<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏旅・涼風を求めて (最終回)

7月下旬 連日 猛暑日が続いている今年の夏 涼風を求め 一泊2日のツアー旅に
参加しました。 前回、水の町 郡上八幡、宵の長良川鵜飼の続きです。
今回は、
花の息吹山 山頂を散策、醒ヶ井(さめがい) 宿場町の清流に咲く 梅花藻を巡ります。

息吹山は、百名山の一つで、標高 1,377メートルあります。
息吹山は、滋賀県にありますが、息吹山ドライブウェイは、名神高速 岐阜県 関ヶ原ICを
降りた近くにあります。
息吹山ドライブウェイを利用して、車で標高 1260メートルの駐車場まで行きます。
駐車場から山頂まで軽い登山感覚で登れます。
ドライブウェイ・ゲートには、息吹山 山頂の気温 20℃と表示されていた。

夏の息吹山は、高山植物などが咲き乱れる山として知られている。
駐車場から山頂目指して、西登山道を登る(4~50分)。
d0150720_14481725.jpg

登山道から下界 道路を見降ろす。
    山風が涼しく爽快な気分です。
d0150720_14485313.jpg

メタカラコウ
d0150720_14483654.jpg

シモツケソウ
夏 特にシモツケソウが山頂付近に咲き、一面ピンク色に染まる。。。
のを期待してましたが、 残念 !!  
少し早く まだ殆どが蕾状態でした。
d0150720_1449512.jpg

ウツボグサ ?
d0150720_14501273.jpg

イブキフウロ
フウロ草ですが、息吹山で独自に進化、花先が三つに裂けている。 
d0150720_14503229.jpg

アザミ
d0150720_1451232.jpg

メタカラコウ
d0150720_14515040.jpg

ホタルブクロ 
d0150720_1452339.jpg

山頂付近から下界 琵琶湖を望む
d0150720_1452428.jpg

良く晴れて、山頂からの眺望が良かった !!
ただ、高い山なので帽子をかぶらないでいると、直射日光は、キツかった。
d0150720_1453193.jpg

d0150720_14534682.jpg

山頂に山ウドがいっぱい咲いている。
d0150720_1454572.jpg

山ウド
d0150720_14541965.jpg

息吹山 山頂 & 日本武尊像
d0150720_1455092.jpg

山頂の茶店でソフトクリームを。。。下界を見ながら休憩。
そして、中央登山道コースを下り、駐車場まで(勾配のある階段コース 15分位)
d0150720_14552084.jpg

花の息吹山を下山して、バスで豊富な湧水に 梅花藻(バイカモ)が咲く、
旧 中仙道 醒ヶ井(さめがい) 宿場町に。

明治36年建てられた小学校の玄関  立派な玄関ですネ !!
d0150720_14561085.jpg

屋根 側面に 「 水 」 と書かれている家。
d0150720_14562516.jpg

平成の名水百選のひとつ「居醒の清水」は、
賀茂神社の石垣下から、湧水がコンコンと湧き出て清流(地蔵川)となっている。
日本武尊が大蛇退治して弱った身体を、この清流で癒したと云う伝説がある。
d0150720_14564620.jpg

地元の人に聞くと、ここ1~2年で観光客が増えたそうです。
d0150720_1457236.jpg

居醒の湧水を源とする地蔵川には、清流でしか育たない水中花・梅花藻(バイカモ)が群生している。
d0150720_14572674.jpg

夏 清流に梅花藻(バイカモ)が涼しそうに ゆらぐ。
 バイカモと云う 言葉の響きは、何か 人を魅了するようなイメージがありますネ。 
d0150720_14574093.jpg

本当に小さな花です。
d0150720_14575627.jpg

米原駅から新幹線で東京に戻りました。

「夏旅・涼風を求めて」ブログを見て頂き、有り難うございます。
コメントを頂いた方々への訪問が滞ってすみません。
パソコンのある部屋にクーラーがなくて、暑く 更新も遅れ気味なんです。
by saitamanikki2008 | 2015-07-31 17:24 | Trackback(1) | Comments(5)

夏旅・涼風を求めて (1)

7月下旬 連日 猛暑日が続いている今年の夏 涼風を求め 一泊2日のツアー旅に
参加しました。 水の町 郡上八幡、宵の長良川鵜飼、花の息吹山 山頂を散策、
醒ヶ井 宿場町の清流に咲く 梅花藻を巡る旅でした。
2回に分けて掲載します。

