タグ:散歩 ( 73 ) タグの人気記事

朝一番に 古代蓮の花を見に行く


連日の猛暑日により、暑くて長~ぃ 夏になりそうだ。
集中豪雨の被災地でも猛暑日が続く。
被災地を想うと、お気の毒で 暑ぃ ! 暑ぃ !   と云っていられない。

今朝 早朝散歩に行くと、大宮公園 池の水面が淀んで緑色になっている。
所謂 アオコ現象
雨も降らず、連日の猛暑続きで水面にアオコが発生した。
アオコが水面を覆うと、水中が酸欠状態になり
魚の大量死を招くことがある。
小魚の群れが、水面に口を出しパクパクして、
空気中の酸素を。。。
又、15匹位のコガネムシが通り道に散らばっていた。
余りにも多い数なので立ち止まって上を見ると、
木からコガネムシが二匹 目の前に落下した。
猛暑続きは、人間も 魚も 虫たちにも大変だ。

一雨 欲しい !!


先日 早朝散歩に行かずに、「原市沼の古代蓮」を見に行った。

蓮の花は、午前7時頃から午前9時頃が一番の見頃である。


古代蓮の咲き始め
d0150720_12331263.jpg


黄金色の花托(かたく)が綺麗だ。
d0150720_12340537.jpg


咲いたばかりの蓮に
ミツバチが集まって来る。
d0150720_12342886.jpg

d0150720_12344095.jpg


花びらも 本当に綺麗である。
d0150720_12345960.jpg

d0150720_12351388.jpg


d0150720_12372357.jpg

d0150720_12364877.jpg


花托(かたく) と 朝陽に透けた蓮の葉
d0150720_12370904.jpg


蓮の葉

d0150720_12355272.jpg


花弁が落ちた花托(かたく)・・・蓮の実の部分

d0150720_12362836.jpg


原市沼には、蒲(ガマ)の穂も生えている。
d0150720_12374078.jpg



白い蓮 一輪、咲いてました。

d0150720_13355136.jpg


「原市沼の古代蓮」は、地元のボランティア方々が
沼地だった場所を整備・管理している。
大宮駅からニューシャトルに乗り、沼南駅下車 徒歩約5分。

d0150720_12375096.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-07-16 17:06 | Trackback | Comments(5)

東京散歩 迎賓館 & お台場 デジタルアート・ミュージアム(チームラボ)



東京・迎賓館 赤坂離宮

森ビル デジタルアート・ミュージアム(エプソン チームラボ ボーダレス)に行きました。

迎賓館 赤坂離宮が一般公開されてから月日も経っているので、
見学希望者数が少し減少したのか、
数日前にネットで見学予約して見学できました。

森ビル デジタルアート・ミュージアムは、「森ビル」と「チームラボ」が共同で運営し、
エプソン チームラボ ボーダレスが、東京・お台場において大掛かりな光のアート空間を演出している。

520台のコンピューターと470台のプロジェクターが
これまで体験したことのない驚きの映像美を見せてくれる。
人の身動きを基に色彩が織りなす面白い異空間体験など、
大人も子供も楽しめるデジタルアート・ミュージアムでした。


それでは、最初に迎賓館 赤坂離宮を見学します。
因みに、赤坂離宮本館、正門、噴水などが国宝になっている。

西門 受付で予約した参観証を呈示してセキュリティ・チェックを受けてから、
拝観料 1,000円を払って中に入る。
本館 玄関の中央階段から 花鳥の間、彩鸞(さいらん)の間、羽衣の間
などを見学した後、噴水のある主庭、前庭を周って正門から退出する。

迎賓館 正門
d0150720_21302561.jpg


前庭から見る 迎賓館 本館
d0150720_21304532.jpg


迎賓館 本館 屋根の飾り

d0150720_21324483.jpg

迎賓館 本館 西側

d0150720_21311786.jpg

迎賓館 本館 西側

d0150720_21313382.jpg



本館内での撮影、スマホ、携帯、タブレットなどの操作は一切禁止。


以下 4枚の写真は、パンフレットに掲載してあった写真を引用しました。

玄関から中央階段

階段の前に立つと、ここは何処の外国宮殿 ?
と思うような雰囲気でした。
d0150720_13525206.jpg


立派な洋風建築、見事な天井絵などを見ても日本の宮殿でないような。。。
しかし、所々に日本古来の技術が生かされ、菊の紋章もある。

花鳥の間

公式晩さん会、サミット会議などに使用される。
d0150720_13531584.jpg



彩鸞(さいらん)の間

表敬訪問に訪れる来客が最初に案内される控えの間
或は、条約・協定の調印式に使われたり、国賓のテレビ・インタビューなどに使用される。
d0150720_13554843.jpg


