人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大人の休日倶楽部パスで行く 東北 岩手・青森 周遊旅 (1)




・・・大人の休日倶楽部パスで行く 東北 岩手・青森 周遊旅・・・

大人の休日倶楽部パスを利用して東北地方 岩手県・青森県へ、3泊4日の周遊旅に出かけた。
旅のコースは、JR大宮駅から新幹線に乗り~JR盛岡駅まで行く。在来線に乗り換え、
東北地方の太平洋沿岸をバス、JR八戸線 と 3.11東日本大震災で不通となり、
今年 春に開通した三陸鉄道に乗車して、南下 岩手県 宮古駅。
2日目 宮古駅前からレンタカーで宮古市付近を観光 もう一泊 宮古市内に宿泊。
3日目は、宮古駅から在来線 JR山田線に乗車 盛岡駅下車。
盛岡市内は、古い家屋が残る盛岡町屋エリアを散策、盛岡 つなぎ温泉に宿泊する。
4日目は、盛岡駅から新幹線に乗車 新青森駅下車 青森 県立美術館を見学。
新青森駅に戻り新幹線で JR大宮駅までの周遊旅でした。

・・・1日目・・・
JR東京駅始発の東北新幹線 一番電車に午前6時58分 JR大宮駅から乗車した。
車内は、明らかに大人の休日倶楽部パス利用者と分かる乗客、会社の出張者で満席だった。
午前9時22分 青森 八戸駅で新幹線から在来線 JR八戸線に乗り換え、鮫駅 下車。

d0150720_14190316.jpg


種差海岸遊覧バスに乗り換え ウミネコの繁殖地で有名な蕪島海浜公園へ。
海岸の丘の上に蕪島神社があり、神社の裏手に大きな岩があり、周囲に数多くのウミネコがいる。

d0150720_14191965.jpg


d0150720_14193546.jpg


6月は、繁殖期にあたり 空が暗く見える程 ウミネコが乱舞していた。
8月頃になるとウミネコは、北海道に旅立つという。

d0150720_14195158.jpg


d0150720_14254750.jpg




蕪島海浜公園からバス「うみねこ号」に乗車、種差海岸 葦毛崎展望台へ。
風光明媚な種差海岸は、宮沢賢治・水上勉・司馬遼太郎・東山魁夷など有名な作家、画家が
訪れている。
又、潮風が吹く海岸に数多くの花が咲く地でもある。
海岸散策路を歩き、「鳴砂」の綺麗な砂浜が広がる大須賀海岸まで歩く。

d0150720_14561335.jpg



西洋の城壁に似た「 葦毛崎展望台 」

d0150720_14565647.jpg


ショウブ

d0150720_14573807.jpg


ニッコウキスゲ

d0150720_14581136.jpg

ハマナス
d0150720_15190643.jpg


アサツキ
d0150720_14584443.jpg


d0150720_14590784.jpg


ハマエンドウ

d0150720_14593107.jpg




ミソハギ ?

d0150720_14595515.jpg

d0150720_15002908.jpg


d0150720_15004878.jpg

d0150720_15205739.jpg
d0150720_15201611.jpg



「鳴砂」の綺麗な砂浜が広がる大須賀海岸に到着した。
d0150720_15203323.jpg

大須賀海岸の岩場で生きる植物

d0150720_15214625.jpg


d0150720_15220053.jpg


無人駅 種差海岸駅に着くと、25名位の団体が電車を待っていた。
JR八戸線は、電車の本数が2~3時間に一本 それも2車両連結である。
座席の座れるだろうと思っていたが.......。
ホームに入って来た電車内は、大勢の立ち乗車した高齢者で満員だった。
そこに35名位の乗客が乗り込む。
全員が大人の休日倶楽部パス利用者達で
98%が高齢者の乗客である。
一昔前の通勤電車のような混雑で列車が揺れる度に隣の乗客と肩がぶつかり合いながら、
1時間20分の立乗車であった。 
d0150720_15294242.jpg

電車内から「無人の駅舎 と 郵便ポスト」
東日本大震災後に建て替えたのか
新しい無人駅であった。
d0150720_15295737.jpg



久慈駅で三陸鉄道(2両連結)に乗り換えるので、今度は座れると。。。気軽に考えていた。
ところが、既に2時間前から電車内で発車を待っていた乗客が座席全部に座っており
JR八戸線から三陸鉄道に乗り継いだ乗客は
更に又 立乗車になった。

