<   2017年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

あぁ~ 紅葉


紅葉の彩り

ある人は、一年で一番好きな季節は、誕生月と云う。
寒い冬に備え
木々は、赤や 黄色に彩り
綺麗な姿を見せる。

私も 秋 この季節が一番 好きだ。

人生の黄昏のように。。。
人生も このように自然でありたい。

d0150720_11174780.jpg
d0150720_11161274.jpg
d0150720_11111085.jpg
d0150720_10475411.jpg
d0150720_10473562.jpg

早朝散歩の大宮公園で撮影


by saitamanikki2008 | 2017-11-27 11:38 | Trackback | Comments(5)

めっきり寒くなった朝


早朝散歩

朝夕 めっきり寒くなった。
散歩に行く服装も重ね着しないと。。。
東の空が明るくなる時間帯に、西の空がピンク色に染まる。

空を写して池の水面もピンク色になる。
池は冬鳥の姿が多くなった。

冬の期間 池の底を掃除する為、排水するそうだ。
渡り鳥も何処かに引っ越しか。。。
d0150720_06364891.jpg

サッカー場の照明灯がシルエットに
d0150720_06384474.jpg


朝陽の当たる道

落葉の上を歩くと、乾いた音が
カサカサと軽快な音がして、足取りも軽くなる。
d0150720_06382601.jpg


早朝 池の水面は、鏡のように
d0150720_06373649.jpg

ほら。。。水面に月も写って。。。
d0150720_06375131.jpg

次回も大宮公園 秋写真が続きます。

by saitamanikki2008 | 2017-11-26 07:13 | Trackback | Comments(2)

城ケ島へ 日帰り プチ旅


今年の11月は、三浦半島で遊び更けている。

11月8日付 「高校時代の仲間と 葉山へ ブラリ旅」へ

中旬は、個人的に秋谷海岸に夕照を見に


11月19日付 「綺麗な夕照を」

※ 上記 写真部分をクリックすると、ブログ記事が見られます。


そして、今回 11月20日、元会社の研修仲間 6名で日帰り 城ケ島 プチ旅に。

城ケ島へのプチ旅は、
京急品川駅から乗車する企画切符
「みさき(三崎港) まぐろ切符」一日 3,500円
電車・バスのフリー乗車券、
昼食券、お土産(おもいで券)付

城ケ島&三崎港は、三浦半島の最先端に位置している。
京急品川駅で仲間と合流して、終点 三崎口駅で下車した。
天気は、曇り
駅前からバスに乗り、城ケ島へ。
今回、「みさき(三崎港) まぐろ切符」のパンフレットを見て
電車内で仲間と写真写りの良い「マグロてんこもり丼」等を食すと決めた。
d0150720_15532496.jpg


三崎港と対岸の城ケ島は、城ケ島大橋で結ばれている。
城ケ島から外洋を見渡す
d0150720_15474509.jpg


城ケ島灯台下にある店
d0150720_15480771.jpg



「マグロてんこもり丼」
ご飯茶碗が大きすぎるのか、パンフレット掲載の写真と、
多少 イメージが違ったが、企画切符の料金を考えると、
この程度なのかナ~。
又、今年 イカが不漁で高騰しているが焼きイカもある。

d0150720_15482366.jpg



城ケ島の岩場を散策
大正時代に北原白秋の『城ヶ島の雨』が評判になり、全国に知られた。

d0150720_15484096.jpg


高台から城ケ島 馬の背洞門
遠方に房総半島

d0150720_15490189.jpg



バスに乗車 三崎港へ。
お土産(おもいで券)を使って、水中観光船「にじいろさかな号」に乗船。

d0150720_15492004.jpg



水中観光船の左右にカモメ、トビが飛来して、
観光客が与える餌をめがけて 飛ぶ 飛ぶ。。。
沖合に出ると風が強く寒かった。

d0150720_15493664.jpg



半潜水式の船底に多数の魚が集まって来る。
鯛、メジナが多かったが、
この大きな魚は、口先の形状から サケ ?

d0150720_15495804.jpg


観光船を下船、
三崎港「うらりマルシェ さかな館」で買い物して、
バス停 三崎港からバスに乗り、三崎口駅へ。
電車で京急品川駅まで行き下車、仲間と別れ 帰路しました。

d0150720_15502943.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-11-22 11:58 | Trackback | Comments(4)

