タグ:旅行 ( 278 ) タグの人気記事

山形・出羽三山 観光参拝 (二日目)


・・・山形・出羽三山 観光参拝の二日目・・・

山形・寒河絵市にある宿泊ホテルの朝
目の前を流れる最上川
d0150720_18555661.jpg


この朝も快晴である。ホテルから月山を望む。
流石 山形・月山、猛暑続きの日々であるが、8月に入っても残雪がある。
 月山は、7月1日 山開きして、9月には閉山するとか。
冬は、大雪が降るんだナ~。
d0150720_18561489.jpg



稲田の風景
この日も、観光バスで山形・出羽三山 の 羽黒山神社、湯殿山神社を観光参拝する。

d0150720_18563471.jpg



山形・羽黒山神社の案内図
(羽黒山 標高 414メートル)
月山 並び湯殿山は、冬季 深雪の為に登って参拝出来ないことから、
羽黒山 山頂に三神(月山・湯殿山・羽黒山)を祀る合祭殿が創られたと云われる。

d0150720_18565424.jpg


羽黒山の入り口 鳥居にも。。。月山・羽黒山・湯殿山と三神の表示がある。

d0150720_18575575.jpg



修験道の姿をした羽黒山 案内人の先導で杉並木の山道を歩く。

d0150720_18571198.jpg


杉並木にある石畳み 登ったり下ったり

d0150720_18573461.jpg



羽黒山 山頂にある三神合祭殿に至る石畳には、
33個の盃(さかずき)などの絵が描かれていると云う。

この石には、修験道姿の絵が。。。

d0150720_18582757.jpg


石畳の絵を探しながら歩いたが、容易に盃は見つけられなかった。
これは、徳利と盃が。。。

d0150720_18584780.jpg



・・・修験道が身を清める場所・・・
神橋から須賀の滝を撮る
古くは、出羽三山に参拝する人々は、この川で身を清めたそうだ。

d0150720_18590755.jpg


神橋を渡ると、太い老杉 樹齢 千年の「爺杉(じじすぎ)」がある。
昔は、婆杉(ばばすぎ)と並んで立っていたが、明治35年 暴風で折れてしまった。
同行していた観光客が、
「現在は、爺より婆が長生きしているネ」とか冗談を。。。
d0150720_18592604.jpg



杉の木立の間から荘厳な羽黒山 五重塔(国宝)が見えた。

d0150720_18594697.jpg



羽黒山 五重塔 (国宝)
創建は、平将門(903年~940年)と伝えられ、鎌倉・室町時代に現在の塔が再建された。
高さ 29.4メートル、五層の素木造り、柿葺き屋根
今年 平成30年は、天皇陛下御在位 30年
三神合祭殿再建 200年
明治の神仏分離により、開山 千数百年の出羽三山が神社となって、150年。
今年4月から11月4日まで、明治以来 非公開の
羽黒山 五重塔の内部を特別公開していた。
外部の階段を昇り内部を見た。
「御柱と木組み」
歴史と日本建築の素晴らしさが、一目で伝わって来る。
勿論 釘 一本使われていない(釘は錆て腐食するから)
御柱・材木・板を組み合わせ、
葡萄の蔓(つる)で束ね縛る。
高さ 29.4メートルの塔が。。。!!
東北・山形の厳しい風雪に耐えた「羽黒山 五重塔」に畏敬の念を抱いた。

d0150720_19000896.jpg


「羽黒山 五重塔」を見物し、観光バスに戻る途中、
私が歩く6~7メートル先で突然
あ~ !! あ~  !!  周囲の人々が声を上げたので何か異変が起きたことを知った。

一緒に観光に来ていた年配の女性が、登り石階段でバランスを崩し
石階段横の深さ1メートル位の石濠に落下した。
石濠は草むらで覆われ、石階段から落下した女性の姿は見えなかった。
直ぐに「羽黒山 五重塔」のガイドをしてくれた修験道姿の女性と修験道姿の男性が濠の中に滑り降りた。
年配の女性を抱き起こすと、前頭部から大出血していた。
男女の修験道姿の白衣は、大量の鮮血で真っ赤に。。。
すぐさま修験道姿の女性が、手に持っていた手ぬぐいを傷口に当て、
修験道姿の男性の手ぬぐいで頭部を包帯した。
その素早さは、看護婦さんのように手慣れたようで素早かった。
怪我した女性を濠から押し上げようとしたが、深い濠で押し上げられない。
その場にいた私が、濠の淵から手を伸ばし怪我した女性の身体を引き上げた。
そして、救急車要請を修験道姿の男性にお願いした。
旅の女性添乗員も直ぐに現場に来た。
負傷した女性と一緒に旅に来ていたご主人は、
ただ オロオロしていた。
救急車(隊員)が到着した段階で、
負傷した女性・ご主人と、旅の女性添乗員を残して、ツアーが続行された。
再び、観光バスに乗り、羽黒山 山頂にある三神合祭殿(重要文化財)に行く。

