d0150720_10473359.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-15 10:58 | Trackback | Comments(6)

庭の花だより

梅雨の季節 今日は、束の間の晴れになりました。
今日は、天気になったのでフェンスに這わせている葡萄の袋掛けしました。
昨年は、一部 郵便封筒を再利用した袋掛けしましたが殆ど効果がなく、
今年はホームセンターで葡萄専用の袋を購入しました。
葡萄の実に直接 雨があたるとダメのようです。

春先から「庭の花だより」が続いてますが、2~3メートル幅の小さい庭に
良くこれだけ色々の草花を植えたものだと自分ながら感心している。
1週間以上前に撮った庭の花ですが、 何れも長く咲く草花なので今日も咲いてます。

「アスチルベ」
d0150720_12283792.jpg

「ベロニカ ヘイデカインド」
d0150720_12293728.jpg

「姫フウロソウ」
d0150720_12301380.jpg

「不明」
d0150720_12313441.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-14 13:04 | Trackback | Comments(4)

梅雨空に咲く

梅雨に似合う小花は、ムラサキツユクサ(紫露草) & 露草 だろう。
名前から梅雨時のイメージに似合う花と思いませんか ?
朝早く咲き、午後には萎んでしまいます。
我が家の庭では、ムラサキツユクサは咲いてますが、露草はまだ咲いてません。

「紫露草」
d0150720_727828.jpg

6月 今の季節 次々と花を付ける 黄色の昼咲月見草
同じく朝方 咲き、次日の朝には萎んでしまいます。
d0150720_7272877.jpg

この黄色い昼咲月見草、夕方 頃から赤くなり始め萎むんでしまう。
酒飲みの顔色みたいです。
こんな色になります。
d0150720_72886.jpg

爽やかな季節 5月 咲いていた、オルレア・ホワイトレースも季節の交代で
残り花になりました。
d0150720_7282376.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-13 10:41 | Trackback | Comments(2)

初夏 庭の花だより

いよいよ梅雨空 特有の灰色雲が立ち込める日々。
朝夕は、肌寒く 半袖シャツにするのか、長袖がよいのか 迷ってしまいます。

庭の花々もウッカリしていると季節が進み 時季外れになりそうなので、
急がなくちゃ~。。。。

「ホタルブクロ」
昨年 珍しいホタルブクロを頂き 開花を楽しみにしてましたが、
今年 期待通り、このような複輪の花が咲いてくれました。
庭で二種類のホタルブクロが競うように咲いてます。
d0150720_718153.jpg

多くのホタルブクロは、このような花形ですネ
d0150720_7163246.jpg

「紫陽花」
梅雨の季節は、紫陽花&花菖蒲 が綺麗に咲きます。
昨日、紫陽花を掲載しましたが、七変化の紫陽花 日々色彩を変えます
d0150720_9222097.jpg

d0150720_7333481.jpg

d0150720_7322828.jpg
d0150720_7325284.jpg

「花菖蒲」
花菖蒲を楽しむ時刻は、夕方が好きだ。
同じ花でも、夕刻になると光の加減で透明感が増してくる。
朝。。。
d0150720_737296.jpg

昼。。。
d0150720_738247.jpg

夕刻。。。
d0150720_7374086.jpg

「ユキノシタ」
日陰でユキノシタがまだ咲いてます
d0150720_9251238.jpg



 
by saitamanikki2008 | 2012-06-12 09:29 | Trackback | Comments(2)

庭の紫陽花

紫陽花&6月のイメージを素敵に!
2泊3日の旅行から家に帰ると、関東地方も梅雨入り 紫陽花の綺麗な季節になりました。
雨の日は好きでありませんが、水田の稲にとって大切な梅雨の季節なんですネ。

和室から何気なく庭に目を向けると、雨の雫が菖蒲の葉や下草に落ちると
水玉が滑り台から滑り落ちるように ス~と落ちる。
庭木から落ちる水滴が初夏で伸びた庭草に落ちると、囁くように小さく震える。 
草むらに 梅雨の妖精が棲んでいるように、サ~ そして又、サ~と彼方此方で揺れる。
暑い夏に備えて、草花たちが梅雨の季節を喜んでいるかのように。。。。

庭で撮った見頃の紫陽花を掲載します。

山紫陽花
d0150720_1046141.jpg
d0150720_1048324.jpg
d0150720_10482355.jpg
d0150720_10483943.jpg

紫陽花(赤系)
d0150720_105124100.jpg

d0150720_10521260.jpg

西洋紫陽花
d0150720_1054107.jpg

d0150720_10553713.jpg

d0150720_105646.jpg

額紫陽花
d0150720_10563938.jpg

by saitamanikki2008 | 2012-06-11 11:30 | Trackback | Comments(6)

世界遺産 高野山・熊野を巡る旅  (Ⅲ)

世界遺産 高野山・熊野を巡る旅  3日目の天気は、生憎 雨模様になりました。
今日は、那智大社・那智青岸渡寺~熊野速玉大社~鬼ヶ城を見て、
観光バスで名古屋駅まで行き、新幹線で東京駅に戻ります。

旅の良し悪しは、
  1  晴れた日々にあたること。 
  2  旅行場所が良い思い出になること。
  3  バスガイド・観光案内人さんの案内が素晴らしいこと。 
  4  旅の食事が美味しいこと。
  5  無事に帰宅すること。  
今回の旅行は、最後の日に雨になりましたが二日間は天気が良く、
始めて行った仏教の聖地 高野山、神々が鎮座する熊野三山とも 
それぞれ世界遺産、山深い自然の中にある日本の宝でした。
そして 旅先を案内して頂いた、観光バスガイド、高野山 奥の院の案内人
の方々は、豊富な知識で、かつ又 ユーモアたっぷり 素晴らしいガイドさんでした。
この素晴らしい お二人の観光ガイドの存在が、高野山・熊野三山の旅を
更に素晴らしいものにしてくれました。
再び、高野山・熊野を訪れる機会があったら、是非 また お二人に案内して頂きたい。
観光ガイドの名人です。 『 有り難うございました 』

雨に煙る那智の山
d0150720_5565075.jpg

熊野三山の一つ 那智大社
d0150720_540772.jpg

那智山青岸渡寺 西国の1番 札所になってます
那智大社の裏手にあり神社とお寺が、殆ど同居しているような位置関係です。
間違って、2礼2拍手1礼した参拝者もおりました。
d0150720_5522522.jpg

熊野三山の一つ 熊野速玉大社
d0150720_5405522.jpg

「 鬼ヶ城 」
熊野灘の荒波に削られた海岸景勝地  三重県熊野市木本町にある。
地震によって海底が隆起、そこに大小無数の海食洞がある。
その昔、この地に隠れて熊野の海を荒らし廻り、鬼と恐れられた海賊多娥丸(たがまる)を
桓武天皇の命を受けた坂上田村麻呂が征伐した。
その伝説に基づいて鬼の岩屋と呼ばれたが、後に鬼ケ城といわれるようになった。
d0150720_5533674.jpg

旅行から家に帰ると、初夏の花々が満開でした。
残りのバラ、そして 初夏の花々が咲き、色彩的には一年中で
一番 綺麗な庭になってました。 次回は、庭の花を掲載します。

by saitamanikki2008 | 2012-06-10 09:02 | Trackback | Comments(4)