羽衣の間

雨天の時の歓迎行事、レセプション、会議場、又は晩さん会の招待客に食前酒、食後酒が供される。
d0150720_13561552.jpg

尚、2階 大ホール・朝日の間は、内装 改修工事中で閉室でした。


主庭から見る 迎賓館 本館
d0150720_21315359.jpg


主庭の噴水
d0150720_21321274.jpg
d0150720_21322506.jpg


迎賓館から最寄りの地下鉄 四ツ谷駅に行き丸ノ内線に乗車、赤坂見附駅で地下鉄 銀座線に乗り換え新橋駅で下車。

新橋から新交通 「ゆりかもめ」乗車して、青海駅で下車。

森ビル デジタルアート・ミュージアムに行きます。

お台場 パレットタウン ショッピングモール内で食事しました。

パレットタウン ショッピングモールにある噴水
d0150720_21342366.jpg


森ビル デジタルアート・ミュージアムは、お台場にある大観覧車に接したビル内にある。

当日券もあるが、完売して買えない場合も多く、事前に入場券を買って行くのが確実です。
私は、コンビニ 「ローソン」のチケット販売機で買いました。
2018年6月7日~7月31日までオープン記念チケット 2,400円で販売している。

通常料金 大人・大学・高校生 3,200円
子供から中学生 1,000円
三歳以下 無料

青海駅の通路にあった「森ビル デジタルアート・ミュージアム」の広告

d0150720_21343957.jpg


綺麗な映像美を見せる空間なので、館内は薄暗い
当然 カメラ、スマホ撮影のフラッシュは、禁止になっている。
入り口近くにある広い空間 「Flower Forest 花の森」
この場所から色々な花色彩のアート空間がある。

d0150720_21350198.jpg

この「Flower Forest 花の森」から、2ヶ所の通路があるようだ。

どの通路を選ぶかは、あなた次第である。

選んだ通路により、その先の別空間へ、又は合流できる。

勿論 戻ることも出来る。

d0150720_21352136.jpg

殆どの映像美がゆっくり動く仕掛けなので、
コンパクトカメラの画素数 1600でもピンボケ気味である。
これは静止していた映像のようだった。

d0150720_21354016.jpg


この空間も人気のようだ。
花が咲き、鳥が飛び、又 滝が流れる。
d0150720_06183269.jpg
d0150720_06191871.jpg


傾斜面に光の滝が流れる。
d0150720_06185832.jpg

面白いのは、一時 その場所に立っていると、
光の水流は、立っている位置を避けて流れる
写真右側 足の部分の水流が左右に分かれていることが分るでしょう。
d0150720_06194278.jpg

この空間は、上下の光が物凄い奥行きのように見える。
この写真は、天井を撮った写真。
d0150720_06214669.jpg

この写真は、正面からやや上部を撮った写真
d0150720_06220484.jpg

この写真は、足元を撮った写真
空間の底 10~20メートル位一直線に見下ろした感じです。
d0150720_06222113.jpg
色彩も色々と変化する。
d0150720_06224082.jpg


次も入場制限がある人気の空間です。
ランプが200、300、いや 500個以上あるような錯覚の空間。
d0150720_06230190.jpg

この空間内に立ち入り、見物人がランプに近づくと、
(中央に立っている人が確認できるでしょう)
直近のランプが点灯し輝く、そして 隣のランプも呼応するように輝き始める。
d0150720_06232269.jpg


この空間は円形で、3メートル位の高さの波が音楽と共に繰り返し流れているような印象です。
写真では、流れている様子がイマイチ撮れませんが、
荒海の中にいるような感覚です。
室内にフワフワした休憩場所もあって、
波の流れをズ~と見ていても飽きなかった。

d0150720_06235916.jpg

d0150720_06241757.jpg

d0150720_06245635.jpg

草原のような空間
d0150720_11201419.jpg
d0150720_06251261.jpg


唯一 デジタルアート的でない風船空間

大小の風船がフワフワ浮いている。
床もフワフワしている。
d0150720_06252713.jpg

又、平均感覚が狂うような空間、様々な映像空間を見たが、
進路を示す表示もないので、目先の灯りを頼りに進むしかない。
次は、どのような映像空間があるのか ? ミステリアスである。
見逃してしまった空間もあったかナ~。
ビル 2階 3階がデジタルアート空間になっているが、
3階は、子供用のデジタル遊び空間が広くなっている。

体験したことのない魅力的な映像ミュージアムでした。
一度 見に行かれることをお勧めします。

その後、久しぶりに「銀ブラ」して帰って来ました。


by saitamanikki2008 | 2018-07-10 10:01 | Trackback | Comments(2)