東京駅から新幹線に乗り、名古屋駅下車して、バスツァーが始まります。

水の町 郡上八幡
郡上八幡と云う町名は、盆踊りの「郡上おどり」が有名なのは知っていたが、
岐阜県のどの位置にあるのか、恥ずかしながら知りませんでした。

郡上八幡は、山に囲まれ、郡上八幡城から街全体が見降ろせる町でした。
人口 17,000程の町に、年間 観光客が140万人も訪れるとか。。。
そして、町の中に交通信号がなく、人と車が融通し合って通行していた。
旅行者にとって優しい城下町でした。
その「郡上おどり」だが、今年は7月11日から始まり、9月5日まで、32夜 踊りぬく盆踊りだそうです。
特に、お盆の期間 8月13日~16日、徹夜踊りは、なんと午後8時~翌朝 4~5時まで
踊り続ける。
  驚きの超ロングラン盆踊りがあると云う。

家々の軒下は、水路があり水の町と云われる由縁である。
d0150720_1661669.jpg

板格子の立派な店構え
d0150720_1665757.jpg

杉の木立が綺麗だった
d0150720_1684988.jpg

盆踊り会場は、一夏で町内を一巡するそうだ。
盆踊り会場になる場所は、大きな提灯が。。。
d0150720_1671975.jpg

既に盆踊り期間にはいっているので、家々の軒下に提灯が。。。
d0150720_1673237.jpg

宗祗水
環境省が選んだ名水百選 第一号に指定された湧水。
郡上八幡は、100ヶ所以上もの湧水場所があるとか。
7月 猛暑続きの埼玉県も暑いが、この日 郡上八幡も猛暑で暑くなった。
乾いた喉に冷たい湧水が美味しかったナ~。
d0150720_169348.jpg

店先では、冷水につけたトマト、キュウリを売っている。
d0150720_1674530.jpg

市内の清流 前日の降雨により勢いよく流れている。
d0150720_169194.jpg

新橋
ガイドの説明で知ったが、この橋は夏 テレビで何度となく放映されるとか。
橋の欄干から水面まで約 12~3メートル 
夏休みになると、郡上八幡の子供達が度胸試しで橋からジャンプする。
橋の上から水面を覗き込んだ。ここから飛び込む…..怖いナ~。

高所が苦手な私は、郡上八幡生れでなくて良かったナ~と思った。
d0150720_1695671.jpg

岐阜城
水の町 郡上八幡からバスで長良川 鵜飼が行われる岐阜市へ
夏の宵を 1,300年以上の歴史がある幻想的な長良川 鵜飼を楽しむ。
長良川の対岸には、金華山がそびえ、山頂に岐阜城がある。
難攻不落の城として『美濃を制すものは天下を制す』と云われ、
戦国時代は、小説「国盗り物語」の主人公である斎藤道三の居城であったが、
織田信長が城を攻略、地名を「岐阜」に、「稲葉山城」を「岐阜城」に改めた。
d0150720_9162321.jpg

鵜飼に使用される木製舟
船首に、かがり火を取り付ける かがり火棒がある。
長良川の上流には、ダムがなく上流に雨が降ると、急に水かさが増すと云う。
前日、水かさが増し長良川 鵜飼は、中止になったそうだ。
この日も1メートル位 水位が増していたが、
長良川 鵜飼を行うとのこと、良かった !!
d0150720_9165895.jpg

鵜舟 船尾
腰蓑、かがり火に使われる松の割れ木などを準備していた。
d0150720_9171599.jpg

船首 
かがり火棒が取り付けられる部分は、細い枝(ムクゲ)を棒に巻きつけることで、
かがり火棒の動きがスムーズになるそうです。
鵜舟は、3人一組となって手縄で鵜を操り、アユを捕りながら川を下る。
長良川 鵜匠は、6名が登録され、正式 名称は、「宮内庁式部職 鵜匠」なんですネ。
伝統文化を引き継ぐ 国家公務員の身分職と知りました。
d0150720_9175618.jpg

今宵の宿は、長良川の畔に建つ、岐阜グランドホテル
少し早目ですが美味しい夕食を頂きました。
d0150720_10233423.jpg

長良川 鵜飼見物の小船 20名位は乗れます。
西の空が夕焼けに染まり、長良川 鵜飼の期待が高まります。
舟を上流まで移動するので、力いっぱい漕ぐ。
d0150720_9182451.jpg

長良川 鵜飼見物舟が数多く並んでいる。
日中の暑さが嘘のように。。。宿で用意された缶ビール&おつまみで。。。その時を待つ。
d0150720_9185677.jpg