綺麗な夕照を。。。 sanpo


夕照を楽しむ

三浦半島は、東京湾と相模湾に突き出た半島である。
相模湾に沿って走る 143号線(通称 西海岸通り)沿いの海岸は、
夕陽が綺麗に見えることで知られている。

浜辺に座り、暮れ行く一日を....。一週間を振り返る。
そう NHKテレビ 日曜日の朝 毎週放映される番組
「小さな旅」の音楽
繰り返される日々が静かに暮れていく
そんな雰囲気 たっぷりのテーマ曲なんです。
この曲を想い浮かべながら、
夕照で赤く染まった海原を見ていた。
d0150720_06341172.jpg

秋谷に暮らし、秋谷海岸をこよいなく愛する
ドイツ人の女性
d0150720_06343489.jpg

この日 願ったような夕暮れになった。
こんな夕照を見たかったから。。。
d0150720_06345698.jpg
d0150720_06351844.jpg

晩秋の落日は、つるべ落としのごとく早く。
その速さに合わせ カウントダウンする。
d0150720_06354776.jpg

・・・残照の 空 & 海・・・
日没時から約10分後、海原が一番静かに見える時。
d0150720_06360928.jpg

漁港から出航していた小船が港に帰る。
今年 太平洋の黒潮の蛇行が影響しているようで
相模湾で シラスが採れないそうだ。
新鮮な釜揚シラス丼が好きで秋谷に行った時、時々買っていた。
12月からシラスの禁漁期に入る。
漁師さんの苦悩が。。。

日本全体でも今年 シャケ、イカ、サンマが不漁で....。
冷凍マグロも値段が跳ね上がっている。
散歩中 秋の庭先で黄色い柿が色付いているのを見かけるが、
今年は、数が極端に少ない。
夏・秋の天候不順が農作物に影響している。
d0150720_06362919.jpg

日没後も海原の色彩が、刻々と変わりゆく様子を見ていた外国人の親子
d0150720_06364678.jpg

日没後 20分位過ぎると、グッと気温が下がる。
太陽の有難味を実感する。
そして誰もいなくなった浜辺
サ~ 帰ろうか~。
d0150720_06370271.jpg

by saitamanikki2008 | 2017-11-19 10:00 | Trackback | Comments(5)

晩秋の海に癒される


晩秋の海を見に

時々 海を見に三浦半島 秋谷海岸に行く。
晴れた早朝 「立石 & 岩礁に立つ 梵天鼻の松」に朝陽が照り入る。
背景に冠雪した富士山が。。。

秋谷海岸 この風景が気に入っている。
d0150720_21092979.jpg

砂浜から富士山 & 立石
d0150720_21123928.jpg

相模湾を漁船が往く
d0150720_21141020.jpg

秋谷海岸から長者ヶ崎方向の風景
d0150720_21143842.jpg

小春日和となった晩秋の日
海は静かに。。。
d0150720_21150279.jpg

秋谷海岸に建つ 「レストラン ドン」の展望ベランダで
ポカポカの日差しを浴びて、渡り蟹のスパゲッテー
d0150720_21201637.jpg

海原は、キラキラ 輝いている
d0150720_21152647.jpg

キラキラ輝く海を
ダーク気味(マイナス補正)に撮り、思い切りカット編集すると
煌く星のような写真が撮れる。
d0150720_21160379.jpg

ズームレンズ使用 絞り 22、感度 400~800
d0150720_21154913.jpg

夕暮れ時、防波堤を散歩する人 & 犬
d0150720_21162853.jpg

鴨の群れも散歩かナ~。
d0150720_21171829.jpg

ポツンと防波堤に佇むサギ
長時間 一羽で。。。哲学者風に....。
d0150720_21170160.jpg

遠望の「江の島」
d0150720_21173597.jpg


次回は、秋谷海岸の夕照を掲載します。


by saitamanikki2008 | 2017-11-17 21:57 | Trackback | Comments(5)

街の並木道


さいたま市北区役所横の欅(ケヤキ)の並木が紅葉に染まった。

車の通行しない早朝、欅の紅葉を撮りに行く。
欅の木が、このように綺麗になったのは久し振りのような気がする。

d0150720_13222851.jpg
d0150720_13225401.jpg

桂の木も、紅葉が始まった。
錦秋の秋 本番を迎えた。
d0150720_13232064.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-11-11 06:33 | Trackback | Comments(8)

秋 の 第二 大宮公園


立冬(11月7日)を過ぎると、
山々の紅葉が、街中にも降りてきて、木々を見事に染める。
早朝散歩の足を少し延ばして、
大宮公園と小路で連絡している第二大宮公園に行く。

