<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

在庫処理の写真

ブログ更新しようと保存していた写真ですが、季節の歩みに更新が遅れてしまった。
3~4週間前(一部は3月)に撮った写真ですが一挙に掲載します。

6月24日 後楽園ドーム球場 巨人× DeNAのチケットを頂いたので、
久しぶりに観に行った。
ドーム球場は、巨人のホームなので応援したが、残念 負けてしまった。
DeNAの応援団は、圧倒的に人数が少なかったが、
凄い勢いの応援で巨人の応援を圧倒していたのが印象的だった。
d0150720_21581773.jpg

野球を観る前に、ドーム球場手前にある宇宙ミュージアム TEN Q (テンキュー)へ。
JAXA(ジャクサ)と東大の研究室が提供した宇宙の映像が綺麗だった。
d0150720_2254053.jpg


大宮公園で早朝散歩してます。
  早朝散歩する人&犬
d0150720_208351.jpg

広い大宮公園は、高い木々も多いが、運動施設もある。
サッカー場と野球場に挟まれた坂道
d0150720_2084749.jpg

大宮公園で
d0150720_2092433.jpg

未央柳 (びょうやなぎ)・・・大宮公園で
d0150720_209373.jpg

散歩道で
これは 何んの実だろうか
d0150720_20145646.jpg

我が家の庭で咲いた花
レインリリー
d0150720_20103893.jpg

半夏生(ハンゲショウ)
d0150720_2011817.jpg

鉄砲ユリ
年々花が少なくなり一茎に花一つとなった。 以前は一茎に7つ位花が咲いたが....。
d0150720_20115755.jpg

以前は、私が蝶に近づくと直ぐに逃げたが、最近は撮らせてくれる。
d0150720_20114317.jpg

庭の梅 今年もカゴ2個採れた。
フ~兵衛が、梅ジャムを作ったり、酢漬けにしたり。。。
d0150720_2012174.jpg

市民の森 ファーマーズマーケット(農家直売所)で売っていたヤマモモ
甘酸っぱい実です。
d0150720_20134815.jpg

6月 初夏の秋谷海岸
晴れると海原 と 打ち寄せる波が綺麗です。
d0150720_2023512.jpg

秋谷海岸の広い海原を時々見に行く。
d0150720_20241322.jpg

梅雨時の海は、暗い
d0150720_20243056.jpg

砂浜に咲くカンナ
d0150720_20245698.jpg

海辺のキャンピング・カー
d0150720_2026144.jpg

ランタナ
d0150720_202628100.jpg

紫陽花・・・「隅田の花火」でしょうか
d0150720_20264437.jpg

ナンテンの花
d0150720_20272871.jpg

早春の秋谷海岸(3月)
d0150720_20283947.jpg

秋から早春の季節 富士山の見える機会が多い。
d0150720_20293994.jpg

真っ赤に染まった夕焼け空
d0150720_20303254.jpg

夕焼け と 富士山
d0150720_20311479.jpg

日没後の秋谷海岸 「立石」 波打ち際が幻想的です。
シャッターを40秒位開いて撮ってみました。
d0150720_20313138.jpg


  東北などへ旅に行きますので、ブログを一時休止します。
次回は、旅写真を掲載します。
by saitamanikki2008 | 2015-06-25 21:36 | Trackback | Comments(6)

那須高原 ガーデン巡り & 温泉 3泊4日の旅

6月20日から 栃木・那須高原 ガーデン巡り & 温泉 3泊4日の旅 の続編です。

那須フラワー ワールド
所在地  栃木県那須郡那須町豊原丙那須道下5341-1
営業  5月~10月中旬
那須連峰を背景に、標高600メートルの高原にある広大なフラワーパーク。
春から秋まで、チーリップ、ルピナス、ポピー、バラなど季節の花々が見られる。
d0150720_18445374.jpg

d0150720_18442972.jpg

バラ ・キングローズ
d0150720_18465585.jpg

アネモネ
d0150720_18471835.jpg
d0150720_18473141.jpg

ダリア
d0150720_18474475.jpg

田んぼ・アート (6月9日から公開)
所在地  那須塩原市西遅沢279-1
田んぼに 、栃木県のマスコットキャラクター「とちまるくん」(左)
長さ34メートル、幅8メートル がおにぎりを食べている姿 と 那須塩原市の
マスコットキャラクター 「みるふぃ」(右) 長さ 31メートル、幅9メートルが、
牛乳瓶を手にした姿を描いている。
水田に線を引き、線に沿って10種類の色の稲苗を植えており、
家族3人がかりで1週間かかったそうだ。
d0150720_18481144.jpg
d0150720_1848295.jpg

