タグ:その他 ( 156 ) タグの人気記事

3.11 被災者に明るい春が来るように !!



平成の時代は、日本各地に自然災害が多く発生した。
又は、東日本大震災の発生から8年 経過した。
テレビの特別番組を見ても
まだ 多くの人々が、
不安な日常生活を送っている。

一日でも早く
明るい春を迎えられる日が
来るように願って。。。
d0150720_16495877.jpg

d0150720_16501284.jpg
d0150720_16503217.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-03-10 17:19 | Trackback | Comments(3)

 三寒四温 「 春 & 冬 」



・・・三寒四温・・・

昼 太陽の光が、日々 明るくなって来た。
カーテンに映る陰も一段と明るく感じる。
d0150720_17193730.jpg



・・・寒い朝・・・

自然の造形美

公園のアスファルト道路に氷の結晶が。。。これも早朝散歩の楽しみ
そして、転倒しないように気を付けて歩く。
d0150720_17200119.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-02-14 10:51 | Trackback | Comments(5)

建国記念日


・・・2月 11日・・・

祝い 建国記念日

毎年 この写真を掲載している。
d0150720_09260630.jpg


5年 日記帳が昨年末に終わった。
1月に新しい5年 日記帳を購入した。
日々 の出来事を綴ったり、又 空白の日々が連続したり、
気分次第で気ままに日記を綴っている。
そんな日記帳だが、15年間続いている。
この「さいたま日記」の写真ブログも
2008年 1月から
もう 11年間 続いている。
「継続は、力なり」
と云われるが、一向に進化、上達していない。
d0150720_16165890.jpg


・・・三寒四温の日々・・・

春を告げる花 クロッカスが庭で咲き始めた。
d0150720_16171743.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-02-12 16:38 | Trackback | Comments(4)

今年 一番の喜び




月日の経つのは早いもので、あと4日で年末 大晦日になるが、
まだ 年末の心境というか 
新年を迎える実感がさっぱり 湧(わか)かない。

私事で恐縮ですが、
今年 一年を振り返り、一番の記念すべきことは、
平成30年 春 の叙勲に際し、
図らずもその栄誉に浴したことだった。 

5月 叙勲伝達式に続き
皇居 豊明殿にて陛下に拝謁を賜りました。

我が身に過ぎたる栄誉に驚きつつ、又 心から喜びました。
平成最後の記念すべき年にあたり、今後とも
この栄誉に恥じることのないよう一層 精進することを誓いたいと思います。


『 勲 記 』

名前、番号は色塗りしました。
d0150720_15341431.jpg



 勲 章 

d0150720_14115727.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-12-27 15:34 | Trackback | Comments(6)

「18歳」と「81歳」の違いは



大宮公園で早朝散歩している人に
「 面白いョ 」と。。。一枚の紙片を見せてもらった。
何々 「 18歳 」と「 81歳 」の違い

私も〇〇年後には、81歳になる。
さて、文章の内容は ?
ア~ 時々 ニュース記事になるような。。。81歳だ
この小話を読むと思わず笑ってしまうが.....。
内心 私自身 気を付けないと。。。と思った。


・・・「 18歳 」と「 81歳 」の違い・・・

道路を暴走するのが18歳、道路を逆走するのが81歳

恋におぼれるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳

東京オリンピックに出たいと思うのが18歳
  東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳

「嵐」というと「松本 潤」を思い出すのが18歳
  鞍馬天狗の「嵐 寛寿郎」を思い出すのが81歳

自分探しの旅に出るのが18歳、
  出かけたまま家が分らなくなって、皆が探しているのが81歳

まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳

偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳

心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳



☆☆☆☆☆☆☆☆

アメリカの実業家・詩人 サミュエル・ウルマンが、
78歳で書いた「青春の詩」で言っている。
   歳を重ねただけでは、人は老いない。
   理想を失うときに初めて老いがくる。
"Youth is not a time of life; it is a state of mind"
『青春とは人生のある期間を指すのでなく、心の持ち方を指すものである』と。


・・・朝焼けの大宮公園 風景・・・

我が人生も、カラ元気で毎朝 公園散歩しているが、
「人生の黄昏(たそがれ)」年齢であることに間違いない。

早朝、朝焼け時の写真ですが、 何故か 静かな秋の「紅葉」・・・そう 黄昏時のような風景に撮れた。

d0150720_13070933.jpg


又、ある朝 顔見知りの人から
おおみや市民吹奏楽団
11月25日  第25回定期演奏会
パンフと入場券を頂いた。

入場料 800円か~と云うと、
「 入場券を良く見てョ !!  60歳以上及び 高校生以下は無料と書いてある 」
と教えてくれた。

詩人 サミュエル・ウルマンが「青春の詩」で言っているように、
心に理想を失わないように日々過ごしたいものである。


演奏会場で、暫し 「 芸術の秋 」を楽しむとしょう。

d0150720_13065635.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-11-01 15:30 | Trackback | Comments(3)

