<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の庭花 Ⅱ

御嶽山(3067メートル)の噴火は、多くの犠牲者が出てしまいました。
紅葉の季節を迎えていた事、晴天であった事、土曜日の昼前後の噴火であった事など、
登山に良い季節、山頂での昼食時間帯であったことなどが裏目に出て、多くの登山者が犠牲者になってしまった。
心からご冥福をお祈りいたします。

今 庭に咲いている、花を撮りました。
アメジストセージ
d0150720_1641434.jpg

チェリーセージ
d0150720_1651472.jpg

萩の花
隣の庭から伸びてきました。
d0150720_1653371.jpg

フジバカマ
花が咲いた状態より、蕾の状態のほうが好みかな。
d0150720_1671587.jpg

秋バラ & アメジストセージ
d0150720_16615100.jpg

ゴーヤ棚を撤去したら ナスタチュームが再び元気になってきた。
d0150720_1654418.jpg

不明 菊系の一種
d0150720_1664422.jpg

秋バラ & アメジストセージ を部屋に飾る
d0150720_1661624.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-30 16:45 | Trackback | Comments(10)

秋の庭花

昨日、今朝 清々しい秋空になった。
我が家の庭に秋が訪れて、秋の花が咲いている。

シュウメイギク(秋明菊)
d0150720_8573588.jpg

シュウメイギク(秋明菊 白)
d0150720_922797.jpg

ニラの花
葉を食用とするニラだが、花も綺麗である。
d0150720_8591020.jpg

愁海棠
d0150720_942048.jpg

ホトトギス (1)
d0150720_8581236.jpg

ホトトギス (2)
d0150720_8583362.jpg

名称 分りません
d0150720_963984.jpg

9月26日 早朝の朝焼け (第二大宮公園)
d0150720_973243.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-27 09:21 | Trackback | Comments(18)

栗拾い & 彼岸花 

9月21日 早朝散歩。
秋晴れの下、寒くもなく 暑くもく 気分爽快です。
青空に真綿を引き伸ばしたような流れるような雲が、大変綺麗でした。

先週 我が家の恒例となった栗拾いに行きました。
少し 早過ぎましたが、栗ご飯にするには十分 採れました。
d0150720_9112482.jpg
d0150720_9122972.jpg

爽やかな青空の下 秋の花 コスモスが咲き
d0150720_9173756.jpg

栗拾いをした後、 幸手・権現堂堤に彼岸花を見に行きました。 
こちらも少し早く 全体的に6~7分咲き程度です。
花の名称のとおり、お彼岸の頃(23日)が満開となり見頃になると思われます。
d0150720_928311.jpg
d0150720_9283329.jpg
d0150720_9285117.jpg

私が、花と蝶を一緒に撮ろうと近づくと、直ぐに飛び去ってしまう蝶でしたが、
今回は、飛び去ることなく撮れました。
d0150720_929166.jpg
d0150720_9302448.jpg
d0150720_9304829.jpg
d0150720_931039.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-21 09:50 | Trackback | Comments(14)

秋に向かって

昔から 「 暑さ 寒さも彼岸まで 」 と云われるように、このところ涼しくなりました。
お彼岸 (9月23日) の3日前後が彼岸の入り、明けなので、今週末 20日は、もう彼岸の入りなんですね。
大宮公園の一角で曼珠沙華(彼岸花)が咲き始めました。
d0150720_9141617.jpg
d0150720_9143112.jpg

青桐の実
早朝 散歩の公園で、青桐の実を頂いた。
街路樹などで青桐を見るが、青桐の実を見たのは初めてである。
枯れた葉に見えるのが、葉でなく実 9月に開裂して舟形となり、これに数個の種子がある。
戦時中は、この種を使い「代用コーヒー」として飲んだとか。  何だか 不味そうだナ~。
d0150720_9151476.jpg

仙人草
白色の小さな花が咲くが、雑草と共に刈り取られることが多い。
初冬から冬にかけて、実から白い羽毛状の花柱が伸びる。
これを仙人の髭に例えて、仙人草になったとか。
d0150720_915148.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-17 10:19 | Trackback | Comments(10)

朝陽の差し込み

早朝 散歩の大宮公園 朝陽が差し込み幻想的な風景になってました。
夜 雨が降り 水蒸気の多い晴れた朝、 木々の間に朝陽が差し込むと、このような光景が。。。
d0150720_12263611.jpg

氷川神社の神橋に、朝陽があたり綺麗です
d0150720_12263863.jpg

早朝 公園の池に映える初秋の雲
d0150720_12294875.jpg

朝 公園を歩くと、身の周りで ポッ ポッと音がする。
大きなマテバシイの木から ドングリが次々に落下する。
アッ !!  一個 頭に当たった。 
d0150720_12324181.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-14 12:56 | Trackback | Comments(14)

