人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

秋谷海岸の休日 (3) 夕暮れ sanpo





・・・夕暮れ時の秋谷海岸を散策・・・

秋谷海岸は、夕陽が綺麗に見える場所として知られている。

日中の直射日光の下では、暑く感じるが、

夕暮れになると半袖では肌寒くて長袖に着替えた。
d0150720_11245387.jpg




内陸の地 さいたま市に暮らしていると、
夕陽は、建物の陰になり見えないので、夕陽が沈む位置は、全く気にしてない。
しかし、
今の季節(5月下旬)、秋谷海岸から見る夕陽は、
江の島の少し左側に沈む。
因みに、冬の12月は、伊豆半島の中央部付近に沈む。
d0150720_11240296.jpg



赤い夕陽に照らされて海面が赤く染まる。
d0150720_11243385.jpg




夕暮れのライダー
夕暮れになると、地元の人々も砂浜に座り
夕陽を見に来る人もいる。
d0150720_17323049.jpg


夕暮れの砂浜に一掃のヨットが。。。

d0150720_11260922.jpg



「立石公園 梵天の松 と 夕景」

この日、立石公園付近には、大勢のカメラマンが来ていた。
d0150720_11263124.jpg



赤い夕陽が沈む。。。

カップルが松の下に立ち、ズ~と綺麗な夕景を眺めている。

d0150720_11264558.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-05-31 14:40 | Comments(3)

秋谷海岸の休日 (2)



・・・初夏 快晴の秋谷海岸・・・

海風が吹く秋谷漁港の防波堤に座ると、
涼しくて、気分爽快である。
沖合にヨット、漁船が航行する。
d0150720_10360745.jpg


一列に並んで水鳥が飛んでいく
d0150720_10364014.jpg



漁港内の浮き球

d0150720_10561524.jpg



海岸付近は、狭い通路が多い
この坂道を下り 
キラキラ公園に行く
d0150720_11032090.jpg


高台のキラキラ公園から
ここからも綺麗な海原が。。。
d0150720_10560113.jpg




秋谷海岸に戻ると、沖合を数人乗りのボートが航行する

d0150720_11012290.jpg



砂浜では、周辺にトンビの食べ物は、見当たらないが、
上空からトンビが降りて、
近づいて来る。
小さめなので子供のようだ。

d0150720_10374001.jpg



石垣に生えた草花
(立石公園で)
d0150720_11014618.jpg



立石公園の松 
数多くの若芽が生えて。。。いるが、
松らしくない松の樹形。

d0150720_10545904.jpg



by saitamanikki2008 | 2019-05-30 11:16 | Comments(1)

秋谷海岸の休日 (快晴)



初夏 雲一つ無い快晴に恵まれ、
美しい秋谷海岸が。。。

全国的に暑い初夏となり、北海道では記録的な猛暑となったが、
湿気のない暑さに海風が吹き、秋谷日和と云うか
ハワイにいるようで、大変心地よい秋谷海岸。

気分爽快 !!
d0150720_10235203.jpg




相模湾上に冠雪の富士山が薄っすらと見える。
太平洋側から富士山を見ると、初夏でもまだ冠雪しているが、
山梨県側から見ると、冠雪は少なくなっているとか。

d0150720_10241047.jpg




青空の下 海辺に座って寄せては返す美しい波を見ていた。

d0150720_10252625.jpg




綺麗な浜辺の風景を独り占めしたような錯覚さえ。。。

d0150720_10260309.jpg




何処までも続く広い海原 

d0150720_10263603.jpg




一人の外国女性が 浜辺を歩いて来た。
砂浜に衣類を置き水着になって泳ぎ始めた。
この綺麗な海を見て泳ぎたくなったのだろう。
一度 沖合まで泳いで行き、浜辺に上がり、そのまま衣類を着て歩き去った。
初夏の水温は、まだ冷たいだろう。

d0150720_10270836.jpg


次回も秋谷海岸が続きます。


by saitamanikki2008 | 2019-05-29 16:10 | Comments(2)

庭のバラ



5月は、バラのシーズンである。 

我が家の庭が、一番 華やかになる季節でもある。
朝 早朝散歩を終えてから庭で一番 見え映えのあるバラの花を撮る。
だが、そこは自然の花
中々 思うように咲いてくれない。

