<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

’14 バード レストラン オープン

今年も12月下旬から庭で、バード・レストランをオープンしました。
開店メニューは、残り柿 と ミカン。 冬に咲いたバラを添えて。。。
早速 メジロ 2羽 & ヒヨドリ のゲストが飛来してます。
寒い冬は、室内からガラス窓越しに野鳥を見る楽しみが。。。

「 バード・レストラン 」 
d0150720_9163336.jpg
d0150720_9171657.jpg
d0150720_920249.jpg
d0150720_920546.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-12-27 09:36 | Trackback | Comments(8)

Christmas Season

Painted The Season Bright

      And Verry Merry Christmas !!


全ての皆さまが、
     『 愛と  希望と  喜び 』  が感じられる日々になりますように。。。

d0150720_13113153.jpg
d0150720_13115746.jpg

22日 早朝散歩の仲間から柚子を分けて頂き、冬至の柚子湯に。。。
季節感のある生活が好きなので、嬉しかったナ~。 
今日 23日は、 81歳を迎えられた天皇陛下の誕生日
24日 クリスマス・イブ、クリスマスと続き、日本の年末を楽しむ日々が続く。
我が家でも  窓辺にクリスマスキャンドルを灯し、小さな クリスマス・ツリーを飾りをしました。
   (季節を楽しむ為、毎年 同じクリスマス飾りを押し入れから出して飾る)
d0150720_13115991.jpg

蜜蝋のキャンドル 暖かい感じが漂います
d0150720_1312323.jpg
d0150720_1312262.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-12-23 13:32 | Trackback | Comments(8)

’ 14 初冬の秋谷海岸 (2)

前回、初冬の秋谷海岸の続きです。

「 立 石 」
早朝 秋谷海岸の立石に朝陽があたり始めた。 少し寒いですが、良く晴れて気持ち良い朝です。
d0150720_833324.jpg

「 夕暮れの砂紋 」
強風により海岸の砂浜に綺麗な砂紋が。。。 
d0150720_8332720.jpg

「 水鳥 」
前田川で小魚を狙っているアオサギ ?
寒い冬の季節である為か 首をすぼめて、翅が大変綺麗な水鳥でした。
d0150720_8334846.jpg

秋谷海岸の景色を望める レストラン DON (ドン)  秋谷店で久しぶりに昼食
強風の吹いた日だったので、ベランダでなく室内(2階)で頂いた。
突然 レストランのスタッフ数人が厨房から ハッピー バースデーを唄いながら出てきた。
本日 誕生日の客がいたようだ。 店内の他の客からも祝福の大きな拍手が。。。
d0150720_834524.jpg

渡り蟹のスパゲッテー & サラダ を頂く
渡り蟹の濃厚な味が好きだナ~。
d0150720_8342477.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-12-20 09:34 | Trackback | Comments(5)

初冬の秋谷海岸

初冬の秋谷海岸に行きました。
空気が澄む 秋から冬 秋谷海岸に行くと、相模湾上に大変 綺麗な富士山が望める。
特に強風の後、高気圧が日本上空にくると、神々しい程の富士山が望める。
秋谷海岸の駐車場には、富士山を撮るカメラマン、ドライブの途中に立ち寄る人々が多い。
「 冠雪の富士山 」
d0150720_12531926.jpg

「 早朝の富士山 」
良く晴れた日の早朝 純白の山頂がピンク色に染まるモルゲンロートが見られる。
d0150720_12531138.jpg

今日 12月17日 北海道で低気圧が猛烈に発達し猛吹雪になっている。
天気図の等圧線が、細かい渦線になり、まるで日本列島を覆う巨大なクモの巣のようだ。
2004年製作のアメリカ映画 『デイ・アフター・トゥモロー』 
地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々を現実味を持って描いているが、
北海道 根室の街に高潮被害が発生するなど、さながら映画のストーリーが現実のものとなったような感がある。

12月13日 日本海側に大雪が降る日、秋谷海岸も強風が吹き荒れた。
高波による水しぶきが、陸地の奥まで届き、海岸の砂が道路に飛び散り積る。
海が荒れ 大きな波が海岸に打ち上がると、サーファーが集まって来る。
陸地でサーファーを見物していたが、唇をなめると塩っぽかった。
d0150720_12534090.jpg

「夕暮れの防波堤」
波が防波堤にぶつかり、大きな水しぶきが上がる。
d0150720_12535560.jpg

次回も、秋谷海岸編が続きます。
by saitamanikki2008 | 2014-12-17 13:58 | Trackback | Comments(4)