宿泊場所の下車駅である宮古駅まで約 1時間40分 継続乗車 参ったな~ !!
三陸鉄道車両は、車体に色々な模様を描いた車両があるが、
これは、レトロ感覚 たっぷりな車両
d0150720_15301046.jpg



3.11東日本大震災発生(2011年)で三陸鉄道は、壊滅的な被害を受けた。
あれから8年(2019年) 今年3月 三陸鉄道リアス線 全線が開通した。

三鉄 ( 三陸鉄道リアス線 )  頑張れ  !!
d0150720_15302428.jpg


電車が一時停車
NHK朝ドラ 「あまちゃん」のロケ現場になった小さい漁港
d0150720_15304188.jpg



車窓から見た 三陸海岸沿線の漁港風景は、どこも高い防波堤を建設中である。
d0150720_15305657.jpg



車窓には、このような感謝の言葉も。。。
d0150720_15311267.jpg



宮古駅までの乗車中 途中駅でポツポツと下車する乗客がいた。
私の目の前の乗客が、「次の駅で降ります」と言って、
座席を譲ってくれた。 助かった !!
約 20分位座り、
15時41分 やっと本日の目的地 宮古駅に着いた。
今夜の宿泊ホテルは、「休暇村 陸中宮古」
「温泉」 と 夕食の「三陸 ウニ 三昧会席」
旅の疲れを忘れさせてくれる。

次回、大人の休日倶楽部パスで行く「東北 岩手・青森 周遊旅」
2日目に続きます。

by saitamanikki2008 | 2019-06-29 16:46 | Comments(2)

水鳥 カイツブリ 子育に奮闘中




・・・大宮公園の 水鳥 カイツブリの浮巣・・・

親鳥が浮巣の補修に嘴にビニールをくわえて来た。
親鳥が、水中で小魚を捕獲して浮巣まで運び、
雛に餌を与えている姿を度々目撃します。
d0150720_21382093.jpg




現在、水鳥 カイツブリの夫婦には、浮巣に4羽の雛がいる。
d0150720_21383244.jpg



親鳥 「 さあ 子供達  浮巣から出て  !!
       今朝は、大人になる為に大切な 泳ぎ と 
   水中に潜ぐる方法を教えるョ 」
d0150720_21384792.jpg




      親鳥  「 さあ~ みんな浮巣から降りて泳いで 」

d0150720_21390326.jpg


親鳥 「 皆 並んで良く見て、
              これから水中に潜ぐる方法を教えるョ 」

d0150720_21391880.jpg



親鳥  「 それではお手本 ハイ 潜ぐります 」

d0150720_21394314.jpg


雛鳥 「 ア~ 後ろから浮かび上がった 」 

d0150720_21403578.jpg



雛鳥 「 父さんのいる場所まで 泳いで行こう 」

d0150720_21405274.jpg




雛鳥  「 あれ  ?   又  潜った !! 」

d0150720_21410692.jpg




親鳥  「 さあ 近くに来なさい。 子供達ょ 水中に潜る方法が分っただろう 」

d0150720_21412209.jpg




親鳥 「 お前たち 2羽は、まだ どのように潜るのか分らないようだね
エ~ 泳ぐのが疲れたって ? 」

d0150720_21414385.jpg



親鳥 「 仕方ないナ~
                 チビちゃんは、私の背中に上がって。。。
               お前は、浮巣まで泳げるよな~ 」

一番小さいカイツブリの雛は、親の背中に乗り浮巣まで戻りました。

d0150720_21420155.jpg


以上 カイツブリの浮巣を見ていると、
カイツブリの親が、生まれた子供たちに色々と教えるのは、

人間と同じだな~ と思いました。

by saitamanikki2008 | 2019-06-25 08:00 | Comments(3)