羽黒山 駐車場で観光バスを降りると、
羽黒山 山頂の案内人も修験道の衣装を身に付け、
法螺貝(ほら貝)を吹き、解説して頂いた。
このような近くで法螺貝(ほら貝)の音を聞くのは、初めてであった。

修験道の衣装 後ろ姿

d0150720_19010639.jpg


前は、このような姿
法螺貝(ほら貝)を首から下げている。

d0150720_19012349.jpg


そして、足元

d0150720_19013793.jpg


鐘楼 & 大鐘

鐘楼の屋根は、茅葺 造り、大鐘は、1275年(建治元年)の記銘があるとか。
口径 1.68メートル 中世以前に造られた鐘としては、
東大寺の鐘に次ぐ大きさである。
神社に鐘があるのは、神仏習合時代の名残りである。
d0150720_16181756.jpg


羽黒山 本殿(三神合祭殿)
月山・羽黒山・湯殿山を祀る豪壮な建物でした。

d0150720_19042514.jpg


三神合祭殿の高さ、28メートル
茅葺屋根の厚さ 2.1メートルと凄い厚さである。

d0150720_19073733.jpg



内部は、総漆塗り

d0150720_19075753.jpg


軒下には、屋根を担ぐような像があった。

d0150720_19081602.jpg


羽黒山 斎館において、精進料理の昼食
精進料理は、以前 高野山の宿坊で食べたが、今回も結構 美味しかった。
d0150720_16185852.jpg


昼食後、観光バスで湯殿山 駐車場に向かった。


・・・湯殿山神社 鳥居・・・
(湯殿山 標高 1504メートル)
出羽三山は、月山・羽黒山・湯殿山の総称である。
湯殿山神社 鳥居の奥は、神域として撮影禁止となっている。
神社のような社殿などの建物はない。
そして、古来から湯殿山神社について、
『 語るなかれ、聞くなかれ 』
と云われていた。
鳥居の横から参拝バスに乗り換えて、湯殿山参拝する。
参拝バスを降車すると、
参拝グッズなどの売店がある。
売店横で、靴・靴下を脱いで裸足になった。
お祓いを受けた後、
小さい人型の紙を身体に摩り、人型の紙を息を吹きかけ、水に流した。
目の前に高さ5メートル位の赤茶色の巨大な石があった。
この巨大な岩石が「ご神体」であった。
そして、ご神体の上部から水が流れている。
参拝者は、裸足で「ご神体」である巨石に注意しながら登り始めた。
初日は、月山で怪我した負傷者をヘリコプターが搬送した。
そして、羽黒山でも旅の同行者が転倒して大怪我。
一度あることは、二度。二度あることは、三度 ?
誰もが 最大の注意を払いご神体に昇る。
水が流れていると思っていたが、驚いたのは足底が熱い程の温泉水であった。
ご神体の先まで登り湯殿山神社の石標に参拝する。
ご神体を降りてから、足湯場所に周った。
真夏であるが、足湯に両足を浸けてみた。
熱い温泉水だった。
神職に温度を聞いたところ、50℃位と教えてくれた。
社がない神社の参拝は、生まれて初めての体験で印象に残った。

湯殿山神社は、自然崇拝の原型を現代に留める唯一の神社であった。

d0150720_19084595.jpg


真夏に山形・出羽三山 神社を観光参拝した。
観光バスで出羽三山を巡る中で、
バスガイドさんから面白い話を聞いた。
月山は、過去。 羽黒山は、現在。 湯殿山は、未来。
自分の過去、現在、未来を参拝、お祈りすることと教わった。
又、山形駅までの帰路
山を登る時、一合目、二合目など表示があるが、
一合、二合の「合」とは、何の意味 ?
昔、夜 カンテラの灯りで山を登った際、
カンテラに入れた油 一合(約 180ミリリットル)が無くなった場所が一合目となった。
次に180ミリリットルの油が無くなった場所が二合目になった。

