タグ:見沼田んぼ ( 70 ) タグの人気記事

冬空


冬になると、乾燥した日々が続く

そして、夕暮れの空は、一層 透明感が増してくる。
d0150720_07132758.jpg

陽が沈む頃 東の空に月が昇り。

月光が川面を流れるように....輝く 夕暮れ。

d0150720_07142478.jpg

日中 暖かくも、夜は冷える。

d0150720_07145886.jpg


by saitamanikki2008 | 2016-12-14 14:34 | Trackback | Comments(2)

秋風にゆれるコスモス 


秋本番   澄んだ青空の下、コスモスが秋風にゆらり、ゆらり。

d0150720_16371127.jpg

       秋だナ~。 一つ 一つの花は、寂しさも漂う。 
d0150720_16373004.jpg

     青空とコスモスを一緒に撮りたかったが。。。
       コスモスの背が低くて、うまい具合に撮れなかった。
d0150720_16381083.jpg
撮影地 さいたま市 見沼田んぼ

by saitamanikki2008 | 2016-10-16 17:18 | Trackback | Comments(2)

夏の花

まだまだ暑い日が続きそうですが、暦の上では立秋ですネ。
今日から 猛暑が幾分 和らぐと云う。

ひまわり畑 & 夕焼け
  「 見沼田んぼ 」 で
d0150720_20182522.jpg

芙蓉の花
大宮公園 早朝散歩で
d0150720_20301.jpg

カラスウリの花
夕方、カラスウリの蕾を採取、夜 自宅で咲かせました。
どうですか  幽寂感 タップリでしょう。
蕾から、このように不思議な形で開花するので、夏 一度は撮りたくなる花です。
d0150720_2033836.jpg

by saitamanikki2008 | 2015-08-08 07:00 | Trackback | Comments(5)

野道で

春 野道を歩くと、雑草が勢いよく伸び、春の息吹を一層感じる。

ナズナ & ホトケノザ
「見沼田んぼ」 にて、
d0150720_10202464.jpg

ナズナ(別名 ぺんぺん草) 
子供の頃 茎の実の部分を少し割いて、指先で廻すとカチカチと実が当たって音がする遊びがあった。
d0150720_10242374.jpg

シャガ
春 土手などの日陰で綺麗に咲く
d0150720_1020862.jpg

菜の花
d0150720_10273595.jpg

名称は知りませんが、星の瞳とも云われてます
d0150720_1018144.jpg

ホトケノザ
d0150720_10265182.jpg

つくし
遅咲きの桜を見に行った京都 夕食の添え物として久しぶりに「つくし」を食べた。
子供の頃 数回 つくしを食べたことがあったが、懐かしかったナ~ !!
d0150720_1184019.jpg

4月12日から3泊4日で、吉野山 & 京都の遅咲きの桜を見に行ってました。
花の見頃は、残念ながら過ぎてましたが、
次回は、「吉野山 & 京都の遅咲き桜」 などの写真を数回に分けて掲載します。
by saitamanikki2008 | 2015-04-17 11:05 | Trackback | Comments(8)

桜 サイクリング 

春のお出かけ&キレイな桜を撮ってみた!

桜が満開に咲き誇る穏やかな春の日、「見沼田んぼ東縁・西縁」を自転車に乗り、
桜、サクラ、さくら 散策に出かけました。
さいたま市の花木は、「桜」 。
市の広報によると「見沼田んぼ東縁・西縁」を日本一の桜回廊にするそうだ。
見沼田んぼ東縁・西縁は、既に2,000本位の桜木があり、更に桜の苗木を植え
東縁・西縁の土手を 20キロを超える桜の回廊に。。。
自宅近くの大宮公園を昼前に出発~大和田~七里~見沼田んぼ東縁(七里総合公園に立ち寄り)~
見沼田んぼ東縁土手を南下~東縁にある見沼自然公園で休憩~更に見沼田んぼ東縁を下り、
東縁にある総持寺から見沼田んぼを横切り、芝川を渡り 見沼田んぼ西縁へ。
見沼田んぼ西縁の桜回廊を巡りながら大宮公園まで、半日 約 20キロの桜散策でした。