初秋

初秋  日ノ出時刻が遅くなったのを実感する早朝散歩です。
どんよりした曇り日などは、大宮公園の大きな木々が茂り薄暗くさえ感じる。
そして 池の周りの散歩道では、夏 葉焼けした桜の落葉が目立つ季節となりました。

池の散歩道
d0150720_1558924.jpg

初秋の長雨が、桜の老木を緑色の苔で包み
d0150720_1602779.jpg

切り株跡に 生まれたばかりの松が。。。
d0150720_161750.jpg

コムラサキ も染まり、 季節は又 一歩先に進む
d0150720_1611217.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-10 17:04 | Trackback | Comments(14)

季節が進み

今夜は 「 仲秋の名月 」 なのだが、空は 一面に曇って綺麗な月が見られそうにない。
だが。。。天体観測からみると、明日 9月 9日が満月と云う。

日一日と季節が進み、秋の庭はホトトギス、シュウカイドウが見頃となっている。
秋名菊(シュウメイギク)も蕾を膨らませて、咲く時を待っている。
ホトトギス
d0150720_14265215.jpg

シュウカイドウ
d0150720_14254457.jpg

8月下旬 又 クルーズトレイン「ななつ星」の落選通知が届いた。
最高倍率日は、
私どもが申し込んだ 1泊2日コース 2014年12月13日 DXスイートAは、
ナナナ なんと  115倍だったとか。
又 旅行客の少ない寒い季節 2月に的を絞って申し込みしましたが、これもダメでした。 
因みに、 3泊4日コース 2014年12月 9日 DXスイートAは、 268倍
これでは、死ぬまで申し込みを続けても無理なのかナ~。
しかし 宝くじと同じで、申し込まないと当選しない。
d0150720_14243169.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-08 15:03 | Trackback | Comments(16)

購読に値しない朝日新聞

朝日新聞が、ジャーナリストてして有名な池上 彰さんに依頼して掲載していたコラム「新聞ななめ読み」に
池上氏が朝日新聞による32年間に亘る「従軍慰安婦報道」を誤報道したことについて、「 真摯に謝罪すべき 」
とするコラムを書いたところ、朝日新聞から掲載しない旨の連絡が入った。
報道機関の一つである朝日新聞が、朝日新聞みずから表現・報道の自由を封殺しようとしている。
常日頃、言論・報道の自由と声高らかに言っていた朝日新聞がである。
      (マスメディアで問題視され、後日 池上氏のコラムを続けるよう決めたようだ)

従軍慰安婦報道」を誤報道と認めたにも係わらず、
今回は、又 朝日新聞のどうしようもない偽善体質を述べなくてはならない。
今回は、週刊雑誌 「週刊新潮」 及び 「週刊文春」 が、朝日新聞に「従軍慰安婦 誤報道」などの内容を批判する
雑誌広告を依頼したところ、「週刊新潮」&「週刊文春」に対し、 広告掲載を拒否し、こともあろうに更に
内容の 『 訂正 と 謝罪要求 』 を求めた。

32年間に亘る「従軍慰安婦報道」を誤報道について、報道に携わる者は、
朝日新聞 社長など責任者の会見・誤報道の謝罪を求めていたが、今だに会見拒否・謝罪拒否を貫き通している。
しかし、自社である朝日新聞に都合の悪い事は、相手に対して謝罪要求する。
これでは、報道としての朝日新聞は 「 読む価値の無い新聞 」 と言わざるを得ない。

朝日新聞社としての病理は、改められない程に根深いものがあるようだ。
季節を楽しむ写真プロク゛なので、このような内容は、書きたくないのですが、
こんないい加減な朝日新聞が毎日多くの読者に配達されていると思うと、
多くの朝日新聞読者が、長年の従軍慰安婦報道により惑わされ、朝日新聞に都合のいいように
ミスリード されてきた事を非常に心配するのです。

以前ブログに書いた私の主張

週刊雑誌 「週刊新潮」 9月11日号  
d0150720_1983576.jpg

9月4日 朝日新聞 朝刊
d0150720_19143555.jpg

多額な広告料を新聞社に支払っている雑誌社が広告掲載を求めたところ、
報道新聞として、決して やってはならない処理を施し広告を掲載した。

広告 中央部・・・・・ 「吉田調書」 ● ● で  とあるが、これは雑誌社が付けた白丸でない。
朝日新聞社が週刊新潮社に無断で文字を白丸で塗りつぶしたのです。  
d0150720_1916153.jpg