スーパーマーケット等でアンデス・メロンを見るが、
実は、山形の人が、アンデス・メロンの名称を決めた。
アンデスとは、
「安心です」「安全です」「安価です」の造語であった。
「安」が「アン」になり、「です」が「デス」になり、
アンデス・メロンとなった。
驚き !! アンデス地方 原産のメロンでなかった。

山形駅に到着する頃 バスガイドさんが、
民謡 「最上川舟歌」を上手な山形弁で歌った。
本当に身に染み入るような最上川舟歌だった。

羽黒山で転倒、負傷した年配の女性ですが、
病院で手当 前頭部を3針縫って、山形駅で待っていた。
入院せずに帰りの新幹線に一緒に乗り帰ることができました。
色々の出来事があったが、
晴天に恵まれ、思い出に残る山形・出羽三山になった。


by saitamanikki2008 | 2018-08-06 15:44 | Trackback | Comments(3)

山形・出羽三山 観光参拝 (初日)


山形新幹線に乗り、山形・霊峰 出羽三山に参拝するツアーに参加した。
旅のルートは、JR大宮駅から山形新幹線 つばさ123号に乗車、山形駅で下車した。
初日 7月30日は、観光バスで山形・出羽三山の一つ、月山 8合目に広がる弥陀ヶ原湿原を散策する。
二日目は、出羽三山の羽黒山、湯殿山を参拝する観光コースです。

この日は、全国的に朝から夏の暑い日になった。
バスガイドさんの説明でも、山形は暑いと云っていた。
今年 埼玉県・熊谷が日本の最高気温 41.1 ℃の猛暑を記録したが、
山形は、長い間 日本一の猛暑 40.1 ℃を記録保持していた。
バスガイドさんの説明もありましたが、
日本の最低気温は、北海道 旭川 マイナス 41.0 ℃。
最高気温 と 最低気温の差は、約 80℃ もあるのだ。


新幹線の車窓から山形県の夏空
d0150720_18460513.jpg


観光バスの車窓から月山湖、及び月山を望む。
d0150720_18463157.jpg


月山の広~ぃ 裾野から、山形・庄内平野、雲一つない。
最上川が、日本海にそそぐ、広大な穀倉地である。 

d0150720_18465168.jpg


月山に行く途中にある牧場

d0150720_18470716.jpg


月山 駐車場に観光バスが到着した。が.......。観光バスから降車出来なかった。
その訳は、月山で転倒した怪我人を搬送する為にヘリコプターが飛来した。

d0150720_18472201.jpg


怪我人を収容する
一人の怪我人に、ヘリ乗務員3名、消防救助員 8名位、警察官 5名位。
山では、十分 気を付けて歩かなければ。。。

d0150720_18473768.jpg


月山・弥陀ヶ原湿原案内図

・・・標高1,400m・・・
標高は高かったが、涼しさなく暑い。 

d0150720_18503832.jpg


約 1時間、月山・弥陀ヶ原湿原 木道を散策した。
d0150720_18475419.jpg


月山・弥陀ヶ原湿原で咲いていた高山植物
名称は、分かりません。
後日、早朝散歩の知り合いから花の名前 教わりました。

タチギボウシ
d0150720_18481152.jpg


キンコウカ
d0150720_18483083.jpg

d0150720_18484575.jpg


月山・御田原小屋 前にある「月山 中の宮」の兎
兔は、月山神の使いと云われている。
月山頂上の本宮参拝を出来ない人は、中の宮で遥拝できる。

d0150720_18490916.jpg


「中の宮」の風景
一見 霊場のような雰囲気がある。
青森の霊場・恐山にも風車があったが。。。

d0150720_18492481.jpg


月山 山頂方面を撮る

d0150720_18494092.jpg


月山 弥陀ヶ原湿原の鏡池

d0150720_18495927.jpg


約一時間 月山の木道を歩き駐車場方向に帰る。

d0150720_18502389.jpg



月山の麓から、山形県と秋田県に跨がる鳥海山
(標高2,236メートル)
d0150720_15493824.jpg



月山・弥陀ヶ原湿原の散策を終えて、裾野から月山を撮る。

d0150720_18511414.jpg

次回は、羽黒山、湯殿山を掲載します。


by saitamanikki2008 | 2018-08-04 16:17 | Trackback | Comments(3)

