<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雪見の列車旅(最終)

新潟県 JR小出駅から只見線 2両編成の列車(代替えバスを含む)に乗り、福島県 会津若松駅に着いた。
改札口を出ると、日没をとうに過ぎて、寒さが一段と身に染みた。
予約していた東山温泉 くつろぎ宿 新滝へバスで向かう。

会津若松駅に遅く到着したので、
少し遅めのチェックイン 16時から
少し早めのチェックアウト 9時30分
和モダン ツイン・ベットルームで 1万円と リーズナブルな価格設定。
このプランが好都合だった。
小奇麗な部屋で清掃も行き届いていた。
夕食は、創作会津郷土料理 美味しくて、お得感たっぶり。

JR会津若松駅に比較的遅く到着するで、当初 宿泊は駅前のホテルと思っていたが、
夕食は付いてない、寒い夜 ホテルの外に食べに行くことになる。
又、部屋でシャワーになる。
宿泊料金は温泉旅館より3千円位安いが、朝・夕食が付いて温泉もある、
この寒い季節 やはり日本の温泉旅館に勝るものはない。

くつろぎ宿 新滝は、昔 竹久夢二が逗留(とうりゅう)して作品を描いたようで、
竹久夢二の作品展示コーナーがあった。

温泉に浸り ほっこり。
d0150720_09470743.jpg

朝食会場の民芸品の飾り
d0150720_09460195.jpg

バイキングの朝食
ご飯は、玄米食を選びました。
d0150720_09445460.jpg

宿泊料金(1万円)の設定から、特に夕食は期待以上の満足感がありました。
(夕食時間が少し遅くなったので写真は、撮り忘れました)
東山温泉の冬風景
d0150720_09480561.jpg

東山温泉のバス停まで歩く。途中「登録有形文化財」の老舗旅館 向瀧がある。
d0150720_09443449.jpg

東山温泉バス停から 会津若松 鶴ヶ城へ。
鶴ヶ城に入ると、現地ボランティアの人(男)から城の歴史、構造などを約1時間ほど案内・説明して頂いた。
お陰で大変良く分かりました。感謝です !!
d0150720_09485576.jpg

城内 松の雪吊りの風景
金沢 兼六園の雪吊りに学んだそうで
縄の支柱を地面に立てないで松の木に括り付けている。
確かに松の見え映えが良い。
d0150720_09494246.jpg

会津若松 鶴ヶ城
雪の鶴ヶ城もイイものだ。
d0150720_09491533.jpg

城の展望台から小田山方向を望む。
小田山は、戊辰戦争の時 新政府軍の砲撃陣が置かれ、鶴ヶ城に向け大砲を打った場所だそうです。
冬の鶴ヶ城内は、大変寒かったが、海外の観光客も大勢いた。
d0150720_09500440.jpg

お掘りの近くにあった立派な蔵造の和菓子店
d0150720_09482712.jpg

会津若松 七日町通りを散策  会津若松で有名な渋川問屋の正面写真です。 
渋川問屋は、以前2011年9月に昼食で立ち寄った。
明治時代に建てられた海産物問屋の建物が郷土料理店になっている。
又、宿泊もできる。
渋川家の長男 善助は、昭和11年 陸軍将校が起こした2.26事件に民間人として加わり処刑されました。 
善助が青春期を過ごした部屋は、
作家 三島由紀夫が「憂国の間」として名付け、今も残っているそうです。
d0150720_09504860.jpg

七日町通りの店先で
d0150720_09511208.jpg

JR会津若松駅から磐越西線の2両編成の列車に乗りJR郡山駅に向かう途中
郡山近くまで来ると、あれ程あった雪景色も消えて、
雪見の旅 フィナーレを締めくくるような綺麗な虹が現れた。
オ~ ラッキー !!
d0150720_09513744.jpg
新潟 小出駅から福島 会津若松駅経由の只見線 雪見の列車旅 これで終わりです。


by saitamanikki2008 | 2017-02-28 20:48 | Trackback | Comments(3)

雪見の列車旅

新潟・福島 雪見の旅へ。

まだ春とは名ばかりの越後(新潟)から福島を周遊するプチ雪見旅行を楽しんだ。
こんな事を云うと深い雪国に暮らす人から、しかめっ面されそうだが、
単純に雪の積もった冬景色を見たかったのである。

旅のルートは、JR大宮駅から新幹線に乗り新潟・浦佐駅で降車、上越線 普通電車に乗り換え小出駅で降りる。
JR小出駅近くのスキー場で冬山を見てから小出駅に戻り、雪深い山間部を走る只見線 2両編成の普通電車に乗る。
冬の只見線は、静かで車窓から只見線沿いの只見川の雪風景が綺麗だと、聞いていたからである。
JR只見線は、平成23年7月 集中豪雨により鉄橋が崩れたまま復旧しておらず、
新潟・小出駅から直通で福島・会津若松駅まで行けない。
途中 只見駅(福島)から会津川口駅間(福島)は代替え連絡バス運行になっている。
JR会津川口駅で再び 2両編成の列車に乗車、JR会津若松駅で下車する。
そして、バスで東山温泉に行き宿泊する。

