<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大宮公園 秋を探して

まだ8月末と云うのに、本格的な涼しさとなっている関東地方です。
この涼しさは、10月上旬の気温だとか....。
スーパーの野菜売り場には、夏の猛暑の影響 ?  ジェットコースターのように急降下した気温の為か ?
葉物野菜の値段が特に高騰して、ビックリするような高い値段で売っている。

早朝散歩する大宮公園で、一足先に秋を探してみた。

大宮公園の散策路に落ちていたドングリ、 秋が感じられるので持ち帰って来た。
d0150720_195013.jpg

大宮公園と第二大宮公園の渡り橋近くの木に。。。椎の実でしょうか
d0150720_1950489.jpg

ここ一週間 雨模様が続き、キノコが大株になっている。
キノコは毒があるので注意です。
d0150720_19514331.jpg

生えたばかりの キノコ でしょうか
d0150720_19522937.jpg

これは 面白いキノコ だ
焼きたてのパンに そっくり。。。
d0150720_19525817.jpg

ガマの穂 公園の池で
d0150720_1953484.jpg

大宮公園の最寄り駅は、東武アーバンパークライン(東武野田線) の 大宮公園駅です。
駅舎は、木造の小さい駅です。
駅舎前の広場は、ヒマラヤスギの巨木が2本立っている。
東武野田線の多くの駅舎が鉄筋コンクリートなどに建て変えられいるが、駅舎と共に駅ホームも
昔から変わらない木造なので、今となっては良い雰囲気を醸し出している。
屋根の部分と煙突がある駅舎風景が、イイ感じです。
大宮公園内でサッカー、野球、水泳、弓、競輪などの競技がある日は、この可愛い小さな駅舎から
続々と人が乗り降りします。
d0150720_195371.jpg

駅のホーム屋根を支える支柱が木造で。。。この点も気に入っている。
小さな駅でもエスカレーター、エレベーターは、設置されてますョ。
d0150720_19532643.jpg

大宮公園駅周辺の案内図
d0150720_1954114.jpg

    ※  東武アーバンパークライン(東武野田線)
        大宮駅から千葉県柏市の柏駅を経て 千葉・船橋駅を結ぶ35駅 62.7kmの鉄道路線です。
        
by saitamanikki2008 | 2014-08-31 20:56 | Trackback | Comments(18)

極細の魅力

顕微鏡を覗き見たような、この綺麗な規則正しい模様は、何だと思いますか。
帯状の中に色彩が混じり合って、綺麗ですよネ。
これは、野原、庭などで視点を変え、カメラで撮ると容易に見られる物です。
d0150720_10504221.jpg

この2枚目の写真から想像を膨らませると、その形状から ア~ とお気づきになるかも。。。
林の狭い空間を歩いた時など、突然 顔などに纏わり付く不快な。。。クモの巣です。

晴れた日、太陽に向けクモの巣の近くに顔を近づけると、キラキラ光る場所があります。
その光る部分をカメラで撮りました。
微風により、クモの巣が少し動いただけでも、帯状の色彩が変わります。
カメラ画像でないと見られない自然の色彩芸術ですネ。 
d0150720_10512152.jpg

壁に張りつき、細い針金のように伸びたツタ  自然の繊細な形状が綺麗に見えます。
このようなものが綺麗に見えるとは、歳を重ねた証拠なのかナ~。
d0150720_1053746.jpg

庭で撮った水引草
極細の茎に、極小の花が咲く。
d0150720_10531981.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-27 12:01 | Trackback | Comments(18)

移ろふ季節

早朝 庭で鳴く ミンミン蝉の大きな鳴き声で目を覚まされた。
そして、早朝散歩&公園広場でのラジオ体操で一日が始まる。
ラジオ体操で のけぞると、
青々とした大きな木々の空間から、澄んだ青空に真綿を薄く引き延ばしたような白い秋雲が見える。
やがて 夕方になると、庭から虫の鳴き声が聞え始めた。
一歩づつ季節が進み、あれほど猛暑だった日々がやっと遠ざかり、秋の気配がする。

大宮公園のヤブミョウガ
夏に白い花が咲き、花が咲いた後に緑色の実をつけるが、夏の終わりには濃い青紫色になる。
d0150720_12101365.jpg
d0150720_12112333.jpg

間もなく、 かき氷 & 団扇 に 『 さようなら 』 する季節になる。 
d0150720_1220688.jpg
d0150720_12205379.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-25 12:28 | Trackback | Comments(16)

