<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

懐かしく 美味しい店

今春 アーバンパーク・ライン(東武野田線) 大宮公園駅横の踏切近くに古民家風の「福丸珈琲」店が開店した。
一見 古民家風の造りに魅せられ店内に入り、ランチを食べた。
店内は、中央に大きな四角の分厚い板テーブル、横にソファ&テーブル、奥に板テーブルがあり、人の良さそうな店主が
客の応対していた。
店内の大きな分厚い板テーブル上に色々な和洋本が並び、ざっと見ても面白そうな内容の本ばかりである。
店内を見渡すと、骨董のようなライト、置物などデザイン性の良い品々が。。。
d0150720_14352183.jpg
d0150720_14355266.jpg

私が昼食で注文したのが、カレーランチ (ランチメニューは数種類あり)
先ず樺細工(桜の樹皮を利用)の箸が気に入った。 カレーは、タップリあり 丁度好い辛さで美味しい。
サラダ、香物、コーヒーゼリーの小鉢 添え物も美味しく、 ドリンク付で 1,100円 。 
d0150720_1436833.jpg

ソファ&テーブル席 コーナー
d0150720_1436304.jpg

フロアー ライト
d0150720_1441314.jpg

花瓶の植物  
 この周辺では珍しい コバンソウ(小判草) と オミナエシ
古民家風の店内なので、洋花でないところに こだわりが見える。
d0150720_14403336.jpg

店内インテリアに興味が湧いたので 2階を見せて頂いた。
クラッシック音楽 と 店内の木製テーブルが、妙に落ち着き感がある。。。
d0150720_14431011.jpg

2階のコーナーにある 懐かしい木製机
きっと、懐かしい あの頃、あの時代を思いだすだろう。
又 本好きな人なら、この場所で好きな本を手にして座ってみたくなるだろう。
d0150720_14424268.jpg

所在地 さいたま市北区盆栽町91-2  時間 10:00~19:00
定休日 水曜  ℡ 048-628-8652
by saitamanikki2008 | 2014-07-30 16:18 | Trackback | Comments(19)

夏・オムニバス

ウィキペディア(ネットの百科辞典)によると、
オムニバス(omnibus)は、元々、ラテン語で「すべての人のために」を意味する語で、そこから派生して
「乗合馬車」 の意味があるそうだ。
「独立したいくつかのものを一つにまとめる」 まとめる際には共通した方向性に沿って集められるのがオムニバスだとか。

そこで、夏に撮った色々な写真を共通した夏の季節をテーマに 「夏・オムニバス」 にしました。
まぁ まとまりのない自分の撮った写真を集めただけ。。。です。

「夏の早朝公園散歩」
  木陰の散歩道は涼しい
d0150720_9495623.jpg

「出窓の花」
  夏本番らしい黄色い花
d0150720_9505434.jpg

「桃」
  昔の同僚(会社)の子供さんが、山梨でフルーツ農園を始め この夏 やっと出荷できるようになったとか。
お祝いを兼ねて、 桃 一箱注文した。
大きくて・立派な桃が届いた(チョットおまけしてくれたらしい)。
d0150720_9522747.jpg

「カラスウリの花」
夏のこの季節 夕方から夜にかけて、カラスウリの花が怪しく幻想的な美しさで咲く。
d0150720_9501144.jpg

「西日除けのゴーヤ棚」
 毎年 夏の西日除けにゴーヤ棚を立てる。 涼しい風が網戸を通して部屋に入ってくる。 
一石二鳥 既に2~3個のゴーヤを食べました。
d0150720_9523985.jpg

「夏 大人の自由研究 ? 」
小中学生の夏休み自由研究を真似て、山梨県都留市にある県立 リニア見学センターに行った。
鉄道の最高速度 581km/h を記録した車両展示 。
d0150720_1010192.jpg