花火を合図に、上流から鵜舟が来た。
d0150720_9211474.jpg

川の水面は暗く、又 この日 長良川の流れが早くて、多くの写真はボツになりました。
鵜舟は、下流から再び見物舟に近い川岸を上流まで行き、
d0150720_9215772.jpg

6艘の鵜舟が一列になり、見物舟の前方を通過して鵜飼が終了する。
d0150720_921332.jpg

岐阜グランドホテルの半露天風呂は、茶色の温泉でした。
旅の心地よい疲れを温泉に浸かりながら....。 岐阜の夜は、更けて行きました。

次回は、息吹山 山頂を散策 & 醒ヶ井(さめがい) 宿場町の清流、梅花藻 散策を
掲載します。
by saitamanikki2008 | 2015-07-29 11:43 | Trackback | Comments(4)

暑い季節 

今日 7月23日は、二十四節気の一つ 大暑ですネ。
これまでも十分 暑い日が続きましたが、これからが本番 夏の暑い日が続くので、
熱中症にならないよう体調管理が大切ですネ。


ルドベキア・タカオ
今年は、大きく育ち過ぎて風の強い日、根元から倒れてしまいました。
以来 暑い日には、葉が枯れる寸前のような様相なので、株を守るため数本の茎を剪定しました。
数多くの花を期待していただけに残念。。。
d0150720_1012713.jpg

d0150720_9234993.jpg


夏から初秋に咲く オミナエシ & ワレモコウ が庭で咲いた。

オミナエシ(女郎花)
茎をまっすぐに伸ばして、高さ 2メートル位に伸びた。 伸びすぎダ~。
d0150720_9555117.jpg

ワレモコウ(吾亦紅)
秋の雰囲気がある地味な花ですが、剪定後に乾燥して晩秋の頃 ブドウ蔓の花入れに
挿すと、侘び寂びの独特な雰囲気を楽しめる。
d0150720_9561094.jpg

白蓮
  上尾市 原市沼の「古代ハス園」で撮影
d0150720_9573491.jpg

先週、カサブランカの見事な切り花を頂いた。
特に夕方 大輪の花から甘い香りが。。。漂ってきます。
純白で、当にユリの女王と言った感じですね。
まだ3輪咲いている。 
d0150720_9572470.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-07-23 11:45 | Trackback | Comments(5)

’15 原市沼の「古代ハス 」を見に行く

7月20日早朝、隣町の上尾市 原市沼の「古代ハス園」に行きました。
蓮の花は、朝方の午前7時頃から午前8時頃の咲き始めが一番 綺麗に見えるそうです。
朝 早く起きて、5時頃に到着、開花直前でした。
牛のようなカエルの大きな鳴き声が聞え、チョット不気味な感じです。
この鳴き声は、食用ガエルでしょうか ?

五時半頃から徐々に咲き始めます。

d0150720_1655313.jpg

d0150720_1781967.jpg

d0150720_1794792.jpg
d0150720_17105927.jpg

d0150720_1714618.jpg

d0150720_17114055.jpg

水面
d0150720_1718368.jpg


d0150720_1718304.jpg

蓮の実
d0150720_1719644.jpg
d0150720_17194011.jpg

散る
d0150720_1719538.jpg
d0150720_17201824.jpg
d0150720_17203758.jpg


  ※  原市沼の古代ハス園は、地域のボランティアの方が管理しているハス園です。
        8月15日頃まで朝 5時半から夕方 4時まで開園、 入場無料です。
       駐車場所は、特にありませんが、直近の農道に10台位 停められます。
       公共乗り物は、JR大宮駅からニューシャトル(6:00始発)で13分 沼南駅下車
       徒歩 5分が便利です。
by saitamanikki2008 | 2015-07-20 17:33 | Trackback | Comments(4)

秋谷海岸で、壮大な夕焼け

7月11日、秋谷神社の夏祭りが終わると、もう夏の海になる。
2015年の夏祭りの後は、一気に夏本番のような猛暑になり14日まで続いた。
でも まだ梅雨明けしてませんよネ。

7月12日
日曜日、浜辺は早くも海水浴客が。。。
d0150720_18534311.jpg

夏の花 ノウゼンカズラ が咲き
d0150720_18593967.jpg

海は、夏の様相です。
  この日だけで、真っ黒に日焼けしました。
d0150720_18542650.jpg

暑い日中ですが、夕方になると海風が肌寒く感じる。
  一般的に海水温は、2ヶ月前の温度だとか、海は、まだ5月の状態なのだ。
d0150720_18544558.jpg

