<   2017年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年の暮れ


あ~ァ 今年も残すところ、あと4日になった。
真冬の寒さに耐える木々は、葉を落とし
暖かくなる春に備える。

欅(ケヤキ)・・・大宮公園で
d0150720_07315157.jpg
d0150720_07320749.jpg

家の大掃除をして、 門松を飾り 新しい年の歳神様を迎える。
一度は、大晦日の紅白歌合戦を観たいと、
ここ数年 NHK紅白歌合戦の抽選ハガキを出しているが、
今年も落選。
コタツの中でNHK紅白歌合戦を見ながらの年越になる。

皆様も 良い年を迎えて下さい。
・・・・・今年最後のブログ更新です・・・・・


by saitamanikki2008 | 2017-12-27 08:02 | Trackback | Comments(7)

クリスマスがやって来た


今年もクリスマス ウィークになった。
12月24日 日曜日は、クリスマス・イブ
25日は、 クリスマス。

いつも願いは一つ
地球  五大陸 全ての人々が、
     『 愛と  希望と  喜び 』  が感じられる日々になりますように。。。


Painted  The   Season  Bright
         
         And  Verry  Merry  Christmas  !!



12月 上旬 中国地方へ
『 美景、絶景 & 名所 巡りの旅 』 に行った時 広島の宿泊ホテル、
「グランド プリンスホテル 広島」のエントランス・ホールに飾られていた
綺麗なクリスマス飾り
d0150720_15511473.jpg


我が家では、 クリスマスシーズンに
出窓に毎年 同じ 小さなクリスマス飾りをする。
そして、家族でクリスマス・ケーキを

d0150720_14590424.jpg


以下の写真は、自宅 近くにある ステラタウン周辺 &
ステラタウン・ショッピングモールの クリスマス飾り

d0150720_15014255.jpg


電動乗り物に クリスマス飾り

d0150720_15020591.jpg

d0150720_15023968.jpg

d0150720_15025617.jpg


大きな メタセコイヤの木が
綺麗なクリスマスツリーに
d0150720_15031354.jpg


今日は、穏やかな冬至になりました。
柚子湯で温まります。

・・・静かな夕暮れ・・・
d0150720_15032967.jpg

by saitamanikki2008 | 2017-12-22 17:09 | Trackback | Comments(5)

冬至が近づく

12月22日の冬至が近づいた。

近くの大宮公園で早朝散歩している。
午前 6時 前、冬の太陽は、東の空から まだ顔を出しておらず、
夜明け前の公園は、街灯の周辺以外は 真っ暗である。

今年は、12月中旬になると真冬のような寒波が日本を覆った。
早朝散歩の服装を、一枚 二枚と重ね着して防寒対策している。
寒さのピークは、陽の出まえ 早朝 午前6時半頃から7時頃である。

先日 グッと冷え込んだ朝、公園内にある寒暖計を見たら、マイナス 3.5度でした。
週末は、ジョギングする若者がいるが、ウイークデーは、元気そうな高齢者が多い。


夜明け前の月

d0150720_11180710.jpg


早朝 澄んだ大空が、ブルーモーメントになる瞬間が好きである。
東の空が少し明るく。。。

水鳥のペアも 早朝散歩か ?

d0150720_15330778.jpg



寒々と輝く 夜明け前の冬月

d0150720_15351962.jpg



公園のトイレ

ロボットの丸い目のような。。。ライト

d0150720_15323774.jpg


師走に早くも、強い寒波が日本列島を覆う。
真冬のような寒波により雪国では早くも大雪が降った。

冬 寒気の強さを表す典型的な筋状の雲が現れた。
d0150720_11190973.jpg


12月中旬から大宮公園の池を清掃する為に、ボート・大型重機が搬入された。

5~6年前になろうか
池の水質向上の為に、池の面積半分ほどに水生植物 ガマを植えたが。。。
d0150720_11183617.jpg


大型パワーシャベルを積載しているフロート船で、
池の面積 約半分を占める 水生植物 ガマなど抜き取るとか。

県民の税金の使い道 費用 対 効果を検証する
国の会計検査院のような監査機関が必要だ。
d0150720_11185212.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-12-20 10:59 | Trackback | Comments(5)

師走の日曜日 街の清河寺温泉へ

今朝 12月18日も冷え込みました。
早朝散歩に行く大宮公園 ラジオ体操会場にある寒暖計は、
マイナス 3 ℃ でした。

寒い北風が吹く 師走 17日の日曜日、妻は、友人と信州の温泉地へ。
私 一人で風呂を沸かすよりと、街の清河寺温泉へ行く。
さいたま市 清河寺温泉は、源泉から38℃位の温泉が湧き出ている。
露天風呂は、竹林に囲まれて何処か遠くの温泉地を訪ねたような雰囲気があり、
竹林 好きな私には、大変 好みの温泉場所である。