リニア鉄道の車輪に相当する部位
丸い筒の部分が冷却装置、下の厚い板状のものが超電導装置
ある種の金属を液体ヘリウムでマイナス269℃に冷却することにより、電気抵抗がゼロになる超電導状態を作り出す。
超電導状態となったコイル(超電導コイル)に一度電流を流すと、電流は永久に流れ続け、極めて強力な磁石(超電導磁石)となるそうです。
現在は、更に小型になり性能がアップしているそうです。
d0150720_1015241.jpg

現在 リニア実験線は、山梨県内の42.8キロに造られ、軌道の高低差、カーブなどの実験走行が行われている。
リニア路線の完成時には、実験線を含めて使用運行するそうです。
残念ですが、この日 実物のリニア走行は見られませんでした。
d0150720_1011387.jpg

リニア見学センター内のジオラマ
d0150720_10121626.jpg

河口湖 花散策
d0150720_10122944.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-07-29 11:41 | Trackback | Comments(3)

’14 夏の秋谷海岸に行く

『 暑い 暑いナ~ 』  毎日 こんな言葉を発している。
そう云えば 子供の頃 「 暑ぃ~ !! 暑ぃ 」 と云っては家事の手伝いをしないでサボっていると、
 「 夏は、昔から暑いものだ 」 と云われた事を思い出す。

「梅雨明け 10日」と云われるように、梅雨明け後 毎日 炎天下の暑い日が続いている。
そして、歳を重ねた今でも 「暑ぃ~ 暑い」 と云って、「 暑いですネ 」 が挨拶言葉になっている。
暑ぃ~ !!   と云っても、別に涼しくなる訳でなく、むしろ 余計に暑く感じるかも知れない。。。
夏、炎天下で仕事をこなしている職人さんたちは、凄いナ~と思う夏の日々である。

夏の秋谷海岸に行く。
私の住む内陸の地 さいたま市と比べると、秋谷海岸は海風が吹き 気温が2~3℃低い。
特に、夕暮れから夜 その温度差を感じる。

「 秋谷海岸の海霧 」
朝、海に霧が発生し、幻想的な風景になっていた。
d0150720_15541752.jpg

霧が発生する気象条件は、暖かく湿った空気が冷たい海面に接して生じるそうだ。
「海霧」は、俳句 における夏の季語となっているそうです。
d0150720_14555322.jpg

小中学校が夏休みに入り、朝からビーチに来る人が多くなった。
d0150720_14595294.jpg
d0150720_1501198.jpg

夕暮れ雲
d0150720_1504958.jpg

夕陽 & 立石
d0150720_1511328.jpg

松の枝に乗った夕陽 
d0150720_1512829.jpg

枝空間 & 夕陽
d0150720_1514292.jpg

7月24日 葉山海岸で花火大会がありました。
秋谷海岸から遠目に、今年初めての花火見物しました。

 
by saitamanikki2008 | 2014-07-27 16:28 | Trackback | Comments(8)

蓮の花を撮りに

先週 隣町の上尾市に 「 原市沼の古代蓮 」を見に行きました。
蓮の花は、午前中 7時から8時頃が見頃なので少し早起きしました。
一時 小雨が降りましたが、撮影には支障ありませんでした。

「 原市沼の古代蓮 」は、地域のボランティアの方々が管理してます。
花が終わる8月上旬まで開園しているそうです。
d0150720_1124639.jpg

d0150720_1131557.jpg

d0150720_1153335.jpg

d0150720_1181281.jpg

d0150720_1175557.jpg
d0150720_1184247.jpg

d0150720_1110206.jpg
d0150720_11101961.jpg
d0150720_11105270.jpg

d0150720_11115946.jpg

d0150720_11114596.jpg

d0150720_11121373.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-07-22 11:22 | Trackback | Comments(7)

散歩道の花

関東地方は、まだ梅雨明けしてないが、毎日 うだるような暑い日が続いている。
間もなく 土用 (7/20~8/6) になる。 丑の日( 7月29 日)に鰻を食べる風習があるが、
昨今は鰻が大変高価になり 、土用に軽々鰻も食べられない。 なお一層 暑さと、寂しさを感じる夏の日々。

