人気ブログランキング |

<   2017年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

雨を待って咲く花


3日前、梅雨の季節らしい雨が一日中 降り続いた。
その後、晴れて 朝夕は湿気の少ない清々しい日々に戻りました。
昨日 早朝散歩から帰り庭を見ると、
レイン リリーの花芽がグングン 伸びて、綺麗な花が咲きました。

 確かに レイン(雨) と名前についているように、
雨が降った後に咲きます。


レイン リリー

雨を待って咲く花_d0150720_10401810.jpg


以下は、雨と関係ありませんが。。。

一年中 庭先で咲き続けているチェリーセージ

雨を待って咲く花_d0150720_11232386.jpg


多分 セダム (多肉植物)  

数年前から庭を覆うように、小さい黄色い花が咲き綺麗です。

雨を待って咲く花_d0150720_11051506.jpg


美しいあじさい&6月のイメージショット!



タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-24 12:25 | Comments(2)

野球観戦でドーム球場へ


野球観戦に東京ドーム球場に行った。
その前にJR秋葉原駅を降りて、

湯島聖堂、神田明神をブラブラ.....。
湯島聖堂の周りは、立派な塀に囲まれている。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10461011.jpg

湯島聖堂の起源は、
江戸時代 5代将軍 徳川綱吉によって孔子廊として建てられ、
後に幕府直轄の学問所となった。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10462454.jpg


屋根の上の 聖獣 鬼龍子。 何だか 不気味な感じです。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10463922.jpg

神田明神 楼門
「江戸・総鎮守」として、
約 1300年近くの歴史がある。大正12年の関東大震災で焼失。
鉄筋コンクリート造りの社殿が造られた。
コンクリート造りなので古さは感じられない。
色彩も綺麗に塗られ、むしろ 都会の神社って感じである。

新年は、商売繁盛を願って
都内の会社から背広姿の参拝者が多い。

野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10465321.jpg

拝殿前には、「茅の輪くぐり」
「8の字」を描くように回り参拝した。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10470660.jpg

JR秋葉原駅に戻る途中にあった「秋葉原神社」
都会的と云うか ビルの一部として存在している。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10472193.jpg

内部を覗くと、所狭しと数多くのフィギュアが。。。
奉納 フィギア の棚がある。

やはり 秋葉原 オタクの聖地と云うことか。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10473672.jpg

柱の横には、巫女のフィギュアも
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10475010.jpg

秋葉原神社からJR秋葉原駅に行く途中
数多くのメイドカフェ姿の若い女子が、客の呼び込みしている通路があった。
初めてメイドカフェ姿を目撃した。
昔は、電気街で有名だった。現代は、これも秋葉原と云う街の顔なのか。


そして、東京ドーム球場へ。
1階 ネット裏 34列 観戦には良い場所である。

巨人 Χ 中日 戦
ここ最近 巨人は連敗続き。応援したが、結果は1-0で負けました。
野球観戦でドーム球場へ_d0150720_10480548.jpg
場内は、数多くの若い女子がビールなどの飲食物を販売している。
シート脇の通路を大きなビールタンクを背負って、
試合中 何回も階段を速足で登り、そして又 駆け下っている。
飲み物を頼むと、笑顔が大変 可愛らしい。
飛行機の キャビンアテンダント と比べても、
その若さと笑顔が素晴らしい。

約3時間近く、重い商品を肩にかけて、
階段を昇ったり下ったり、大変な仕事だ !!
メイドカフェ姿で働く、
ブラブラして働かない女子より良いが。。。
球場内で精一杯 働く 若い女子に、
若さと頑張り、その働きぶりに感動した夜でした。



タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-24 12:21 | Comments(3)