夕暮れの浜に咲く花 
コマツヨイグサ(小待宵草)でしょうか
d0150720_18545971.jpg

7月13日 夕方
このように一面 薄雲が覆っていたので、綺麗な夕焼けは見られないと思っていたが。。。
刻々と空の色彩が変化して......空のマジックがおきた。
夕焼け空は、日没後 20~30分が一番綺麗になる。 本当だった !!
d0150720_185524100.jpg

何度となく 秋谷海岸で夕焼けを見てきたが、この日 夕景は特別きれいに染まった。
東の空から、西の空まで一面 真っ赤に染まったのだ。
天空がこのように広範囲に染まった風景を見たのは、
人生で一度もなかったような。。。

地球の終わり、人生の終わりか と思えるほど壮大な光景を見た。
d0150720_18555074.jpg
d0150720_1856767.jpg

d0150720_18562391.jpg

サーファーも暫し スペクタクルな夕景を。。。
d0150720_18563863.jpg

7月14日 早朝の富士山
梅雨、夏の季節に珍しく、富士山がよく望めた。
d0150720_18565324.jpg


前回に続く、秋谷海岸編は終わりです。
by saitamanikki2008 | 2015-07-18 20:17 | Trackback | Comments(4)

2015年 秋谷神社 夏祭り 

秋谷海岸にカンナが咲き、
d0150720_1932226.jpg

7月11日(土) 静かな浜辺に ビーチサンダルが目立つようになる夏。
d0150720_19324946.jpg

この日、秋谷神社 夏祭りのフィナーレとして、秋谷海岸で勇壮な神輿の練り歩きがある。
神輿は神社を出発、町内を周り終えて、4時過ぎに秋谷海岸に集まる。
今年の秋谷神社 夏祭りは、晴れて暑かった。

浜辺で休憩 この たすき掛けスタイルが粋ですネ~。
d0150720_1683452.jpg

休憩を終えると、神木の神輿を担いで海の中へ
d0150720_16173939.jpg

続いて、青年神輿
d0150720_1619985.jpg

波打ち際を練り歩く 女神輿
d0150720_16201032.jpg

そして 大人神輿の出番
d0150720_16184361.jpg

浜辺を練り歩き、海に入る。
d0150720_1623284.jpg

大人神輿が深い海に入って行く
遙か遠い南海上にある台風第11号の影響か。。。大きな波が来ると。。。
神輿も 担ぎ手も、波の中へ
d0150720_16252289.jpg

大きな波が来て神木が倒れそうになるが、
d0150720_1626199.jpg

神木を垂直になるよう全力で支え、大波に立ち向かう。
感動するようなシーンだ。
d0150720_16263615.jpg

大人神輿は、神輿を左右に激しく倒して揉む
d0150720_1859460.jpg

波が神輿に当たり、飛沫が飛び散る。
d0150720_18594765.jpg

息を整え、
d0150720_1902856.jpg

神輿を持ち上げて、一気に落とす。
海男の祭りは、激しいナ~ !!
d0150720_19173764.jpg

黒色の大きな杖に瓢箪、ミノ笠姿で祭り見物していた人がいたので、
了解を得て、撮らせてもらった。
d0150720_19205132.jpg

普段は、プライベートビーチのように静かで綺麗な秋谷海岸ですが、
毎年 秋谷神社 夏祭りになると、どこにこのように多くの人がいるのか、
不思議なほど人が集まる。
秋谷海岸の祭りを見ながら、秋谷海岸・秋谷地区が平穏で安全な一年になるように
お願いしました。
d0150720_19195486.jpg


次回は、秋谷海岸の夕景写真などを掲載します。
by saitamanikki2008 | 2015-07-15 21:08 | Trackback | Comments(3)

梅雨時に咲いた花

昨日から梅雨が明けた...? と思うほどに、気温が 31℃位に急上昇して暑くなった。
一昨日までは、あれほど肌寒かったのに。。。
今年の梅雨は、始まりは暑く。 
中ほどは、7月の日照時間が殆どなくて、肌寒かった。

そして、今日は、34℃位まで気温が上昇すると云う。
夏の青空が、一段と眩しく感じる。

梅雨期に咲いた庭の花
肌寒い日が多かったので、今年はイングリッシュ・ロースがよく咲いた。

セプタード・アイル
d0150720_9264091.jpg
d0150720_9274347.jpg

グラハム・トーマス
d0150720_928410.jpg

桔梗
d0150720_9283917.jpg
d0150720_928563.jpg

ツルバキア
d0150720_9302397.jpg

ツユクサ
梅雨時は、一段と鮮やかな色になる。
d0150720_9311377.jpg

水引
d0150720_9314910.jpg

ガウラ・サマー・エモーション
サマー・エモーション 直訳すれば、「夏の感動」でしょうか
名前が気に入り、那須高原の旅で購入しました。
d0150720_9321263.jpg