アート・芸術を巡る旅 3日間 最終目

・・・アート・芸術を巡る旅 3日間 最終日・・・

旅の最終日は、小豆島の絶景で知られている寒霞渓、オリーブ園をバスで巡り、小豆島 土庄(とのしょう)港からフェリー船に乗り、
徳島県 高松港に戻ってバスで大塚国際美術館に行きます。
最後に、鳴門(なると)の大渦(おおうず)でしられる大鳴門橋の橋げた上「渦の道」から鳴門海峡を望み見ます。

瀬戸内海の小豆島は、地中海と同じような気候で雨・降水量が少ないと、小中学校で習ったことを思い出した。
高温多湿の日本で、唯一 オリーブの木が育ったのが降雨量が少なく温暖な地 小豆島でした。
小豆島・オリーブ園に行きました。
瀬戸内海の観光パンフで何度か目にしていた あの「ギリシャ風車」があった。

広いオリーブ畑の中に巨大な「ギリシャ風車」が。。。絵になる風景だった。

d0150720_05175449.jpg


樹齢100年 日本最古のオリーブの木

d0150720_05181287.jpg


この季節 オリーブの花が咲き残っている。
オリーブの実は、9月下旬頃から11月頃まで収穫するそうです。
オリーブ園ショップには、高価なバージンオイル、化粧用・オリーブ液がありました。

d0150720_05182796.jpg



日本三大奇景とも云われる寒霞渓は、生憎 曇天により眼下は、雲海で覆われていた。
日本三大奇景は、他に耶馬渓 (大分県中津市)、 妙義山 (群馬県富岡市妙義町)が有名である。

d0150720_05185233.jpg


時々、雲が流れて隙間から断崖や奇岩が独特な風景をつくっていた。

d0150720_05190573.jpg


小豆島 土庄(とのしょう)港に戻り、約1時間 フェリー船に乗り 徳島県 高松港へ。
そして、大塚国際美術館に行く。

大塚国際美術館を少し解説します。


大正10年(1921年) 大塚製薬・工場が徳島 鳴門市で創業
現在は、大塚ホールディングスとして、傘下に数多くの企業がある。
元来は、製薬会社でしたが、現在では一般に知られている商品に、オロナミンC、ポカリスエット、カロリーメイトなどの他、
チオビタドリンク、オロナイン軟膏、ゴキブリ ホイホイなどの商品がある。
1998年 大塚製薬創立 75周年記念事業として、創業の地 徳島県に「大塚国際美術館」を開館させた。
「大塚国際美術館」を造るに際は、鳴門公園内の山を削り、地下5階・地上3階の空間に
世界25ヵ国 約190ヶ所の美術館が所蔵する至宝の絵画 1,000点余りを原寸大の陶板画で複製展示している。
銅版画の額も本物と同じように作っているそうですから驚いた。
陶板に高温で焼き付け、色彩をつけるだけでも気が抜けない作業であると知っているので、
「大塚国際美術館」で展示している陶板画を目で見るまでは、
世界の名画を陶板画に.......それは無理でしょう !!
名画の印象を端的に悪くするでしょう。。。原寸大に ?    冗談だろうと思っていた。

美術館の女性案内人の後に続き、
一番 最初に見たのが、イタリア バチカン宮殿 システィーナ礼拝堂の内部、巨大なアーチ状の天井に描かれた絵に圧倒された。

驚きの大きさ、奥行き 約40メートル、幅 約13メートル、高さ 約20メートル

これも原寸大であった。

d0150720_05193635.jpg



主祭壇背後の壁にある「最後の審判」(ミケランジェロ)

その大きさ約 13メートル×12メートル。中央上部のキリストを中心に左側には、
天国に召されていく人を描き、右側には地獄に落ちる人が描かれている。

d0150720_05195751.jpg



真上の天井を見上げると、創世記のエピソード「天地創造」「アダムとイブ」「失楽園」が物語風に描かれている。
d0150720_05211952.jpg



北イタリア 「スクロヴェー二礼拝堂」
システィーナ礼拝堂に続き、「スクロヴェー二礼拝堂」にも圧倒される。
奥行き 約20.8メートル、幅 約8.1メートル、高さ 約12.6メートル。
ラピスラズリ色のアーチ状の天井が非常に綺麗だった。
天井部分から三段で描かれた 縦横2メートル大の「ジョット」が描いたフレスコ壁画がある。
壁一面に「最後の審判」等の他、キリスト生誕、キリスト受難、キリスト復活などを描いている。