大宮公園の水鳥 カイツブリ



水鳥 カイツブリの浮巣

早朝散歩に行く大宮公園の池で
今 水鳥 カイツブリ夫婦が子育て中です。

公園の木々が綺麗に水鏡として映る。
この場所から近い位置に水鳥 カイツブリ夫婦の巣がある。
d0150720_21374265.jpg



・・・水鳥 カイツブリの姿・・・
小さい水鳥です。

この静かな池の中ですが、
d0150720_21430428.jpg


水鳥 カイツブリの浮巣には、自然界の思いがけない厳しい物語もあります。
ある早朝、大きな青大将(蛇)が泳いで浮巣に近づいた。
 カイツブリの親 2羽(メス・オス)が、大声で鳴き叫ぶように蛇を威嚇したが、
生まれたばかりの雛 一匹を飲み込んでしまった。
母親のカイツブリは、可愛い雛を守る為に浮巣から離れられない。
母親のカイツブリと4匹の雛が動けずに残った。
母親のカイツブリは、4匹の雛を母親の翅の下に入れ守ろうとしていたが、
青大将(蛇)は、母親のカイツブリの翅に噛みついた。
この朝、
池岸でカイツブリの親子を望遠レンズで撮っていたカメラマン2名が、
とっさに近くにあった少し太い棒切れを2~3個、蛇をめがけて投げた。
運よく、棒切れが蛇に当たり、浮巣から池岸に向かって来た。
一人のカメラマンが所持していたスリングショット(パチンコ)
で蛇を撃ち撃退した。

※  スリングショット(パチンコ)
Y字型の金具(木の枝など)にゴムを付けて、
ゴムを引くことで小石などを勢いよく飛ばす遊び道具
子供の頃は、電線にいるスズメなど狙った記憶があります。
d0150720_21375555.jpg


次回は、カイツブリの子育ての様子を掲載します。


by saitamanikki2008 | 2019-06-23 05:14 | Comments(3)

散歩道に咲く花




・・・ 散歩道に咲く花たち ・・・

未央柳 (びょうやなぎ)

d0150720_14590107.jpg

d0150720_14592953.jpg




未央柳 (びょうやなぎ)に似ている黄色い花であるが、
この花は、
金糸梅 (きんしばい)
d0150720_15074292.jpg


d0150720_15075948.jpg




クチナシ

初夏 甘い香りを漂わせて白い花が咲く

d0150720_15010213.jpg




ザクロ  (柘榴の花)
最近は、ザクロの実を食べなくなったが、
子供の頃 握り拳大の実が裂けると
食べ頃となって木から採って食べたのだが。。。

d0150720_15004487.jpg




灯籠 と 紫陽花
( 氷川神社で )

d0150720_15000396.jpg



モミジ の 新芽 
(大宮公園で)

d0150720_15015092.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-06-22 16:03 | Comments(3)

梅雨空に咲く 庭の花 




梅雨空に咲く 庭の花を撮りました。

沙羅の花 
(別名  夏椿)

梅雨時のムシムシした時は、
この花を見ると
爽やかなイメージが膨らむ。 

椿のように毎朝、ポト ポトと木から花が落下する。
d0150720_14171593.jpg



レインリリー  (正式名 ゼフィランサス)

梅雨の季節に合わせたように咲く花
d0150720_14485602.jpg



半夏生(はんげしょう)

新しい葉が、半分純白に染まり、
女性の半化粧とも思える語感と、その色彩イメージがある。
d0150720_14183935.jpg



つゆ草

この花の形から ミッキーマウスのイメージと重なる。
d0150720_14190773.jpg


ストケシア
d0150720_14195805.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-06-21 14:46 | Comments(2)

初夏の貴婦人 

【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!



初夏の庭に咲く 綺麗なこの花の名前は、

I  Am  Lady   Q   (アイ アム レディー キュー)

『 私は、Q 夫人です 』 (和訳)

数年前、
バラの花が咲き終わった初夏の季節
園芸店の苗木に付いていたタグに
I Am Lady Q (アイ アム レディー キュー)
と名称が書いてあった。

興味ある苗木の名前に魅かれ、
I Am Lady Q (アイ アム レディー キュー)を
庭で咲かせたいと思って購入した。

この季節になると、数多くの綺麗な花が咲く。
その姿は、初夏 爽やかな高原の貴婦人のようなイメージである。


I  Am   Lady  Q  (アイ アム レディー キュー)

貴婦人のように晴れ晴れと 賑やかに。。。

d0150720_10252081.jpg


時には、貴婦人のように 慎ましく
d0150720_06591306.jpg


或いは、貴婦人のように しっとり 

d0150720_07000543.jpg


又、或る時は、自信に満ちた貴婦人のように咲く

d0150720_10141383.jpg



クレマチス科 I Am Lady Q (アイ アム レディー キュー)は、

支柱に絡ませると、高さ3メートル位まで伸びる。


by saitamanikki2008 | 2019-06-18 20:27 | Comments(2)

