<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大宮公園 The Best of Best 桜の競演 写真

春 桜咲く頃は、「春に3日の晴れなし」と云われ、天気の変化が早いのが特徴である。
雨が降り「花散らし」になることが多い季節である。
だが 今年は10日間以上 晴天の日が続き、5月のような暖かさとなっている。
桜は、例年 開花から一週間後に満開になるが、今年は桜の開花から4日間で満開になった。
そして、桜花見物にとっては、近年にない最良の年になった。

大宮公園で撮った写真 The Best of Best 桜 サクラ さくらの風景写真を掲載します。


大宮公園 池の畔 ( 桜 & 水鳥)

d0150720_16201277.jpg

大宮公園 池の畔

d0150720_16204061.jpg


大宮公園 歴史博物館前
d0150720_16210226.jpg


大宮第二公園 満開の桜
d0150720_16212931.jpg


大宮第二公園 桜の下で
d0150720_16214714.jpg


大宮公園 早朝の桜
d0150720_16222479.jpg


大宮公園 見事に咲いた枝垂れ桜
d0150720_16233473.jpg


見上げて見れば 桜・サクラ・さくら
d0150720_16302757.jpg


コントラスト
桜 & 新緑
d0150720_16244226.jpg


桜咲く 風景
d0150720_16310531.jpg


ソメイヨシノ
d0150720_16240936.jpg


枝垂れ桜
d0150720_16250717.jpg


花筏 (大宮公園の池)
3月 30日 早朝
早くも サラサラと花吹雪が舞い落ちる。
d0150720_16252850.jpg
今週のブログ テーマ投稿
春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】


by saitamanikki2008 | 2018-03-30 17:18 | Trackback | Comments(5)

春の訪れ & 大宮公園 桜 開花情報



自転車に乗り街に出かけた。

途中、街角で......早咲きの桜が満開に咲いていた。

d0150720_13164622.jpg


 青空に向かって、モクレンが祝い事でもあるように咲いている。
d0150720_13170722.jpg



早朝散歩の大宮公園
球場に射し込む朝陽も、幾分 柔らかさを感じる。。。

d0150720_13172416.jpg



朽ちた切り株に落ちた椿花 一輪

d0150720_13173877.jpg


・・・大宮公園の桜 開花情報・・・
3月23日 早朝
公園全体のソメイヨシノは、1~2分咲きの開花
郷土歴史博物館前にある早咲きの雅桜は、こんな咲き具合です。

d0150720_09482681.jpg

俯き気味に咲く雅(みやび)桜
d0150720_09484386.jpg


咲いたばかりのソメイヨシノ
3月28日~29日頃が満開になると思います。

3月23日 早朝撮影
d0150720_09490037.jpg



by saitamanikki2008 | 2018-03-23 10:00 | Trackback | Comments(4)

春の息吹


春は、新芽が芽吹く季節

・・・ネコヤナギ・・・

毛虫のようでもあり、芋虫のようにも見える。
d0150720_16094518.jpg
d0150720_16100022.jpg


春先 杉花粉によるくしゃみ、鼻水などに悩まされる人は多いと思いますが
これからの季節 ヒノキの花粉にも悩まされる人もいる。
ヒノキ属の仲間として、
ヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロがあるそうだ。
この枝葉にある茶色の松ぼっくりのようなものが、開くと花粉が飛ぶ
この枝葉は、多分 サワラと思います。
d0150720_16101328.jpg


・・・ 柳の枝 ・・・
d0150720_16102564.jpg


・・・ 早朝散歩の遊び心 ・・・

大宮公園で椿が咲いている。
ポトッ、ポトッと椿の木から花が地面に落下し
彼方此方に花が散らばっていた。
桜咲く 暖かい春を迎える LOVE マークを作った。

今年の桜の開花は、例年より1週間か 10日位 早いそうだ。
d0150720_16092770.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-03-21 11:11 | Trackback | Comments(3)

春の黄色


大宮公園に真っ黄色の花が咲く木がある。
その名は「サンシュユ」

ウイキペディア百科事典に面白い内容の記載があった。
温めた牛乳にサンシュユの枝を入れ、保温して一晩置くとヨーグルトができるそうだ。
ブルガリアにはヨーグルトの木と呼ばれる木があり、
サンシュユはヨーグルトの木の親戚にあたるため、実際に同じようにヨーグルトを作れるとか。

一度 試験的に試してみょうかナ~。
d0150720_16084946.jpg

 一つ 一つの花は、大変小さい。
しかし、全体に咲くと見え映えする「サンシュユ」です。
d0150720_16090664.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-03-17 09:55 | Trackback | Comments(4)

春の夜明け


春になり夜明け時刻が早まった。
大宮公園内で早朝散歩する人々も増えてきた。

大宮公園の池
池の面積 7割位 ガマの葉が茂ってましたが、
約 3ヵ月かけてガマの除去作業を続け、3月14日 作業が終了した。
(写真は、今年1月撮影)
d0150720_10550096.jpg