d0150720_05205200.jpg



・・・大祭壇衝立(エルグレコ)を復元・・・

ナポレオン戦争によって破壊、現在 各地に分散してしまった6点の絵画を大塚国際美術館が原寸大で復元した。

d0150720_14513073.jpg



 「プリマヴェーラ・春」
ボッティチェリ

d0150720_15013736.jpg


ピカソの作品 「ゲルニカ」
この作品を所蔵しているのは、スペイン・マドリッドの
「国立ソフィア王妃芸術センター」
美術館の所有でないので、門外不出。
一般の人が本物の作品をみることは、殆どないでしょう。
その「ゲルニカ」があった。

d0150720_15021777.jpg


「散歩・日傘をさす女性」
クロード・モネ
d0150720_15023859.jpg



大塚国際美術館は、テーマ別に展示している。
例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」
縦横 約4メートル x 約9メートルの作品
イタリア ミラノにある修道院にあるが、痛みが激しくて、22年かけて大規模な修復作業をした。
大塚国際美術館は、原寸大で修復前と修復後の作品を同じ場所で展示、修復前・修復後の作品の違いが良くわかる。

写真は、修復後の作品

d0150720_15010215.jpg



「裸婦のマハ」 と 「着衣のマハ」を並べて展示

d0150720_15015777.jpg

大塚国際美術館は、今年3月で開館 20周年になった。
記念事業として、ゴッホが描いた花瓶のヒマワリ 全 7点を原寸大の陶板画にした。

ゴッホの花瓶は、現在 オランダ、イギリス、アメリカ、ドイツ、日本、個人蔵。

そして、1点は、第二次大戦中 日本の芦屋で焼失した。
このヒマワリは、その焼失したヒマワリを復元展示している。
7点のヒマワリを一堂に拝見するのは、不可能に近いが。。。

これが、その芦屋で焼失した作品「ヒマワリ」です
d0150720_15040426.jpg


d0150720_15042691.jpg


d0150720_15044054.jpg

本物の作品は、東京新宿区の損保ジャパン日本興亜美術館で見られる。
d0150720_15045702.jpg


d0150720_15050951.jpg


d0150720_15052410.jpg


d0150720_15054011.jpg

大塚国際美術館で、数多くの陶板画の美術作品を見て、

本物の絵画は、年々劣化して修復作業を繰り返す。
陶板画は、1000年、2000年 現在の状態を保つという。
そっと 触ってもOK 、三脚など使わなければ写真もOK
こういう美術館も「あり」だと思った。
1000年後、本物の絵画を所有する美術館の修復専門の技術者が、
参考に陶板画を見に来るかも知れない。 

・・・大鳴門橋から鳴門海峡を・・・
大渦は、見えない時間帯でしたが、海流の流れは、思っていた以上に 早かった。

d0150720_16155889.jpg


アート・芸術を巡る旅 徳島空港から帰路についた。

d0150720_16153980.jpg


最後に、今回 アート・芸術を巡る旅に参加して、
特に直島(なおしま)の「ベネッセハウス・ミュージアム」と「家プロジェクト」を見て廻り、
アート・芸術は、普段生活している身の回りにあると感じました。
例えば、街中や旅行先で一目で好きになった絵を購入して、
ハテ~ 家の何処に飾ろうか
と思案して、ここしかないと飾る場所を決めると、
その「場所と絵」が
アート・芸術の展示であり、家の一空間が好きな絵を飾ったミュージアムになる。
それは、絵に限らす、家具、椅子、皿などの焼き物、花瓶の生花などあらゆるものに通じる。
好きな物品を、その適した場所に飾ると、私だけの貴方だけのアート・ミュージアムになると思います。

作家、著述業の仕事部屋は、書籍などを山高く積み上げられている。
本人でなければ、単なる紙の山で何処に何の本があるのか探しても分からないであろう。
だが、本人は どの場所にあるのか直ぐに分かる。
これも雑然のアートと云える。
カメラで被写体を撮る時、構図など考えて撮る。
これもある意味 表現のアートであると思います。

これは、時々訪れる秋谷海岸、沖縄などでビーチコーミングした貝殻を
庭石の上に並べた。
私の庭アートです(笑)

d0150720_16282019.jpg

これも庭にある置物
d0150720_16283176.jpg


これは、和室にある流木
どれも ガラクタの品々ですが、飾ることでアートに見えるでしょう(笑)

d0150720_16284657.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-06-08 07:40 | Trackback | Comments(1)

アート・芸術を巡る旅 3日間 (2日目)