梅雨らしい天気に


早朝散歩する大宮公園の池が、今 青緑色になっている。
一見 綺麗に見えるが。。。不自然な色彩である。
先日 青潮で海水が変色している風景をテレビで見た。

青潮は、夏季に多く発生し、
有機物で汚濁した海水が青緑色になる現象を云うとか。
大宮公園の池も同じ現象だろう。

春先から雨らしい雨が降らず、入梅しても晴天が続き、
畑は、カラカラに乾燥している。
やっと 恵みの雨が降り始めた。

梅雨らしい天気に_d0150720_11310889.jpg

早朝散歩の帰り道 
池にポツポツと雨が降り始めた。
午後からは、雨が強くなるらしい。

梅雨らしい天気に_d0150720_11313108.jpg


早朝散歩から帰ると、庭のツユクサが雨を待っていた。

梅雨らしい天気に_d0150720_11321157.jpg


タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-21 12:11 | Comments(2)

初 夏 の 色



美しいあじさい&6月のイメージショット!



白色のシリーズ  ( 2 )

紫陽花 ( 墨田の花火 )

初 夏 の 色_d0150720_11331513.jpg


バラ   (自宅の庭で)

5月に咲き終えた後、剪定すると、

この季節に返り咲きするバラ 「ジャクリーヌ・ドュ・プレ」

麝香(じゃこう)のような独特の香りがある。

初 夏 の 色_d0150720_11335099.jpg


夏椿 ( 別名 シャラノキ(娑羅樹) ) 自宅の庭で

花が、日々 落ちるので、掃除が大変です。

初 夏 の 色_d0150720_11340955.jpg


前回 白色のシリーズ  ( 1 )でも掲載した花です。

今の季節、この様に綺麗な純白の花が咲く。

一見 ファンタジーのようなイメージ感が好きで、

再度 掲載しました。

初 夏 の 色_d0150720_11333404.jpg


「 満天の星空 」

梅雨の夜 満天の星くづ、 そんな事、ありませんよネ。

薄暗い夕方 ドクダミを撮ってみました。

初 夏 の 色_d0150720_10223209.jpg



タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-20 10:56 | Comments(4)

初 夏 の 色


美しいあじさい&6月のイメージショット!


白色のシリーズ  ( 1 )


初夏の花は、花嫁の純白のベールのような白い花が綺麗である。
欧米では、6月の花嫁は ジューンブライドとも云われ、
この月に結婚すると幸せになると云われている。

そんな ジューンブライドの イメージに似合う花を撮りました。

この花の名称は、分かりません。

純白の小さい花が咲き、初々しい花嫁のイメージです。

初 夏 の 色_d0150720_11325670.jpg


白ユリ  (自宅の庭で)

朝夕 甘い香りが漂う。

花言葉は、「純粋」「無垢」「威厳」

初 夏 の 色_d0150720_11314191.jpg


くちなし

周囲に良い香りが漂っている。

花言葉は、「幸せを運ぶ」「清潔」「私は幸せ」「胸に秘めた愛」

初 夏 の 色_d0150720_11320229.jpg


カンパニュラ・ウエディングベル  (自宅の庭で)

倉本聡さんのドラマ「風のガーデン」でも登場した花です。

確かに、教会の結婚式で鳴らす鐘のイメージがあります。

花言葉は、「感謝」「誠実」「親交」

初 夏 の 色_d0150720_16110051.jpg


半夏生  (自宅の庭で)

名前のように、葉が半分白くなって化粧しているように白くなる。

花言葉は、「内に秘めた情熱」

初 夏 の 色_d0150720_11324022.jpg

次回も 白色の花 シリーズ  を掲載します。

タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-18 17:04 | Comments(3)

梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (2)



美しいあじさい&6月のイメージショット!


今年は、紫陽花が早く咲いた。

梅雨の曇り日の下に、紫陽花は 一層 綺麗に咲く。

梅雨に入っているが、とうも 6月は空梅雨になるようだ。。。

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_07165628.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18022813.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18010503.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_17592784.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18012504.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18045002.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_17530547.jpg
梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18024913.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18042799.jpg

梅雨の曇り空が似合う  紫陽花 (2)_d0150720_18030805.jpg




タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-16 07:23 | Comments(1)

梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) 


美しいあじさい&6月のイメージショット!