ゴールドバニー
d0150720_15441073.jpg

d0150720_15135763.jpg



トゥール・エッフェル
d0150720_15111333.jpg

d0150720_15104504.jpg



グラハム・トーマス
d0150720_15121926.jpg


d0150720_15114317.jpg




ジャクリーヌ・デュ・プレ
英国の天才女流 チェリストを偲んで名付けられた。

d0150720_15371739.jpg




ファザーズ・ディ (ミニバラ)

d0150720_15094672.jpg




カクテル

d0150720_15382280.jpg


d0150720_15082803.jpg




マチルダ
春は白っぽい花弁が多いが、秋は、このようなピンク色に咲く。

d0150720_15245565.jpg


d0150720_15251217.jpg




グリマルディ
花弁は、筆致にも似た色彩で同じ花はない。

d0150720_15284596.jpg


d0150720_15275608.jpg




バイオレット (ミニバラ)

d0150720_15331878.jpg

d0150720_09574352.jpg



八女ツ姫 (ミニバラ)
d0150720_09584484.jpg

5月下旬 33~34℃の真夏並みの猛暑が続き、庭のバラは、
この暑さであっという間に痛んでしまった。

次回は、初夏の秋谷海岸の綺麗な波、風景を掲載します。


by saitamanikki2008 | 2019-05-28 10:18 | Comments(2)

劇団四季 ミュージカル『 キャッツ 』に感動




初夏のような日曜日、人気の劇団四季 ミュージカル『 キャッツ 』を観に

東京・大井町にあるキャッツ・シアターに行った。

JR 大井町駅からキャッツ・シアターに向かう商店街 アーケードに

『 キャッツ 』の垂れ幕がある。

d0150720_15211475.jpg


・・・キャッツ・シアター・・・

右隣の建物は、劇団四季 ミュージカル『 ライオンキング 』の会場となっている。
d0150720_15213276.jpg


開演時間に余裕があったのでキャッツ・シアターに隣接する「スポル品川・大井町」の
サーフィン会場に行った。
長さ 25メートル位のプールにサーフィン用に大きな人工波が作られ、
プールサイドから降りてサーフィンする。
初夏のような日曜日、若者が
次々にサーフィン 楽しんでいた。
d0150720_15215145.jpg



昔 ミュージカル映画は、良く見ていたが、
劇場で観る ミュージカルは、初体験だった。
『 キャッツ 』のパンフレットによると、1983年以来
日本で通算公演 10,000 回 、総入場者数 980万人 と記載してあるので驚いた。
イベント好きの私が、まだ『 キャッツ 』を見に行ってなかった。
興味があったが、入場料 S席 11,880円
興味の一つは、『 キャッツ 』出演者たちの顔に描かれた「猫メイク」だが、
少々高額なので果たして、入場料に見合う感動が得られるか ?
そんな事を考えて、いつの間にか長い年月が過ぎ去っていた。

今回は、猫メイク以上に 「 通算公演 10,000 回 、総入場者数 980万人 」が
頭の中に残り、私自身が置き去りになったような気持ちになって、
劇団四季 ミュージカル『 キャッツ 』を観に行くことにした。

公演時間 2時間40分 (途中 20分の休憩含む)
d0150720_15221259.jpg



キャッツ・シアターに入場すると、会場内の印象は地下のガラクタ空間のような。。。円形会場。
それもそのはず、『 キャッツ 』のストーリー内容は、
満月が輝く夜の都会のごみ捨て場
数多くの猫が集まって来る。
人間に飼いならされることなく、したたかに生き抜き
猫人生を謳歌する個性と行動力がある。
今宵は、長老猫が最も純粋な「キャッツ」を選ぶ、特別な夜なのだ。
「キャッツ」たちは、それぞれ人生を歌い、踊りで アピールする。
やがて夜明けが近づき、天上に昇り 新しい人生を生きることを許される
一匹の「キャッツ」の名前が宣言される。
その猫 「キャッツ」とは。。。
d0150720_17501145.jpg



