ガマの穂

  見沼田んぼ」の休耕田でガマの穂を見つけました。 道路で、久し振りに出会った旧友のような懐かしさです。
  乾燥したガマの穂を油に浸し、タイマツにして 夕暮れの田んぼ道で、チャンバラ ゴッコをして遊んだ思い出。

 夕日で長くなった自分の影に、強い武士になったような気分で、走り回っていました
   夕焼けに染まった田んぼ、ゆらめくガマの炎が美しかった。

 休耕田に生えたガマの穂、いつまでも生えて大きな株に成長してほしいものです。
d0150720_9374960.jpg

# by saitamanikki2008 | 2008-09-12 09:54 | Trackback | Comments(0)

日本政治への提言

 一国の最高責任者が、その座を突然降りたことで批判を浴びていますが、私は辞任が日本・国民にとって利益になり良かったと思っています。
 ① 本人が自ら辞任することが、最良の手段・方法であると悟ったこと。
 ② 大連立構想を持っていたこと
この2点で「首相も政治家」でした。そもそも首相になるべき人物でなかったのです。
 今後、日本の進むべき道は、一度は「政党 大連立」が必要と思うからです。その目的は、官僚制度の「破壊」と「新しい官僚制度の再構築」です。民主党が官僚制度の見直しを言っていますが、一政党で国の中枢を握っている巨大組織を改革するなど夢のまた夢、ナンセンスです。
 かっての官僚・又その制度は、国の安全、発展の根幹組織でした。今や組織の為の組織になり下がり、小手先の企画で予算を拡充させ、組織が仕事をしているかのように、いかに立振る舞うのか゛良いか考えるのを仕事にしている。所属する組織の為だけ見て働く。自己保身の為の仕事をする。
 困ったことに、この3点で「活躍した立派な人物」として評価されているのです。
国が蔑ろにされ、議員は馬鹿にされ、ましてや国民の為など眼中にない。
  頭の良い官僚集団を国民の為に頭を使う集団に戻さなければ、日本は不幸な道をたどります。
政党大連立で、議員の総力を挙げ「官僚制度を新しく建て直し」その次に二大政党を政治家自身が目指すべきです。
 
 住みよい日本にする為には、議員を選挙する側に立つ国民の良識ある判断が重要です。
この程度の政治は、この程度の国民が選んだ結果にならない為に、甘い政党の発言に惑わされないよう注意が必要です。
  
# by saitamanikki2008 | 2008-09-11 11:51 | Trackback | Comments(0)

晴れた青空の下

 今日の朝もよく晴れ、秋の高い青空の下 白い小さい星型の花が咲いています。花の名は、「ガーリック チャイブ」 ハーブの一種です。ツーと伸びた幹の先端に小さい星型の花が、たくさん咲き、それが一本の花になっています。
 気持よく晴れ朝、庭に清楚感を漂わせています。時々 蝶が飛んで来て遊んでいます。

昨夜 遅く、秋の夜空を見上げると、東方の下に 赤・青色の星が輝いていました。
星座名は解りませんが、爽やかな夜風と 澄んだ秋の夜空もいいものですネ。
d0150720_930382.jpg

d0150720_9303690.jpg

# by saitamanikki2008 | 2008-09-10 09:49 | Trackback | Comments(0)

実るほど 頭を垂れる稲穂かな

晴れ渡った青空の下、一面 黄金色に染まった見沼田んぼの水田、もうすぐ収穫の季節です
広い水田のある日本の風景、たわわに実った稲穂 " 日本文化の源 "で好きです。
d0150720_10573232.jpg

# by saitamanikki2008 | 2008-09-09 11:01 | Trackback | Comments(0)

猫じゃらし

 秋を迎えるように、今日の空は快晴となりました。
畑の道端では「猫じゃらし」が多く見られます。ペット・フードで育った今の猫は、マンガのトム(猫)&ジェリー(ねずみ)のように、追いかけっこはしないと思いますが、トム&ジェリーの時代 日本の猫は、焼き魚、煮干し、そして「猫じゃらし」が大好でした。
 猫の前で「猫じゃらし」を左右に振ると手先で取ろうとして、夢中になって追いかけ、ジャレたものです。
今は、グルメ志向でメタボ猫も多くなっていると聞きますが.....。
d0150720_17354629.jpg

# by saitamanikki2008 | 2008-09-08 17:37 | Trackback | Comments(0)