駐車場は、日曜日なので満杯状態で、玄関先の下駄箱も空きが少ない。
内風呂に入るには客と客の隙間に滑り込むように入浴する。
混んでいるな~。
内風呂で暫く身体を温める。
しかし、人の出入りが多く 落ち着かない。

竹林の露天風呂に浸かりたい。
ドアを引くと、寒い北風がピュー ピューと吹き
一気に北海道にいる様な感覚になり、小走りで露天風呂に入る。

ハ~ 温かい !!

北風が、顔を ピュー ピューと吹きぬけるが、身体は ポカ ポカ。 
ホント 極楽 極楽って感じだ。

冬の青空に竹林が映え、ピュー ピュー北風に竹林が泳いでいる。
露天風呂に10分も浸かっていると、頭からポカポカする。

飛行機が、澄みわたる青空に一直線の飛行雲を描きながら北に飛ぶ。

冬の青空に飛行雲、竹林、ポカポカの温泉
ア~ 冬の日本 又 イイな~ !!


※  写真は、ネットからお借りしました。
d0150720_10085203.jpg
d0150720_10045591.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-12-18 11:18 | Trackback | Comments(3)

初冬の海 風景


初冬 海の夕暮れ 散歩

師走 早くも中旬になってしまった。
街では、クリスマス飾り、イルミネーションが輝いている。

12月初旬 秋谷海岸で撮った夕暮れせまる海
綺麗な海原は、心に染み入るようです。
d0150720_11433787.jpg
d0150720_11441728.jpg

相模湾に浮かぶ富士山
d0150720_11443710.jpg

夕暮れの漁船
d0150720_11453303.jpg


d0150720_11445357.jpg


遠望の江の島
d0150720_11454932.jpg



by saitamanikki2008 | 2017-12-16 10:33 | Trackback | Comments(4)

美景、絶景 & 名所 巡りの旅へ (3日目)


美景、絶景 & 名所 巡りの旅

旅行 3日目(最終日)は、安芸の宮島、津和野を散策して、
萩・石見空港から羽田空港に帰りました。

広島 宿泊ホテルのガーデンを 早朝散歩。
d0150720_14060058.jpg


早朝 海岸の遊歩道で
d0150720_14070574.jpg



JR鉄道会社が、唯一 運行しているフェリー航路で往く

「 安芸の宮島 」
 
世界遺産 厳島神社が神々しく見える。
大鳥居の背後にある弥山(530m)の霊火堂には、
弘法大師が806年に灯した火が、約1,200年消えることなく燃え続けているとか。
「不消(きえず)の火」として、
広島平和記念公園の「平和の灯(ともしび)」の元火となっている。

d0150720_14072472.jpg



フェリー船に乗り、約10分で宮島桟橋に着く。

参道に鹿が数頭いた。
奈良公園の鹿は、観光客の手荷物を狙っているような仕草があったが、
ここの鹿は、幾分 おとなしい。

『 朱塗り廊下・千畳閣・五重塔 』

千畳閣・・・・・豊臣 秀吉が、慰霊のために建立した大経堂。
工事中に秀吉が死去、板壁・ 天井の板もない未完成の姿である。

d0150720_14074584.jpg



朱塗りの長い廊下が続く

d0150720_14080311.jpg



大鳥居をピクチャーウインドウ風に

木造の鳥居としては、日本一の高さである。
現在の鳥居は、8代目にあたり明治8年(1875年)に建立された。

干潮の時間帯で、鳥居の真下まで歩いて行く。

d0150720_14082487.jpg



潮が満ちて来た。

d0150720_14084601.jpg



船頭さんが操る小舟が鳥居の下を

d0150720_14092692.jpg


参道にあった 大杓子 (ケヤキ材製)
長さ 7.7メートル、重さ 2.5トン

d0150720_14094396.jpg



厳島神社の境内は、名物 もみじ饅頭、牡蠣などの売店が並ぶ。

写真は、もみじ天 

d0150720_14100501.jpg



安芸の宮島口から再び観光バスに乗り、津和野を目指す。
中国自動車道 吉和パーキングエリア付近まで来ると、
観光バスの車内でうたた寝していた目に
車窓から雪景色が飛び込んで来た。
私にとって、今季 初めての雪景色になった。 

