<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一歩 一歩と 春が。。。来る

今年の冬は、12月が寒かったので冬が長かったようにも感じたが、ようやく 陽光の暖かさを感じる早春の日々が多くなった。
いつものように早春の花々が庭に咲き始めて潤いが。。。

例年なら1月下旬から咲き始める椿が、今年は1月上旬から咲き始めた。
今年の椿は、花が傷んで咲く。
d0150720_11242254.jpg

和 水仙
d0150720_11245055.jpg

春を告げる花 スノードロップ & クロッカス
d0150720_11245967.jpg

クロッカス
d0150720_1132844.jpg

クリスマスローズも咲き始めた
d0150720_11251763.jpg
d0150720_11253083.jpg

d0150720_11552896.jpg

ミニ水仙 テイタテイト
d0150720_11325947.jpg

そして今 豊後梅が満開に。。。
d0150720_1133166.jpg

春は、又 強運を連れてきてくれた。
1月下旬 JR東日本 大人の休日倶楽部 パス(4日間乗り放題) を利用して、北陸新幹線が開通する前に越後湯沢から
在来線で北陸へ。帰ると今度は 新幹線で青森に旅に行った。
その時の 「 JR東日本 大人の休日倶楽部 パス キャンペーーン」 に応募したら、
3月中旬に宅配便が届いた。
何と 純米大吟醸 4合瓶 & 北陸のおつまみセット。
d0150720_11333031.jpg
d0150720_11334457.jpg

そして 又 昨日 トヨタ ネッツ埼玉 お客様感謝デーに行き、ビンゴゲームに参加したら
大勢の客の中で、一等賞を引き当てた。
 東京ディズニーランドのペア 入場券
d0150720_1134131.jpg

気分的には、春が一度に来た感じです。
喫茶店に入ったら、店内で盆栽のサクラが咲いてました。
間もなく、サクラ咲く季節になりますネ。
d0150720_11341668.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-03-16 12:32 | Trackback | Comments(12)

早春 梅の花 色々

3月6日 冬籠りの虫が這い出る 啓蟄を過ぎても、今日は寒い日となった。
三寒四温 春の足音が。。。
大宮公園、及び 大宮第二公園 梅林で早春の梅の花を撮りました。
少しは、暖かい春を感じて頂ければと。。。 

大宮公園
d0150720_1110647.jpg

大宮公園
d0150720_11103574.jpg

以下は、第二大宮公園の梅林で
紅梅 & 昼月
d0150720_1111345.jpg

d0150720_11112542.jpg
d0150720_1112894.jpg

d0150720_11125891.jpg

d0150720_1114409.jpg

d0150720_11135575.jpg

d0150720_11151635.jpg

d0150720_11164093.jpg

枝垂れ紅梅
d0150720_11163352.jpg

最後に、ちょっと珍しい品種の梅花
これは、花が枯れ落ちたものではありません。
花びらが退化し、雄しべと 雌しべだけになった品種、雄しべと 雌しべだけになった姿が茶道の
茶筅に似ているので、茶筅梅(ちゃせん梅)の名称になった。
d0150720_11171090.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-03-07 10:59 | Trackback | Comments(6)

冬の信州 美ヶ原高原の旅 (2)

冬の信州 美ヶ原高原 王ヶ頭ホテルに2泊した旅の続編です。
美ヶ原高原は、標高 2,000メートルの高所に平坦な牧場(夏場)が広がってます。
牧場の中を通る道から王ヶ頭ホテルを撮ると、このような場所にあります。
標高が高く、360度 電波が届く場所なので、王ヶ頭ホテルの横には各社のテレビアンテナなどが設置されいる。 
d0150720_9341976.jpg

ホテル裏 2~30メートル歩くと、特に北アルプス連峰が目の前にドーンと見える。
2日目 昼 標高3,000メートル級の西穂高岳、前穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳などが目線の高さで。。。
d0150720_9345369.jpg

槍ヶ岳 標高3,180メートル(中央部の突起した山)、常念岳(槍ヶ岳の右下の山)
d0150720_935308.jpg

東天井岳、大天井岳など
d0150720_935173.jpg

部屋から見える冬山の峰々
d0150720_11382811.jpg

王ヶ頭ホテルから牧場を少し下り、突き出た岩場の先端まで歩いて行った。
背後は、断崖絶壁の場所に立った。
写真を見ると、私が高所恐怖症であるのが良く分かる。
膝を曲げ、腰を落とし気味で両手を上げたポース。。。へっぷリ腰スタイル 丸出しで恥ずかしいナ~。
d0150720_9545042.jpg