大宮 氷川神社 十日市

師走の12月10日(水)、武蔵一宮 大宮・氷川神社で年末恒例の十日市(熊手市)が開かれた。
この十日市が終わると、いよいよ クリスマスから年末を迎える気分になります。

一年の幸福に感謝し、来る年の五穀豊穣・商売繁盛幸 を願う十日市(熊手市)。
氷川神社の周囲 一般道路が交通規制され、食べ物屋台、海産物、乾物、果物、花、植木など多くの業者が出店します。
福をかきこむといわれ、開運・商売繁盛のお守り「熊手」を求め、夕暮時から多くの参拝者が境内に溢れます。

12月に入ると氷川神社の神職は、十日市(12月10日)まで神社に こもり(宿泊) 火を焚き、身を清める。
d0150720_18284970.jpg

早朝 本殿前の玉砂利は、綺麗に整えられている。 そして、12月10日 十日市 (熊手市) を迎える。
d0150720_1828188.jpg

12月10日 早朝散歩で氷川神社に参拝 
       午前6時前 まだ薄暗く、桜門に月が輝いている。
d0150720_18293813.jpg

早朝の気温 5.6℃
d0150720_18311837.jpg

12月10日 早朝 午前6時過ぎ
9日の夜から境内に熊手が飾られ、その間を通り 早朝参拝者が通行する。
d0150720_1829480.jpg

日中も大勢の参拝者がいるが、夕方から夜にかけて、更に大勢の参拝者が。。。
提灯、電灯に浮かびあかった熊手が綺麗だ。
d0150720_18303331.jpg

来る年の更なる商売繁盛を願い 大きな熊手を。。。
大きな熊手は、ウン十万円も。。。するそうだ。
d0150720_18304797.jpg

今年は、氷川神社の境内から民送テレビなど数社が、天気予報の時間に十日市を放映した。 
昔懐かしい セルロイドの縁起物
d0150720_18343452.jpg

勿論 小さな縁起物も売っている。
d0150720_18354116.jpg

普段は、巣鴨・地蔵尊前で商売している手作り 「耳かき」 店も出店している。
d0150720_1836758.jpg

昨年 「耳かき」 を買ったが、今も具合 良く使っている。 
d0150720_18361891.jpg

今年一年 商売繁盛を願った古い熊手を神社に返し
d0150720_18372100.jpg

新しい熊手を買う方々。
境内の彼方此方で、威勢の良い三三七拍子の手拍子が響く。
d0150720_18364483.jpg

一雨降るごとに、寒さが増しますが風邪など引かないように。。。年の瀬をお元気に !!
明日から3~4日ブログを休みます。
by saitamanikki2008 | 2014-12-11 20:14 | Trackback | Comments(8)

秋の季節が一番

一年中で一番好きな季節は....? と問われれば、それは 「 秋 」 と答える。
草木が青々と芽吹く春、ピーンと張り詰めたような寒さの冬、くたびれた衣類でも気兼ねなく過ごせる夏、
いずれの季節も好いところはあるが、自然の木々が寒い冬に向け、マジックのように紅葉で着飾る秋が一番すきである。
フ~兵衛も私も11月が誕生月、昔 生まれた季節を一番好きになると聞いたような、聞かないような。。。
その好きな秋も過ぎて、もう初冬になった。
秋のブラブラ散策の途中、風景・草木・実などが通り過ぎないで見てくれ。。。と云っているかのように。。。
目に留まったものを撮りました。

大宮公園 池の畔
d0150720_18152959.jpg

大宮公園 桜の落葉
d0150720_18143339.jpg

庭のヒメツルソバ
砂糖菓子の金平糖のような
d0150720_1815358.jpg

京都旅行の道端で
d0150720_1817473.jpg

秋のツタ
   小春日和の昼さがりに
d0150720_18153874.jpg

rainbow leaf (レインボウ リーフ)   
庭で拾った南天の葉、 題して rainbow leaf 「虹の葉」 
d0150720_1816166.jpg

京都の寺で
d0150720_9582096.jpg

カラスウリ
自宅近くの一戸建ての垣根にカラスウリが真っ赤に色づいていた。
時々通りすがりに眺めていたが、ある日 剪定業者が垣根の木々を切り取っていた。
カラスウリも切り取られる寸前 カラスウリを撮らせて下さいと、家主にお願いして撮らせてもらった。 
d0150720_18155454.jpg

ヒヨドリジョウゴ
秋になると、真っ赤になる実 女性のイヤリングのように。。。
d0150720_18162443.jpg

庭の菊
d0150720_18163771.jpg

 ↑ の菊をマクロレンズで
d0150720_18165742.jpg

12月7日 早朝の満月  
まだ薄暗い大宮公園での早朝散歩、 西の空に輝いていた今年最後の満月、 月光が池に映り神秘的でした。
d0150720_13463238.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-12-08 16:54 | Trackback | Comments(8)