大宮公園 春の夜明け
 池に生えていたガマがなくなり、又 広々とした池になった。
(3月15日 撮影)
d0150720_10553066.jpg
d0150720_10551740.jpg

ここ数日 4~5月のような暖かい日が続き、
大宮公園 桜の蕾は、日々 膨らんでいる。

3月15日 早朝撮影
大宮公園で一番早く咲く 「雅(みやび)さくら」
郷土歴史博物館前にあります。
d0150720_15180690.jpg

ソメイヨシノの蕾
d0150720_15182312.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-03-16 15:26 | Trackback | Comments(4)

男の食材作り(燻製)


庭先で椿の花が咲いている。
d0150720_09521103.jpg


春先の暖かくなったある日、庭で薫製を作りをしたくなった。
10ヶ月位まえに燻製作りをしたが、久しぶりである。
今回 燻製作りに事前に用意した食材は、鮭の切り身(甘塩)、鰺、ゆで卵。
燻製の出来を左右するビックル液。
ビックル液の作り方は、水、天然塩、三温糖、醤油を適当な割合に鍋に入れ沸騰させる。
火を弱めて10分位煮る。火を止めてから、
適当な量のブランデー、ハーブの王様と云われているバジル、黒コショウを入れ、
鍋の温度が下がったら出来上がり。
出来上がったビックル液を刷毛で食材に塗って下準備が完成する。
私は、酒が飲めないので、今回も高級ブランデーを入れた。
d0150720_09510961.jpg


そして、ヒッコリーのスモークウッド。
ヒッコリーは、欧米で最もポピュラーな燻製材で香りがよく、食材を選ばず使用できる。
d0150720_10004503.jpg


鮭の切り身(甘塩)、鰺、ゆで卵を燻製器の中に並べ、
燻製器内のスモークウッドに点火。
そして、燻製器の下に用意した屋外用ボンベに着火。
d0150720_09501439.jpg

燻製器内の温度を35~40分 100℃に保ち続ける。
d0150720_09503284.jpg


時間になったら蓋を開けて、スモーク食材を取り出す。
鮭は、冷凍保存できるので
6ヶ月後でも美味しいスモーク鮭が食べられる。

そのままお酒のおつまみにして食べるのも美味しいですが、
私自身は、手で細かく鮭をほぐして、
フライパンに出来上がったチャーハン上のに乗せて
3~4回混ぜるだけで鮭のスモークチャーハンが完成。
又は、クリームスパゲッティに
同じようにスモーク鮭をプラスして食べるのが好みである。
d0150720_09505061.jpg

・・・スモークが終わった後の注意・・・
スモークウッドやスモークチップの火は、消えたように見えても
内部は、まだ火が残っているので、必ず 水の入ったバケツなどに入れ消火、
再び自然発火しないように事後処理することが大切である。

by saitamanikki2008 | 2018-03-14 11:38 | Trackback | Comments(3)

庭に春の訪れ



暖かくなった春の陽光を浴びて

庭のクリスマスローズが満開になった。
d0150720_13075380.jpg

d0150720_13094855.jpg

d0150720_13084206.jpg



西洋スイセンが、一輪 咲いた。
暖かい陽射しの中で多くの水仙が咲くだろう。

d0150720_13091203.jpg



遅咲きの豊後梅が満開に

d0150720_13085585.jpg

ミニ西洋スイセン
d0150720_13092919.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-03-11 17:19 | Trackback | Comments(6)

生き切った人生

春の風が吹き、梅の花が咲きそろった頃、父親が郷里の地であの世に旅立った。
101歳 大往生でした。
70歳頃、俺は100歳まで生きると云っていたのを思い出す。
甘党だったので、亡くなる前日も チョコレート、ケーキ類を少し食べたそうだ。
戦争を体験、戦後の貧しさ、日本経済の発展、経済バブルと崩壊、大地震など
激動の時代を生き抜いたきた人生であった。
晩年は、幸せな人生であったと思う。

今の人類が誕生したのは3~2万年前、以来 人の子として生まれ育ち、結婚して子供が生まれ、
その子が結婚して 又子供が生まれる。
「輪廻転生」かどうか分からないが、
3~2万年前の大昔から、現代に生きる人 すべての人間が持っているDNAは、3~2万年前から引き継いできた
希少価値そのものである。
そう簡単に、自らの生を絶ってはならないし、ましてや他人の生を奪ってはならない。
人が生まれながらに持っているDNAを次世代の人間に託し生き切ることが、人 一生の仕事なのだろう。
そんな理由で「長い間 色々有難う」とお礼を言ってお別れした。


約 25年前 父親から頂いた観音竹
株分けなどして、今春も居間で葉が青々と茂っている。

d0150720_17120547.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-03-07 17:32 | Trackback | Comments(6)