d0150720_14103087.jpg

吉和パーキングエリアのテーブル & ベンチは、
約 15センチの降雪です。

d0150720_14104665.jpg

そして、とうとう最後の観光地 山陰の小京都と云われる津和野(島根県)に着いた。
津和野は、思っていたより こじんまりした町でした。

本通りは、歴史を感じる武家屋敷、商家など立派な家屋が建ち並ぶ。
d0150720_14111135.jpg

町のガイドさんから、「今日みたいな曇天は、良い天気」とか。
冬の津和野は、雪か雨の日が多いとの説明でした。
こちらの道路は、現代風で綺麗だが、
どうも周囲の建物とミスマッチの感がして。。。
歴史的建造物の景観とそぐわず雰囲気を壊している。
d0150720_14113372.jpg

津和野の町は、清流に泳ぐ鯉で有名
秋の観光シーズンが終わって、観光客が与えた餌をお腹一杯 食べたのか
大きく太ったな鯉が泳いでいた。
d0150720_14115324.jpg


d0150720_14123359.jpg


・・・津和野の川岸で・・・
川でも大きな鯉が泳いでいる。
因みに、津和野では鯉は食用にしないと云う。
神様扱いだとか。
d0150720_14130305.jpg

津和野の町を散策中、
蒸気機関車 S L「やまぐち」号が津和野駅から汽笛を鳴らし走って来た。
チョット 撮影のタイミングが早すぎたが、
蒸気機関車の素晴らしい走行に出会える機会に遭遇できて良かった !!

参考・・・蒸気機関車の前方 遠方の山の中腹に白い旗が立ち並んでますが、
この山腹には、太皷谷稲成神社が鎮座している。
朱色のトンネルのように続く「千本鳥居」の表参道があることで知られる。
旅行 2日目に行った山口県長門市 元乃隅稲荷神社は、
この太皷谷稲成神社から分霊して建立された。
d0150720_14132860.jpg

今回の旅で訪れた場所は、国内で唯一 訪れたことのない観光地ばかりだったので
良かったです。

中国地方の美景、絶景 & 名所 巡り、三日間の旅は、これで終わりです。

by saitamanikki2008 | 2017-12-14 11:24 | Trackback | Comments(3)

美景、絶景 & 名所 巡りの旅へ (2日目)

中国地方の美景、絶景 & 名所 巡りの旅

二日目は、萩 城下町を後にして、
ここ数年 突如 観光地になった山口県長門市 元乃隅稲荷神社に行った。
2015年 アメリカのテレビ局 CNNが発表した「日本で最も美しい場所31」として発表され、
地元民がビックリするほど大勢の観光客が押し寄せるようになった。
海岸の下に向かう赤色の鳥居が続く。。。

冬の日本海 風が強く吹き荒れ、うねりが大きな荒波となって、岸壁に打ち寄せる時、
写真 右上 海上が白く見える場所は、海中の岩場に大きな穴があり
間欠泉のように海水が高く吹きあがるそうだ。
その現象から「竜宮の潮吹き」と云われている。

大潮、強風などの条件が合致すれば、15メートル位上がると云う。
その瞬間が撮れたら最高の写真になったのだが。。。残念。
d0150720_09084007.jpg

そして、日本一 難しいとして有名な賽銭箱

鳥居の上部、高さ 5メートルに小さな賽銭箱がある。
元乃隅稲荷神社は、小さい社殿ですが、鳥居にある賽銭箱が   高い 高い !!
 100円硬貨を投げ入れたが、
賽銭箱まで届かず、拾っては投げ、又 拾っては投げ
7~8回位投げ続けたが、一度も賽銭箱に入らなかった。
強風だったから....。と 変な言い訳で。。。
d0150720_09085965.jpg

「竜宮の潮吹き」

この日は、海からの風が風速 15~20メートル位あった。
2.5メートル位の盛り上がりです。
d0150720_09091625.jpg


次に向かったのが、角島大橋 (山口県下関市)
この橋は、某自動車メーカーが車と共に撮影した写真により有名になった。
離島の橋としては、沖縄県 古宇利大橋(全長1,960m)に次ぎ、日本第2位の長さ(全長1,780m)です。