埼玉・盆栽村 盆栽祭り


毎年 5月3~5日の間
さいたま市 盆栽村(通称)で「盆栽まつり」が開催される。
天気に恵まれた今年のゴールデンウィーク 
大勢の観光客がミニ盆栽などを買い求めていた。

「盆栽四季の家」の中庭において色々な「おもてなしイベント」が行われた。
近くのマンション駐車場では、花類の競売コーナーもあり、
面白おかしく、花卉の競りが行われていた。
d0150720_05593687.jpg

数多くの盆栽業者が、ミニ盆栽などを販売
盆栽用選定ハサミ、盆栽鉢なども販売している。
d0150720_05584354.jpg

市民が出品した盆栽の展示
(受賞盆栽)
d0150720_05592383.jpg

市民が出品した盆栽の展示
(受賞盆栽)
d0150720_05585627.jpg

市民が出品した盆栽の展示
(受賞盆栽)
d0150720_05591129.jpg

ナンジャモンジャの木 一年盆栽
d0150720_05594883.jpg

盆栽用の苔を販売する業者もある。
d0150720_06000207.jpg

欧米から「盆栽まつり」を見に来ていた男性の足に
盆栽 Love のタトゥー(刺青)
(声掛けしたら、気分良く了解して頂いた)
d0150720_05582295.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-05-06 07:05 | Trackback | Comments(2)

ハナミズキの小路


大宮公園 と 第二大宮公園を結ぶ ハナミズキの小路がある。

小路には、紅白のハナミズキが咲き、晴ればれとした雰囲気を醸し出している。

ハナミズキが開花する時、花弁が手の親指と中指の先端を結んだような

興味深い形状である。

d0150720_10441257.jpg
d0150720_10435403.jpg


青空を見上げると、ファンタジーのような世界が広がる。
d0150720_10450822.jpg


これは、幾分 黄色のハナミズキ
d0150720_10454186.jpg


ハナミズキの小路を散歩すると気分が晴ればれする。
d0150720_10452629.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-04-12 17:48 | Trackback | Comments(6)

春の訪れ & 大宮公園 桜 開花情報



自転車に乗り街に出かけた。

途中、街角で......早咲きの桜が満開に咲いていた。

d0150720_13164622.jpg


 青空に向かって、モクレンが祝い事でもあるように咲いている。
d0150720_13170722.jpg



早朝散歩の大宮公園
球場に射し込む朝陽も、幾分 柔らかさを感じる。。。

d0150720_13172416.jpg



朽ちた切り株に落ちた椿花 一輪

d0150720_13173877.jpg


・・・大宮公園の桜 開花情報・・・
3月23日 早朝
公園全体のソメイヨシノは、1~2分咲きの開花
郷土歴史博物館前にある早咲きの雅桜は、こんな咲き具合です。

d0150720_09482681.jpg

俯き気味に咲く雅(みやび)桜
d0150720_09484386.jpg


咲いたばかりのソメイヨシノ
3月28日~29日頃が満開になると思います。

3月23日 早朝撮影
d0150720_09490037.jpg



by saitamanikki2008 | 2018-03-23 10:00 | Trackback | Comments(4)

冬空 & 風景


1月5日 最も寒さが厳しい季節の始まり
「小寒」を過ぎて、
これから本格的な寒さになる。
因みに「大寒」は、1月20日です。


雲一つない冬晴れ、カラッからに乾燥した空気  

北海道のような広~ぃ風景があった。

・・・荒川河川敷・・・
d0150720_11124412.jpg

・・・冬 風 景・・・

田んぼ & あぜ道 & 並木林 
d0150720_11125867.jpg

お正月過ぎても、
まだ夜明けは遅く、陽の出前の早朝散歩は薄暗く大変寒い。
早朝散歩 & ラジオ体操を始めた時から
私の弱点は、真冬の寒さにより指先が痛くなるように冷たくなること。
そんな訳で真冬の寒さ対策にと次々に手袋を買い足してきた。
今では、7双もの手袋がある。
冬 暖かい手袋は、やはり 毛糸のような発熱サーモ系の手袋。
ですが、私は手袋に指を入れずに手を握った状態で使用している。
この方法だと指先が寒さで痛くならない。

蛇足ですが、初冬 健康診断で採血する時など、
看護婦さんから「冷たい手ですね」
と云われる。その際 私が云う言葉は、
「血管も細いので宜しく」と云う。
私が生まれた時代は、戦後の食糧事情が悪かったので、
血管が細くなった と勝手に自己判断している。
厳しい寒さの真冬 指先が痛いように冷たいのは、
細い血管で血流の流れが悪いのだろうと。。。
d0150720_07141061.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-01-09 19:34 | Trackback | Comments(6)

夏の輝き (続編)