とうとう梅雨の季節に入りました。

紫陽花は、梅雨の曇り空の下が一番 輝き、美しく咲きます。
紫陽花らしい紫陽花を撮って見ました。


                     『 ハート型に咲いた紫陽花 』

梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_17523240.jpg
梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_18004273.jpg

梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_18040178.jpg
梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_18051036.jpg
梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_18020996.jpg
梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_17595132.jpg

梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_18033390.jpg
梅雨の曇り空が似合う 紫陽花 (1) _d0150720_18014494.jpg

次回も綺麗な紫陽花を掲載します。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-15 09:04 | Comments(1)

立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目


6月7日 立山・黒部アルペンルートの2日目
起床して、宿泊ホテルの窓から外を見ると、曇り空だった。
昨夜は、ホテルのイベントで星空観察したかったが、
薄雲となり中止 残念です。

ホテルをチェックアウトする前に約1時間半「ホテル立山」のある室堂を
ネイチャーガイドさんと散策する。
散策路は、観光客の足で踏みしめられて、
15センチ位の積雪だった。

散策路から立山全景(標高 3,015m)
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09502014.jpg

北アルプス 立山の主峰 雄山の岩頭(写真 右側)には、雄山神社がある。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09504356.jpg

 4メートル位に近づいても逃げなかった野鳥「岩ひばり」
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_10022332.jpg

室堂散策を始めると、現地ガイドさんが「ライチョウ」を示し教えてくれた。
縄張りの見張りをしているオスの「ライチョウ」
冬は羽毛の色が純白だが、暖かくなる季節は羽毛が黒系に変化する。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09472416.jpg

雪と氷に覆われた「みくりが池」
噴火によって出来た周囲 600メートル、水深 15メートルの池。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09475145.jpg


立山・地獄谷
右下 硫黄臭の水蒸気を噴出している。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09483137.jpg


「みくりが池」の淵を更に進むと、直近にライチョウ(メス)がいた。
その距離 5メートル位だった。   
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09490160.jpg

雪山の斜面は、雪が解け流れた跡か ?
斜面に描いたような曲線跡がある。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09500111.jpg

室堂から下界 富山市(青色部分)の一部が見える。
平地とは、別世界の地 立山・室堂
初夏の季節になったが、そこはまだ雪が積もった冬景色である。

参考・・・「ホテル立山」の自然環境
標高 2,450m、沸騰点 摂氏90度位、水温 8月でも 4~5度、
平均気温 春 6.4度、夏 13.8度、秋 6.8度
気圧 760ヘクトパスカル(平地の3/4)
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09511074.jpg

正午前、「ホテル立山」横にある室堂ターミナルから高原バスに乗り
一気に標高 977メートルにある立山 ケーブルのある美女平に下り降りる。

「美女平」に下り降りる高原バスの車窓から「弥陀ヶ原」を望む。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09513121.jpg

「弥陀ヶ原」から下方の富山平野を望む。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09515240.jpg

高原バスの車窓から「称名の滝」を望む
日本一の落差 350メートル。
立山・黒部アルペンルート 初夏の旅 二日目_d0150720_09524188.jpg

「美女平」から立山ケーブルに乗車(7分)して立山に着いた。
これで立山・黒部アルペンルートの旅は終わりです。

帰宅すると、テレビの天気ニュースで、6月7日 関東地方が入梅したと報じていた。
立山・黒部アルペンルート旅行中、雨が降らなくて良かった。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-14 07:09 | Comments(3)

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅


初夏となった6月 6日、友人と立山・黒部アルペンルートを旅した。
立山・黒部アルペンルート旅は、今回で3回目となる。

長野県側・扇沢から関電のトロリーバスに乗り、6.1キロのトンネルを通り抜け、
黒部ダム駅(標高 1470m)で降車。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09390410.jpg


トロリーバスの発着駅 扇沢駅に名物駅員さんがいる。
トロリーバスの改札前で土産物を販売するのだが、
この駅員さんの口上が大変 面白い。
トロリーバスが到着するのを待つ間、大笑いした。
テレビ・雑誌で取材放映されているとか。