その後の カイツブリ(水鳥)  

大宮公園の池で水鳥 カイツブリの母親が、今 育児に忙しい。
8月初旬に雛 4羽が生まれましたが、台風11号の影響により少し風雨が強まった日
カイツブリ 別名 鳰(ニオ)の浮巣が沈んでしまいました。
雛鳥 4羽は、どうなったのだろう ?
2~3日間 巣の近くで カイツブリ 親子 6羽が泳いでいる姿を見かけましたが、
やはり まだ 十分成長してなかったので、雛は2羽だけになってしまいました。

8月10日 台風直前 4羽の雛と親鳥2羽 
親鳥が交代で餌を口移しで与えている姿がありました。
d0150720_10445097.jpg

8月18日
母鳥と思われる カイツブリ だけが、雛鳥 と一緒です。
父鳥(体が大きい)は、何処に行ったのか。 孵化して暫くすると、カイツブリの♂は、離れるのかナ~。
この頃になると、母鳥は雛鳥 2羽が、近くに泳いで来ると、水中に潜ぐり4~5メール先で浮上します。
何回もこうした動作を繰り返し、水中に潜ぐることを教えているようです。
水中で餌が獲れると、一旦浮上 雛鳥から素早く離れるように泳ぎはじめる。
これを見た2羽の雛が母鳥を追っていくと、一番先に追いついた雛に餌を与える。
自然界の生存競争は、雛と云えども厳しいものがある。
水中に潜ぐる直前の母鳥
d0150720_10453458.jpg

8月20日
餌を銜えた母鳥を追う雛鳥、 水をかきわける力も強くなって、雛鳥が水中に潜る時間も少し長くなった。
行動半径も広くなっているが、まだ 雛は餌を獲れないようです。
もう暫く  カイツブリ の忙しい育児期間が続きそうです。
d0150720_10465664.jpg

大宮公園 と 第二大宮公園を結ぶ 「ハナミズキの小路」 に小さなカフェが開店してました。
これから涼しくなると、ウッドデッキで散歩の足をとめ、木々の下で爽やかな風を感じながら 一杯のコーヒーでも。。。
「 Art cafe Linden 」  
d0150720_1131419.jpg

ウッドデッキ 足元にある お洒落な蚊取り線香置き
d0150720_1124385.jpg

この日 暑かったので、店内で かき氷(みかん) を食べました。
d0150720_1124996.jpg

店内の小窓
d0150720_1133126.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-22 12:51 | Trackback | Comments(6)

’14 秋谷海岸 夏休み

まだ暑い日が続く、8月のこの季節 西日本から日本海に沿って東北地方に前線が停滞して
未明の広島地方に集中豪雨が降り、悲しいことに大きな人的被害が発生してしまった。
心よりお見舞い申し上げます。

ブログの夏休みも少し長くなりました。
この夏休み期間中 特に旅行などに行かなかったのですが、内陸 埼玉の暑さに負けそうになるのを
何とか気力で夏を乗り切った感じです。
来週からやっと猛暑が去り少し涼しくなるようなのでブログを再開しょうと。。。

度々行っている秋谷海岸に行きました。
海で泳ぐ訳でないのですが、猛暑の内陸 さいたま市と比べると特に朝夕・夜は本当に涼しいのです。

秋谷海岸
d0150720_1047495.jpg

秋谷海岸から西海岸通りを歩き、葉山まで約5キロ歩き 地魚料理店「魚佐」のアジフライを食べに行く。
美味しい地魚料理は、秋谷海岸から近い長井海岸でも食べられるが、アジフライは「魚佐」で食べたい。
沖合のシーカヤックのグループを見ながらテクテク歩く
d0150720_10472656.jpg

西海岸通りを歩くと、海岸沿い山の斜面に豪華で立派な家々が建ち 地中海のような雰囲気も漂う。
西海岸通り 長者ヶ崎から御用邸のある葉山町になる。
d0150720_10474229.jpg

御用邸の前 一色海岸(日本海水浴場 88選の一つ)を歩き
d0150720_10481243.jpg

一色海岸 海の家 「ブルームーン」 で小休止
ブルームーンは、エコに配慮して、屋根に太陽光発電を設置 建物全体が竹の廃材で造られている。
d0150720_10484832.jpg

