人気ブログランキング |

タグ:店 ( 44 ) タグの人気記事

大宮公園に接したカフェ店





大宮公園に接した一戸建 カフェ店

Cafe  & Gallery
・・・ m a n a w a ・・・

屋外のデッキ席は勿論、店内テーブル席でも大宮公園の木々を通して、
風が通り抜けるので、3 密にならない。

テーブル席は、その都度 アルコール消毒している。
大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13544422.jpg




8月 1日 

 長い梅雨が明けて、真夏になった。
新型コロナウイルスの感染が地方都市にも拡大している。

街では、マスク姿の人々が行き交う。。。
新型コロナは、真っ平御免だが、
街でマスクを付けている女性は、魅力的な目に映り綺麗に見える。



カフェ 「 m a n a w a 」は、公園の木々を通して
自然の風が心地 良い。

夏、デッキ席は、日陰になる午後がお勧めです。 

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13425399.jpg





愛犬と散歩中、デッキ席に座り時間を過ごす人も来る。

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13433424.jpg



今回は、「m a n a w a」で飲める話題のビールを掲載する。
その名は、コ ロ ナ
原産国 メキシコの瓶ビールです。

コロナウイルスは、嫌だが、ビールなら歓迎ですネ。

・・・コロナ エキストラ・・・
エキストラは、「特別な、 特別上等の」等の意味がある。

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13442775.jpg



キャップにコロナと。。。印字されている。

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13450683.jpg




「コロナ エキストラ」は、以前からメキシコ モデーロ社が生産していた。
日本の輸入ビール 1位になったこともある。
今回、偶然であるが、新型コロナウイルスと同じ名称になった。

果実 ライムを輪切りして瓶の中に押し込んで風味を付けて飲むことも知られている。

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13444598.jpg




これまで、何回か  
Cafe m a n a w a  
に立ち寄り、デッキ席でジュース類を飲んだ。

・・・スイカ ジュース・・・

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13440967.jpg




おにぎり & トマトジュース

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13431352.jpg





地元 大宮の 「 盆栽だ~ !! 」 
小さい 団子付き

これは、サイダー飲料です。

大宮公園に接したカフェ店_d0150720_13423326.jpg

タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-08-04 15:41 | Comments(2)

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店





大宮公園に接する閑静な住宅地にある
静かな一戸建て カフェ店です。
今年 2020年2月 開業

・・・cafe  & gallery・・・

 M a n a w a

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17030016.jpg




カフェの入り口通路には、
色々な花が咲いている。

未央柳 (びょうやなぎ)
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18250538.jpg




柏葉紫陽花
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18253011.jpg




 カフェ 「 M a n a w a 」  デッキ側の入り口で。。。
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18261732.jpg




デッキ席に、一人静かにワイングラスを傾けているジャケット姿の紳士が。。。

顔を写さないことで写真撮影に承諾して頂いた。
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18263641.jpg




デッキの花
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18275048.jpg




大宮公園の木々を抜けて そよぐ風が
室内を通り抜ける。
風通しの良さは、抜群である。
テーブル 4席
下の写真 右側 屋外に犬の散歩途中でも立ち寄れる
テーブルが4~5席ある。

オーナーの話では、2階は貸ギャラリーとして使用しているそうだ。
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17031912.jpg





大宮公園が目の前に広がっている。
このテーブル席も屋外にある。

目の前に桜の木があり、
桜の咲く 春は、特等席になるに違いない。
自然の中で室内から流れる音楽を聴きながら
ひと時を静かに。。。過ごす

贅沢な時間が流れる
カフェ 「 M a n a w a 」である。

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17033952.jpg
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18271268.jpg




デッキから見上げると初夏の木々が。。。青々と
大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18265796.jpg




今回は、カフェオーレを注文した。
500円とリーズナブルである。
勿論 各種飲み物、ランチ、グラスワインも.......ある。

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17035817.jpg




店内の棚には、色々なボトルが。。。

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17042394.jpg


大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17044882.jpg


大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17050551.jpg


大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_18273037.jpg





このワインボトルは、
現在 日本サッカーリーグ ヴィッセル神戸に所属する有名な選手
アンドレス・イニエスタが、スペイン ラマンチャ地方で所有する
ワイナリーで造られたワインだそうだ。
 