ここでホテルを少し紹介しますネ。
今まで5回 秋の季節(10下旬~11月5日)に泊りましたが、今回 初めて冬の宿泊でした。
ホテルのホームページは、ここをクリック
360度の眺望を楽しみたい方々が多いので、ホテル予約は、3ヶ月前位がよいと思います。
半露天風呂(冬場はガラス窓が閉じられている)からも雄大な美ヶ原高原が展望できる。
又 東方を望む貸切風呂もありますョ。
d0150720_9405158.jpg

半露天風呂の休憩場所 八ヶ岳、南アルプスの眺望が。。。
d0150720_942489.jpg

ホテルの廊下
アルプス連峰の写真や 美ヶ原高原の写真が多数ある。 
d0150720_9492571.jpg

南館 和洋室からの眺望 八ヶ岳、南アルプス、又は 横目に松本市街が望める。
南館、東館、洋室とあるが、南館和洋室がお勧めかナ~。
d0150720_9492695.jpg

料理の一部をご紹介しますネ。
食事場所からも美ヶ原高原が一面に望めます。
夕食は、3泊目まで別メニューで食べられます。
標高 2,000メートルの高所で、澄んだ音楽と共に、こんなに美味しい料理が頂けるのかと。。。!!  驚かれる事でしょう。
食事スタッフは、本当にフレンドリーですョ。
d0150720_9502828.jpg

信州サーモンも 美味です。
d0150720_951334.jpg

炭火で焼いた熱々のイワナがテーブルまで。。。
d0150720_951421.jpg


d0150720_9513990.jpg
d0150720_9513663.jpg

ここ数日の暖かさで、霧氷は見られないと思っていたが、2泊目の夜半から美ヶ原高原は、強い風と雲に包まれていた。
夜が明けると、ホテル近くの木々に霧氷が出来ていた。
写真は、早朝 ホテルの部屋から撮りました。
d0150720_9531839.jpg

ホテルでは、朝 カメラを撮る人の為に無料の撮影バスが出発します。
この日、チェックアウトした後 手荷物をフロントに預けて、撮影バスに乗りました。
約1時間後、撮影を終え山道の途中で松本駅行きの送迎バスに合わせて、
ピックアップして頂き、手荷物と共に美ヶ原高原を後にしました。
美ヶ原高原を少し下った場所は、霧氷がありませんでした。
雪道沿いの白樺の木をホワイトバランスを変えて撮ってます。
d0150720_9533391.jpg

真っ白い雪と 木々のコントラストが綺麗でした。
d0150720_9535295.jpg

下りの送迎バスの車窓から小鹿が。。。
d0150720_9551513.jpg

松本駅から15分程あるいて、国宝 松本城を見に行く。
d0150720_9553995.jpg

駅の観光案内所で頂いた松本市街歩きのパンフレットで、懐かしい雰囲気の店と掲載されていた珈琲店(食堂)で昼食。
天井から吊る下がる陶器製のライトが珍しかった。
d0150720_9562935.jpg

立ち寄り客が書いたノートも。。。
ノートには、時代遅れの洋食屋とある(笑)
d0150720_9564170.jpg

パンフレットに紹介されていた分厚いカツレツを食べた。
後で知ったが、オムレツがお勧めとか。
d0150720_9565862.jpg

松本市内には、以前 立ち寄ったこともある気になる食器店 「工藝 マエストロ」 がある。
今回 フー兵衛が、ジャム用のスプーンを買った。
d0150720_9573383.jpg

これは、以前 「工藝 マエストロ」で買った竹製のスプーン
d0150720_9575237.jpg

帰路は、松本駅から篠ノ井線の普通電車に乗り、長野駅で新幹線に乗り換える。
JR篠ノ井線の途中にある姨捨駅は、姨捨山の昔話で知られているが、
この駅周辺は、日本 三大車窓に選ばれた長野 善光寺平の眺望が良い。
又、全国的に数少なくなったスイッチバック式で電車が進行する面白さがある。