道端の花 名前分りません。    
d0150720_10123052.jpg

芙蓉(フヨウ)
d0150720_1013463.jpg

芙蓉の蕾
d0150720_11531993.jpg

ムクゲ
d0150720_1150399.jpg

これは何の花でしょうか
街中では、見かけることは無いと思います。
胡麻の花なんですョ。
d0150720_1151266.jpg

オニユリ
d0150720_10142549.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-07-17 12:38 | Trackback | Comments(5)

揺れるネット

約1ヶ月かけて行われた サッカー・ワールドカップ ブラジル大会。
地球の裏側 ブラジルで試合が行われたので、日本でのライブ放映は、早朝 4~5時からスタートする。
テレビ放映された試合は、早朝散歩を休止して殆どテレビ観戦してました。
選手が国の誇りをかけて戦う サッカー・ワールドカップは、非常に迫力があり面白かった。
にわかサッカーファンの私でさえテレビ画面に釘付けになる。
ワールドカップ参加国の試合を見ていると、日本サッカーの実力は、残念ながら
比べようもないくらい力の差を感じる。

昨日の3位決定戦に続き、今朝4時から ワールドカップ決勝 ドイツ×アルゼンチン戦を観戦しました。
強豪の両チィーム 中々点が入らなかったが、延長戦 後半 ドイツがシュートを決めて勝利した。
ゴールキーパーをすり抜けボールがネットに入ると、ネットが綺麗に揺れる。

クモの巣をネットに見立て。。。
何時の日か、日本選手が次々とネットを揺らすことを願って。。。
d0150720_1123821.jpg

d0150720_12383492.jpg


d0150720_1121894.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-07-14 12:46 | Trackback | Comments(8)

海を見に行く

猛烈な台風8号が沖縄に迫る前に海を見に秋谷海岸に行きました。
今日 7月12日は、秋谷神明社の夏祭り、台風8号が日本列島を通り過ぎ、夏祭りに相応しく良く晴れた。
今頃は、元気な神輿が海岸に通じる路地を巡っていることだろう。
私が行った時、祭り本番に備えて笛や太鼓の練習音が山々に響き、夏祭りの雰囲気が漂っていた。

台風はまだ沖縄まで来ていなかったが、もう台風のうねりが届いていた。
d0150720_1642994.jpg

d0150720_173688.jpg

狭い路地で、太い孟宗竹で作った立派な 「お神酒入れ」 が作られていた。
d0150720_1731897.jpg

秋谷海岸 
忙しく仕事をしている現代人は、偶には ボ~と 目線を遠くの海原に。。。
このような海タイムも必要でしょうね。
d0150720_17124021.jpg

夕方 雲の切り間から 「天使のハシゴ」 が。。。
d0150720_1712728.jpg

夕方になると、海風で肌寒い。
蒸し暑い内陸 さいたま市では、「肌寒さ」  は到底望めず、贅沢な感じさえする。
ビーチの散歩人も少なくなり、鴨も塒(ねぐら)へと帰る。 
d0150720_1712292.jpg

秋谷海岸の花 ハマユウ
d0150720_17453828.jpg

小待宵草 ? でしょうか
d0150720_1746750.jpg

カンナが見頃でした。
d0150720_17461722.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-07-12 18:08 | Trackback | Comments(8)

水無月(6月)から七夜月(7月)へ

東北旅行から帰ると、武蔵一宮 氷川神社の境内で「 茅の輪くぐり 」の行事があった。
暑い夏を迎えるにあたり、神橋に設けられた「 茅の輪くぐり 」を8の字に回りながら気力の衰えや穢れなどを
紙で作った人型の人形に移し、無病息災を祈る行事です。
d0150720_1211127.jpg