ワインラベルには、
サッカー ボールを蹴っているイラストが描かれている。

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17052517.jpg





ワインボトルの裏ラベルには、イニエスタの顔も描いてある。

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17053813.jpg





カフェ店 玄関口の通路に咲く花
ヤマボウシ

大宮公園に接し、風通しの良いカフェ店_d0150720_17060579.jpg

定休日 月・火(祝日の場合は翌日)

Open 11:00~17:00

☎ 048ー877-2320

最寄駅  東武アーバンパークライン 北大宮駅


タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-05-28 05:43 | Comments(2)

私好みの カフェ店 (3)




・・・私の時間・・・

大宮公園隣接 ・ 県立歴史と民俗の博物館  横  

お洒落な隠家的 一軒家 ・ カフェ

『 Blue  Bird  Cafe  (ブルーバード カフェ) 』
Open 月・火・水・土  11:30 ~18:00

所在地 さいたま市大宮区寿能町1-16-11 1F
アーバンパークライン 大宮公園駅より徒歩 4分

私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16191252.jpg
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12255335.jpg




入り口 の看板  「 Blue  Bird  Cafe 」

私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16292093.jpg




玄関ドアにあるオブジェ
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16211578.jpg




室内 入り口 横の テーブル
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16304510.jpg




1Fにある 薪ストーブ
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16295649.jpg



寒い冬の季節、流れる音楽に耳を傾けながら、
薪ストーブの燃える炎を見ると、やすらぎがある。
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16310675.jpg




薪ストーブに火を焚いて、
直ぐ近くで、炎を見ながら美味しいコーヒーなどを飲める。
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16204618.jpg
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16213873.jpg




私の時間
紅茶&パンケーキ
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12271632.jpg



このカフェ 1F は、
靴を脱がずにテーブル席に座れる場所 & 靴を脱ぐフロァー席がある。

私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12270427.jpg




オーナーが美大出身だそうで、フロァー席には
その時々に作家の絵が飾られている。
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12264504.jpg
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12262233.jpg

そして、不定期であるが時々 バンド演奏(2~3人)がある。
席料 500円+飲食代


by saitamanikki2008 | 2020-01-18 14:11 | Comments(1)

 私好みの カフェ店 (2)





・・・私の時間・・・

「 福丸珈琲  1F、2F 」

所在地 さいたま市北区盆栽町91-2

東武アーバンパークライン 大宮公園駅 横

Open 10:00~18:00頃
定休日  水曜日
駐車場 1~2台 (尚、指定の有料駐車場に入れると100円の補助あり)




店内は、古民家風、骨董、アジアン風である。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12172207.jpg





午後 太陽が西に傾くと、
木枠を通して光と影が綺麗に見える。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_15450011.jpg





この日、頼んでのが、福丸・ブレンドコーヒー
尚、バターカレーも美味しい。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16421188.jpg






この時計は、インテリアとして飾られている。
太陽が木枠を通して射し込むと
その影が時計に映りイイ感じになる。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_15452162.jpg





猫の絵も。。。
以前 この店のマスコット 猫であったらしい。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12194883.jpg





テーブルには、色々なランプが置いてある。
クラッシックな西洋ランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16103100.jpg





懐かしい昭和調のテーブルランプ
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16152249.jpg




和風のテーブルランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16111145.jpg





シンプルなテーブルランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16115881.jpg





アンテーク調の西洋ランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16113301.jpg





店内のテーブル間の仕切り

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12163986.jpg





これも仕切り板  なにやら 絵・文字が描かれている。。。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_15455170.jpg





これは、造作的に面白い仕切り板である。
革製の板に 「平安時代のような人物絵 と  和歌」が描かれていた。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16122832.jpg





2階に上がる階段

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12174341.jpg





2 F  懐かしい黒電話が。。。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12191969.jpg




これは、昔 実家にあったような茶箪笥が。。。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12183682.jpg


オーナー(日本人)は、英語を話し、
盆栽村に盆栽を見に訪れた外国人が立ち寄ると、流暢に会話している。
又、不定期であるが 金曜日(昼) 2階でアメリカ人による
英会話教室があるそうだ。
 1,000円+飲食代 
又、不定期(冬季を除く)ながら、夜間 昔懐かしい映画鑑賞会も。。。

次回も 私好みの カフェ店 が続きます。 


タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-01-16 10:56 | Comments(2)

私好みの カフェ店 (1)





・・・私の時間・・・

古民家風 一軒家 

自家焙煎 「 紅毛屋  珈琲店 」

所在地  さいたま市北区宮原町2-126-4。
Open A 10:00~21:00
定休日  金曜日

駐車場 5台

最寄り駅 新交通システム 伊奈線 ニューシャトル 東宮原駅 徒歩 4分位
(東宮原防災公園近く)
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11381044.jpg