梅雨時の晴れ間 と 紫陽花 sanpo





朝起きると、梅雨時を忘れるような綺麗な晴天に。。。

そして、爽やかな風が吹いていた。

湿気の無い気分爽快な早朝

紫陽花の花は、美しく輝いていた。

d0150720_11221979.jpg



d0150720_11223700.jpg



d0150720_11232272.jpg



日陰に咲く紫陽花
d0150720_12211999.jpg



d0150720_11215724.jpg




この日 6月17日 梅雨時を忘れるような晴れ

爽やかな風が吹く公園の早朝散歩を楽しんだ。

( 大宮公園の池 )

d0150720_11370048.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-06-17 12:26 | Comments(3)

リス小屋で



毎週 土、日曜日に、さいたま市「市民の森」でファーマーズマーケット(農産物販売所)
が開かれる。
この場所に自転車に乗って農産物を買いに行くのは、
いつの間にか私の担当のようになった。

農家の直売なので葉物野菜は、新鮮そのものである。
購入した野菜を一時 販売所で預かって頂き、
市民の森公園内の
大きなネットで張られた日本リスの小屋に向かった。


如何にも梅雨空って......感じの雨雲が垂れ込んでいる。
d0150720_15493066.jpg


木々は、雨水の水分をたっぷりと含み
濃い緑に包まれていた。
d0150720_15501026.jpg



芝生に一面 シロツメクサ(クローバー)の花が咲いていた。
d0150720_15495428.jpg



リス小屋に入ると、足元でリスが走り回っている。
この季節のリスは、素早く動き
カメラを構えると、そこにリスの姿は無くて。。。ア~。
餌場のある場所では、比較的 撮りやすいが......。
なるべく自然なリスの姿を撮りたかった。
d0150720_15503259.jpg



ブログ仲間で、これまでも度々 素晴らしく綺麗なリスの姿を撮っている人(女性)の
ブログ写真を拝見していたので、
少し時間的な我慢をすれば、
下手なりに綺麗な写真を撮れると思ってましたが。。。

全くダメ ブログ仲間のような綺麗な写真は、一枚も撮れませんでした。
d0150720_15505276.jpg


約 1時間弱 リスの数は多いのですが、これと思う綺麗なリスの写真が撮れずに
ガッカリして、リス小屋を後にしました。
d0150720_15511197.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-06-14 09:17 | Comments(6)

梅雨空に咲く 庭の花




ここ数日 梅雨寒の日々が続いている。
押し入れから、薄掛け布団を出して寝ている。

梅雨らしい空模様であるが、明日は梅雨の中晴れになるようだ。

梅雨空の下 庭に咲く花たち

鉄砲ユリ
咲いたばかりのユリ花
d0150720_17074575.jpg



この場所に植えて数年経過しているので、
毎年 幹が細くなり背丈も低い
夕方になると良い香りが周囲に漂う。
d0150720_17075944.jpg



昼咲き月見草
d0150720_17070739.jpg



花菖蒲 金星
d0150720_17064971.jpg



ベロニカ ヘイデカインド
d0150720_17072613.jpg



ブラキカム
d0150720_17082694.jpg




4月 家の外壁を塗り替えした際、シートでバラを覆った為か ?
バラ グリマルディ
まだ 花芽もあり咲いている。
d0150720_17345026.jpg



今季 最後のバラ 
グラハム・トーマス
d0150720_17342942.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-06-12 17:48 | Comments(4)

大宮公園の朝 花 と 実





梅雨空は、蒸してジメジメするので鬱陶しいが、

この季節に咲く美しい花がある。

大宮公園を早朝散歩する時に

大宮公園の通路にあるニワナナカマドの咲き具合を見に行った。


・・・ニワナナカマドの花・・・

咲き始めが美しく、妖精がいるようなイメージの花である。
d0150720_16102415.jpg
d0150720_16104013.jpg



公園には、赤い実もある

見た目は、大変 美味しそうだ。。。

後日、一粒 食べてみたら甘酸っぱくて美味しかった。

・・・ヤマモモ・・・
d0150720_16090641.jpg

琵琶の実
d0150720_16084863.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-06-10 07:11 | Comments(2)