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_10041184.jpg

標高 1,470m 黒部ダムの風景は、下界の風景と全く違う。

山岳地に到着した高揚感と共に、山岳地に巨大な発電ダムを建設した偉業に
改めて敬服の念を強くした。
述べ 1,000万人の建設労働者、171名の尊い犠牲により、
昭和38年(1968年) 黒部ダムが完成した。

黒部ダムから残雪の峰を望む。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09392530.jpg


参考・・・今年の黒部ダム観光放水は、
6月26日~10月15日間です。

初夏の季節であるが、黒部ダム周辺の木々は、芽吹いたばかりの新緑。

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09434116.jpg


黒部ダムから見える周辺の山々は、少し残雪がある。
これは、黒部別山でしょうか
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09430743.jpg


これは、黒部ダムから見ると一段と険しく高い山 これは赤沢岳でしょうか

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09443054.jpg

黒部ダムの黒部湖駅から地下の黒部ケーブルカーに乗車して、黒部平に行く。
更に黒部平駅から立山ロープウェイに乗り、大観峰へ。

この日は晴れたので、山岳の眺望が素晴らしい。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09440707.jpg


標高 2,316mの大観峰駅の展望台から黒部ダムを見下ろす。

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09444928.jpg


大観峰まで来ると、山々の積雪が深い。
木々は、少し新芽が。。。

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09584082.jpg

大観峰から立山の地下をトロリーバスで走り抜ける。
そして、宿泊場所のある室堂駅(標高 2,450m)に着いた。
ホテルに到着して、外に出ると周囲は一面に積雪。
「ホテル立山」が霧に包まれている。
晴れた日は、気温が上昇すると積もった雪 と 大気の気温の差で
霧が発生しやすい。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09453886.jpg


霧は、室堂を流れるように去り、青空に立山(標高 3,015m)がクッキリ見えた。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_12040802.jpg


室堂から見た剣岳(標高 2999m)
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09463357.jpg


富山から続く山岳道路の駐車場 及び 国見岳・「雪の大谷」方向を撮る。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09465852.jpg

霧が又 立ち昇って来た。
左下のポッと見えるのは、人の姿です。
場所、場所で雪の吹き溜まりにより、まだ雪が高く積もっている。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09452047.jpg

「雪の大谷」に向かう道路が霧に包まれる。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_09461324.jpg

「雪の大谷」
一番 積雪のある場所付近
今年の最高積雪は、高さ 19メートルだったそうだ。
6月6日 現在の積雪は、13メートル

「雪の大谷」が何故 このように雪が積もるのか ? それは、
山・地形・風の影響で、雪の吹き溜まりが出来ることで、
このように高い積雪になる。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_10055263.jpg
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_10031031.jpg

室堂・ホテル立山 全景

参考・・・ホテルの営業期間 4月10日~11月30日
冬季は、ホテル閉鎖。

 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_10085346.jpg


室堂・ホテル立山 和懐石料理の夕食

ホテル立山は、山岳国立公園の環境を守る為、
料理は、富山の平地で料理の下準備をして、
食事後の皿などは、そのまま平地の富山まで持ち運び洗浄している。
いつまでも綺麗な立山・室堂の山岳環境を守り続ける為に。。。 
立山・室堂で働く人の大切な心構えを聞いた。
料理を頂く側(客)も、美味しい料理を一品一品 噛みしめながら味わう。
環境を守るのも人、環境を壊すのも人
どんな場所でも、そこで暮らし働く人の意識が大切なのだ。
 立山・黒部アルペンルート 初夏の旅_d0150720_10103839.jpg


次回は、室堂散策して、高原バスで富山県側に下り帰ります。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-13 07:21 | Comments(3)

関西の日本海側 旅行 (最終日)

宿泊地 城崎温泉を出発。
関西・日本海側 旅行の最終日は、玄武洞公園~天橋立に行き、
関西 日本海側の旅も終了です。

玄武洞
玄武洞は、約160万年前に起きた火山活動で流れ出した溶岩が、冷えて固まる際、
規則正しい割れ目を作り柱状に節理が形成され出来る。
この場所は、江戸時代から採石場として利用されていた。
地質的価値と自然が形成した節理の美しさ、学術的な重要性から
昭和6年(1931年)国の天然記念物として指定された。
玄武洞は、採石跡の洞穴が今も残っているが、
大正14年に発生した北但大地震で大きく崩落た。
関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10315653.jpg