秋の夜明けは、透明感があり本当に綺麗だ。
d0150720_18181714.jpg

草地は、朝露が輝り白く見える
d0150720_18033687.jpg


秋本番 冷え込んだ早朝は、朝霧が発生し幻想的な風景に。。。

(大宮第二公園 ひょうたん池で)

d0150720_18183692.jpg



欅の木が朝陽に照り輝く
d0150720_18190203.jpg


「どうだ !! 吾輩の紅葉振りは。。。」 と自慢したげに、
大木がスッと立っている。

d0150720_18192361.jpg


木々が装う秋 本番になった。

d0150720_18195857.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-11-10 13:39 | Trackback | Comments(3)

高校時代の仲間と 葉山へ ブラリ旅


群馬の高校時代の同級生、何かと気が合った男仲間 2名と 私は、 
偶然にも今 海なし県の埼玉県に住んでいる。
秋の青空、青い海を見に三浦半島 葉山に行きプチ旅行を楽しんだ。

JR 品川駅で待ち合わせ、同駅で京浜急行に乗り継ぎ、京浜急行 新逗子駅で下車、
京浜急行 バスを乗り降りして海を見ながら葉山をブラブラ散策する。
今回 三浦半島 葉山に行こうと決めた訳は、
京浜急行の企画切符 「葉山 女子旅 きっぷ」は、海の町 葉山を満喫できる
大変 お得な切符が販売されていることを知ったことからである。
「葉山 女子旅 きっぷ」と聞くと、 エ~ !! 変なオジサンと誤解されそうだが、
女性限定の切符ではありません (本当ですョ)。
京浜急行 品川駅窓口で、「葉山 女子旅 きっぷ」代金 3,000円を支払うと、
当日の電車 & バス(何回でも)、逗子・葉山での食事券、更にお土産券が、
セットになった企画切符なのです。
確かに、定年を過ぎた男 3人が顔を揃えて、
「葉山 女子旅 きっぷ」と云って窓口で買うのは、少し恥かしいような。。。
だが、この歳になったら、少しの違和感も歳でカバーできる年齢になった。
「葉山 女子旅 きっぷ」のネーミングにこだわってみると、
全国 JR系列が販売する期間限定の特別企画乗車券
「青春 18切符」と云うのもある。
この切符は、若者でなくとも年齢に関係なく、誰でも5日間の普通列車旅行や
5人グループでの日帰り旅行などできる切符がある。
そんな訳の分からない理由をつけて、「葉山 女子旅 きっぷ」を手にした。

企画切符は、電車・バスの乗車券、お土産券、食事券が付いている。
企画切符を買うと、
パンフレットに食事券、お土産券が利用できる店舗が記載され、
葉山・逗子の洒落た和洋食店 22店舗で美味しい食事が食べられる。
更に、葉山の色々な店 10店舗のお土産まで頂ける。


京急 新逗子駅に到着
途中の電車内は、久しぶりに会った仲間と和気あいあいで会話も弾んだ。

d0150720_11422705.jpg


予めネットで「葉山 女子旅 きっぷ」を検索、昼食場所を決めていた。
歳はとっても男 ガッツリ感のある昼食にした。
鐙摺バス停を下車
逗子海岸が見渡せる葉山「葉山港湾食堂」に行く。
食事券で定食
シラス丼 & 餃子6個 & アジフライ、味噌汁、飲み物付を食べた。
d0150720_11425814.jpg

ゆっくり昼食を頂いた後、歩いて2~3分の場所にある

葉山マリーナに行って、江の島・裕次郎灯台 周遊クルージングを楽しむ。
葉山マリーナは、「葉山 女子旅 きっぷ」を提示すると、
通常 3,240円の周遊クルージングが、1,080円割引の2,160円で乗船できる。
但し、事前予約が必要です。
11:00、13:30、15:00 出航のクルージング(45分間)があり、
13:30分 出航のクルージングを予約していた。

d0150720_11432024.jpg


出航30分前に葉山マリーナで受付して、出航を待つ。
この日を予約していたかのような快晴 青い空、青い海が広がっていた。
 
今年8月から就航している50人乗り、新しいクルーズ船だそうです。

d0150720_11435411.jpg


いよいよ 江の島沖まで周遊クルーズ船の出発です。
右奥に見えるのが江の島

d0150720_11441588.jpg


森戸海岸沖に浮かぶ セーリング ディンギー

d0150720_11443278.jpg


葉山・裕次郎灯台、鳥居 & 江の島を遠望

d0150720_11444919.jpg


出航場所 葉山マリーナが遠くになった。
暑くもなく、寒くもなく 気分爽快 !!