長い期間 楽しませてくれたカンパニュラ・ウェディング・ベル & ホタルブクロ
もうまもなく 花が終わる。
d0150720_9325889.jpg
d0150720_9331416.jpg

半分 色付いたホーズキ 
d0150720_9333489.jpg

秋の楽しみ、葡萄の実が大きくなりました。
昨日、袋をかぶせました。
d0150720_9335866.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-07-11 10:26 | Trackback | Comments(5)

大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅(最終)

前回に続き、大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅
の続きです。
 6月30日 今回が旅の最終です。
JR新宿発  8時00分発の特急 スーパーあずさ5号 に乗車。
9時53分 小淵沢駅(山梨県)に到着。小海線 2両編成のワンマン電車に乗り換える。
d0150720_10285156.jpg

小海線は、山梨・小淵沢駅から長野県 小諸まで走行するJRのワンマン電車です。
日本一 高所を走る鉄道として知られている。 今回 初めて乗車しました。
小淵沢駅を発車すると、木々の間を走行、勾配のある線路を昇っていく。
d0150720_10291460.jpg

単線なので駅で電車の待ち合わせ。
d0150720_10293038.jpg

清里駅で降車。 駅ホームに、標高 1274メートルの表示がある。
d0150720_11151561.jpg

JR 駅 標高比べによると、ベスト10駅に、小海線の駅舎が1位から9位まで占めている。
d0150720_10294714.jpg

清里駅から緩やかな登り坂道となっているポール・ラッシュ通りを清泉寮まで、
薄日がさして、少し暑かったが 約2キロの道を歩く。
d0150720_1030940.jpg

道端の花々
d0150720_10393138.jpg

アカツメクサ
d0150720_10304936.jpg

オダマキ
d0150720_1031289.jpg

ルピナス
d0150720_10311188.jpg

アザミ
d0150720_10312378.jpg

そして、清泉寮に着いた。
八ヶ岳の南麓に広がる清里高原 清泉寮は、昭和13年 清里開拓の父と呼ばれる
ポール・ラッシュの主導により開墾された。
現在は、宿泊・研修施設があり、ロッジ、コテージ、レストラン、キャンプ場などもある。
d0150720_10302476.jpg

濃厚な ソフトクリーム
清泉寮のソフトクリームは、大変濃厚で美味しく、清泉寮を訪れる観光要素となっている。
ベランダに座りながらソフトクリームを味わって。。。ふと 思い出した。
これまで数多くのアイスクリームを食べたが、
   ☆   清泉寮のソフトクリーム (3回目)
   ☆   リンゴのソフトクリーム(新青森駅 新幹線待合所脇のコーヒーショップで販売)
                       (2回目)
   ☆   ババヘラ アイス
       秋田県 男鹿半島  鵜ノ崎海岸で頂いた 名物 ババヘラ アイス
       お婆(ババ)が(失礼)が、ヘラを使って2色のアイスを 上手にすくって
       綺麗なバラの花柄のアイスを作ってくれる。
が、一番 印象に残っている。
d0150720_10332270.jpg

少し休憩して、清泉寮脇の自然歩道を川俣渓谷へ。
d0150720_1035395.jpg

10分程 歩くと、滝の音が聞える。 が....。急勾配の下り道になり、
登りの帰えり道が不安になる程であった。
d0150720_10333937.jpg

森の急な坂道に咲いていた紫陽花 ?
鬱蒼とした森の中で、純白の花が彼方此方に咲いて綺麗だった。
(追記 コメントを頂き コアジサイと教えて頂きました。)
d0150720_10335326.jpg

川俣渓谷に辿り着くと、巨大な岩に青苔がビッシリ
天狗岩橋を見てから、大きな岩の間を歩く、
d0150720_1034939.jpg

川俣渓谷は、4~5メートル大の岩がゴロゴロ
乙女滝は、ほとんど落差がなかった。
d0150720_10364776.jpg

覆いかぶさる砦のような岩
d0150720_10375672.jpg

岩の裂け目から清水が湧き出し、植物が綺麗だった。
d0150720_10381613.jpg

5~60度位の斜面を木階段で登り、清泉寮まで戻った。
帰り道は、思ったほど大変と感じなかった。
d0150720_10415189.jpg

清里駅を経由して、萌黄の村まで歩く。
清里高原は、日本がバブル景気に沸いていた頃、駅周辺は次々とメルヘンチックな
建物が建ち並び、若者達で賑わい 東京・原宿が高原に移ったような様相であった。