青龍洞
岩石の規則正しい割れ目を節理、
その節理が柱のようになったものを柱状節理と云いう。
玄武洞公園の中で最も美しい柱状節理が見られるのが青龍洞です。
関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10322139.jpg


一般的に溶岩がゆっくり冷えると、柱状節理が太くなり、
早く冷えると細くなるそうです。
右側の傾いた柱状節理と左側の柱状節理の太さが違うのがお判りでしょうか。

この玄武洞公園のガイドさんから、非常に興味深い話を聞いた。
柱状節理が出来る溶岩の地質は、玄武岩と云う。
玄武岩の中には、鉄分(磁気鉱など)が含まれている。溶岩が冷えて固まる時、
地球の磁石(磁場)の方向に磁化されて残る。
大正15年(1929年) 京都大学の松山 基範博士が玄武洞の岩石の残留磁石を調べた結果、
地軸気が現在の磁気と全く逆の方向であることを発見した。
世界の地質学者の集まる学会で「時代により地球の磁気が逆転(地球磁場の逆転)する」ことを発表した。
当時は、世界の地質学者から「地球の磁気が逆転」する研究結果を、
バカにされ相手にされなかったが、現代では「松山・逆磁極気」として高く評価され、
世界の多くの地質学者が、玄武洞公園を訪れている。
地球の創世記 380万年前から現代まで、11回の地球磁場の逆転が有り、
一番新しい逆転現象は、8万年前だと云う。
何と 壮大な地球科学の現象であることか。


我々凡人にも次のような現象は、小学校で教わったので知ってますよネ。
「N極は 北」「S極は南」の方角を示すのは“地球が大きな磁場を持っている為、
と云うのはご存知でしょう。
地球の磁場が反転するとは、簡単 に云えば南極と北極がひっくり返ることです。
改めて、松山 基範博士の研究結果に驚くと同時に、尊敬の念を強くしました。

関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10324453.jpg



次に訪れたのは、日本三景の一つ「天橋立」

昔々 神代の時代 イザナギノミコトが「天と地」の間を往き来する梯子を架けた。
イザナギノミコトが寝ている時、天と地の橋渡しである梯子が倒れた。
天に架けた梯子が倒れたもので「天橋立」と云われるようになったとか。

リフトに乗り天橋立展望台まで行く。
眼下に全長 3.6キロの松並木(天橋立)が見える。

関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10332900.jpg



展望台に着くと、右側から晴れ間が広がって来た。
青い空 と 青い海 天橋立(松並木)が、見事に調和し素晴らしい景観であった。

関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10335713.jpg



大勢の観光客が天橋立の「股のぞき」を体験している。
顔が写らないので撮らせて頂き、事後承諾して頂きました。

関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10342272.jpg



私も「股のぞき台」から。。。
展望台から普通に見る光景と確かに違って見えた !!
綺麗だ~ !!
股の間から天橋立を見ると、空が広く迫って見えた。
股のぞきして見ると、眼下にあった商店街など目線に入らなかった。
広く迫って見える大空、海、天橋立、足元の地表
この構図が天橋立の風景を違って見せていると思った。

関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10344594.jpg

天橋立駅の近くに、日本三大文殊の一つ
天橋立 知恩寺がある。
境内の松の木に数多く扇子の御神籤が下がっている。
ちよっと違った形の「おみくじ」
何んか その風景がイイ感じ~です !!
関西の日本海側 旅行 (最終日)_d0150720_10350767.jpg

長々と関西 日本海側の旅 日記を見て頂いて、
有難うございました。
実は、まだ6月6日に行った黒部アルペンルートの旅 投稿があります。
初夏 6月初旬の立山の山岳風景を見てください。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2017-06-12 10:18 | Comments(1)