カフェ店入り口
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11383053.jpg





店内に入ると、天井の枕木が見え、壁、床、テーブル、椅子 全てが木材。

店内は、FMラジオの音楽が流れ、
美味しいコーヒーを飲みながら、時間が止まったような静かな空間を楽しめる。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11390407.jpg





ガッチリとした厚い木材製のテーブル、椅子

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11401601.jpg





天井は、ドッシリした枕木に屋根裏がそのままに。。。

壁には、大きな掛け時計
 時間ごとに、振り子時計が「ボ~~ン」「ボ~~ン」と.....鳴る。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11394705.jpg




天井下に飾ってある いや 置いてあるポスター、絵、白黒写真など
時を重ねた品々が、歴史の 一時代の歩みを醸し出していた。
何とも ノスタルジックである。
この風景が、心の落ち着きをもたらす。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11405392.jpg



日本が、経済成長時代に流行ったスキー場のポスター
 信州 乗鞍スキー場

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11414102.jpg




ぶら下がった電灯
何とも この電灯傘が昔の雰囲気 タップリ
心休まる カフェ店である。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11432616.jpg

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11435393.jpg




棚に並んだコーヒーカップ
同じコーヒーカップは、一つも無いようだ。
ここのマスターがお客の顔 雰囲気で、その日のコーヒーカップを
選ぶのだろうか ?

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11422961.jpg




マスターがメニューを持って来た。
コーヒーのメニューは、色紙に手書きしたものだ。
日本でコーヒーを飲める店は、カフェ、喫茶店、レストランなど数百万店もあるだろう。
しかし、
そのメニューが全て「ひらがな」で書かれている店舗は、
唯一 この「紅毛屋  珈琲店」だけであろう。

「あめりかんぶれんど」「きりまんじゃろ」「れあちいずけいき」「こけももじゅうす」「ばたあとおすと」等と、

全て「ひらがな」で書いてあると読み難いが.....。意外性があり面白い。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10545076.jpg





今日、私のコーヒーカップは、これだ。
右の焼き物コップに水が入っている。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11440564.jpg




店内にも数点の絵が飾ってある。

店内の人が座らないコーナーには、広告・雑誌・新聞などの切り抜きが
数多く貼ってある。

画家 藤田嗣治の切り抜きが多くあり
オーナーは、相当 藤田嗣治の絵画が好きそうである。
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10551162.jpg





本箱は、藤田嗣治展、セザンヌ展、ログハウス、喫茶店経営の本などがある。
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10553423.jpg



又、
過去の「国展 絵画部」20冊位、山下清 心の名画集、現代日本画傑作集、
フランス近代名画選などの本がある。
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10555549.jpg

本箱から興味ある本を手に取り
読んでみるのも良いだろう。

次回も私好みの カフェ店を掲載します。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-01-14 11:50 | Comments(3)

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)




令和元年11月20日から 
3泊4日の錦秋・京都の紅葉を巡る旅に行きました。
その時、宿泊したホテルの印象が大変良かったので、
ブログに一部写真を掲載することにしました。

京都・旅の宿泊 ホテルは、京都駅から徒歩 10分

ホテル SAKURA  TERRACE (さくら テラス) に 2 泊する。

夕食 無し(軽食あり)、朝食 付き、 大浴場 有り。


・・・ホテル入り口通路・・・

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16503100.jpg



ホテル・フロント横 空間 (1)
実際は、写真の右側に倍以上の広い空間がある。

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16510961.jpg




フロント横にある細長い 机 京都案内を中心とした雑誌・書籍など
20冊位が表紙が見やすいように並べてある。

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16521673.jpg




上の写真2枚目 フロント横 空間 (1) 横の階段から
階下を見下ろせる場所 中二階にあるのが
図書室

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16513915.jpg




和本を中心に洋書本まで揃えている 
日本、京都の風景、建物、インテリア、写真本など

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16524317.jpg




↑の写真 2枚目  フロント横 空間 (1)
右手隅にある朝食用のビュッフェカウンター棚 と バーカウンター
御飯、味噌汁、サラダ菜、ジュースなど各種総菜が揃っている。
焼きたてパンも色々な種類がある。