梅雨時の清里駅周辺は、閉鎖した家屋もあり閑散としている。
バブル期に建てたビルか....鉄骨がむき出しの建物もあった。 
d0150720_10421758.jpg

萌黄の村へ
このリゾート施設は、アメリカの作家 「ヘンリー D  ソロー」の本 「森の生活」を
コンセンプトに造られたとか。
d0150720_10431333.jpg
d0150720_10432810.jpg
d0150720_1043447.jpg

自然の林の中にいるような雰囲気で建物など綺麗に設計、配置されている。
d0150720_10445347.jpg
d0150720_1045139.jpg

ジューン・ベリー
d0150720_10453478.jpg

一面にバラが咲く フェアリー テイルズ
d0150720_10455251.jpg

清里駅に戻り、再び小海線に。
野辺山駅を通過  小海線の一番 標高の高い場所を電車内から撮る。

海の無い 山梨県と長野県を結ぶ鉄道が小海線と 海の名前がつくのも面白いが、
小海線の駅名に 海のつく小さな駅舎が、4駅もある。
佐久海ノ口駅、海尻駅、小海駅、海瀬駅 面白いですネ。
d0150720_1126870.jpg

車窓の風景
八ヶ岳の南麓は、レタスなど高原野菜の栽培が多い。
d0150720_10461092.jpg

佐久平駅で下車、北陸新幹線に乗り換え大宮駅に戻りました。

大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅を
今回で終了します。 長々と 旅日記を見て頂き有り難うございました。
コメント頂いた方々への訪問が、滞ってすみません。
by saitamanikki2008 | 2015-07-07 14:36 | Trackback(1) | Comments(6)

大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅(3)

前回に続き、大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅
の続きです。
 3日目は、昨日のような雨雲もなく、綺麗に晴れ渡った蔦温泉の朝です。
早朝風呂で、風呂底から湧き出す源泉を確かめるように。。。浸かる
雨が続いたので、青空は爽快な気分だった。
風呂をあがり、休憩処 楓の間でゆったり朝の庭を眺める。
d0150720_6172464.jpg

部屋に帰る途中 玄関先に温度計があった。 エ~ 6.5℃ 温度が低いのに驚いた。
昨日、旅館に着いた時も、肌寒かったのでスタッフが部屋のストーブのスイッチを
入れてくれた。
この季節にストーブを点けことは、めったにない事と云っていた。 
d0150720_618103.jpg

旅館をチェックアウトした後、森が綺麗だったので、蔦沼まで散策した。(徒歩10分位)
昨日は、スリッピーな山道だったが、足取りも軽く、木洩れ日が大変綺麗だった。
d0150720_628231.jpg

静寂に包まれたような蔦沼があった。
d0150720_858311.jpg

水面を優しくなでるかのように吹く風が....コバルト色の波模様を変化させる。
d0150720_90163.jpg

蔦沼のマジックショーを見ているようだった。
d0150720_9593433.jpg

d0150720_9708.jpg

蔦温泉を出発、木洩れ日の道路を貫け。。。
d0150720_975872.jpg

103号線を走行、途中 八甲田山系の伏流水が湧きだす グダリ沼に立ち寄る。
d0150720_994636.jpg

黄色い花が一面に 咲き乱れていた。
d0150720_985677.jpg

d0150720_992563.jpg

八甲田山と聞くと、新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』を映画化。
高倉健、北大路欣也、緒形拳、大滝秀治、藤岡琢也、 島田正吾、 小林桂樹、 丹波哲郎
加山雄三、三國連太郎、 栗原小巻などの豪華キャストにより、
1977年、史実を映画化し公開された。 雪山での厳しい長期ロケが話題ともなった。
(私は、この映画を観るまでは、恥ずかしいかな青森歩兵第五連隊の惨事を知らなかった)

明治35年陸軍 青森歩兵第五連隊が真冬の1月23日 1泊の雪中行軍訓練予定で
あったが、猛吹雪の中で総勢210名の隊員のうち199名が雪道に迷い、
昏倒者、凍死するなどの大惨事となった。
日本の山岳遭難の歴史に残る史実です。

八甲田山 雪中行軍遭難資料館
   所在地 青森市幸畑字阿部野163-4
に立ち寄り館内を見て、昔 観た映画 「八甲田山」の映像が、
今でも脳裏にハッキリ残っているのを認識しました。
写真は、資料館の裏手にある 幸畑陸軍墓地(明治36年創設)
  士官 10名の墓標と 当時 生存していた11名の墓碑、
参道の両側に189名の墓標が整然と。。。