店内で
d0150720_1049831.jpg

d0150720_10493442.jpg

「ブルームーン」 屋根
d0150720_10494384.jpg

「ブルームーン」 竹でできた後壁
d0150720_10543195.jpg

テーブル用の竹製 キャンドル立て
d0150720_10542524.jpg

「魚佐」では度々 客待ちするが、今回は お客 6組を待って昼食にありつけた。
帰路 面白い暖簾をかけた床屋さん。 
d0150720_10555118.jpg

葉山・真名瀬海岸で漁網を修理していた真っ黒に日焼けした漁師さん。
カッコ  イイ 男の雰囲気が漂っていたので、了解を得て撮らせてもらいました。
d0150720_10561396.jpg

一色海岸の裏道
d0150720_1121233.jpg

秋谷海岸の裏道
d0150720_1112124.jpg

夏の花 ハイビスカス
d0150720_10573566.jpg

秋谷海岸の花 ランタナ
d0150720_1057635.jpg

秋谷海岸の花 おしろい花
d0150720_10573036.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-20 13:10 | Trackback | Comments(16)

通りすがり

今回は、朝日新聞の記事 「戦中の日本軍による慰安婦強制連行の報道」の一部 訂正記事について述べてみたい。
32年間に亘り、事実を検証確認することなく 「日本軍による慰安婦強制連行」の報道を続けた事により、
子供の教科書に日本軍が慰安婦強制連行したと記述され、国会でも宮沢総理時代に河野談話として、
近隣国家に国家謝罪の意思表示を示し、多額の税金を賠償金とした。
国際的には、韓国・中国が朝日新聞の記事を引用・脚色して、自国の小中学校の反日教育に利用掲載している。
結果として、朝日新聞が32年間にわたり韓国・中国国民による反日運動の手助け、続けてきた。

朝日新聞が、32年間に亘り 繰り返し「日本軍による慰安婦強制連行」を主張し、日本共産党・社民党(旧社会党)も、
その自虐史観から追従、朝日新聞と似たり寄ったりの政党主張している。
今日に至っては、隣国の韓国・中国が国際社会に訴えて「日本軍による慰安婦強制連行があったとして」
「日本軍による性奴隷」 として国連の世界歴史遺産に登録しようとしている。
韓国から鬼のような日本として反日批判を受け続け、アメリカ本土の公園に韓国系の人々の要請を受けて
「日本軍によるセックス奴隷」として、6ヶ所もの慰安婦記念碑が建てられている。

朝日新聞の責任は、取り返しの出来ない程 極めて重いのに、謝罪もせずに反省の記事で終わっている。
一般常識なら 又は 一般会社ならこれ程の失態なら廃業しても同然なケースであると思う。
これまで、歴史研究家・読売、産経新聞などは、朝日新聞が吉田清冶の証言として報道してきた
「日本軍による慰安婦強制連行」を事実でないとしてその都度 指摘していたが、やはり自虐史観に
固まった朝日新聞の体質から間違った事実を報道し続けた。

新聞記事の検証は、当然の新聞社が、何故 32年後の今になって「一部記事の訂正」 したのか。
記事訂正に至った裏の真実は、一体 何なのか。 これが一番 知りたい。

朝日新聞は、社長 自ら、不名誉な歴史を誤報道された日本国民、近隣諸国に説明・謝罪しなければ、
真実を伝える公器として朝日新聞・マスコミの存在価値が全くないと云える。

通りすがりに撮った写真
浮遊体
d0150720_16124065.jpg

アザミ
d0150720_16125469.jpg

猫じゃらし
d0150720_1613356.jpg

台風一過 行く夏を謳歌するかのように蝉の合唱が。。。続く
d0150720_16132251.jpg

毎日サンデーの身ですが、一応 夏休みと云う事でブログ更新を休みます。
ブログを再開しましたら 又、宜しくお願い致します。
by saitamanikki2008 | 2014-08-11 18:02 | Trackback | Comments(14)

大宮公園 早朝散歩の楽しみ

夏 少し早く起床して、大宮公園に早朝散歩に行く。
柔軟体操の後 大勢の諸先輩と共に6時半から始まるNHKのラジオ体操して家に帰る。
早朝の大宮公園 池
d0150720_6503034.jpg