この写真は、新聞他紙 読売新聞・産経新聞・毎日新聞に掲載された週刊新潮の広告です。
本来は 『 誤報 』 の2文字が入っていたはずでした。
d0150720_19171419.jpg

更に、写真中央部
「日中友好の碑」を「対立の碑」に 変質させて懲りない 「● ● ご注進」 とあるが、
これも 朝日新聞社が週刊新潮社に無断で文字を白丸で塗りつぶした。  
d0150720_19183788.jpg

白丸で塗りつぶされる前の原稿は、
 「 売国 ご注進 」 とあったのです。
d0150720_19192024.jpg

仲の悪い隣同士の家が、相手の悪口を書き張り紙に書いたのを消したのとは、訳が違う。
これが 報道機関 朝日新聞社の根深い病理である。

朝日新聞は、中国に飼われているポチ犬 とまで云わないが、
中国では、中国共産党にとって都合の悪い海外メディアのニュースは、
        「 突然 テレビ画面が真っ黒になる 」
その都合の悪いニュースが終わると、又 何の説明も無く ニュース映像が続けられる。
朝日新聞の 決して謝罪しない体質、相手に謝罪を強く求める体質、
都合の悪い部分を、見えないように加工処理する体質は、中国共産党の体質と極めて良く似ている。


以下の2枚の写真は、朝日新聞の週刊新潮の広告 と 読売新聞の週刊新潮 広告を対比した。
1枚目
d0150720_1920310.jpg

2枚目
d0150720_19195345.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-09-06 22:07 | Trackback | Comments(6)

NHKに棲むモンスター

今 NHK 朝の連続テレビ番組 「花子とアン」 が8月末から終盤に向け佳境に入っている。
面白い番組なので初めから見ていたが、最近 その内容が一段と 反戦争 連続テレビ番組になった。
その番組内容から、朝のNHK連続テレビ番組が面白くなくなった。
朝の人気 連続テレビ番組を通して、潜在的に反軍意識が芽生えるような構成になっている。
NHKのテレビニースで時々使用される言葉 「その背景にあるものは 何か 」 を借りるなら、
戦争を望む人がいて、その対極に平和を望む市民生活があり、戦争の影が慎ましい市民生活を
破壊する。
「花子とアン」の連続テレビ番組も佳境に入り 「戦争に続く道は、悪・不幸」 とイメージ形成される。
花子の子供が可愛がっていた子犬が軍に徴用される場面、腹心の友であるはずの 花子と蓮子が
時代の動きに翻弄され分れる場面。 終盤に向け 反戦・反軍 思考が一段と強まる。

昨年 9月30日から今年 3月29日まで放映された 朝のNHK連続テレビ番組 「ごちそうさん」 でも
終盤でヒロインの子供が赤紙一枚(徴兵)により出兵 戦死の電報を受け取る場面で、
悲しみのどん底にいたヒロインが吐くように力強く呟いた ある重要なセリフがある

       『 決して 国を許さない 』

今 日本の誰もが、戦争など望んでいる者は 誰一人いない。
今 この時代に何故 一年 2作品を通じて、戦争を経た時代に的を絞り放送するのでしょうか。

国会周辺に行くと、まさに戦争準備を始めたかのように
  「戦争への道 NO、 安倍 NO 」  「自衛隊 イコール 戦争」  「集団安保 ☓  安倍 ☓」 
などと書かれたプラカードを掲げた群衆を度々目にする。
ある特定の政党が掲げる政治ポスターと内容が一緒なのだ。
NHKに隠れて棲むモンスターが、 人気の 「朝のNHK連続テレビ番組」 を利用して、
      「自民党 安倍政権は、戦争へと進もうとしている」
と政治アピールしているのと同じ線上にある。
長期 安定的な安倍政権に 「NO 」 なら、公平な報道をしなければならない公共放送テレビを
このような形で利用するとは。。。メディアの政治的公平性が奪われた危機的状態だ。
公共放送のNHKテレビ 見応えのある良い番組も数多くある。
NHKの視聴料金を支払わなければ、NHKが裁判に訴え、銀行口座から半年前取りで視聴料金を
銀行口座から確実に引き落とす。
国会でNHKの予算を審査する形を一応取っているが、人気 朝ドラ番組などの偏向について、
政治は物を申せない憲法下の仕組みとなっている。

庭のワレモコウ(吾亦紅)を飾る・・・・・NHKの政治的中立性は枯れた
d0150720_12422982.jpg



 
by saitamanikki2008 | 2014-09-03 12:51 | Trackback | Comments(6)