人気ブログランキング |

梅雨空の下で咲く




今日も梅雨空が続く

今日 7月7日は、七夕さまである。


・・・織姫と彦星の物語・・・
ネットの「暮らしの歳時記」から

天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。
織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。
そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。
ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。
これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、
七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。
こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、
年に一度の逢瀬をするようになった。


梅雨空の下 庭の桔梗が、元気に咲いている。
d0150720_05503337.jpg


庭の花 レインリリー
その俗称のごとく、雨が降ると咲く
d0150720_05505082.jpg


今年 庭のつゆ草が元気である。
d0150720_05515648.jpg



散歩道の ノウゼンカズラ
d0150720_05511305.jpg


久し振りに吹奏楽を聴きに行った。
マーチ曲を聴くと、その軽快なテンポ、迫力ある音響から、
梅雨時でも心身ともに元気になる。
(フラッシュを使わないとステージ撮影 OKでした)
d0150720_05521065.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-07-07 12:20 | Comments(4)
Commented by 7スミレ at 2019-07-07 16:33 x
こんにちは。そちら梅雨空ですか。京都快晴で暑くなってエアコン付けています。
桔梗好きな花の一つです。露草小さい花なのに素敵に撮られましたね!
うちには、鳥さんが種を運んできて大きくなったノウゼンカズラ咲きほこっています♪
Commented by small-talk at 2019-07-07 18:40
桔梗、露草と夏らしくなってきましたよね。
そろそろ、蓮なども見頃なのでしょうね。
Commented by suzu-clair at 2019-07-07 19:00
梅雨空の中での花は、
しっとりとした雰囲気で、
またいいものですね。

演奏会、楽しそうですね。
マーチは元気をもらえますよね。

↓の旅の記事も楽しく拝見しました。
いつも素敵な旅をなさっておられて、
充実感が伝わってきます。
Commented by takeshi_kanazaw at 2019-07-08 15:37
ほー、織姫と彦星の話、初めて聞きました。
そうですか、なかなかロマンティックな話。
仕事もしないで・・というところが教訓的ですかね。
<< 一夜しか咲かない「サガリバナ」... 大人の休日倶楽部パスで行く 東... >>