感激と戸惑いが交差した韓国 冬季 平昌オリンピック 

韓国・平昌 パラリンピックは、3月 9日の開会式から始まる。
又、日本選手の活躍を祈っている。

平昌 冬季オリンピックで活躍した日本のアスリート選手団の活躍は、素晴らしかった。
日本に帰国したメダリストの言葉は、感謝と愛に満ち溢れていた。
流石、一流メダリスト 次々と感動する言葉を発する。
その言葉から活躍したシーンが脳裏に浮かび感動して涙が出た。
しかし、平昌 冬季オリンピックを終えて思うことは、感動と戸惑いの大会だった。

IOC国際オリンピック委員会は、冬季オリンピックを欧米メディアから多額な放映権を得る為に金銭収入を重要視した。
競技時間が、夜間 10時30分頃に開始、終了時間が観客のいない0時30分過ぎになることもあった。
競技前のアスリートたちが、寒さに凍えて毛布をかぶり出場待ちしていた姿が印象的でした。
アスリートたちは、競技に人生を懸けて頑張っている。
アスリート・ファーストの大会にすべきであるが、
IOC国際オリンピック委員会の収入を第一の考え、選手たちを二の次にした。
韓国も同調してアスリートより開催国の収入を重視した平昌 冬季オリンピックだった。

オリンピックは平和の祝典と称されるが、
韓国の大臣が多数の日本人が、平昌 冬季オリンピック観光に来なければ、
「 2020年 東京オリンピックに韓国人を旅行させない 」
と発言した。
又、韓国では昨年末までは、法律違反であるはずの北朝鮮の国旗が振られ、
2010年3月、北朝鮮潜水艦が韓国軍の哨戒艇を沈没させた事件は、
韓国が北朝鮮の国家犯罪として当時の北朝鮮軍 責任者 金英哲氏(キム・ヨンチョル)を休戦協定犯罪人としていたが、
平昌 冬季オリンピック閉会式に北朝鮮 中央委員会副委員長の肩書で、
韓国は、国賓級待遇で堂々と入国させた。
韓国は、大統領が代ると変えてはならない法律が突然 合法になったり、非合法になったりする。
韓国 女子パシュート選手が後続のアスリートを置いてきぼりにした場面があった。
後に着いて来られない選手を笑い下げていた。
このことで韓国内で猛烈な批判を受けて、批判を受けた選手はオリンピック会場の氷上に韓国旗を置いて土下座した。
これらの原因は、一部の選手のみ優遇差別していた韓国スケート協会にあるはずだが、
批判の先がアスリート個人に向けられた。
韓国民の気質は、一方を極端に非難し許さない業がある。

平昌 冬季オリンピック前に、
韓国の大学生対象に行った一つのアンケート結果があった。
韓国の敵国は、『 日本 』
と 50パーセント以上の学生が回答した。
もし日本国内で同じようなアンケートを実施したら
敵国 ?
敵国とは思わないが、好きでない国は、北朝鮮、中国、ロシア、韓国の
順番になるかもしれない。

このアンケートは、冬季オリンピック競技を念頭にしたものでなく、
日常的に抱いている意識調査の結果である。
幼い小学生から繰り返し刷り込まれる敵国教育により
「日本は敵国」
と戦後から延々と続く韓国民の意識である。
朴槿恵(パク・クネ)前大統領が、
慰安婦の恨みは、千年続くと発言していたが、
韓国民の日本に対する敵国意識は、これからも数百年単位で続くだろう。

オリンピックは、平和の祭典で政治を持ち込まないと云われるが、
平昌 冬季オリンピックは、
韓国 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が見事なまでに政治介入した大変見苦しい大会であった。

だが一方で、
 スピートスケート女子500m競技で小平尚選手が、一位で金メダルに輝き、2位で韓国アスリートイ・サンファ選手が
銀メダルに輝いた。
ウイニングランで泣いていた韓国選手に小平選手が声をかけ肩を抱き、
共に手を取り合って二人でウイニングランする姿に本当に感動した。
韓国が一日でも早く普通の国になるよう願わずにはいられない。
或る日の朝 目覚めると、スピードスケートの小平選手と韓国 イ・サンファ選手のように
共に手をつなぐ隣国になるよう切望する。

最後に開幕当初 NHKの現地派遣の若い男性アナウンサーが、上から目線で
競技を終了したばかりの日本のアスリートに問いかけるシーンがあった。
NHKの体質を如実に示した問いかけ質問により競技後の印象を不快にした。

この小さい無数の丸いものは、何  ??
d0150720_10041578.jpg


ヒントは、この写真
朝の陽光にあたる冬の窓ガラス & 水滴です。
マクロで撮った写真でした。
d0150720_09580027.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-03-04 16:20 | Trackback | Comments(3)