南ヶ丘牧場に立ち寄り、牛乳&ソフトクリームを。。。
d0150720_1856552.jpg

道の駅 那須高原・友愛の森 にて昼食の 那須弁
1日15食限定の那須の内弁当(愛称なすべん、1200円)
d0150720_1851957.jpg

那須休暇村で2泊
標高の高い場所にあるので、窓から那須高原を。。。
d0150720_1849331.jpg

那須休暇村周辺を朝散歩
d0150720_1849236.jpg

休暇村から那須連峰の夕焼け
d0150720_18493995.jpg

那須 殺生石
那須 湯本温泉付近にある溶岩、付近は硫化水素、亜硫酸ガスなどの有毒ガスが噴出しており、
「鳥獣がこれに近づけばその命を奪う、殺生の石」と云われている。
最近は、ガスの噴出は少ないようだ。
殺生石に至る道沿いに、手のひらを合掌している千体地蔵がある。
赤頭巾を纏っており、荒涼として風景と重なり異様な雰囲気がある。
b0310115_1051173.jpg

立ち寄り温泉 鹿の湯
昔、傷を負った鹿がこの湯で傷を癒したと伝えられ「鹿の湯」という名がついた。
日本で32番目に発見された温泉とかで開湯1380年の歴史を持つ。
那須高原の温泉は、透明な温泉が多いが、ここは硫黄温泉。
b0310115_1053994.jpg

受け付けした後、川を渡って湯殿に行く。
木造のイイ雰囲気の湯殿があり、右側が男湯、左側が女湯に分れている。
男湯は、温度の違う6つの小さめの風呂がある。
40℃、41℃、42℃、43℃、そして 46℃ & 驚きの48℃
私は、40℃から一つ一つ入浴して、46℃に2分間位 2回浸かった。
46℃は、余裕で入れた。
そして、48℃の風呂に片手を入れたら、非常に熱くて入浴を断念した。
2~3人が、一人づつ46℃の風呂に2~3分間入っていたが、
風呂から上がった姿は、茹でたダコのように頭から足先まで真っ赤に染まっていた。
女湯は41~46度の風呂がある。
これらの風呂を3分浸かっては休み、3回ほど繰り返すのが鹿の湯の楽しみ方とか。
「鹿の湯」は、「短熱浴」の浴法なので、長湯は避けて下さい とパンフに記載されている。
b0310115_106380.jpg

3泊目は、薬草風呂で知られている芦野温泉へ。
手違いでカメラの画像を消去してしまい写真がありません。
以前 テレビで芦野温泉が放映された時、
「杖をついた人が帰る時は、杖を置き忘れる程で...」と。。。
又 男性が「身体がピリピリして....」とか云っていた。
知人の男性は、股間がピリピリして。。。とか。
そんな事で芦野温泉に興味があり訪れた。

館内の温泉 二ヶ所 と、その薬草風呂 二ヶ所を体験した。
薬草風呂は、共に39~40℃位と温めである。一つは、ピリピリ感がない。
話題の薬草風呂は、3分もすれば股間(玉ちゃん)がピリピリし始め、10分間も入っていられない。
足に小さな傷があったが、ピリピリ感はなかった。
薬草風呂の色は、赤茶色。
甘草、黄柏、生姜、桂皮、当帰、茴香、黄今など10種類の漢方をブレンドしていようだ。
実際 足腰の悪そうな方々が入浴していた。
食事は、夕食・朝食とも野菜の多めな健康食で、旅先での食事の楽しみは感じられなかった。
by saitamanikki2008 | 2015-06-20 12:54 | Trackback | Comments(3)

那須高原 ガーデン巡り & 温泉 3泊4日の旅

6月20日から 栃木・那須高原 ガーデン巡り & 温泉 3泊4日の旅に行きました。
関東地方も雨季に入り天候を心配しましたが、日中は良く晴れて暑かった。
しかし、木陰では高原のそよ風が吹き心地よかったです。

コピス・ガーデン
所在地  那須町高久甲字西表4453-27
2013年春 オープンした カフェ併設のガーデニング・ショップ。
バラ、宿根草やガーデン雑貨などを販売している。
広い庭は、バラ園や宿根草などのエリアがあり、池の周囲も散策できる。
ショップ名のコビスとは、英語で雑木林の意味とか。
d0150720_11453814.jpg
d0150720_1146579.jpg

池には、アヒルも
d0150720_12353528.jpg

バラ園の一部
d0150720_1147077.jpg
d0150720_11472183.jpg
d0150720_11473871.jpg
d0150720_11475246.jpg

