大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)



平成28年(2016年) 10月 さいたま新都心に造幣局 埼玉支局が開設された。
所在地・・・埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-190-22
造幣局と聞くと、日常では一般的に馴染がないが、春 大阪 造幣局の「桜の通り抜け」が知られている。
比較的近い場所にあるので、造幣局 埼玉支局内を見学した。
埼玉支局は、製造工場・博物館がある。
そもそも 造幣局とは、どんな場所なのか ?
日本のお金(貨幣)を製造をしている財務省傘下の独立行政法人の施設です。
1円硬貨から500円硬貨、記念硬貨、勲章・褒章や金属工芸品などを製造している。
売店では、貨幣セット、金属工芸品、お菓子なども販売していた。
  
造幣局 埼玉支局
(ネットの写真をお借りしました)

造幣局の外観の写真


・・・貨幣博物館と、貨幣製造工場を見学・・・

来年 平成31年 1月 
天皇陛下御在位三十年を記念する記念貨幣が発行される。
この写真は、そのポスターを撮影したものです。
記念貨幣の発行を知らなかったが、一枚 欲しくなりました。
今年 11月1日から事前に申し込む必要がある。
限定枚数で数が少ないので抽選になるだろう。
d0150720_10194029.jpg



硬貨の損傷を診断する機械もありました。
私の小銭入れから取り出した、10円硬貨を取り出し機械に入れると
10円硬貨の直径、厚さ、重さを計算して
10円硬貨 その物の損傷状態を診断してくれます。
「健康です」
と書かれたシートが出て来ました。
d0150720_10270791.jpg



造幣局で実際に使われている硬貨入れの袋
1円硬貨、5円硬貨、10円硬貨、50円硬貨、100円硬貨、500円硬貨を詰めた状態で
どの位の重さなのか 持ち上げて確かめることも出来ます。
d0150720_10275851.jpg


千両箱が一個 置いてあった。
この千両箱の重さは、20キロとか。
試しに持ち上げると、ずっしり重かった。
d0150720_10195420.jpg




博物館は、大判小判の古銭や明治以降の貨幣、
記念貨幣、勲章、褒章、オリンピックメダルなど貴重な展示物がある。

日本の紙幣・硬貨は、精巧に出来ているが、
その例が、500円硬貨に刻まれた00の部分に500円と刻まれている。
d0150720_10200682.jpg


2020年東京オリンピックに際して大会直前に発行される
1000円銀硬貨
大変綺麗な絵柄です。
この他、フェンシング・柔道の記念硬貨も発行されるようです。
d0150720_10211521.jpg


2020年東京 パラリンピック記念
1000円硬貨
d0150720_10212814.jpg


七宝焼きの綺麗なメダルなど多数展示している。
d0150720_10201970.jpg
d0150720_10203389.jpg

歴史上の偉人メダルもあった。
d0150720_10204786.jpg
d0150720_10210378.jpg

記憶に残るあの 3.11 東日本大震災
震災後の復興事業を願い記念して発行された
1000円硬貨も。。。
d0150720_10214824.jpg


地方自治法施行六十周年記念で発行された
全国都道府県別の千円銀貨 プルーフ貨幣セットもあった。
これは、埼玉県のプルーフ貨幣セットを撮りました。
渋沢栄一と川越「時の鐘」のデザインです。

因みに、プルーフ貨幣とは、
硬貨の表面(凹部)に鏡のような光沢を施し、
模様のある面をつや消しで浮き出して造る硬貨です。
収集家には人気があるようですネ。
d0150720_10220181.jpg


博物館内の勲章・褒章、 及び 工場内は、撮影禁止でした。
工場内を見学した印象は、機械化されているが、
勲章・褒章、七宝などは、職人が手作業で丁寧に造られていることが分かりました。
因みに、同じお金でもお札(紙幣)の印刷は、造幣局でなくて
 東京都北区西ケ原2-3-15
独立行政法人 国立印刷局
事前に見学申請書の提出と当日 身分証明書の提示が必要のようです。

次回は、造幣局 埼玉支局を見学した後、造幣局近くにある庭の綺麗なカフェでランチしました。
その写真を掲載します。

by saitamanikki2008 | 2018-09-21 11:04 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://saitamanik.exblog.jp/tb/27119220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-09-21 12:02
面白いお話でした。
いやいや、いろんな記念貨幣があるんですね。
千両箱、20キロですか・・・。
Commented by nenemu8921 at 2018-09-21 15:51
ふーん、そうなのですか。初めてうかがうことばかり。
なにしろ、お金に縁のない人生ですから。
賢治のメダルは持っていませんが、切手はまだ少し残っていますよ(^_-)-☆
Commented by umi_bari at 2018-09-21 19:24
造幣局って見学が出来るんですね。
日本の通貨の歴史が見られて楽しいですね。
バグースです。
アラック、2020年のオリンピック記念銀貨、
抽選で外れたので買えないんですよ。

<< 綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ 散歩道で >>