長野駅で3月14日から金沢駅まで伸びる北陸新幹線の新車両に乗車してJR大宮で下車。
d0150720_9581983.jpg

新車両なので車内は、綺麗だった。
乗車口には、これまでの新幹線にないような大きな鏡もある。
d0150720_9583962.jpg

最上級のグランクラスの車両は、グランクラス用の切符が無ければ入れないが、
乗車口は、金沢を意識した綺麗な色彩のインテリアでした。
d0150720_958569.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-03-04 13:08 | Trackback | Comments(8)

冬の信州 美ヶ原高原の旅 (1)

2月下旬 冬の信州 美ヶ原高原に行きました。
新宿駅から8時発 特急 スーパーあずさ5号に乗り、松本駅で下車しました。
松本駅前から  美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル の送迎バスに乗って、標高 2034メートルに建つホテルまで行きます。
11月上旬から4月中旬頃まで、ホテルの宿泊者は松本駅前から送迎バスに乗らなければ、ホテルに行く手段がありません。
冬の美ヶ原高原までタイヤにチェーンを巻き中型バスに乗り、未舗装の狭い雪の山道を登ります。
舗装された道路に慣れた今では、冬山の砂利道体験が又 楽しい。
テーマパークのライドに乗っているかのように、左右、前後、斜めにと 送迎パスが大きく揺れるのである。 
ライドと違うのは、上下反転しないだけなのだ。
天候に左右されるが、約 1時間余の乗車でホテル玄関前に到着する。

松本駅 特急 スーパーあずさ5号
d0150720_1448441.jpg

初日は、曇天でしたが、360度の山岳眺望が見られました。
2日目は、早朝・夕方 雲が広がったものの昼は晴天に恵まれ、雲海と360度の山岳眺望がバッチリ見られました。

美ヶ原高原の夜明け&雲海(ホテルの玄関先で)
d0150720_14504323.jpg

美ヶ原高原 王ヶ頭ホテルの宿泊者は、一般的に夜明け前からは起床して、ご来光を待つ。
日出前、日没後の2~30分が、自然が最も美しく輝くのだ。
王ヶ頭ホテルから見える 360度の山岳景観は、全く素晴らしい !!

ホテル 玄関先の宿泊者
d0150720_14513119.jpg

夜明け、雲海に浮かぶ浅間山
d0150720_1451792.jpg

南アルプスを望む
d0150720_14532958.jpg

八ヶ岳横には富士山が。。。
d0150720_1454893.jpg

朝焼けに染まる北アルプス
麓の松本平(盆地)は、雲海に包まれている。 
d0150720_14544769.jpg

ホテルの窓に綺麗な霜の華が。。。朝焼けに染まる
d0150720_14561691.jpg

d0150720_14562418.jpg

玄関先から雪上車ツアー(無料)に乗り、美しの塔まで。。。片道 約2キロ位かナ~。
スノーシューを借りて、歩いて行く人もいる。
d0150720_14572242.jpg

テレビ、雑誌などで雪上車は、南極での乗り物と思っていたが、今回 生まれて初めて雪上車に乗った。
d0150720_14573990.jpg

雪上車の車内
d0150720_1457539.jpg

雪上車のハンドル
このハンドルで片方のキャタピラを止めて方向転換する。
d0150720_1458799.jpg

昼は、青空が広がり 八ヶ岳、富士山から南アルプス、中央アルプス、北アルプス、立山連峰、戸隠連峰、浅間山まで
360度の展望でした。
d0150720_1459328.jpg

この日 嬉しいことに彩雲が3ヶ所も見えた。
d0150720_14592126.jpg

強風で美ヶ原高原の積雪が飛ばされる場所では、ここ数日の暖かさで雪が溶け牧草地が見えていた。
右奥の山は、八ヶ岳連峰
一日中 屋外にいたので、雪焼けで顔が真っ黒になっていた。
d0150720_1794159.jpg

夜は、標高 2034メートルにある場所のホテルとは、思えないほどに美味しい食事が待っている。
当に、雲上・天空・非日常・至福の場所であると云える。
因みに、この日の美ヶ原高原の気温は、朝マイナス8℃ 昼マイナス4℃ 夜マイナス5℃で、暖かい日だったようです。
次回も冬の信州 美ヶ原高原の旅が続きます。
by saitamanikki2008 | 2015-03-02 17:58 | Trackback | Comments(5)