災害列島 日本


自然災害が続けざまに日本列島を襲う
7月5~7日 猛烈な豪雨が西日本を襲う、次に9月4日 強烈な台風が大阪、神戸地区を襲い、
そして又 9月6日 大地震が北海道の大地を襲った。
一夏に、これ程の自然災害が、日本列島の北から南まで襲い郷土を壊したことは記憶にない。
幸いな事に関東地方は、大きな自然災害は無かったが、これら被災地の現状を目にすると
生活意欲が打ちのめされる。
災害は、何時 襲ってくるか分らない。
まさか 私の家が... 災害に  !  とならないよう願っているが、
地震、台風などによる水害、津波、地滑り 
自然災害は、日本列島 何処でも起こりえる。

最低 3~4日分の食糧・飲料水を家庭に保管して、
随時 賞味期限切れの品物を使って入れ替えて置く必要がある。
因みに、我が家は地震などに備えて、
ブルーシート 一枚、飲料水 3日分、レトルト食品 3日分、懐中電灯・乾電池、手動ラジオ(スマホ充電OK)、
飲料水用 ポリタンク、軍手、スイス・アーミーナイフ(五徳ナイフ)、
クレラップ 50m、防寒シート等を保管している。

被災地の方々に。。。花の色 ビタミンカラーを送ります。
「ビタミンカラー」は、身体や精神の状態に思いのほか影響を与えると云われている。

庭で咲き始めた少し紫色したホトトギス、青色のツユクサ
被災して不安を抱えている時、気持ちを落ち付かせる効果のある色。

ビタミンカラー紫色・青色

d0150720_13343713.jpg



庭で咲いている女郎花(オミナエシ)の黄色
 ネガティブな思考を緩和させ前を向いて災害に負けない元気が出る 

ビタミンカラー黄色

d0150720_13054984.jpg


やる気を引き出したい時、 災害に打ち勝つ気持ちを呼び起こす

ビタミンカラー 赤色
追記 この赤い花の名称を教えて頂きました。
「アベルモスクス」

d0150720_13061474.jpg

テレビで知った知識ですが、災害地へ募金が届けられる仕組みは、
支援金と 義援金どちらも同じですが、その違いは、
支援金は、被災地で活動している団体・組織に届き、被災者の仮設住宅・飲料水・食料などとして届けられる。
一方 義援金は、被災者に届けられる。
違いがあるようです。

by saitamanikki2008 | 2018-09-09 10:26 | Trackback | Comments(6)

今年(2018)の夏を振り返る



今年の夏は、6月 梅雨らしい梅雨もなく、
6月中旬から夏日が続き、真夏になっても 夕方 涼しくなる夕立も来なかった。
庭の土は、乾燥してカラカラ状態だった。

8月後半まで雨らしい雨が降らず、35℃以上の猛暑・酷暑 が続いた。
そして、最後の最後に、関東地方を強烈な雷鳴と大雨が襲った。
d0150720_16315868.jpg


今年 夏の印象は、一言 37℃以上の「猛暑・酷暑」 続きの夏であった。

炎が燃え上がるような赤い花 「ケイトウ」
今年の猛暑 イメージにピッタリである。
d0150720_11053218.jpg


庭の葡萄の葉裏にセミの抜け殻が。。。
d0150720_11035741.jpg


毎日、堪えられない程の暑さで、コーヒー店で かき氷を注文したら
チョット 上品な かき氷が。。。美味しかった。
食べ終わると、身体が冷えて、元気になりました。
d0150720_14405024.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-09-03 08:44 | Trackback | Comments(4)

現在の世に 宮沢賢治が生きている




・・・国民の英雄  ボランティア おじさん・・・

d0150720_18510531.jpg
(テレビ映像をお借りしました)

  
山口県 周防大島町で行方不明になった 藤本理稀(よしき)君 2 歳が、
行方不明になってから3日目の8月 15日 朝、約68時間ぶりに無事 山中で発見 救助された。
子供を発見したのは、九州 大分県速見郡日出町からボランティアとして、
子供を探しに来ていた尾畠春夫さん(78歳)だった。
行方不明になった当日から、警察、消防、地元の方々が、
付近を捜しまわっていたが発見に至らなかった。
20日、理稀(よしき)君は、入院先の病院から元気な様子で退院した。

・・・子供を発見した猛暑の日・・・
家族に子供を無事に引き渡した後、
尾畠春夫さんは、家族からお礼として、食事・風呂のお誘いを丁重に断っていた。

テレビ報道によると、
九州 大分から軽自動車にボランティア用具を積み、車に寝泊まりできる状態で、
失踪した2 歳児を探すボランティアをしていた。
これまで、東日本大震災、熊本地震、今年 夏の西日本豪雨の被災地でも
大分から軽自動車で災害現地に入り、ボランティア活動している。
そして、今回 理稀(よしき)君 2 歳児を救出した。
現在は、再び 西日本豪雨の被災地 呉市にボランティアに入っている。