翌日は、会津若松 鶴ヶ城を見物した後、会津若松市内を散策して、
会津若松駅からJR磐越西線 2両編成の普通電車に乗り郡山駅へ。
同駅から東北新幹線に乗り換え大宮駅に着く。1泊二日のプチ雪見旅です。

   新幹線の車窓から越後湯沢のスキー場風景
d0150720_10140228.jpg


JR浦佐駅前にある 元首相 田中角栄の銅像
片手を上げている姿が象徴的である
今再び 田中角栄を見直す風潮もあるようだ。

d0150720_10260480.jpg

小出駅を下車して、歩いて 町営 小出スキー場に行く。
良く晴れて風も吹かず 小出スキー場から 越後三山の眺望が大変良かった。
左から駒ヶ岳 2003メートル、中ノ岳2085メートル、八海山 1775メートル
八海山は、日本酒の銘柄にもなっている山でもある。
d0150720_10271216.jpg

雪山の風景
d0150720_10484136.jpg

スキー場から見下ろすと、小出の町並みが綺麗だった。
d0150720_10490811.jpg

スキー場の中腹から上級スキー場を見上げる。
リフトで山頂まで行きたかったが、スキー、スノーボードを身に着けてないので
リフト乗車を断られたので仕方なく、スキー場の中腹で雪山風景を楽しんだ。

d0150720_10501961.jpg


d0150720_10505166.jpg


スキー場の隅を歩いて下山した足跡です(笑)

d0150720_10511514.jpg


スノーボードが ベンチ用に作り替えて利用されていた。
スキー場で越後三山を見ながら昼食

d0150720_10513920.jpg


越後三山を望む 魚野川沿いを歩いて小出駅に

d0150720_10520147.jpg


小出駅近く 線路下の地下通路

d0150720_10522506.jpg


地下通路の氷柱

d0150720_10524371.jpg


JR小出駅に停車中の只見線 2両編成の普通電車
JR小出駅から福島 会津若松方向に行く列車は、一日 3本と少なく、
小出駅 午後1時11分発の列車に乗らないと、会津若松駅まで行けない。

d0150720_10530416.jpg

2両編成の列車に乗客 6名、サラリーマン風の男性、40歳代の女性
70歳代の男女、そして私たち2名が乗車した。 
なんと贅沢な列車旅であろうか !!
昼過ぎの車内 勿論 暖房が効いて暖かい。

それでは、車窓の雪景色を。。。
d0150720_11400695.jpg
d0150720_11411648.jpg
d0150720_11414254.jpg
d0150720_11420689.jpg
d0150720_11422661.jpg

暫く 雪景色を見ていると、只見線の福島県側 最初の駅 JR只見駅に着いた。
この駅で列車を降りて、只見線の代替えバスに乗り換える。
d0150720_11462548.jpg


車窓から見える民家は、どの家も1階窓際に積雪除けの板塀を張り付けている。
人影もなく、家々が冬ごもりしているような風景があった。
時折り、軒下をスコップで雪掻きしている姿も見受けられた。

代替えバスの車窓から只見川沿いの風景を
d0150720_11470869.jpg


綺麗な風景が車窓から流れるが、写真に撮るタイミングが難しい。
只見川に映る静かな冬景色がきれいだった。
d0150720_11473495.jpg
d0150720_11475790.jpg
d0150720_11481445.jpg


バスは、幾つものトンネル、スノーシェルターを走り抜けて走行する。
d0150720_11483584.jpg

JR会津川口駅前に代替えバスが到着。
会津川口駅からの乗客も4~5人であった。
d0150720_11510209.jpg

再び2両編成の列車に乗り換え、会津若松駅方向へ。
列車は、又 幾つものトンネルを走り通り抜ける。
車内の人声もなく、聞えるのは走る列車(気動車)の駆動音のみである。
只見川沿いの山間(やまあい)をゆっくりとした速度で。。。
d0150720_11513103.jpg
d0150720_11553000.jpg
d0150720_11563538.jpg

夕暮れ迫る頃 車窓から会津磐梯山が。。。
d0150720_11570311.jpg
午後5時38分 2両編成の列車は、福島・会津若松駅に到着した。
会津若松駅前のバス停で東山温泉行のバスを待っていると、身体が冷えてくる。
早く 温泉に浸かり温まりたい !!
次回は、東山温泉から続きます。


by saitamanikki2008 | 2017-02-26 13:32 | Trackback | Comments(3)