「 茅の輪くぐり 」を待つ人々の長い列ができた。
d0150720_12112131.jpg

梅雨の時は、庭のレインリリーがよく咲く
d0150720_12113626.jpg

涼しそうな色合いの桔梗も咲いた
d0150720_1211509.jpg

コムラサキ(小紫)の小さな花
   秋には、綺麗な紫色の実をつける
d0150720_12121692.jpg

今年最後のナツツバキ(沙羅の木)の花
d0150720_12124649.jpg

プランターに植えたミニトマトが真っ赤に色付き 食べ頃になった。
d0150720_1213294.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-07-10 12:47 | Trackback | Comments(6)

大人の休日倶楽部パスを利用して東北地方 温泉旅へ( 4日目)

大人の休日倶楽部パスを利用して、JR東日本全線(新幹線・指定席6回含む)4日間 乗り放題 3泊4日の温泉旅をしました。
旅の最終日は、花巻駅周辺の観光歩きです。
花巻駅周辺で行って見たい場所が3ヶ所あった。 一つは、宮沢賢治の 「イギリス海岸 」。
二つ目は マルカン デパート 6階 大食堂。  三つ目は 宮沢賢治の縁者が経営している カフェ&ショップ 「林風舎」
宮沢賢治のオリジナルグッズを売っている。
大沢温泉から旅館組合の送迎バスでJR花巻駅に着くと、駅前 ロータリーにある 「 風の鳴る林 」 に目がとまる 。
土地柄 又 そのネーミングからも宮沢賢治を連想するが、作者の発想は判らない。
d0150720_12342832.jpg

花巻駅から花巻城跡横の道路を「イギリス海岸 」まで観光案内図を見ながら約20分間 テクテク歩く。 
暫く 歩き続けると、イギリス海岸の標識 と バス停 が見えた。
途中 車の通行量は多いが、歩行者 人一人 出会わなかった。
 
d0150720_1234668.jpg

イギリス海岸のパス停小屋を写す
   宮沢賢治の影が色濃く。。。
d0150720_12345414.jpg

宮沢賢治の「 イギリス海岸 」
豊かな水量で川底の泥岩層は見られませんが、北上川と猿ヶ石川が合流する川岸の一部に 泥岩層が見られる。  
私は、ブログ友 「イーハトーブ・ガーデン」 の綺麗な写真など通じて宮沢賢治を知るまでは。。。
恥ずかしながら 「イギリス海岸」 を知らなかった。
何だ イギリス海岸とは...。
イギリスのドーバー海峡にあるような白亜の海岸を連想させる泥岩層が、渇水の夏場 水量が少なくなり 北上川 と 猿ヶ石川の合流地点で
露出することで宮沢賢治が「イギリス海岸」と名付けたそうです。

尚 ブログ 「イーハトーブ・ガーデン」は、宮沢賢治を研究、知り尽くした方の写真ブログです。
又「宮沢賢治が愛した樹木や草花」の副題で綺麗な写真集「イーハトーブ・ガーデン」を出してます。
d0150720_12343533.jpg

イギリス海岸の土手にあった看板
d0150720_1235227.jpg

前日 新幹線 新花巻駅下車 花巻 大沢温泉へ行く旅館組合の送迎バスの待ち時間の合間に
宮沢賢治記念館を見学、小高い山を下りながら 日時計花壇・南斜花壇を通り、宮沢賢治イーハトーブ館に立ち寄った。
少しだけ、宮沢賢治の人物像を知ることができた。
d0150720_12351057.jpg

イギリス海岸の後は、二番目に行きたい場所 「マルカン デパート6階 大食堂」 を目指して、
鳥谷崎神社、三の丸公園を経由して歩きつづけるも、誰ひとり通行人と遇わなかった。
花巻商店街の歩道で、3~4人の通行人を見かけたのみで人の居る気配が全くなかったが。。。
マルカン デパート6階 大食堂に行って驚いた !!
人の話し声、笑い声  大食堂の長いテーブル席が満席だ。 まさに 突然 演劇の舞台の幕が開いた感じ....。
この人たち  地下から ?   宇宙人か ?  どこからこんなに大勢の方々が来たのか 不思議に思えた一瞬だった。
少し 順番を待ち窓際のテーブル席に座れた。
d0150720_12355721.jpg