d0150720_11451258.jpg


沖合に出ると、クルーズ船が一気にスピードを上げた。
時速 40キロ位と云う。

d0150720_11453513.jpg


沖合を航行するヨット

d0150720_11525399.jpg



江の島の手前に到着

d0150720_11460298.jpg


江の島の表風景は、色々の場所でカメラ撮影されているが、
裏側の江の島は、断崖絶壁だ。
10月の巨大台風 21号の大波で洞窟・岩場に降りる石階段が崩落して
岸辺に降りられないそうだ。
江の島から観光客がクルーズ船に手を振ってくれた。

d0150720_11462921.jpg


クルーズ船は、非常に 爽快感が満ち溢れていた。
下船してから、今度は葉山の「老舗 日影茶屋」店の
「パテスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ」ケーキ・喫茶店に行く。
何故 男3人でケーキ店に ?
3名とも甘党なんで。。。

d0150720_11465348.jpg


店内のショールームに美味しそうな色々のケーキが並んでいる。
「葉山 女子旅 きっぷ」お土産券で、
お好みのケーキ3個を選んで お土産として頂ける。
二人分のお土産券を使用
3種類 6個のケーキを選んだ。

d0150720_11471192.jpg


今回 三人が選んだケーキは、
栗のサバラン(洋酒)・渋皮マロンロール・カマンベールチーズ
3種類 合計 6個をお土産券で頂いた。

d0150720_11472956.jpg


又、鐙摺バス停からバスに乗り、元町バス停で下車。
今度は、葉山・旭牛肉店へ。
この店は、葉山の有名店で美味しいコロッケがある。
地元 葉山・ブランド牛肉を売っている。
お土産券で 
コロッケ8個、焼き豚 セットを頂いた。

コロッケは、食べたことがあるが
焼き豚は、初めて食べたが、本格的な焼き豚で大変美味しかった。

歩いて、御用邸がある 葉山 一色海岸に行く。
夕暮れの葉山 一色海岸をブラブラ散策
d0150720_11475240.jpg


葉山バス停からバスに乗り、秋谷バス停で下車。
秋谷海岸へ行くと、赤く染まり沈みかけた夕陽が綺麗だった。
秋谷海岸で一泊
楽しい思い出など話した一夜だった。
翌朝の早朝散歩、この日も大変良く晴れていた。
秋谷漁港の防波堤が台風21号の大波により、厚さ約2メートルの防波堤が
大波の威力により破壊されていた。

d0150720_10545337.jpg


巨大台風の爪痕は、
秋谷漁港の駐車場でも厚さ約1メートルのコンクリートの防波堤は、
一部崩落、大きな亀裂が走っていた。

d0150720_11481317.jpg


秋谷海岸の浜辺に
大きな牡蠣の貝殻が付いたコンクリート片が
これも台風がもたらしたものだろう。

d0150720_11484361.jpg


秋谷海岸の立石公園に
子狸 ? 子アライグマ ?  が、一匹.....。
この場所で。。。
d0150720_11011697.jpg


秋谷海岸からバスに乗り、葉山に戻り デニーズ 葉山店へ行く。
ここは葉山の海が一望できるスペシャルなファミレス店で
ベランダからの眺望が素晴らしい。

海沿いのテラス席があって、眺望が最高なのである。
高校時代の男仲間のプチ旅を
ポカポカ陽気になったベランダで締めくくった。
京急 新逗子駅から電車に乗り、JR品川駅で解散しました。
d0150720_11581191.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-11-08 12:47 | Trackback | Comments(5)

秋 晴天

d0150720_16103351.jpg

秋の快晴の日、大宮公園の隣にある
第二大宮公園の銀杏並木は、この季節 黄色一色になる。

(第二大宮公園の銀杏) 
d0150720_16105475.jpg

散歩する親子
d0150720_16111293.jpg

銀杏並木から、ぬけるような青空を見上げると
秋の静かな日を。。。実感する。
d0150720_16112928.jpg





by saitamanikki2008 | 2017-11-04 09:09 | Trackback | Comments(7)

秋バラ


今年の秋バラは、台風(21号、22号)の強風・雨により、
細い花枝が折れてしまった。

花の傷みも多くあった。

庭に咲く 秋バラ
春バラより、しっとり感のある秋バラが好みである。

カクテル

d0150720_11004788.jpg


マチルダ
d0150720_10592159.jpg

d0150720_11015962.jpg


ゴールドバニー
d0150720_11021695.jpg

d0150720_10590501.jpg



セプタード・アイル
d0150720_10584208.jpg


ファーザーズ・ローズ
(ミニバラ)
d0150720_11303874.jpg




by saitamanikki2008 | 2017-11-03 11:28 | Trackback | Comments(3)