桜散歩 スタート地点 大宮公園の桜
d0150720_19283551.jpg

民家の一本桜(大和田)
d0150720_19304354.jpg

見沼田んぼ東縁(七里から桜木が続く、続く。。。)
d0150720_1933152.jpg

見沼田んぼ東縁 この季節、彼方此方で菜の花、花桃が咲いている
d0150720_19364482.jpg

d0150720_19404914.jpg

東縁土手に ムスカリ & ハナニラ の 群生
d0150720_19483023.jpg

d0150720_19491180.jpg

行けども 行けども 桜 ・ サクラ ・ さくら
d0150720_19494122.jpg

見沼田んぼ東縁 見沼自然公園で休憩
d0150720_19533677.jpg

見沼自然公園で
d0150720_1955138.jpg

更に、見沼田んぼ東縁沿いを南下
d0150720_19581830.jpg

総持寺近く この休憩所から見沼田んぼを横切る
d0150720_19593225.jpg

見沼田んぼ 春の芝川 風景
d0150720_2031010.jpg

そして、見沼田んぼ西縁へ。 延々と続く桜の回廊を大宮方向に戻る。
見沼田んぼ西縁 ハナダイコンが咲き
d0150720_209228.jpg

菜の花が地面を黄色く染め
d0150720_20114757.jpg

ホトケノザが絵画のキャンパスになり
d0150720_20125212.jpg

見沼田んぼ東縁・西縁の桜 回廊を巡り、再び 大宮公園に戻って来ました。
d0150720_2015933.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-04-04 20:26 | Trackback | Comments(16)

雪 散歩 (3)

冬季ソチ・オリンピック 女子フィギュアスケート ショートを真夜中のライブ映像で応援しました。
日本の3選手が、ジャンプミス。 
特に浅田真央選手が冒頭のトリプルアクセルで転倒、後半のコンビネーションジャンプも まさかの失敗。
運命は過酷であった。 4年間の努力が たった2分間で脆くも崩れた。
翌日、フィギュアスケート フリーで、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功し、
フィニッシュまでに6種類、8度の3回転ジャンプをすべて着氷、142・71点と高得点を得たが、
子供の頃からのオリンピックで「金メダル」の夢が消えた。 残念。。。!!

前回に続き、
2月5日&9日 降雪後に、大宮公園から第二大宮公園&見沼田んぼ を歩き撮った写真です。
降雪の「 見沼田んぼ 」 では、普段ならなんでもないような雑草が雪のマジックにより
余分なものが雪の下に埋もれ、ボタニカルアートのような好い感じで撮れました。
プラス補正して撮りました。

第二大宮公園など
d0150720_16244051.jpg

d0150720_16243037.jpg

見沼田んぼ
d0150720_16263523.jpg


d0150720_1627254.jpg

農作業用手袋
d0150720_16272233.jpg

田んぼの風景
秋 稲が刈り取られた後、根から新しい小さな茎が生えたが、冬になり枯れた水田の風景
d0150720_1628593.jpg

農園のネット影
d0150720_16275295.jpg

by saitamanikki2008 | 2014-02-21 17:26 | Trackback | Comments(18)

雪 散歩 (2)

前回に続き、
2月5日&9日 降雪後に、大宮公園から第二大宮公園&見沼田んぼ を歩き撮った写真です。
降雪の「 見沼田んぼ 」 では、普段ならなんでもないような雑草が雪のマジックにより
余分なものが雪の下に埋もれ、ボタニカルアートのような好い感じで撮れました。
カメラをプラス補正して撮りました。

雪の中の雑草 
d0150720_14301711.jpg

これは マリーゴールドの花でしょうか
d0150720_14305735.jpg

この葉は 何 でしょうか ? 
d0150720_14315578.jpg

この植物も分かりません
d0150720_16313895.jpg

この雑草、針のような先がズボンに刺さりチクチクすることがあります
d0150720_1431246.jpg

ナズナですネ
子供の頃、 ペンペン草とも呼んでました
d0150720_14314152.jpg

これは、枯れたシソの実ですネ
d0150720_14334655.jpg

次回も大宮公園から第二大宮公園&見沼田んぼ 雪 散歩写真が続きます。
by saitamanikki2008 | 2014-02-19 16:37 | Trackback | Comments(8)