誕生日に

100歳の誕生日

郷里の父が、今月で長寿 100歳になった。
子供・孫・ひ孫が集まって、誕生日のお祝いをした。
親族が一堂に会して、父も嬉しそうだった。

帰り際に、皆に手を振ってくれた。

『 父さん 100歳 おめでとう  そして、ありがとう 』 
d0150720_14260382.jpg

自宅の居間に飾っている シュロチク(棕櫚竹)は、、
実家の父が株分けしてくれたも。
我が家にきて、もう 30年位経っている。
毎年 梅雨時に庭に出す以外、部屋に飾ってある。
既に 3~4回 株分けしている。
冬でも青々として、部屋の雰囲気を和ませる。
d0150720_14262072.jpg

by saitamanikki2008 | 2017-02-21 15:29 | Trackback | Comments(5)

大宮第二公園 梅まつり

平成29年 大宮第二公園 梅まつり
(2月18日~3月12日)

一足先に 早春の大宮公園 梅林をカメラ散歩した。
今年は、梅の咲き具合にバラつきがある。
見頃を過ぎた梅、満開の梅、まだ開花してない梅が。。。

青空に梅が映えて綺麗だった。
d0150720_14053088.jpg
d0150720_14050539.jpg
d0150720_14362757.jpg
d0150720_14365584.jpg

枝垂れ梅
d0150720_14380549.jpg

満開の枝垂れ梅
d0150720_14385752.jpg
d0150720_14382754.jpg
d0150720_14392145.jpg
d0150720_14413498.jpg

d0150720_14425832.jpg

梅林の歌碑
d0150720_14405396.jpg
d0150720_14411343.jpg
d0150720_14393805.jpg

d0150720_14401752.jpg
d0150720_14420078.jpg
d0150720_14395945.jpg

大宮第二公園に隣接する大宮公園への小道
すずかけの実が。。。
d0150720_14432460.jpg

これは何の木
冬枯れした枝に花が咲いたような。。。
d0150720_14434424.jpg

大宮公園の梅林
d0150720_14344077.jpg

by saitamanikki2008 | 2017-02-16 16:38 | Trackback | Comments(6)

夜明けの冬空 


早朝の公園散歩
朝 午前6時前は、まだ暗い。

ピーンと寒い空気を閉じ込めたような真冬の早朝散歩
朝日が昇る東の空は、幾分 黄金色に染まる。

北風のない夜明け前の風景
透明感のある夜明け空に
氷が張ったようにシーンとした静寂の池

真冬の散歩道でカメラのレンズを向けた。
d0150720_15193419.jpg

少し北風が吹いた 早朝の公園散歩
西空に 浮いているかのような満月が。。。
水面に月光がキラキラと輝き、光の橋をつくる。
d0150720_16394635.jpg

暫くすると、空が薄明るくなり池の街灯が消える
一刻一刻と移動する月
東の空に太陽が顔を出す時、一時 西の空がピンク色に染まる。
d0150720_16390440.jpg

春に向け、少しづつ夜明けが早くなる公園の散歩道です。


by saitamanikki2008 | 2017-02-13 17:33 | Trackback | Comments(5)

冬来(きた)りなば 春遠からじ


昼の日差しが、少し暖かく感じられる季節になった。。。と思ったら、
今朝 起きたら庭に薄っすらと雪が積もっている。

先日 庭先で見つけたフキノトウに春の息吹を感じたのだが。。。

d0150720_16164192.jpg



今朝は、このように雪が。。。

d0150720_08375685.jpg



自転車のサドルにも薄っすらと雪

d0150720_08401890.jpg


春近し。。。と感じていたが、今週中は真冬の寒さが続くようだ。
こんなに寒い日は、甘酒でも。。。
甘酒と云っても、1本 4合瓶位で税込み1000円以上する。
純米大吟醸酒の酒粕を使用
山田錦 100パーセント
日本橋 栄太樓と
あの有名な「獺祭」の酒造元  山口県 旭酒造のコラボレーションの甘酒
「獺祭(だっさい)」の純米大吟醸酒の酒粕を使用している。
旭酒造の獺祭は、
「酔うため 売るための酒でなく、味わう酒を求めて」との信念に基づき日本酒造りをしているとか。
()

ご存じのように甘酒は、飲む点滴と呼ばれている。
豊富な栄養が含まれており免疫力の向上、疲労回復などの効果がある。
私のように酒が飲めない者にとっては、寒い日の甘酒は、大変美味しい。
ただ 車を運転する時、子供、妊婦、授乳期は、注意を。。。
と記載されていた。(アルコール分 1.0% 未満)

d0150720_16165662.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-02-09 10:27 | Trackback | Comments(7)

春の目覚め


今日は、立春。
東風 凍を解く(はるかぜ こおりをとく)

冬の厳しい冷え込みが、もう過ぎ去った感じです。
早春に咲く花を探しに公園へ。。。カメラ散歩


マンサク
(さいたま市北区 市民の森で)
d0150720_14495041.jpg


紅 梅
(さいたま市 大宮公園で)
d0150720_14502842.jpg

蝋 梅
早春の空に黄色い花が輝く
(さいたま市北区 市民の森で)

d0150720_14501103.jpg
d0150720_14493072.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-02-04 15:22 | Trackback | Comments(4)