’14 氷川参道 & 大宮公園 紅葉散歩

12月に入った途端に寒さが身に沁みるようになった。
今朝 12月6日(土) 大宮公園の早朝散歩も手袋なしではいられない。
サッカー 大宮アルディージャのホーム・サッカー場入口前には、暗く 朝陽が顔を出す前から寝袋にくるまり
30人近くが待っている。
応援に集まる若者の情熱に、ちょっぴり羨ましさを感じながら通り過ぎた。

明日 12月7日(日)は、二十四節気の大雪 とか。
今年は、12月早々に四国、北陸などの日本海側は記録的な大雪に見舞われている。
大雪の降る要因となっているのが、 何と !  地球温暖化とか。
今 フィリピン沖には、非常に勢力の強い台風 22号が西方に向かっている。 この台風が北極の強い寒気団を
日本列島を含むアジア地域に引き込んでいるそうだ。
加えて、温暖化により日本海の水温が例年より2~3度高くなっているので、海面の水蒸気の蒸発が多くなり、
雪雲が水蒸気を多く含み厚くなり、日本列島に大雪を降らす原因となっている。
海水温は、温まりにくいので海水温の1度上昇は、地表の温度 10度上昇と同じくらいの変化です。
地球温暖化は、異常気象、極端な気象現象を生むので、人類が暮すこの綺麗な星 地球の環境を守って。。。下さい。

今年の大宮公園の紅葉は、例年に比べて早かった。
例年なら12月に入ってから、紅葉の見頃を迎えるのだが、今年は 11月27日~29日頃が紅葉の見頃でした。
氷川参道から氷川神社、大宮公園に至る紅葉散策の写真です。

11月28日撮影
氷川参道 平成広場で
ケヤキの落葉のうえを歩くと、サクサクと乾いた音がして、一段と晩秋を感じます。
d0150720_1005594.jpg

氷川参道のモミジ
d0150720_101149.jpg

d0150720_1012819.jpg

氷川神社 神池の紅葉
d0150720_1015533.jpg

氷川神社 桜門前のモミジ
d0150720_1021396.jpg

氷川神社 本殿横の小さな社で
d0150720_1022817.jpg

氷川神社から大宮公園入り口の メタセコイヤ
d0150720_1025235.jpg

大宮公園日本庭園の紅葉
d0150720_1032629.jpg

大宮公園 茶店前で
d0150720_1035986.jpg

大宮公園内 埼玉100年の森で
d0150720_1044966.jpg

赤モミジ と 黄モミジ のコントラストが綺麗です
d0150720_1051677.jpg
d0150720_1054370.jpg

 ↑ のモミジが散った風景 (12月2日撮影)
d0150720_1084051.jpg

「紅葉の楷の木」・・・・・大宮公園内 郷土歴史博物館前で
例年は、燃えるような真っ赤に紅葉するのですが、今年は黄色系になりました。
ウルシ科の樹木で、秋には美しく紅葉します。
楷の木は、昔 中国で国家試験の合格祈願木となり、合格者には この木で作った
笏(しゃく)が与えられたため、「学問の木」ともいわれるようになったそうです。
d0150720_1061823.jpg

大宮公園 池の畔で
d0150720_1063363.jpg

今日 12月6日(土) 綺麗な初冬の青空が広がっている。
今夜は、今年最後の満月とか 
澄んだ星空の中に綺麗な満月を見るのも イイかもネ。
by saitamanikki2008 | 2014-12-06 11:57 | Trackback | Comments(7)

ユニバーサル スタジオ & 紅葉 京都の旅

11月下旬 ユニバーサル スタジオ & 紅葉の京都を旅行しました。
ユニバーサル スタジオの翌日 紅葉 真っ盛りの晩秋の京都 大原などを散策しました。

11月26日 撮影(曇り)
京都・左京区 大原散策
三千院に至る呂川沿い 小路の紅葉
d0150720_1758569.jpg

d0150720_17502661.jpg

d0150720_17504069.jpg

d0150720_180419.jpg

大原・三千院の横の小さな寺(宮内庁 管轄 ? )の モミジが、
        これが京都の紅葉と云いたそうに真っ赤に染まっていた。
d0150720_1749155.jpg