曇天の下では、イメージが一変してしまい残念。

d0150720_09094468.jpg

厚い雲間から一瞬 陽が差し込んだ時に撮影 (展望台から)
エメラルドグリーンの海、途中に小さな島 鳩島がある。

鳩島は、島側の橋上から、綺麗に並ぶ柱状節理の岩がありました。
d0150720_09100292.jpg


橋上の観光バスの車中からエメラルドグリーンの海

d0150720_09102092.jpg

次に観光バスが向かったのは、
小雪が舞う秋吉台・・・・・展望台から秋吉台
冬 日本海側の天気は、変りやすいナ~。

秋吉台と云えば、野焼き・大鍾乳洞が有名で総延長は約10kmと云われるが、
今回の旅行は見送りです。
d0150720_09103939.jpg

次に行ったのは、瑠璃光寺 (山口県山口市)
d0150720_09105995.jpg

瑠璃光寺 境内の 「 五重塔 」
室町時代中期の建築物で、上部にしたがって細く見える美しい塔です。
屋根は、ヒノキの皮で造られ国宝に指定されている。
d0150720_09111712.jpg


萩藩「 毛利家墓所 」は、国の史跡 に指定。
石階段の前で力強く手を叩くと、ビンビンと共鳴した。
d0150720_09113600.jpg

観光バスの車内で、長州 地サイダーを
吉田松陰 & 高杉晋作のイラストが。。。
d0150720_09115505.jpg


このツアー観光は、過疎地を走る単線 電車に乗車します。
錦川鉄道 清流線 無人駅の北河内駅から根笠駅間
一車両 約20分間の乗車。
4~5名の地元の乗客の他は、私たち団体客だけでした。

d0150720_09122214.jpg

北河内駅前の杉林
竹林も好きですが、このように枝を伐採した杉林の風景も好きなので、
撮ってしまいます。
d0150720_09124075.jpg

ワンマン運転の一両 電車に観光客 48名が乗車します。
d0150720_09125667.jpg

山と川の隙間をゆっくり走行
一見 早いスピードのように撮りました。
d0150720_09131318.jpg

ライトアップの錦帯橋
この日の観光は、薄暗くなって錦帯橋に着いた。
ライトアップされた錦帯橋も風情があってイイな~。
d0150720_09133089.jpg

その後、観光バスで広島市内へ。

広島と云えば、「お好み焼き」 & 宮島の「もみじ饅頭」
あの~ 食べ物だけの話ですが.....。
夕食は、広島駅前にあるビルの6階 11~2店ある「お好み焼き店」の内
行き当たりばったりでお好み店に入りました。
牡蠣のバター焼き、
広島名物として書かれていた焼き物 食品名 忘れました。 
& 刻んだネギが山盛りの「お好み焼き」を頂いた。

d0150720_09134719.jpg

この日の宿泊は、広島 海岸沿いに建つ高層ホテル
12月 クリスマスシーズン
ホテルフロアーは、クリスマス飾りで大変 綺麗でした。
d0150720_09140975.jpg
次回 中国地方の美景、絶景 & 名所 巡りの旅は、最終日となります。
 
安芸宮島から津和野を散策
萩・石見空港から飛行機に搭乗、羽田空港に戻ります。



by saitamanikki2008 | 2017-12-13 13:22 | Trackback | Comments(2)

美景、絶景 & 名所 巡りの旅へ (1日目)


初冬の良く晴れた日

中国地方の美景、絶景 & 名所 巡りの旅は、

羽田空港から飛行機の離陸で始まった。

飛行機の窓から外を見ると、澄み渡った初冬の大空があった。

d0150720_16431676.jpg


眼下に見える山の峰々は、少し冠雪している。

d0150720_16433141.jpg



乱気流もなく順調に飛行して、琵琶湖が綺麗に見える。

d0150720_16434829.jpg



眼下に広島の市街地 & 厳島神社のある宮島が見える。

d0150720_16442529.jpg


広島の上空を過ぎると、少しづつ雲が見え始めた。
ふと 飛行機の窓越しに外に目を移すと、輝く彩雲が見えた。
エェ~ !?    その彩雲の中に私たちの搭乗している飛行機の影が。。。!!
そう度々 飛行機に搭乗しているわけではないが、「ブロッケン現象」を見たのは初めてだ。
珍しい光景に遭遇してワクワクした。
客室乗務員の間では「“虹の 輪”を見られると幸せになれる」と云われているとか。

d0150720_16444215.jpg

           
           雲が厚くなると、搭乗している飛行機の影がはっきり映っている。

           飛行機の後を別の飛行機が追ってくるような不思議な感覚でした。

※ 「ブロッケン現象」とは、太陽を背にして飛行機の周囲に光が拡散され、雲の上で虹のように見える現象です。

d0150720_16445750.jpg


山口 宇部空港に着陸。

対岸は、九州 大分県 国東半島の両子山 でしょうか ?