初冬の風景

関東北部の山々に雪が降り積ると、関東平野も本格的な冬の寒さなってくる。
砂漠のエジプトでは、史上初とか 数十年振りの降雪とかで、人々を驚かせているようです。

太陽から発せられる放射光の強弱が地球温度に影響すると思いますが、問題は。。。
全世界の産業・生活熱で地球温暖化が進むと地球の自転に関係なく、地球の気候が勝手に自走する環境が生まれる。
北極振動が歪な状態で北半球に張りだす現象もその一つと思えます。
強い北極振動は、地球温暖化が進む過程における自走現象の前触れではないでしょうか。
冬は、北の低気圧が大きな台風並みに発達したり、又 夏は南の高気圧が猛烈に強く 酷暑の日々が続く。
極端な気象現象 大雨(大雪)、巨大台風、突風(竜巻)、干ばつの発生頻度が高くなる。
日本には美しい四季がありますが、超長期的には 年々 春・秋が短くなり、夏・冬が長くなる。
又、世界の主要な国々が、
それぞれ地球温暖化抑止策・災害対策費・環境難民対策費に多額な予算を振り向ける時代がくるでしょう。

「見沼たんぼ 芝川の朝霧」
d0150720_10464698.jpg

初冬 鳥の餌が少なくなると、狭い庭にも時々 野鳥が飛んで来る。
今年もバードレストラン 開店の季節がやってきた。
d0150720_1043243.jpg

ヒマラヤスギの実
d0150720_10434990.jpg

12月22日の冬至が近くなった。
日の出時間が遅くなった早朝、大宮公園の朝焼け
d0150720_10473188.jpg

大宮公園の夜明け
d0150720_1048233.jpg

by saitamanikki2008 | 2013-12-16 12:49 | Trackback | Comments(8)

秋の「見沼田んぼ」 

家から近い 「 見沼田んぼ 」 は、貸農園などがあって、借主が畦道などに色々な草花を植えている。
自転車のペダルをゆっくり踏みながら、秋の「 見沼田んぼ 」散策しました。

「 木の上に作られた陣地 」
誰が造ったのか、 ツリーハウス ?  と云ったらよいのか。
木の上に作られた陣地。 私が子供の頃は、このような作り物は陣地と呼んでいた。
又、周りの見晴らしが良いので、子供の頃 草やぶの中に作った隠れ小屋とは形態が違う。
作り方を見ると、子供が造った陣地でもなさそうなので、どんな人が造ったのかナ~ ?
布地に描かれた人の顔 ? バイキングの顔のような絵も陣地には掲げられていた。
この陣地を造った人は  どんな人 ?
何んだか 夢がありそうで面白そうだナ~。 
d0150720_6431449.jpg

「 大毛蓼 (おおけたで) 」
d0150720_6443014.jpg

「 コスモス 」
d0150720_6445056.jpg

「 コスモス 」
d0150720_645158.jpg

「 セン二チコウ 」
d0150720_6451686.jpg

時間の経つのは早い、綺麗な夕焼けを見ながら家路に。。。
d0150720_6574478.jpg

by saitamanikki2008 | 2013-10-02 07:07 | Trackback | Comments(10)

見沼通船掘へ

平成25年8月21日 国指定史跡 見沼通船掘 「閘門開閉 実演」(こうもんかいへい)を見に行きました。
見沼通船掘は、江戸時代 見沼の新田開発に供された東西2系列の水路(現 見沼用水東縁・見沼用水西縁)
を利用して、見沼上流地域の農産物などを船を利用して江戸に運ぶ為に、江戸時代 享保16年
東西2本の見沼用水と中間に流れる芝川とを結ぶ運河を開削しました。
これが「見沼通船掘」と呼ばれるものです。
芝川を中心に東側が390メートル、西側が650メートルあります。
芝川は、排水路の為に低い場所を流れ、見沼用水は、農業水路の為に高い台地に沿って流れており、
3メートルの水位差がありました。
「見沼通船掘」は、この水位差を木製の関(閘門)で水位を調整しながら船を通すため「閘門式運河」と
呼ばれます。

「見沼通船掘」
木々が鬱蒼と茂り涼しそうな景観です
d0150720_849123.jpg

一の関で、角材を落とし水を堰き止め水路を上昇させます
d0150720_8492095.jpg

「船を浮かべて再現」
一の関と二の関の間に 見沼用水から流れ込んだ水が増えて、船が通れるまでになりました
d0150720_8493997.jpg

実際に使われていた 1/2 の和船を作り浮かべる
d0150720_850141.jpg

JR武蔵野線 東浦和駅から約 徒歩 15分の場所で、毎年8月下旬 「閘門開閉 実演」が行われます
詳細は、さいたま市 文化財保護課へ
d0150720_8525133.jpg

by saitamanikki2008 | 2013-08-22 10:10 | Trackback | Comments(2)