タグ:その他 ( 151 ) タグの人気記事

災害列島 日本


自然災害が続けざまに日本列島を襲う
7月5~7日 猛烈な豪雨が西日本を襲う、次に9月4日 強烈な台風が大阪、神戸地区を襲い、
そして又 9月6日 大地震が北海道の大地を襲った。
一夏に、これ程の自然災害が、日本列島の北から南まで襲い郷土を壊したことは記憶にない。
幸いな事に関東地方は、大きな自然災害は無かったが、これら被災地の現状を目にすると
生活意欲が打ちのめされる。
災害は、何時 襲ってくるか分らない。
まさか 私の家が... 災害に  !  とならないよう願っているが、
地震、台風などによる水害、津波、地滑り 
自然災害は、日本列島 何処でも起こりえる。

最低 3~4日分の食糧・飲料水を家庭に保管して、
随時 賞味期限切れの品物を使って入れ替えて置く必要がある。
因みに、我が家は地震などに備えて、
ブルーシート 一枚、飲料水 3日分、レトルト食品 3日分、懐中電灯・乾電池、手動ラジオ(スマホ充電OK)、
飲料水用 ポリタンク、軍手、スイス・アーミーナイフ(五徳ナイフ)、
クレラップ 50m、防寒シート等を保管している。

被災地の方々に。。。花の色 ビタミンカラーを送ります。
「ビタミンカラー」は、身体や精神の状態に思いのほか影響を与えると云われている。

庭で咲き始めた少し紫色したホトトギス、青色のツユクサ
被災して不安を抱えている時、気持ちを落ち付かせる効果のある色。

ビタミンカラー紫色・青色

d0150720_13343713.jpg



庭で咲いている女郎花(オミナエシ)の黄色
 ネガティブな思考を緩和させ前を向いて災害に負けない元気が出る 

ビタミンカラー黄色

d0150720_13054984.jpg


やる気を引き出したい時、 災害に打ち勝つ気持ちを呼び起こす

ビタミンカラー 赤色
追記 この赤い花の名称を教えて頂きました。
「アベルモスクス」

d0150720_13061474.jpg

テレビで知った知識ですが、災害地へ募金が届けられる仕組みは、
支援金と 義援金どちらも同じですが、その違いは、
支援金は、被災地で活動している団体・組織に届き、被災者の仮設住宅・飲料水・食料などとして届けられる。
一方 義援金は、被災者に届けられる。
違いがあるようです。

by saitamanikki2008 | 2018-09-09 10:26 | Trackback | Comments(6)

今年(2018)の夏を振り返る



今年の夏は、6月 梅雨らしい梅雨もなく、
6月中旬から夏日が続き、真夏になっても 夕方 涼しくなる夕立も来なかった。
庭の土は、乾燥してカラカラ状態だった。

8月後半まで雨らしい雨が降らず、35℃以上の猛暑・酷暑 が続いた。
そして、最後の最後に、関東地方を強烈な雷鳴と大雨が襲った。
d0150720_16315868.jpg


今年 夏の印象は、一言 37℃以上の「猛暑・酷暑」 続きの夏であった。

炎が燃え上がるような赤い花 「ケイトウ」
今年の猛暑 イメージにピッタリである。
d0150720_11053218.jpg


庭の葡萄の葉裏にセミの抜け殻が。。。
d0150720_11035741.jpg


毎日、堪えられない程の暑さで、コーヒー店で かき氷を注文したら
チョット 上品な かき氷が。。。美味しかった。
食べ終わると、身体が冷えて、元気になりました。
d0150720_14405024.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-09-03 08:44 | Trackback | Comments(4)

現在の世に 宮沢賢治が生きている




・・・国民の英雄  ボランティア おじさん・・・

d0150720_18510531.jpg
(テレビ映像をお借りしました)

  
山口県 周防大島町で行方不明になった 藤本理稀(よしき)君 2 歳が、
行方不明になってから3日目の8月 15日 朝、約68時間ぶりに無事 山中で発見 救助された。
子供を発見したのは、九州 大分県速見郡日出町からボランティアとして、
子供を探しに来ていた尾畠春夫さん(78歳)だった。
行方不明になった当日から、警察、消防、地元の方々が、
付近を捜しまわっていたが発見に至らなかった。
20日、理稀(よしき)君は、入院先の病院から元気な様子で退院した。