食事は、朝食  パック御飯に水を入れ、梅干し数個だけ、
夕食も非常に質素で、この内容でボランティア活動を出来るのかと思うほどである。
そして、「お腹がすくと、何を食べても美味しい」と話す。
これまでも大分県由布市にある標高1,583m 由布岳の登山道整備のボランティアしていた。

藤本理稀(よしき)君 2 歳児の救出状況をテレビで見ていて、
フト ある有名な詩が頭を横切った。
それは 宮沢賢治の詩「雨にも負けず 風にも負けず」
現代に生きる 尾畠春夫さん(78歳)は、宮沢賢治の化身のように見えた。
この詩の最後に
「そういうものに わたしはなりたい」
とある。
37歳の若さで亡くなった宮沢賢治
貧しく、病弱であった。
その宮沢賢治が目指し、作品の中で描いた理想郷は、
尾畠春夫さん(78歳)の胸の中にある理想と同一でないだろうか ?
尾畠春夫さんが、宮沢賢治の詩「雨にも負けず 風にも負けず」を読んだか分らない。

尾畠春夫さん !!
貴方のような方は、日本の宝 です。
有難う !! 本当に 有難う ございます。
『 現在の世に 宮沢賢治が生きていた !! 』
と思えて、嬉しくて幸せな気分です。

・・・宮 沢 賢 治 の詩・・・
(特に黄色字の言葉に尾畠春夫さんを重ねてしまいます)

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫なからだをもち
欲はなく
決して怒らず

いつもしずかにわらっている

一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜をたべ

あらゆることを
じぶんをかんじょうに入れずに
よくみききしわかり
そしてわすれず

野原の松の林の蔭の
小さな萓ぶきの小屋にいて
東に病気のこどもあれば
行って看病してやり
西につかれた母あれば
行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北にけんかやそしょうがあれば
つまらないからやめろといい

ひでりのときはなみだをながし
さむさのなつはオロオロあるき
みんなにデクノボーとよばれ
ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい



by saitamanikki2008 | 2018-08-22 09:42 | Trackback | Comments(5)

もう 秋の気配 ?




8月 17日、肌寒くて午前4時50分に目が覚めた。

少し早いが、早朝散歩に行くことにした。
玄関のドアを開けると、
一気に10月初旬のような乾燥した北風が吹いている。
夜明け空は、秋の雲が浮かんでいた。

普段より早かったので、大宮公園から第二大宮公園まで足を延ばした。
 
野球場 & サッカー場の照明塔
d0150720_09591872.jpg

東の空は、太陽が昇りかけていた。
d0150720_09580574.jpg


北東の空には手で描いたような変な雲も。。。
d0150720_09583784.jpg

真夏の花 サルスベリが満開に咲いていたが、
一気に涼しくなり
戸惑っているだろう。
d0150720_10012737.jpg

涼しい北風が強く吹き、桜の葉が舞い散る。
今年は、猛暑の日々が続き桜の木は、「夏バテ」しているだろう。
d0150720_10004746.jpg



強い北風が吹いて、大宮公園に落ちていた
小さな毬栗(イガグリ)
d0150720_11331514.jpg


新盆で田舎(群馬)に帰郷した。
関東地方の特に暑い地域、埼玉(熊谷)や 群馬(伊勢崎)に近い
実家は、暑かった。
親戚、孫、曾孫(ひまご)まで顔を揃えていた。
子供が多く集まったので、
懐かしいかき氷機がフル回転した。
d0150720_11324169.jpg




by saitamanikki2008 | 2018-08-19 08:52 | Trackback | Comments(5)

左回りの台風 21号


7月28日 早朝 エアコンも入れてないのに肌寒くて目が覚めた。
数日前までは、耐えられない程の猛暑、酷暑の日々が続いていたのが嘘のように。。。

台風21号が日本列島に接近中、関東地方は朝から雨が降っている。
これまで台風の進路は、沖縄付近から始まり、九州地方から大きく右回りのコースになり、
関西、或は東海、関東、東北地方を通るコースが常識的だったが、
今回の台風21号は、当初 関東直撃が東海に移り、直近の台風コースは、
グッと左にコースを変えて名古屋、紀伊半島付近に上陸するコースに変わった。

中心気圧 965 hPa(ヘクトパスカル)と小型ながら勢力は大変強く、
大雨被害の出た中国地方を通るコースになる。
土砂災害の爪痕が、そのまま残っている地域に再び非情な雨が降ることになる。
これ以上の災害が起きないように。。。!!


庭に夏バラが咲いている。
花は、静かな環境の中で咲く。
中国地方の災害地が、このまま静かな環境であって欲しいと、
強く願わずにはいられない。

災害地が静かで平穏な環境を保つよう願って
夏バラの花を。。。


d0150720_06150729.jpg
d0150720_06040665.jpg
d0150720_06144905.jpg
d0150720_06155195.jpg
d0150720_06152548.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-07-28 11:40 | Trackback | Comments(3)