深く頭を垂れ、一礼して 陸軍墓地を後にした。 
d0150720_9121366.jpg

資料館にあった遭難の史実を伝える金属プレート
参考映像、映画 『八甲田山』 予告篇 - YouTubeです。
d0150720_9123174.jpg

次に向かったのが、JR新青森近くの国の特別史跡 三内丸山遺跡。
古代 縄文時代の青森に巨大な柱を建てる手法が。。。どんな方法で...驚きです !!
これは、発掘した大木を再現したもので、素材は発掘で分ったクリの木で建てたそうです。
d0150720_914212.jpg

当時の住居を再現した建物
d0150720_9151347.jpg

発掘した建物跡から再現した大きな建物 長さ32メートル
内部は、3~400名位は、入れる巨大な室内です。
d0150720_9165917.jpg

6本の巨大な支柱を発掘した現場
   屋根が造られ保存している。
d0150720_9155897.jpg
d0150720_9162957.jpg

平成14年に完成した縄文時遊館を見学
縄文時代の発掘品は、縄模様の入った土器、土遇などしか見てなかったが。。。
d0150720_9191532.jpg

この当時からデザイン的に良いものがあったとは....。
d0150720_9192715.jpg

衣類などに使う針も。。。精密でシャープだ !!
d0150720_9195053.jpg

巨大なヒスイ玉も。。。
信じられないくらい加工技術が高かった。
これらが縄文 前・中期の出土品とはナ~ ビックリ仰天 !!
d0150720_9201481.jpg

青森の旅も JR新青森駅から新幹線に乗車すれば終わる。
JR新青森駅 一階で海鮮丼を注文、大人の休日倶楽部カードを提示すると、
大きくて厚い刺身 一個サービスしてくれる。 安くて美味しかった。  
又、新幹線待合所の隅にコーヒーショップがある。 
ここの リンゴのソフトクリームが記憶に残る程 美味しかった。
今回の青森は、色々な意味で良い旅になった。

便利な新幹線が、来年 3月末には青函トンネルを通り 北海道・新函館駅まで開通する。
楽しみが広がります。
次回は、大人の休日倶楽部 最終日、日帰りで 日本一の高所を走る小海線に乗ります。
by saitamanikki2008 | 2015-07-05 12:44 | Trackback | Comments(2)

大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅(2)

前回に続き、大人の休日倶楽部パスで行く 青森 & 日本一の高所を走る小海線の旅
の続きです。 
 2日目も前日に続き、朝から小雨が降っている。
ランプの宿 青荷温泉を出発、102号線を十和田湖方向に走行。
十和田湖に続く道路は、昨日の猛烈な強風の影響で道路上に多くの小枝、木の葉が
散乱している。
青荷温泉を出発する時、車に付着した小枝、木の葉をタオルで拭き取ったが、
タイヤ周りは、又 べっとり 大小の葉が付着した。

十和田湖 子の口で小休止、小雨降る十和田湖は人影もなく寂しい雰囲気だった。
奥入瀬渓流沿いの道路を下り 蔦温泉方向へ。
奥入瀬渓流は、晩秋 と 5月の青葉が綺麗な頃に遊歩道を歩いたことがある。
今回で3回目 綺麗な渓流美が楽しみである。
駐車場のある場所にレンタカーを駐車、傘をさして遊歩道を歩く。

奥入瀬渓流 銚子大滝
幅20メートル、高さ7メートル、逆上る魚を堰き止める為に造られた滝
d0150720_10143491.jpg

三乱れの流れ
奥入瀬渓流の撮影ポイントになっている
d0150720_1015218.jpg

一つの流れが、三つに分れる様子から三乱れと名付けられたとか。
d0150720_10152038.jpg

奥入瀬渓流の代表的な流れの一つ 阿修羅の流れ を見たかったが、
降雨に加え、足元が悪く断念した。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルで小休止
奥入瀬渓流沿いに建つホテルで、岡本太郎の作品が数多くある。
ラウンジの大きな窓全面に奥入瀬の森が綺麗に映えて、
岡本太郎作の巨大暖炉「森の神話」が更に上等な寛ぎの印象を醸し出している。
d0150720_10161046.jpg