・・・子供を発見した猛暑の日・・・
家族に子供を無事に引き渡した後、
尾畠春夫さんは、家族からお礼として、食事・風呂のお誘いを丁重に断っていた。

テレビ報道によると、
九州 大分から軽自動車にボランティア用具を積み、車に寝泊まりできる状態で、
失踪した2 歳児を探すボランティアをしていた。
これまで、東日本大震災、熊本地震、今年 夏の西日本豪雨の被災地でも
大分から軽自動車で災害現地に入り、ボランティア活動している。
そして、今回 理稀(よしき)君 2 歳児を救出した。
現在は、再び 西日本豪雨の被災地 呉市にボランティアに入っている。

食事は、朝食  パック御飯に水を入れ、梅干し数個だけ、
夕食も非常に質素で、この内容でボランティア活動を出来るのかと思うほどである。
そして、「お腹がすくと、何を食べても美味しい」と話す。
これまでも大分県由布市にある標高1,583m 由布岳の登山道整備のボランティアしていた。

藤本理稀(よしき)君 2 歳児の救出状況をテレビで見ていて、
フト ある有名な詩が頭を横切った。
それは 宮沢賢治の詩「雨にも負けず 風にも負けず」
現代に生きる 尾畠春夫さん(78歳)は、宮沢賢治の化身のように見えた。
この詩の最後に
「そういうものに わたしはなりたい」
とある。
37歳の若さで亡くなった宮沢賢治
貧しく、病弱であった。
その宮沢賢治が目指し、作品の中で描いた理想郷は、
尾畠春夫さん(78歳)の胸の中にある理想と同一でないだろうか ?
尾畠春夫さんが、宮沢賢治の詩「雨にも負けず 風にも負けず」を読んだか分らない。

尾畠春夫さん !!
貴方のような方は、日本の宝 です。
有難う !! 本当に 有難う ございます。
『 現在の世に 宮沢賢治が生きていた !! 』
と思えて、嬉しくて幸せな気分です。

・・・宮 沢 賢 治 の詩・・・
(特に黄色字の言葉に尾畠春夫さんを重ねてしまいます)

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫なからだをもち
欲はなく
決して怒らず

いつもしずかにわらっている

一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜をたべ

あらゆることを
じぶんをかんじょうに入れずに
よくみききしわかり
そしてわすれず

野原の松の林の蔭の
小さな萓ぶきの小屋にいて
東に病気のこどもあれば
行って看病してやり
西につかれた母あれば
行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北にけんかやそしょうがあれば
つまらないからやめろといい

ひでりのときはなみだをながし
さむさのなつはオロオロあるき
みんなにデクノボーとよばれ
ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい



by saitamanikki2008 | 2018-08-22 09:42 | Trackback | Comments(5)

もう 秋の気配 ?




8月 17日、肌寒くて午前4時50分に目が覚めた。

少し早いが、早朝散歩に行くことにした。
玄関のドアを開けると、
一気に10月初旬のような乾燥した北風が吹いている。
夜明け空は、秋の雲が浮かんでいた。

普段より早かったので、大宮公園から第二大宮公園まで足を延ばした。
 
野球場 & サッカー場の照明塔
d0150720_09591872.jpg

東の空は、太陽が昇りかけていた。
d0150720_09580574.jpg


北東の空には手で描いたような変な雲も。。。
d0150720_09583784.jpg

真夏の花 サルスベリが満開に咲いていたが、
一気に涼しくなり
戸惑っているだろう。
d0150720_10012737.jpg

涼しい北風が強く吹き、桜の葉が舞い散る。
今年は、猛暑の日々が続き桜の木は、「夏バテ」しているだろう。
d0150720_10004746.jpg



強い北風が吹いて、大宮公園に落ちていた
小さな毬栗(イガグリ)
d0150720_11331514.jpg


新盆で田舎(群馬)に帰郷した。
関東地方の特に暑い地域、埼玉(熊谷)や 群馬(伊勢崎)に近い
実家は、暑かった。
親戚、孫、曾孫(ひまご)まで顔を揃えていた。
子供が多く集まったので、
懐かしいかき氷機がフル回転した。
d0150720_11324169.jpg




by saitamanikki2008 | 2018-08-19 08:52 | Trackback | Comments(5)

