夏の記憶 お盆




8月13日 お盆の「迎え火」

d0150720_13444391.jpg


買い物の帰り道、一戸建 家屋の門柱前で、
ご夫婦(初老)と思われる2人、浴衣を着たお孫さんと思われる女の子 三人が屈み
小さい固形物に火を付けていた。

 あっ~ 8月 13日は、お盆の「迎え火」だ。

「迎え火」を見て、子供の頃のお盆の記憶が鮮明によみがえった。
お盆の数日前に茅葺を干して、手で茅葺を撚って縄を作り、その縄でお盆用の棚を特別に作った。
父親と一緒に近くのお寺に行き、火種から蝋燭に火を移す。
提灯に灯し、途中 蝋燭が消えないように注意して、家の前に到着すると、
蝋燭の火を、予め用意していた麦藁(むぎわら)に火を付けて焚いた。

「迎え火」とは、お盆で戻ってくる先祖の霊が迷わないように、
玄関先に目印の火を焚くお盆の風習である。

お盆用に作った棚に茄子、キュウリ、カボチャなどの夏野菜をお供えした。
キュウリは、割り箸などで作った4本の足を付けた。
茄子にも4本の足を付けた。
足を付けた「キュウリ、茄子」の謂われを母親から教わった。
キュウリは、先祖が馬に乗り 早く家に来られるように。。。
茄子は、先祖が牛に乗り ゆっくり帰るように。。。
との願いを夏野菜に込めたものだった。

今年のお盆は、3月に亡くなった父親の新盆だ。
明日は、お盆の思い出を抱いて、郷里に帰る。


by saitamanikki2008 | 2018-08-14 15:51 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://saitamanik.exblog.jp/tb/27053423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by odamaki719 at 2018-08-14 16:31
こんにちは♪
 最近は「迎え火」をするお宅はあまりみかけなくなりましたね。
私も子どもの頃にキュウリとナスに割り箸を刺して馬と牛を
作っていました。
Commented by umi_bari at 2018-08-14 18:16
昔は祖母と一緒に迎え火を焚きましたね。
懐かしいです。
今はしなくなってしまいました。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-08-15 06:53
「迎え火」 聞いたことがありますが、やったことがない。
帰省されますか・・・・。
私はもう永らく生まれ故郷に帰っていない・・・。
Commented by tawrajyennu at 2018-08-15 15:13
こんにちは♪
田舎では、まだまだこうしたお盆の行事が残っていて、昨日は、迎え火(何故か田舎は14日に焚くんですよ)をしてきました。
送り火を焚く今日は、自宅に帰ってきてしまったので、ご先祖さまは困っているかもしれませんね(笑)
<< もう 秋の気配 ? 夏の花 >>