色々な出会い

37年前、英国に研修旅行に行った仲間11名で、年1~2回 都心で会って飲む。
皆、第一線を退職して第二の人生を送っている。
話題は、すぐに37年前に戻って 語り合える仲間の楽しさがある。
もう暫く年月が進むと、話の話題は健康が主になるのだろうか ?
それも又、歳に合った話題なので いいだろう。

普段の生活・旅行先の履物は、ジョッキング や ウオーキング シューズの割合が 85%
10%が、庭でのサンダル履き。 都心への外出は、履き心地の良い皮底の靴。  
退職すると、皮靴の利用は5% 都心に出る特別な履物になった。

地方都市に暮してますが、時々 日本の中心 東京を旅人のような目で歩くと
日本の現状が見えてくる楽しみがあります。
不景気・好景気、丸の内のビジネス街、銀座の雰囲気、新宿・渋谷の繁華街、
オタクの秋葉原など、表面的には変わらないですが、偶に都心を歩くと変化に気づきます。
例えば銀座、歩く人の裕福そうな顔・服装が少なくなった。
私の財布の中身も同じようですが、銀座の街が小さくなったような気がする。

銀座の有名文房具店 それと分かる人が、新役員・新閣僚へのプレゼントだろうか ?
色々品定めしていた。

「写す人を写す」・・・・・銀座和光
銀座の街のシンボル的 ショーウインドウ
時代が変化しても独創的な作品が展示されており、銀座の楽しみの一つです。
d0150720_15184560.jpg

by saitamanikki2008 | 2011-08-31 15:37 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://saitamanik.exblog.jp/tb/14462324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by odamaki719 at 2011-08-31 17:25
こんにちは✿
英国に研修旅行に行っていらした仲間と会えるのは
また楽しいでしょうね。
銀座も最近行っていないので分からないのですが
随分古いビルがなくなったと聞いています。
「銀座和光」は華やかですね。
Commented by nenemu8921 at 2011-09-01 08:58
おはようございます。
「銀座の町が小さくなった」とは、よくわかるような気がします。
現役でいるときと、世界を見る目が変わりますよね(^_-)-☆
37年の間には、それぞれの皆さんにさまざまなことがあったことでしょう。
ご自身だけでなく、肉親やら~。
そのことによって、人生観も変わりますね。
皆さんお元気でよかったですね。

Commented by saitamanikki2008 at 2011-09-01 11:08
こんにちは odamakiさん。
37年の歴史は長いですが、会って話すと30分もしない時間で
37年前の時代に戻れるのが良いですネ。
パッと飲んで、パッと別れる 良い飲み会でした。
銀座は、日本の代表的な商業地なので都心に行った時は
必ず立ち寄ります。
銀座の姿を見ると、日本の姿が見えてきます。
「銀座和光」ビル いつも素晴らしい作品を見せてくれてます。


Commented by saitamanikki2008 at 2011-09-01 11:30
こんにちは nenemuさん。
37年 長い年月のようで、又 一瞬のような時間感覚もありますネ。
当初 15名の一団でしたが、来れない人、来られなくなった人など
人生の道は現実としてあります。
ただ、会って話すと30分もしない時間で、37年前の時代に戻れるのが良いですネ。

この先 趣味の写真を通して、ブログで苦言を云ったりしながら、
親爺ブログを続けたいと思ってますので宜しくお願いします。


Commented by kotonoha222 at 2011-09-01 11:56
こんにちは~
同じような時期に銀座を歩いたのですね^^
こちらにお書きになっているように景気、不景気が街に如実に表れますね。
一昔前の銀座は近寄りがたい雰囲気がありました。
歩いている人達も確かに高級な服を身に纏いレストランやカフェも高かったですし・・・
今は庶民的な街になりましたね。
昔の仕事仲間と年に一、二度の会合いいですね^^
最近は男性同士も街で見かけますが、以前は女性の仲間同士が多かったですね^^
男性たちも街に出て現代模様を観察するのはとてもいいですね^^
   しおり
Commented by saitamanikki2008 at 2011-09-02 14:24
こんにちは しおりさん。
そうですね  同じ都心界隈を歩いていたようですネ。
飲み会前の昼間、都心をブラブラ散策しました。
飲み会がメイン 又、蒸し暑い日でした
銀座通りだけ歩きました。
原発以降 中国人など外国人の旅行者がめっきり少なくなったように
感じました。
<< 「見沼田んぼ」を歩く 夏の終わり >>