公園の池に水鳥 カイツブリの巣があり、先日 卵から雛が生まれた。
カイツブリの巣は、池の水を含み 不快そのもののような巣であるが、水鳥なので大丈夫なのだろう。
生まれたばかりの雛は4羽 体長 2センチ位、親鳥が早くも水の潜り方を教えている。
時々 カラスが巣を狙っている。
無事に育ってくれョ。
d0150720_6511721.jpg

d0150720_6513353.jpg

カイツブリの夫婦と 雛 4羽
d0150720_65136.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-09 09:24 | Trackback | Comments(14)

夏 庭で咲く花

今日は久しぶりに、パラっと通り雨が降った。
もう何日も雨が降ってないので地面が乾燥しきっている。
雨が降って欲しい地方に降らず、九州、四国に再び台風11号が接近している。
大雨被害が出ない事を願うばかりである。

庭で四季咲きのバラが咲きつづけている。
夏の暑い季節に咲かず、秋の涼しい季節を待って咲いて欲しいのだが。。。
真夏の強い日差しを受け、2~3日で花が傷んでしまう。
グリマルディ
d0150720_14345821.jpg

セプタード・アイル
d0150720_14355173.jpg

植えて2年目の今年 ワレモコウが咲いた。
小さいワレモコウの花を見ると、何故か 初秋の風情を感じる。
又、同名の歌  歌手 すぎもとまさと の 「吾亦紅」 ギターの音色と歌が身に沁みるようで、
秋になると一度は、この曲を聴く。 
d0150720_14353422.jpg

木陰でギボウシが咲き始めた。
d0150720_14363136.jpg

庭隅でミョウガの花が咲いている。
今年の夏も そうめん の薬味でお世話になった。
d0150720_14364784.jpg

一夏中 咲きつづけたチェリーセージ
d0150720_1437076.jpg

春から咲きつづけたキャットミント
d0150720_1437980.jpg

今年の夏も 色々な草花が咲いてくれた。
by saitamanikki2008 | 2014-08-08 15:23 | Trackback | Comments(8)

庭の小さい楽しみ

残暑お見舞い申し上げます。
8月 7日 立秋となったが、連日 猛暑の日々が続いている。
庭の小さい楽しみは、プランターで育てているミニトマトが真っ赤になって朝食に。
d0150720_956117.jpg

ブトウの実が若干 色付き始め 秋の楽しみが。。。
d0150720_956569.jpg

西日除けに立てた、ゴーヤ棚の厚みが増して日陰効果 十分である。
ゴーヤ棚の中にバラの茎が伸びて 一輪のバラが咲いた。
d0150720_9564124.jpg

苗を買った時、「ビックリするほど実がつく」 とあったが、今年のゴーヤの収穫は少なめである。
ゴーヤは、全ての花がゴーヤの実になる訳でなく、既に花が咲く前に小さな実が付いている。
これは実のないゴーヤの花
d0150720_957265.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-07 10:44 | Trackback | Comments(10)

絵巻物を見ているかのような大宮 氷川神社 神幸祭

前回 8月1日の大宮 氷川神社 例祭に続き、8月2日 15時から17時の間、さながら絵巻物を見ているかのような
神幸祭が執り行われます。
神幸祭は、本殿のご神霊を神輿に安置し、神橋の上で橋上祭を行った後、ご神霊と共に黄色い衣装を
まとった氏子、神職が境内を一周します。
夏の静かな境内 神職の祝詞、笙の響き、蝉の鳴き声だけが氷川の杜に響き、
一瞬 時間が止まったような雰囲気です。

神幸祭が始まる
d0150720_143314100.jpg

d0150720_152207.jpg

d0150720_14423454.jpg

本殿でご神霊を神輿に遷し、神橋に安置する
d0150720_14455460.jpg
d0150720_14461375.jpg

神橋で橋上祭が行われる
d0150720_14473788.jpg

境内に立てられた威儀物
d0150720_14494544.jpg

d0150720_14495945.jpg

橋上祭を終えて、列を整え境内を一巡する
d0150720_14511156.jpg

太鼓が打ち鳴らされ 威儀物の行列が続く
d0150720_1452323.jpg

笙、笛が鳴らされ
d0150720_14594792.jpg

笙の音が響き
d0150720_1505762.jpg

その後に、氏子に担がれた神輿が続く
d0150720_153199.jpg

d0150720_1561771.jpg

目の前で平安の絵巻物が開かれていくような感じです
d0150720_151926.jpg

d0150720_15192986.jpg

境内を一巡して、神輿が本殿に戻る
d0150720_15195228.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-08-03 16:12 | Trackback | Comments(16)