軽めの昼食に おろし蕎麦を注文
大変リーズナブルの料金ですが、丼に具が沢山入っている。 大根おろし もう感激する量で湯呑茶碗 山盛り一杯分程だ。
海苔、おかか(鰹節)、三つ葉 ?  が、大量に乗っている。  薬味の七味、ネギも多く。。。
今まで出会った事のない具の 量の多さだ。
満足 満足 !! でした。
d0150720_12353763.jpg

今回 食いしん坊の私が、最も食べたかったのが 名物 巨大なソフト クリーム。
高さが、20センチ以上 巻き数は、10段以上で、驚きの値段が 170円 ポッキリなのだ。
この巨大な ソフト クリーム を食べる作法が 又 驚きと云うか 変わっている。
地元 花巻市民のソフト クリーム の食べ方を見ていると、割り箸でソフト クリームの横の段を剃るようにして食べている。
そう ソフト クリーム を舌で舐め食べるのでなく、写真の状態のソフト クリームを箸で剃り、摘んでいる。
余りにも巨大なソフト クリーム なので、一個のソフト クリームを 「一杯のかけそば」の話しのように、フ~兵衛と相互に
割り箸を使って頂いた。
美味しかったナ~ !!
恐るべし 「マルカン デパート6階 大食堂」 でした。
d0150720_12372360.jpg

カフェ&ショップ 「林風舎」に立ち寄る時間がなくなり、花巻駅から東北本線(在来線) ワンマン電車に飛び乗った。
予定になかった 平泉 中尊寺(金色堂)を急遽 訪ねることにした。
車内でウトウト寝していると、平泉駅に着いた。
「中尊寺参道」
d0150720_12362316.jpg

参道沿いの途中にある弁慶堂
   細かい彫刻が見応えある。
d0150720_1236396.jpg

世界遺産 中尊寺(金色堂)は、装飾が見事であるとしか云いようがなかった。
この写真は、中尊寺(金色堂) 境内にある 宮沢賢治の詩碑
d0150720_12365150.jpg
d0150720_12363243.jpg

今回で、3泊4日 東北 温泉旅を終わります。
帰路 新幹線車内で隣り合わせた人は、乗り鉄の人で「大人の休日倶楽部パス」を利用して東京から新幹線に乗り
古川駅まで、在来線に乗り換え鳴子温泉の立ち寄り湯に入り日帰りで帰ると云う。
「大人の休日倶楽部パス」の利用の仕方も色々だ。
東北 温泉旅 見て頂き有り難うございました。
by saitamanikki2008 | 2014-07-04 17:08 | Trackback | Comments(12)

大人の休日倶楽部パスを利用して東北地方 温泉旅へ( 3日目)

大人の休日倶楽部パスを利用して、JR東日本全線(新幹線・指定席6回含む)4日間 乗り放題 3泊4日の温泉旅をしました。
3日目は、網張温泉 休暇村から東北地方 最大の花直売所で特売のイチゴ苗を買って、
盛岡駅から新幹線で新花巻駅下車、温泉旅館組合の送迎バスで花巻 大沢温泉へ行きます。

網張温泉 休暇村に通じるトンネル
この日は、良く晴れてトンネル上部の穴から日差しが射し込み、トンネル内部の面白い雰囲気が浮かび上がっていた。
d0150720_1217331.jpg

麦秋の風景
花巻駅から大沢温泉に至る送迎バスの車窓 刈り取りまえの麦畑が一面に広がっていた。
d0150720_1147255.jpg

大沢温泉の開湯は、1200年前に遡るとか。 
宿泊施設は、趣の異なる山水閣・菊水館・自炊部の3棟からなっており、橋や渡り廊下で連結している。
中でも、自炊部の建物は、210年の歴史があり、別棟 菊水館は懐かしい茅葺き建物もある。
この写真は、湯治場の良き雰囲気が残る自炊部玄関
d0150720_11453597.jpg