d0150720_16451571.jpg


山口 宇部空港から観光バスに乗車、中国地方の美景、絶景 & 名所 巡りが始まる。

初日、江戸末期から明治時代に勤皇の志士たちの精神的支柱であった吉田松陰が生まれた日本海側 萩市の名所を巡る。

萩藩の「 明倫館 」
 明倫館は、萩藩(長州藩)の藩校として建てられた。
慶応3年(1867年)廃館に至るまで、約150年にわたり藩校として教育が行われ、
幕末の萩藩(長州藩)の中で重要な役割を果たす。

水戸藩の弘道館、岡山藩の閑谷黌と並び 日本三大学府と云われている。
d0150720_16453188.jpg

昭和10年(1935年)萩藩(長州藩) 明倫館の跡地に建てられた日本最大の木造校舎 明倫小学校校舎が建てられた。
平成26年3月まで授業が行われていた校舎を改修して観光の起点「萩・明倫学舎」として生まれ変わった。

4校舎あり、2校舎を見学できる。
廊下、天井は、昔懐かしい板張り。

内部は、武具や明治時代 日本の近代化に向け使用された 天文、測量、医学、軍事資料などが展示してある。
d0150720_16460085.jpg


萩藩の面影が残る小路を歩く

d0150720_16461957.jpg


周囲には、萩焼の店が。。。
店の軒下に「干し柿」を吊るしている。
d0150720_16463713.jpg


d0150720_16482634.jpg


萩藩の「 奇兵隊」を 結成し、幕末の風雲児・高杉晋作の生家を訪ねる。
d0150720_16475977.jpg


室内 と 額縁 「 玉誠通天 」

書いた人の意図を独断と偏見で自己流に解釈すれば、
『人は、自らを「玉」を磨くように鍛錬し、
学ぶことにより知識を得て「誠」が生まれ、誰もが認める立派な人物になることができる』

こんな意味だろうか。。。?
d0150720_16465743.jpg


d0150720_16471804.jpg

こんな顔が描かれている
西郷吉之助、高杉晋作、平野次郎
d0150720_16473565.jpg


次に向かったのが松陰神社の境内にある「松下村塾」(しょうかそんじゅく)

d0150720_16484865.jpg


松下村塾の間
d0150720_16491006.jpg


松陰神社


d0150720_16493206.jpg


松陰神社の「おみくじ」
へ~ 番傘作りだ。
d0150720_16495737.jpg

この夜の宿は、菊ヶ浜にあるホテル。
早朝 観光バスが出発する前、遠浅で綺麗な浜辺を散歩した。
夏は、海水浴場になる 
d0150720_16503798.jpg


菊ヶ浜にある指月山、麓に萩城跡がある
d0150720_16501925.jpg
次回も中国地方の美景、絶景 & 名所 巡りの旅が続きます。


by saitamanikki2008 | 2017-12-11 13:12 | Trackback | Comments(2)

初冬の空の下で


12月 4日 早朝 午前6時40分

東の空に陽が昇る頃、西の空は黄金色の満月が輝きつつ沈む。

(手持ち撮影なので感度を上げて撮ると画像が荒くなる)

d0150720_15410771.jpg


初冬の空の下、庭に咲くバラ

バラ 「 ファザーズ ディ 」
d0150720_12513411.jpg


バラ 「 グリマルディ 」

d0150720_15414152.jpg


ミニバラ 「 八女津姫 」

d0150720_12515288.jpg


散歩道に咲く花・実

「 皇帝ダリア 」

d0150720_15412501.jpg


イイギリの実

d0150720_12522562.jpg


万両(まんりょう)の実

d0150720_12524386.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-12-05 16:24 | Trackback | Comments(4)

赤く燃え盛るように


大宮公園の一角に
燃えるように真っ赤に染まる一本の紅葉の木がある。

晩秋 赤色で息を吹き返すように燃え盛る。
あたかも ハレの日であるように。。。


11月28日 撮影

d0150720_21103529.jpg
d0150720_21105713.jpg
d0150720_21112390.jpg
d0150720_21135907.jpg

武蔵一之宮 氷川神社 楼門
d0150720_21120156.jpg

氷川神社の裏手にある大宮公園 日本庭園
d0150720_21123458.jpg

「学問の木」と云われる 櫂の木
今年の紅葉は、バラツキがあり綺麗に染まらなかった。
11月21日 撮影
d0150720_21132558.jpg

真っ赤に染まった ドウダンツツジ
11月28日 撮影
d0150720_21130011.jpg


by saitamanikki2008 | 2017-12-02 21:50 | Trackback | Comments(3)