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16532257.jpg



更に色々な種類のパンをサンドイッチ風に提供している

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16534352.jpg


並べ方も綺麗である

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16541103.jpg



新鮮なトマトを皿に載せているが、
切り方、並べ方が綺麗である。

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16543382.jpg




これは、部屋のドア 開閉に必要なカードキーを
入れる紙ケース
京都風のデザインで洒落ている。

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16545810.jpg




一階に男女用の大浴場がある。
部屋から大浴場に行く際、バスタオル等をいれる布鞄

晩秋の京都巡り 旅 (京都・宿 編)_d0150720_16552376.jpg


ホテル SAKURA  TERRACE (さくら テラス)の
美味しい 朝食 と 
京都市内で、大浴場、サウナ付の都市ホテルであることが、
一番 気に入った。
又、京都に行くことがあったら、
SAKURA  TERRACE 
に泊まりたいと思った。

タグ:
by saitamanikki2008 | 2019-11-29 10:05 | Comments(5)

綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ



造幣局 さいたま支局を見学した後、
近くにある カフェ「maru」(マールーウ) でランチしました。
所在地・・・さいたま市大宮区北袋町1-236
オープン・・・火・水・木・金 
11:00~17:00  (15:00 ~ カフェのみ)


 白い花が絡まるように咲いている門扉を開けて庭に入る。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18291760.jpg


一戸建ての広い庭の一部を、二階建ての建物を建て カフェ店にしていた。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18031884.jpg


店内から庭を眺めながらランチ、お茶を楽しめる。
秋の爽やかな季節を直接感じられる軒下 オープンスペースに
ウッド テーブルもある。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18035132.jpg

店内のインテリア
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18033779.jpg
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18011295.jpg

吹き抜けの天井、二階にもテーブル席がある。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18012745.jpg

よく手入れされた庭に花が咲いていた。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18020073.jpg
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18030177.jpg

こんな置物も。。。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18023148.jpg

綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18021458.jpg
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18024689.jpg
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18014155.jpg


夫婦連れは、私共ともう一組、女性客が多かった。
私は、グリーンカレーを注文 (食後に、林檎付)
女性好みの野菜中心のヘルシーな具材が入っていた。
綺麗な庭を。。。ランチで楽しむ_d0150720_18040789.jpg


タグ:
by saitamanikki2008 | 2018-09-23 16:02 | Comments(2)

今 一番 寒い冬の季節 

この冬は、暖冬の日々が続いてましたが、大寒(1月21日)を過ぎた頃から
本格的な寒い冬将軍がやてきた。
日本海側では、昨日(23日)から今日にかけて大雪が降り続いているようだ。

屋根の雪
  先週降った雪が、北側の屋根に融けずに残っている。
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_14444097.jpg

冬の寒い日に、大宮公園駅近くの古民家風 カフェ 「福丸珈琲」へ。
  古風なランプ & レジ のある店内風景
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_1426178.jpg

  店内ライト
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_1426478.jpg

  キャラメル ラテ
     甘党な私にキャラメルを少し多めに。。。
        甘く ほろ苦い味に、どこか懐かしさを感じる。
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_1427781.jpg

  店の暖簾(のれん)
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_14272494.jpg

庭の花 スノードロップ(待雪草)
 例年は、2月下旬~3月上旬に花を咲かせてましたが、今年は1月中旬に開花しました。
イギリスでは、スノードロップが家を清めると云われている。一方で「貴方の死を望みます」
と伝えられている地方もあるとか。 怖い花言葉です。
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_14285036.jpg

  残雪の待雪草(スノードロップ)
     18日の降雪により和名の如く 待雪草になった。 
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_14291844.jpg

  残雪 & ホーズキ
     庭で倒れずに残っていたホーズキの赤い実 残雪とのコントラストが綺麗だった。
     こんな風景が見られるので、夏 赤く色付いたホーズキをそのまま放置しておく。 
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_142947100.jpg

私の1月14日付 ブログで、
   「庭隅にほったらかし状態のシンビジュームに花芽が伸びていた」 と云いましたが、
   この冬の寒さの中、まだ2本の花芽は蕾をしっかり閉じてます。
   ズ~と、庭隅で ほったらかし状態のシンビジュームでしたが、
   冬の休眠期に花を咲かせることを知ると、
       室内で花の開花を待ちたくなりましたが、
   環境の急な変化も悪いのかナ~と思って、屋外での開花を待ちたいと思ってます。     
今 一番 寒い冬の季節 _d0150720_14301117.jpg