左回りの台風 21号


7月28日 早朝 エアコンも入れてないのに肌寒くて目が覚めた。
数日前までは、耐えられない程の猛暑、酷暑の日々が続いていたのが嘘のように。。。

台風21号が日本列島に接近中、関東地方は朝から雨が降っている。
これまで台風の進路は、沖縄付近から始まり、九州地方から大きく右回りのコースになり、
関西、或は東海、関東、東北地方を通るコースが常識的だったが、
今回の台風21号は、当初 関東直撃が東海に移り、直近の台風コースは、
グッと左にコースを変えて名古屋、紀伊半島付近に上陸するコースに変わった。

中心気圧 965 hPa(ヘクトパスカル)と小型ながら勢力は大変強く、
大雨被害の出た中国地方を通るコースになる。
土砂災害の爪痕が、そのまま残っている地域に再び非情な雨が降ることになる。
これ以上の災害が起きないように。。。!!


庭に夏バラが咲いている。
花は、静かな環境の中で咲く。
中国地方の災害地が、このまま静かな環境であって欲しいと、
強く願わずにはいられない。

災害地が静かで平穏な環境を保つよう願って
夏バラの花を。。。


d0150720_06150729.jpg
d0150720_06040665.jpg
d0150720_06144905.jpg
d0150720_06155195.jpg
d0150720_06152548.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-07-28 11:40 | Trackback | Comments(3)

公園の砂場 & 花 



滑り台

遠い記憶・・・少しワクワクして滑り降りた想い出が。。。
d0150720_15261648.jpg



砂場に ポツンと.....擦り切れた古いボールが一個

d0150720_15255464.jpg


・・・子供遊具・・・

数週間前にも同じ遊具が 散らばっていた。

今朝も.....。
d0150720_15253701.jpg


公園を一周すると、

赤詰草 (あかつめくさ)
d0150720_15270859.jpg


梔子 (くちなし)
d0150720_15272002.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-06-20 06:24 | Trackback | Comments(2)

男の食材作り(燻製)


庭先で椿の花が咲いている。
d0150720_09521103.jpg


春先の暖かくなったある日、庭で薫製を作りをしたくなった。
10ヶ月位まえに燻製作りをしたが、久しぶりである。
今回 燻製作りに事前に用意した食材は、鮭の切り身(甘塩)、鰺、ゆで卵。
燻製の出来を左右するビックル液。
ビックル液の作り方は、水、天然塩、三温糖、醤油を適当な割合に鍋に入れ沸騰させる。
火を弱めて10分位煮る。火を止めてから、
適当な量のブランデー、ハーブの王様と云われているバジル、黒コショウを入れ、
鍋の温度が下がったら出来上がり。
出来上がったビックル液を刷毛で食材に塗って下準備が完成する。
私は、酒が飲めないので、今回も高級ブランデーを入れた。
d0150720_09510961.jpg


そして、ヒッコリーのスモークウッド。
ヒッコリーは、欧米で最もポピュラーな燻製材で香りがよく、食材を選ばず使用できる。
d0150720_10004503.jpg


鮭の切り身(甘塩)、鰺、ゆで卵を燻製器の中に並べ、
燻製器内のスモークウッドに点火。
そして、燻製器の下に用意した屋外用ボンベに着火。
d0150720_09501439.jpg

燻製器内の温度を35~40分 100℃に保ち続ける。
d0150720_09503284.jpg


時間になったら蓋を開けて、スモーク食材を取り出す。
鮭は、冷凍保存できるので
6ヶ月後でも美味しいスモーク鮭が食べられる。

そのままお酒のおつまみにして食べるのも美味しいですが、
私自身は、手で細かく鮭をほぐして、
フライパンに出来上がったチャーハン上のに乗せて
3~4回混ぜるだけで鮭のスモークチャーハンが完成。
又は、クリームスパゲッティに
同じようにスモーク鮭をプラスして食べるのが好みである。
d0150720_09505061.jpg

・・・スモークが終わった後の注意・・・
スモークウッドやスモークチップの火は、消えたように見えても
内部は、まだ火が残っているので、必ず 水の入ったバケツなどに入れ消火、
再び自然発火しないように事後処理することが大切である。

by saitamanikki2008 | 2018-03-14 11:38 | Trackback | Comments(3)