・・・開幕・・・
円形会場は、舞台と客席が一体となったように
客席後部からも「キャッツ」が現れ、 走り 歌い 踊る
舞台上では、その振る舞いから「キャッツ」達は、スマートで背が高く感じた。
澄んだ綺麗な声、観客の視線がくぎ付けになるような動き
時には、ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』(カリブの海賊)をイメージする場面や
蒸気機関車が煙を吐きながらの登場する場面など 
舞台装置も大仕掛けで、
目で、耳で、全身で
第二幕 最後までキャッツ・ワールドを楽しんだ。
そして、最後に
舞台上から美人 キャッツが、通路を滑り降り
私共の席まで歩み寄って来た。
この近さで !?   思いがけない この瞬間....。
目の前に 美人『 キャッツ 』の「猫メイク」が  !!
神秘的で引き込まれるような「キャッツの眼力」想像以上に凄い !!
そして 握手の手を。。。
私共の座席前にいた小学生の女の子には、
キャッツ猫が頬摺りを。。。
瞬間 ミュージカル『 キャッツ 』の舞台上にいるようなフィーリングになった。
舞台の最後は、観た者 誰もが、『 キャッツ 』の虜(とりこ)になるだろう。
出演者の真剣さが、直球で観客に伝わり
会場は、興奮・熱気に包まれる。
観客が総立ちになり、スタンディング オベイションで拍手、喝さい
『 キャッツ 』出演者たちが幾度もステージに再登場して、
終わった。
日本でも観客全員が、スタンディング オベイションする
ミュージカル
が観られるようになった。 感動 感激の2時間40分 良かった !! 


劇団四季 ミュージカル『 キャッツ 』は、
初めて乗船する豪華クルーズ船のように
虜(とりこ)になり、癖になりそうに感じた。

連日 満員の観客数のようだ。
この日 日曜日の年齢層は、小学生から70歳代とかなり幅広い
女性の観客数は、80% 位かナ~。

by saitamanikki2008 | 2019-05-22 09:49 | Comments(3)

小さな花を撮る



大宮公園の道端に咲く 小さい花

散策者に見向きもされないが、

一つ一つは、大変に綺麗である。


ムラサキツメクサ

d0150720_18550310.jpg

日本庭園の一角
水辺にユキノシタが咲いている。
d0150720_18552171.jpg


ユキノシタ

d0150720_18553839.jpg



これはスギナ ?   小さな水滴が。。。

d0150720_18540045.jpg


空き地一面 黄色い花が咲いている
そして、水滴がキラキラ輝いている

※ 後日、ブログ仲間さんから
この花は、マツヨイグサ(待宵草)と教えて頂いた。

d0150720_18541994.jpg



水滴が風景になり、そこに黄色い花が咲く

d0150720_18544093.jpg


母子草
d0150720_18514270.jpg



ユウゲショウ
d0150720_18523277.jpg


タンポポの綿毛
d0150720_18525443.jpg


ヒメジョオン
d0150720_18512567.jpg



by saitamanikki2008 | 2019-05-20 09:34 | Comments(3)

小さい白い花 エゴノキ & センダン(栴檀)の木




早朝散歩に行く、大宮公園 小路にエゴノキがあって
白い小さな花が満開に咲いている。

小路に白線を引いたように花びらが落ちている。
d0150720_09593760.jpg


木の下から見上げると、小さい花が。。。
d0150720_09511661.jpg


如何にも 爽やかな5月、或は初夏のような印象の白い花である。
d0150720_09514165.jpg


センダン(栴檀)の木
今の季節、木全体が花が咲き薄紫色に見える。
栴檀の木の下でラジオ体操すると、
良い香りが頭上から降り注ぎ、朝から得したような気分になる。
「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」と云う言葉がある。
才覚のある人物は幼少時からそれを発揮するという意味であるが、
栴檀の木は、何ら 香りがない。
本来は 、ビャクダン(白檀)を指すらしい。
d0150720_10174639.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-05-18 18:14 | Comments(2)