ブナ林の綺麗な道路を八甲田山方向に少し走行すると、
d0150720_10163432.jpg

今夜の温泉宿 蔦(つた)温泉があった。
写真は、本館 大正時代の建物である。
d0150720_10225458.jpg

玄関(本館)
チェックイン時のスタッフの印象は、良かった。
d0150720_10241490.jpg

2階への階段手すりは、蔦温泉の名前にもなっている蔦の太い蔓だ。 
d0150720_10242843.jpg

大正時代の建物である本館は、2階 廊下、共同トイレ、洗面室などリノベーションされ、
トイレ、洗面室が綺麗なタイル貼りになっている。
本館2階の見晴らしの良い部屋に案内された。
部屋は、入り口が約4.5畳間の板の間&畳、奥に8畳間 床の間、昔ながらの縁側付
ランプの宿 青荷温泉には無かった テレビも有る。
一日で色々な事件、事故情報など入り乱れる昨今、一切 日常の情報から遠ざかる
青荷温泉のような場所も貴重な存在と思える。
一方 多種多様の情報が交差する世の中、日常の情報が入らないと、
現代人の性か 一抹の不安も。。。
スポーッニュースで、ワールドカップ 女子サッカー 「日本なでしこ」の準決勝戦 
日本×イングランドの結果を見て、単純に大喜びしました。
d0150720_10244925.jpg

蔦温泉の背後には、環境省が整備している蔦 野鳥の森 「沼めぐりの小路」がある。
大小 6つの沼を結ぶ 約3キロの自然遊歩道がある。
 小雨が降り続いているので、傘をさして遊歩道を行く。
適度なアップダウンがあるが、写真を撮りながら一周、1時間半かけて蔦温泉に戻りました。
d0150720_10282554.jpg

d0150720_10284611.jpg

最も大きい 蔦沼
d0150720_10324741.jpg

蔦沼
小雨が降り続き、木々、植物が生き生きしている。。。
d0150720_10341553.jpg

遊歩道脇の苔
d0150720_10331459.jpg

ブナなどが鬱蒼と茂る高い木々の下では、森の別な表情がある。
d0150720_10345254.jpg
d0150720_103586.jpg

長沼
d0150720_1035358.jpg

長沼を過ぎた頃から大粒の雨が降ってきた。
ブナから落ちる雨露が、シダの葉をリズムをとるように小刻みに揺らすようすが、
そこに森の精がいるような感じだった。
d0150720_10371078.jpg

雨が強く降ってきた菅沼  水紋が重なるように。。。
d0150720_1040365.jpg

瓢箪沼まで歩くと、もう蔦温泉の建物近くだ。
瓢箪沼の水面 2~3メートル上、木の葉に花のように見えた白い物体が....幾つもある。
初めて見た モリアオガエルの産卵
これは、6月から7月にかけ水面に突き出た枝先の物体、白い泡状の卵塊なのだそうだ。
d0150720_10402243.jpg

3キロの山道 適度な運動で心地よい疲れだった。
雨も降っている 温かい温泉に浸かろう~と。。。 
蔦温泉は、群馬 法師温泉と同じように風呂底から源泉が直接湧き出ている。
ブナ製の底板の間から ぽこ~ッ ぽこ~ッと。。。
これが イイ感じなのだ。
温泉は、無色透明、無味無臭。
d0150720_10415933.jpg

床から一段下がった場所に温泉がある。
天井を見上げると4階建てくらいの高さがあり、
大きな梁とその空間が、湯殿の良い雰囲気を作る。
d0150720_10422356.jpg

夕食は、食事場所で頂く。
料理は、旅館としては珍しく 全員 若い男性スタッフが配ぜんする。
ホテルで和食を頂くような印象です。
玄関横に貼ってある一枚の風景写真について質問したが、丁寧に答えてくれた。
スタッフ教育も良くなされているように思えた。
さて、夕食だが。。。一工夫された料理 美味しかった !!
d0150720_10582784.jpg

熱々のイワナの塩焼き & 地域料理
d0150720_10434419.jpg

ご飯は、献上米を作っている農家のコメを使っているそうで、コメの光沢が違うように
見えたのは気のせいだろうかナ~  実際 美味しく感じた。
私は、食いしん坊なので、ご飯のお代りも....。
お椀のハマグリも大きかった。
d0150720_10464029.jpg

デザートは、リンゴを使ったスィーツ  上品な甘さだった。
旅の楽しみ 美味しい食事を頂いた。
d0150720_1045583.jpg


次回は、早朝 快晴の 蔦沼を散策後、レンタカーでJR新青森駅に向け走行します。
途中、八甲田山の麓、八甲田山 雪中行軍資料館、特別史跡 三内丸山遺跡を巡ります。
by saitamanikki2008 | 2015-07-04 15:28 | Trackback | Comments(2)