生き切った人生

春の風が吹き、梅の花が咲きそろった頃、父親が郷里の地であの世に旅立った。
101歳 大往生でした。
70歳頃、俺は100歳まで生きると云っていたのを思い出す。
甘党だったので、亡くなる前日も チョコレート、ケーキ類を少し食べたそうだ。
戦争を体験、戦後の貧しさ、日本経済の発展、経済バブルと崩壊、大地震など
激動の時代を生き抜いたきた人生であった。
晩年は、幸せな人生であったと思う。

今の人類が誕生したのは3~2万年前、以来 人の子として生まれ育ち、結婚して子供が生まれ、
その子が結婚して 又子供が生まれる。
「輪廻転生」かどうか分からないが、
3~2万年前の大昔から、現代に生きる人 すべての人間が持っているDNAは、3~2万年前から引き継いできた
希少価値そのものである。
そう簡単に、自らの生を絶ってはならないし、ましてや他人の生を奪ってはならない。
人が生まれながらに持っているDNAを次世代の人間に託し生き切ることが、人 一生の仕事なのだろう。
そんな理由で「長い間 色々有難う」とお礼を言ってお別れした。


約 25年前 父親から頂いた観音竹
株分けなどして、今春も居間で葉が青々と茂っている。

d0150720_17120547.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-03-07 17:32 | Trackback | Comments(6)

春よ来い 早く来い。


立春とは、名ばかり。
今年の冬は、日本海側で大雪が降り続いている。
関東地方は、晴れていても寒い日々が続く、
外出する時は、首をつぼめ、手はポケットに。。。


家の出窓に飾っている和ズイセン
寒さを忘れる。
d0150720_10521231.jpg


・・・武蔵一之宮 氷川神社 神池で・・・
寒い冬の季節、長野 諏訪湖に出現する「御神渡り」のような跡
野鳥などの足跡かナ~ ?
d0150720_10522754.jpg


2月 2日 降雪の二日後、庭の片隅 雪の中に見つけた
「フキノトウ」の新芽が。。。

炊き立てご飯に 春を感じる「ふき味噌」
 美味しいだろうナ~ !!
d0150720_10524087.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-02-07 12:03 | Trackback | Comments(5)

クラス会 & 皆既月食「ブラッドムーン」 


1月 31日
郷里 群馬の小学校 クラス会に参加した。
参加した同級生の顔を見て挨拶を交わしたが、
どこの誰だか 多くの参加者の顔が分らなかった。
そんな中、「○○ちゃん ?  どことなく面影があるョ 」
そんな会話が飛び交った。

地元に残った同級生達は、お互いに面識があるが、
話す機会は、稀であったそうだ。
小学校卒業時の写真、中学校 卒業写真を
幹事などが数枚複製して持って来ていた。
古い卒業写真を見て、自分の顔をまじまじと見て、
これ 俺だ ! ?
そんな時代を同級生たちの会話の中から振り返り、
色々と忘れていた事に気付き、懐かしく思い出している私がいた。

帰りには、女性の同級生が、この冬 高騰している白菜を丁寧に新聞紙に包み
車の後部に20個 積んで持って来ていた。
何十年も会っていない同級生に.....。 一個一個 ビニール袋に入れ持たせてくれた。
同級生の心情、繋がりに感動して、ジーンと温かい気持ちになった。


寒い日々が続いてますが、春は 直ぐそこまで来てます。

『 梅一輪 一輪ほどの暖かさ 』 作・・・服部嵐雪
d0150720_13073458.jpg


春を呼ぶ花 蝋梅
d0150720_13074982.jpg


1月 31日
郷里 群馬のクラス会があった夜は、皆既月食でした。
月が赤銅色に見える「ブラッドムーン」です。
正月 2日 満月が巨大に見えた「スーパームーン」、
※   この↓の写真をクリックすると、1月2日の記事が見られます。


満月が1カ月に2回見られる「ブルームーン」が重なり、
1月は、珍しい「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測された。
 
この夜 7時半頃は、満月でした。
9時12分になると、このように月が欠けて、
d0150720_18530575.jpg


夜 午後11時00分頃
空に赤く浮かぶ「ブラッドムーン」になりました。
d0150720_18532308.jpg


この写真は、午後9時12分頃から
横に時間が経過していく月の映像です。
一番右下の写真が、夜 午後11時00分頃の「ブラッドムーン」
d0150720_18512826.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-02-01 19:59 | Trackback | Comments(9)