人気ブログランキング |

一夜しか咲かない「サガリバナ」を見に沖縄観光へ  




・・・一夜しか咲かない「サガリバナ」鑑賞 及びに沖縄観光  (二日目)・・・

沖縄観光 2日目は、
今回の沖縄観光 一番の関心事である「サガリバナ」を見に行く。
石垣港から~高速船乗車~竹富島 星砂の浜~赤瓦屋根の集落散策~高速船 乗車~石垣港に戻る~
再び高速船 乗車~西表島へ ~仲間川 マングローブクルーズ船に乗船~ホテル着。
夜 サガリバナ鑑賞 & 星空観賞。

・・・石垣港に停泊中の高速船・・・

この高速船に乗船して竹富島へ行く

d0150720_18271836.jpg



石垣港は、周辺の島々に行く高速船の拠点港となっていた。
d0150720_18270176.jpg


白いエンジン波をあげて、竹富島(周囲 9キロの小島)へ向かう。
所要時間 約15分
d0150720_18274153.jpg


竹富島の綺麗な「星の砂浜」に来た。
d0150720_17113304.jpg


遠くまで綺麗な海原が続く.....。
d0150720_17114815.jpg


「星の砂」は、波打ち際にある石の上にあると聞いて、
目を凝らして探すと極小の「星の砂」は、沢山あった。

海草などに付着している原生動物のなかの有孔虫( ゆうこうちゅう)の骨格が、
波などで砂浜にうちあげられたものが「星の砂」であるとか。
d0150720_17122899.jpg


この浜辺で、7~80個位の「星の砂」を採取できた。
この写真は、売店にあった球状のプラスチック内に入れた
「星の砂」の置物を撮った。
「星の砂」は、星型の小さな粒であることがわかります。
d0150720_06335779.jpg


浜辺には、大きな木々が茂っている。
d0150720_17120754.jpg


・・・竹富島の伝統的集落・・・
素朴で昔ながらの美しい沖縄の集落がある。
(国の伝統的建造物保存地区)
d0150720_17130019.jpg


赤い屋根瓦が綺麗である
d0150720_17131543.jpg


多くの民家の庭に鮮やかなハイビスカスの花が咲き、
沖縄独特の綺麗な屋根瓦とマッチしている。
d0150720_17134862.jpg


白いサンゴ砂の小路に鮮やかなハイビスカスの花が咲き
 綺麗に積まれた石垣塀が続く。
d0150720_17133421.jpg


この植物は、大きな扇子のような形をしている。
d0150720_17142741.jpg

  
これはパパイヤの実か  ?
南国だナ~
d0150720_17161376.jpg


民家の屋根の上にあるシーサー
エ~ !?  魚を銜(くわ)えている。
(この集落を牛車に乗って観光することも出来ます)
d0150720_17140452.jpg


小路脇の花
d0150720_17155166.jpg


民家の門塀 脇にあった置物
d0150720_17150618.jpg


店先の水槽の中に色とりどりの花々を浮かべている。
d0150720_17152892.jpg


綺麗な竹富島を後に、高速船に乗船 再び石垣港に戻る。
d0150720_17163668.jpg


・・・石垣港近くのホテルで昼食・・・
沖縄料理の天ぷらは、天つゆはなく そのまま食べる。
碗には、味噌汁でなく、うどんが入っている。
d0150720_17165684.jpg



道端で  これもハイビスカス ?
d0150720_17171071.jpg




昼食後、石垣港から高速船に乗船 約30キロ離れた西表(いりおもて)島 大原港に行く。
d0150720_13333214.jpg



高速船は、船の両側に水飛沫をあげてかなり早いスピードで走る。
西表(いりおもて)島に行く途中、2~3ヶ所 海上に波が高い箇所があり、
さながら ジェットコースターに乗っているかのように船が
1メートルから1.5メートル位 飛び上がるように上下して進んだ。
その度、乗客からワ~ ワ~と叫び声が。。。
私は、船底が壊れるのではないかと......不安でした。
約40分弱の乗船でした。
d0150720_13334767.jpg



西表(いりおもて)島 大原港に着き、
今度は、マングローブクルーズ船に乗り換えた。
往復 約 60分間 仲間川の上流まで乗船する。
・・・ジャングルのような木々が茂る川沿い風景・・・
d0150720_13340502.jpg
d0150720_13342681.jpg



仲間川をカヌーで下る人々もいた。
d0150720_13361460.jpg



山に雨雲がかかり
d0150720_13350672.jpg



突然 横殴りの大粒の雨で どしゃ降りになった。
南国のスコールだ !!
マングローブクルーズ船は、
屋根と両サイドに雨避けの透明ビニールがあり濡れません。

d0150720_13344945.jpg



5分もすると大雨は、サ~と止んだ。
河岸には、フルーツも見える。
d0150720_13352796.jpg



マングローブクルーズ船が進むのに従って
周囲の風景が変わる。


d0150720_13355564.jpg



約40分間位乗車した場所で下船した。

平成12年4月「森の巨人たち百選」に選ばれた巨木
「 サキシマ スオウノキ 」
推定樹齢 400年
延びた根のような 板のような
板根の高さは、3.3メートルもある。
d0150720_13364647.jpg
「 サキシマ スオウノキ 」を見て、
マングローブクルーズ船は、仲間川を下り大原港に戻った。


その後、大原港から観光バスに乗車、今夜の宿泊ホテルに向かう。
「西表島 ジャングルホテル パイヌヤマ」に到着した。
ジャングル ホテルと名付けているように
森の中に建つ コンクリート造りのホテルだった。
d0150720_14302027.jpg



小川には、ニジマスに似た大小の魚が泳いでいた。
d0150720_14305681.jpg



ホテル・エントランスホールの天井は、モダンな模様である。
d0150720_14294591.jpg



川沿いにある食事会場から屋外を見ると
南国の密林って感じである。
d0150720_14311874.jpg
大変長くなったので、
夜のサガリバナ鑑賞 & 星空ツアー体験、
及び 沖縄観光 最終日 翌朝のサガリバナ鑑賞&朝陽のグラデーションツアー
等は、
次回にします。

by saitamanikki2008 | 2019-07-15 08:37 | Comments(4)
Commented by 7スミレ at 2019-07-15 09:34 x
おはようございます。
星の砂浜綺麗ですねえ。楽しく拝見させていただきました。
そちら雨ですか?京都は曇りです。
日照り不足が心配ですね。
では仕事に行って来ます。
Commented by umi_bari at 2019-07-15 12:38
竹富島はのんびりしていますね。
食事は、少し変わっているのかと思います。
西表島までの船、大変でしたね、怖いですよね。
二日目の報告をいっぱいありがとうございます。
お見事バグースです。
Commented by small-talk at 2019-07-15 15:22
マングローブといい、海の青さといい、花の鮮やかさといい、そして赤瓦にの家といい。
亜熱帯の風を感じますね。
日本だから治安も良いし、リタイアしたら永住したくなりそうですね。
Commented by tawrajyennu at 2019-07-17 09:47
沖縄に行かれていたんですね。
いつか行きたいと思いながら、まだ実現していません。
星の砂浜、青い海、なにもかもが綺麗ですね。
スコール五分で止むとは、やはり南国・・・ですね
<< 一夜しか咲かない「サガリバナ」... 一夜しか咲かない「サガリバナ」... >>