今回は、豐沢川の清流が見える山水閣に予約した。
部屋から見える新緑が綺麗だった
d0150720_11462033.jpg

茶請けのお菓子は、やはり 「拝啓 賢治先生」 とあった。
岩手・花巻と聞けば、イーハトーブ・宮沢賢治を連想する。 その宮沢賢治は花巻に生まれ花巻で執筆した。
そして、宮沢賢治は子供のころから大沢温泉を度々訪れていた。
また、詩人でもあり彫刻家であった高村光太郎は、東京で空襲にあった後、宮沢賢治の父を頼って花巻に移住し、
「智恵子抄その後」を執筆したそうだ。
大沢温泉は、そんな二人の文人に所縁の深い温泉なのだ。
大沢温泉のパンフレット表紙にある一文字「 ゆ 」 は、詩人 相田みつをが大沢温泉に贈ったものだそうだ。
d0150720_1146162.jpg

一休みした後、館内めぐりと合わせて、5ヶ所(他に貸切風呂、自炊部・女性専用 露天風呂あり)の温泉巡りをした。
写真は、山水閣から自炊部 建物を写したもの。
d0150720_1244723.jpg

自炊部 玄関奥の休憩室
d0150720_1254715.jpg

自炊部の廊下
d0150720_1201975.jpg

現在は、使用してないと思われるが、廊下にあったコイン使用のガス供給装置
d0150720_1210530.jpg

自炊部と菊水館を結ぶ木製の 「まがり橋」
d0150720_12112381.jpg

大沢の湯 (混浴露天風呂)
全ての温泉は、ここが源泉となっている。
温泉は、無色透明・アルカリ単純泉であるが、PH9.2と大変に高く 温泉に浸かって肌を触ると、
特に女性が喜びそうな。。。肌がツルツル感タップリなのだ。
無色透明、浅めの温泉なので、女性は相当な勇気がなければ入れない。
但し、夜 8時~9時 女性専用となり、「 大沢の湯 」の入口廊下に旅館の女性スタッフが付いて安心して入れる。

「 大沢の湯 」から豐沢川越しに見る眺望は、良かった。
宮沢賢治、高村光太郎、相田みつを 等が、この「 大沢の湯 」に浸かりながら、どのような構想・文章・詩を練りあげた
のだろうか。
d0150720_11543816.jpg

「 大沢の湯 」 脱衣棚
d0150720_11553615.jpg

「 大沢の湯 」から 「まがり橋」・菊水館方向
d0150720_11561522.jpg

菊水館 南部の湯(男女別)
ヒノキの香りがして、落ち着いた湯殿
d0150720_1222752.jpg

自炊部 薬師の湯(男女別)
d0150720_123430.jpg

山水閣 半露天風呂 豐沢の湯(男女別)
d0150720_1225984.jpg

湯あがりの一杯が美味しかった。
アルコールを飲めないフ~兵衛が、ビールに似た「こどもびいる」(ノンアルコール飲料)を。。。
私も、アルコールが弱いので、こんな程度で。。。
d0150720_12131130.jpg

夕食は、昨晩に続き 美味しい懐石料理を頂く。
今回の旅で、酸ケ湯温泉周辺の道路沿いに自家用車が多数駐車しているので、不思議に思って訊ねた。
この季節 八甲田の山中は、 姫竹が採れるとか。
その季節の食べ物 焼き姫竹が皿に。。。  へ~ 姫竹とは、このような食感か 
d0150720_12125851.jpg

早目に起きて、朝風呂は、山水閣・山水の湯 と 「 大沢の湯 」 に。。。
次回は、東北地方 温泉旅の最終回 花巻駅周辺観光、平泉散策の写真を掲載します。
by saitamanikki2008 | 2014-07-03 16:09 | Trackback | Comments(8)