大原 津川に架かる未明橋の紅葉
d0150720_17493718.jpg

大原 宝泉院
本堂の庭にある樹齢700年と言われる見事な五葉松の枝ぶり。
本来 寺の庭は、部屋の奥に座り額縁庭園として鑑賞すると、一段と趣をまして眺められるのだが、
多くの観光客が廊下に座っている。
本堂の好位置にあたる畳に座り、一服のお茶、茶菓子を頂きながら観光客の背後から額縁庭園を暫し眺めました。
d0150720_1831440.jpg

d0150720_1872792.jpg


d0150720_1832419.jpg

岩倉 実相院の床モミジの風景は有名だが、上の写真の部屋の左奥の庭に綺麗な紅葉(赤・黄色)があった。
床板に庭の赤モミジが映え、少し床モミジになり綺麗でした。
d0150720_184738.jpg

宝泉院の庭園 宝楽園
白川砂を敷き詰め庭に、赤 モミジが散り 趣ある風景が。。。
d0150720_1844955.jpg

同じく宝泉院の庭園 宝楽園で
d0150720_1862915.jpg

宝泉院から少し離れた 寂光院まで歩く
d0150720_1820553.jpg

大原 寂光院の参道
女院の閑居御所として知られている寺
本尊の六万体地蔵菩薩立像は、綺麗だったナ~。
d0150720_18432044.jpg

山門右手にある茶室 弧雲
屋根に積った落葉が侘び寂びの風景を創っている。
d0150720_1846105.jpg

京都の一日目は、大原の里 散策で終わった。
市内の片泊まり旅館に泊る (夕食なし 朝食付) 

11月27日(晴れ曇り) 2日目の京都 紅葉散策へ。  大勢の観光客が乗るバスに乗り
京都 北区 常照寺へ
この寺は、寛永の頃、天下の名妓として一世を風靡した 二代目 吉野太夫が寄進した赤門と吉野太夫の墓がある。
紅葉が見頃を迎え素晴らしかった。
d0150720_18115529.jpg

本堂の外廊下から庭の紅葉を
d0150720_18122935.jpg
d0150720_1813673.jpg

竹林の斜光
d0150720_18133531.jpg
d0150720_181413100.jpg

京都 北区 源光庵
源光庵 本堂には、
『 悟りの窓と名付けられた丸窓 と 迷いり窓と名付けられた角窓』 がある。
この窓から眺める紅葉美は、一言で言い表せない程 美しく、 
悟りの窓の円型は、「禅と円通の心を表し、円は、大宇宙を表現している」そうで、
又、迷いり窓の角型は、「人間の生涯を象徴し、生老病死の四苦八苦をあらわしている」とか。
しかし、本堂内部は、撮影禁止となっており撮れませんでした。

境内のモミジは、一口に紅葉と云うには物足らない程真っ赤な色彩に染まっていた。
案内人の解説から、
この本堂の天井板は、血天井を張ったものだそうで、本堂内の天井 一面に 手、鎧などの血の痕跡が見られる。
慶長5年 徳川軍と石田三成が伏見桃山城で戦い、討死、自刀して果てた時の痕跡と云う。
この真っ赤なモミジは、その因縁であるような。。。
d0150720_18173630.jpg
d0150720_1817371.jpg

落葉でも このように真っ赤に。。。
d0150720_1818336.jpg
d0150720_18185492.jpg

源光庵に続き、茶道の奥義を極めた光悦寺に。
有名な光悦垣の紅葉は、散って見られませんでした。
d0150720_19231754.jpg

その後、ブラブラ 世界文化遺産の金閣寺まで歩く。
流石 世界文化遺産の金閣寺、世界中から来た観光客が多く、写真も落ちついて撮れないほどに。。。
d0150720_18383831.jpg

昼食を予定していた食事処が、予約してなかったので食べられず、バスで京都 東山の祗園で下車。
歩き疲れて、兎に角 座れる場所に。。。と云う事で、フ~兵衛の提案で八坂神社前の甘味処へ。
店内 95%が女性客だった。
d0150720_18393131.jpg
d0150720_18394531.jpg

甘い物を食べると、不思議に足の疲れもとれて、八坂神社を経由して、ねねの道へ。
d0150720_18401589.jpg

舞妓さんに扮した観光客が人力車で。。。
大勢の内外の観光客のカメラに。。。囲まれて
d0150720_18402717.jpg

ねねの道で
その先、二年坂、三年坂を周りたかったが、晩秋の日暮れは 早い。
d0150720_18404592.jpg

楽しかった2泊3日 ユニバーサル スタジオ & 紅葉の京都 旅も終わりです。
一挙に京都の紅葉 風景を見て頂き、有り難うございました。
帰路の新幹線の車内で、昼食と夕食を兼ねて頂きました。
d0150720_18411532.jpg

次回は、地元 大宮公園の紅葉を掲載します。
by saitamanikki2008 | 2014-12-03 20:13 | Trackback | Comments(7)