春の公園 & 庭でスモーク作り




5月の清々しい早朝 
公園散歩するのが日課となている。

大宮公園の一角に
甘い香りが漂う オオヤマレンゲ が咲いている。
d0150720_17303656.jpg

オオヤマレンゲの葉
d0150720_17321875.jpg

オオヤマレンゲの隣には、オオヤマレンゲに良く似た
ホオノキの花 [朴の木]もある。
d0150720_17315437.jpg

ホオノキ (朴の木)
ホオノキとオオヤマレンゲの違いは、少し葉の形が違うだけである。
ホオノキの葉は、岐阜県 高山地方の地方料理 朴葉味噌(ほおばみそ)に使用されている。
d0150720_17311270.jpg

同じような葉の形に「トチノキ」がある。
これがトチノ木の花
d0150720_17325750.jpg

これが、トチノキの葉
d0150720_17323409.jpg
トチノ木の同じような葉ですが、
こんな花が咲いている。
この木は、何だろう ?
d0150720_17534779.jpg

5月の爽やかな日、甘塩の鮭の切り身を買って来て
庭でスモーク作りをした。

甘塩の鮭の燻製は、塩漬けと塩抜きがすんだ状態なので
予め作っておいた、ピックル液を塗るたけでOKだ。
ピックル液は、水・天然塩・三温糖・醤油を沸騰させ、
火を止めてからウイスキー、好みのハーブを加える。
私は、この日 家にあったフランス産 高級ブランデーを入れました。
私は、酒類が苦手なので。。。ずっと飲まずに残っている。

燻製棒に着火してスモーク容器の蓋を閉じる。
燻製器の下に置いた小型ボンベに点火 燻製器内の温度を100℃まで上げる。
d0150720_18014007.jpg

約 100℃で30分 鮭を燻製する。
d0150720_18015723.jpg


30分後、燻製が終わった。
下の写真は、銀紙の上にあった燻製用のスモークウッドを撤去した状態です。
粗熱をとって
スモークした鮭は、冷凍も出来る。
そのまま食べるより、後日 解凍後
鮭の燻製を細かくほぐして
私は、チャーハン、スパゲッティに入れて食べる。
抜群に美味しい チャーハン、スパゲッティになる。
少し大きめの一切れの鮭が、二人分のスモークチャーハン料理に使える。
d0150720_18021130.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-05-17 10:37 | Comments(4)

感じたまま、見たままをカメラで撮る




・・・5月 早朝の空・・・

5月11日 大宮公園 朝陽が昇って直ぐの空
d0150720_18540354.jpg



同日、毛筆で描いたような雲
d0150720_18571000.jpg



早朝 大宮公園の池に映る新緑の木々
d0150720_18562163.jpg




・・・朝の斜光 & ベンチ・・・

大宮公園

d0150720_18581943.jpg




盆栽村 「盆栽四季の家」の新緑のモミジ

d0150720_18554028.jpg




池の畔で
大宮公園の早朝散歩 池岸で

d0150720_19032149.jpg



斜光 & ジャングルジムの陰

d0150720_18542896.jpg



余分な一枚
早朝散歩に大宮公園に行き、6時30分から始まるラジオ体操で
身体を仰け反った時、抜けるような青空が綺麗だったので。。。(笑い)

d0150720_18584562.jpg



by saitamanikki2008 | 2019-05-12 18:36 | Comments(3)

イングリッシュガーデンの花々




5月連休の後半に
さいたま市内 イングリッシュガーデンの邸宅で
庭の花を見せて頂いた。

玄関先の寄せ植え
d0150720_17400948.jpg


d0150720_17403421.jpg


d0150720_17405444.jpg


庭のミニバラ
d0150720_17431110.jpg


今年は、ナニアイバラが綺麗に咲いている
d0150720_17414545.jpg
d0150720_18481454.jpg



ネモヒィラ
d0150720_17421020.jpg


d0150720_17432453.jpg


d0150720_17423962.jpg


広い庭には、色々な草花が植えてある。
裏庭は、又 趣が違う庭になっているが、
庭のベンチで美味しいコーヒー&お菓子を頂き、
裏庭を拝見する時間が無くなってしまった。
d0150720_11345346.jpg



ヒメツルソバ( 姫蔓蕎麦)
d0150720_17435616.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-05-11 18:46 | Comments(5)