夏のイルミネーション (続編)

埼玉中央青年会議所が企画した「夢の力」イルミネーションの写真です。

夏に輝くイルミネーションは、大宮・氷川神社参道 平成広場で

澄んだ秋空になる10月15日までの土、日曜日に光り輝き続けます。

大宮氷川参道 平成広場は、

JR大宮駅から徒歩 10分程の場所にあります。
d0150720_06362974.jpg

d0150720_06343052.jpg

d0150720_06382048.jpg

d0150720_06364803.jpg

d0150720_06371012.jpg


d0150720_06350269.jpg


d0150720_06344669.jpg


d0150720_06352261.jpg


d0150720_06334261.jpg


d0150720_06383950.jpg


ウイークデーは、下から2枚目のイルミネーションだけの点灯です。



by saitamanikki2008 | 2017-08-31 10:19 | Trackback | Comments(2)

夏の輝き


夏のイルミネーション

日本一長い 大宮 氷川神社の参道

その中ほどにある平成広場で

夏のイルミネーションが綺麗に輝いている。


『 夏の夜の輝き 』

d0150720_06434739.jpg
d0150720_06341362.jpg
d0150720_06374967.jpg
d0150720_06373270.jpg

次回も氷川参道 平成広場のイルミネーショが

続きます。


2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by saitamanikki2008 | 2017-08-29 12:39 | Trackback | Comments(2)

野球観戦でドーム球場へ


野球観戦に東京ドーム球場に行った。
その前にJR秋葉原駅を降りて、

湯島聖堂、神田明神をブラブラ.....。
湯島聖堂の周りは、立派な塀に囲まれている。
d0150720_10461011.jpg

湯島聖堂の起源は、
江戸時代 5代将軍 徳川綱吉によって孔子廊として建てられ、
後に幕府直轄の学問所となった。
d0150720_10462454.jpg


屋根の上の 聖獣 鬼龍子。 何だか 不気味な感じです。
d0150720_10463922.jpg

神田明神 楼門
「江戸・総鎮守」として、
約 1300年近くの歴史がある。大正12年の関東大震災で焼失。
鉄筋コンクリート造りの社殿が造られた。
コンクリート造りなので古さは感じられない。
色彩も綺麗に塗られ、むしろ 都会の神社って感じである。

新年は、商売繁盛を願って
都内の会社から背広姿の参拝者が多い。

d0150720_10465321.jpg

拝殿前には、「茅の輪くぐり」
「8の字」を描くように回り参拝した。
d0150720_10470660.jpg

JR秋葉原駅に戻る途中にあった「秋葉原神社」
都会的と云うか ビルの一部として存在している。
d0150720_10472193.jpg

内部を覗くと、所狭しと数多くのフィギュアが。。。
奉納 フィギア の棚がある。

やはり 秋葉原 オタクの聖地と云うことか。
d0150720_10473672.jpg

柱の横には、巫女のフィギュアも
d0150720_10475010.jpg

秋葉原神社からJR秋葉原駅に行く途中
数多くのメイドカフェ姿の若い女子が、客の呼び込みしている通路があった。
初めてメイドカフェ姿を目撃した。
昔は、電気街で有名だった。現代は、これも秋葉原と云う街の顔なのか。


そして、東京ドーム球場へ。
1階 ネット裏 34列 観戦には良い場所である。

巨人 Χ 中日 戦
ここ最近 巨人は連敗続き。応援したが、結果は1-0で負けました。
d0150720_10480548.jpg
場内は、数多くの若い女子がビールなどの飲食物を販売している。
シート脇の通路を大きなビールタンクを背負って、
試合中 何回も階段を速足で登り、そして又 駆け下っている。
飲み物を頼むと、笑顔が大変 可愛らしい。
飛行機の キャビンアテンダント と比べても、
その若さと笑顔が素晴らしい。

約3時間近く、重い商品を肩にかけて、
階段を昇ったり下ったり、大変な仕事だ !!
メイドカフェ姿で働く、
ブラブラして働かない女子より良いが。。。
球場内で精一杯 働く 若い女子に、
若さと頑張り、その働きぶりに感動した夜でした。



by saitamanikki2008 | 2017-06-24 12:21 | Trackback | Comments(3)

道端に咲く花 sanpo


良い季節は、気分もウキウキ
道端に咲く花も
この季節になると、ウキウキ気分になり咲くのだろうか。

道端に咲く花

ポピー

d0150720_10472628.jpg



春本番 太陽の光を受けて

チューリップが眩しそう。

d0150720_10474173.jpg

 ゆっくり 道端に咲く花を楽しみます。

どうぞ お先に行って下さい。


by saitamanikki2008 | 2017-04-27 07:00 | Trackback | Comments(2)