小林邸
オープン・ガーデンしている小林邸
事前に連絡し了解を得てから訪れました。 見学料 一人 200円
こだわりの邸宅・庭作りを拝見しました。
庭の開墾から作り始めたそうで、庭道に敷き詰められた大量の小石は、開墾の際
土中から出た石だそうです。
開墾とお聞きして、苦労さを想像しましたが、御主人から
小石も宝の山と。。。説明を受け なるほどと納得した次第です。
広い庭は、まだ完成なかばだそうです。
御夫妻とも感じの良い方々で、共にガーデニングを楽しんでいるようです。
d0150720_11512015.jpg

庭も素晴らしかったが、私が更に素晴らしいと思ったのは小林邸そのものでした。
d0150720_11503019.jpg

庭から直接 家屋に入れるように、1階床は、基礎コンクリートの打ちっぱなしに
ペンキを塗っている。 
この屋内の造りが自然の風合に大変マッチしている。
天井のペンキも手塗り、電灯の設置も御夫妻で。。。とか
羨ましい限りの手作り感のある空間でした。
プライベートな室内なので、全体の写真は撮りませんでした。
d0150720_11524926.jpg

d0150720_122856.jpg
d0150720_1222277.jpg

室内に並んでいたガラス容器 草花の種が入っているのかナ~。
d0150720_12242100.jpg

d0150720_11542478.jpg

d0150720_1155219.jpg

d0150720_11552015.jpg

d0150720_11564622.jpg

小林邸の素晴らしさは、鉢 一つ見ても参考になる。
大小の鉢を3個積み重ねた苺鉢 この発想力に脱帽です。
私は、一昨年 防腐木材板で長方形の苺鉢を手作りして満足していたが。。。
このシンプルな発想にガーンと頭を叩かれたようだった。 
d0150720_1212474.jpg

割れた鉢を、このように組み合わせて再利用 これはもう感性の違いダ~ !!

個人宅のオープン・ガーデンの素晴らしさは、小奇麗なガーデンショップや庭園にない
その人のこだわりを拝見できる事である。
d0150720_1214487.jpg

室内にインテリアとして、飾られていると思った厚手の中皿は、
奥さまの母親が造った作品とか、 ビックリするほどの廉価で値札が付いていた。
フ~兵衛が、一目で気に入り購入しました。
d0150720_15272219.jpg


リーフ・ハウス
所在地  那須町高久甲5968-3
定休日  月、火、隔週 水
オープンガーデンを併設した園芸店。
宿根草、ガーデン・インテリア、雑貨を取り扱っている。
d0150720_1285047.jpg

d0150720_1275917.jpg

d0150720_1211322.jpg
d0150720_12113248.jpg

黒色の金属板に書かれていた言葉が気に入って撮りました。

   
   If I’m ever reborn
        I want to be a gardener
   There’s too mach to do for
        one lifetime !!

d0150720_1212466.jpg

d0150720_1213045.jpg

窓辺の小花
d0150720_12133898.jpg
d0150720_121455.jpg
d0150720_12144758.jpg

リーフ・ハウスの看板猫 ?
d0150720_1215729.jpg

次回は、那須フラワーワールドなど掲載します。
by saitamanikki2008 | 2015-06-17 16:42 | Trackback | Comments(5)

不具合

エキサイトで画像を投稿する際、不具合が生じて複数枚の画像が表示出来ません。
仕方なく、この1枚だけです。
6月12日 一日中 不具合が続いてます。
d0150720_15483675.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-06-12 16:04 | Trackback | Comments(3)

6月 梅雨の花・紫陽花

6月になると、南方から梅雨前線が日本列島に近づき、既に九州は梅雨期に入った。
この季節の花と云えば、紫陽花だろう。
庭の紫陽花を撮りました。

西洋紫陽花
一株でも華やかで色々な色彩の花を楽しめる。
d0150720_10365488.jpg
d0150720_1037306.jpg
d0150720_103898.jpg

d0150720_1047672.jpg

d0150720_10511289.jpg

西洋紫陽花
この株は、赤色の花のみ咲きます
d0150720_1183629.jpg

ガクアジサイ
庭のスペースがないので、昨年 花が咲いた後に強剪定したので花数が少ない。
d0150720_10541186.jpg

山アジサイ
d0150720_10544847.jpg
d0150720_10554886.jpg
d0150720_10564469.jpg
d0150720_10574571.jpg

紅紫陽花
昨年12月 紅紫陽花の幹を間違って剪定してしまって、今年は花が咲きませんでした。
これは前年に撮った紅紫陽花です。
来年は、綺麗な紅紫陽花が咲いてくれるものと。。。願ってます
d0150720_11324137.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-06-04 11:49 | Trackback | Comments(6)