次回は、庭に飛来する小鳥 ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラの写真を掲載します。
1年で一番寒い この季節 早朝からバード フィーダーの餌を食べに来ます。
タグ:
by saitamanikki2008 | 2016-01-24 16:30 | Comments(4)

懐かしく 美味しい店

今春 アーバンパーク・ライン(東武野田線) 大宮公園駅横の踏切近くに古民家風の「福丸珈琲」店が開店した。
一見 古民家風の造りに魅せられ店内に入り、ランチを食べた。
店内は、中央に大きな四角の分厚い板テーブル、横にソファ&テーブル、奥に板テーブルがあり、人の良さそうな店主が
客の応対していた。
店内の大きな分厚い板テーブル上に色々な和洋本が並び、ざっと見ても面白そうな内容の本ばかりである。
店内を見渡すと、骨董のようなライト、置物などデザイン性の良い品々が。。。
懐かしく 美味しい店_d0150720_14352183.jpg
懐かしく 美味しい店_d0150720_14355266.jpg

私が昼食で注文したのが、カレーランチ (ランチメニューは数種類あり)
先ず樺細工(桜の樹皮を利用)の箸が気に入った。 カレーは、タップリあり 丁度好い辛さで美味しい。
サラダ、香物、コーヒーゼリーの小鉢 添え物も美味しく、 ドリンク付で 1,100円 。 
懐かしく 美味しい店_d0150720_1436833.jpg

ソファ&テーブル席 コーナー
懐かしく 美味しい店_d0150720_1436304.jpg

フロアー ライト
懐かしく 美味しい店_d0150720_1441314.jpg

花瓶の植物  
 この周辺では珍しい コバンソウ(小判草) と オミナエシ
古民家風の店内なので、洋花でないところに こだわりが見える。
懐かしく 美味しい店_d0150720_14403336.jpg

店内インテリアに興味が湧いたので 2階を見せて頂いた。
クラッシック音楽 と 店内の木製テーブルが、妙に落ち着き感がある。。。
懐かしく 美味しい店_d0150720_14431011.jpg

2階のコーナーにある 懐かしい木製机
きっと、懐かしい あの頃、あの時代を思いだすだろう。
又 本好きな人なら、この場所で好きな本を手にして座ってみたくなるだろう。
懐かしく 美味しい店_d0150720_14424268.jpg

所在地 さいたま市北区盆栽町91-2  時間 10:00~19:00
定休日 水曜  ℡ 048-628-8652
タグ:
by saitamanikki2008 | 2014-07-30 16:18 | Comments(19)

初めて ロシア料理を

先日 さいたま市内で自転車に乗っていたら、ロシア料理店(大宮区大成町)を見つけた。
今では、街中でフランス、イタリア、中華、東南アジア料理など各国の料理が食べられるが、
今までロシア料理を食べたことがなかった。
昔 東京・神田神保町にロシア料理店があり興味があったが、食べる機会がなかった。

店の名前は、ロシア家庭料理「ター二ア」 日本人と結婚したスマートなロシア女性が料理を作っていた。
店内には、日本の地酒のようにロシア各地のウオッカ酒を置いている。
初めて ロシア料理を_d0150720_7211912.jpg

ロシア家庭料理の ピロシキ (小型のパイ)、 ボルシチ(スープ)、 ビーフストロガノフを 頂き、お腹一杯になった。
初めて ロシア料理を_d0150720_8222532.jpg

店内には、民芸品、人形、店主の手作りのカラフルなエプロンなども売っている。
初めて ロシア料理を_d0150720_8231184.jpg

色々のワッペン
初めて ロシア料理を_d0150720_8213162.jpg

食事後に、店主(ロシア女性)と色々と話していると、2年前 福島から転居してきたそうだ。
2年前 東日本大震災 ・ 福島原発事故。 店の前に駐車していた車は、まだ福島ナンバーでした。
ロシアは、世界一 面積の広い国 同じロシア料理でも地域によって、料理の味がかなり異なるそうです。
この店の味は、ロシア南部出身の方なので、味はあっさりした味付けでした。

店に展示されていた広いロシア全土の地図を見ながら、
「ロシアは、十分広い国なので北海道の北の小さい島々は、日本に返したら良いのに。。。」 ポツリ 話してくれました。
昔 ソ連邦時代は、東西冷戦で其々反目していた日ソ両国でしたが、友好条約が締結され北方四島が日本に返還されたら
日露友好が益々進み 両国の経済活動にとって有益なのにナ~と思いました。

 
タグ:
by saitamanikki2008 | 2013-11-15 09:28 | Comments(8)