・・・アート・芸術を巡る旅 3日間 2日目・・・

岡山・倉敷から宇野港に行き、フェリー船に乗り、直島(なおしま) 宮浦港に上陸します。

直島(なおしま)は、瀬戸内海の岡山県と四国・香川県の間にある小さな島、
東西の長さは6.79km、南北の長さは4.25kmです。
何故 瀬戸内海にある小さい島に行くのか ?
それは、島全体がアート・芸術のイメージであるから。。。

しかし、私のような現代アート・芸術に全く疎い者が、
アート・芸術に接して気分、気持ちの感受性に少しは変化があるのか どうか ?
実際 はぁ~ ?  これがアート、 これが芸術 ?
で終わるかもしれない。

最初にバスで向かったのは、建築家 安藤忠雄氏 設計のベネッセハウス・ミュージアム。
岡山県に本社がある福武書店(現 ベネッセホールディングス )の
代表取締役である福武總一郎氏は、直島(なおしま)の南地域を広範囲に買い取り、
アートとリゾートが一体になるような開発計画を持っていた。
ベネッセホールディングスは、岡山県に本社がある日本企業で「進研ゼミ」などで知られている通信教育・出版会社である。

又、近くにある安藤忠雄氏 設計の高級リゾートホテル ベネッセハウスは、
欧米などの雑誌に高級リゾートホテルとして取り上げられ、
宿泊客の半数は、海外からの観光客だそうだ。

島の高台にあるベネッセハウス・ミュージアムに行く途中 
海の桟橋にあったのが、水玉模様の作品で知られている草間彌生さんの作品「南瓜」
d0150720_13050095.jpg

ベネッセハウス・ミュージアムの建物は、それ自体がアートのような。。。
内部は、撮影禁止 館内に内外の芸術家の作品 35点を展示
又、周囲の屋外に 21作品の展示があるようだ。
実際に建物内の作品は、アートを見る目がない私は、
「 ウ~ン ?! 」
普段 目にする物体が製作者の作品になっているような気がした。
一例として、20センチ大の白い石を円形にした作品、流木を集めて円形にした作品、重ねた新聞紙など。。。
フ~兵衛が、流木の作品を見て館内スタッフに尋ねた。
「床に置いてある作品は、掃除するのですか」
「写真に撮り、掃除をした後 元と同じように配置並べる」
「なるほど.......ね」
私が、感心した作品は、館内(コンクリートの打ちっぱなし)の建物 B1と1Fの周り階段から見える
コンクリートの狭い継ぎ目に小さい草が生えているように見えたのも作品であった。

現代アートとは、
身の回りにある物体を想像を膨らませて別の物体にすること。
と思いました。

次に向かったのが、直島町役場の裏手にある「家プロジェクト」6家屋
「家プロジェクト」の室内撮影不可です。
「家プロジェクト」構想とは、
空き家になった古民家を買い上げて、アート・芸術の内部改装を施して創造するってことかナ~  ?
実際に見た感想は、 関心するやら  驚くやら。

「南寺」を一例として挙げます。
安藤忠雄氏設計の家でのプロジェクト
16名定員で10分 15分ごとの予約制
入り口から室内はライト一つなく 完璧に真っ暗闇の空間
その真っ暗闇の中、手探りで壁に手をやり、かろうじて前を歩く人の雰囲気が伝わってくる。
真っ暗の室内でスタッフから長椅子(勿論 見えません)に座るように指示された。
私は、音や光の点滅などが始まると思い 静かに耳を澄ませ、一寸先も見えないので目を閉じて、ジ~と待っていた。
いくら待っても何の変化もない。何も聞こえない ?
暫くすると、スタッフの女性が、
「前方に映画のスクリーンのような細長い白い空間が見えますか」と話した。
私は、「何だ 投影機器の故障か」と思いました。
すると、スタッフから「皆様が入場する時から白いスクリーンはありました」
「前の人に続き、ゆっくり退場して下さい」
えぇぇ~?!  結局 暗闇の空間を体験したアートであったか。
目が暗闇に慣れないと、何も見えない。 「暗闇・無」のアートでした。

直島(なおしま)は、焼杉板の黒い外壁の民家が多数ある。
今では、現代芸術の島として世界的に知られるようになり、日本国内はもとより広く海外からも観光客が来るようになった。

狭い路地の塀にこのようなアート的な飾りが。。。
蔦 & ギボウシ & ドクダミ
d0150720_20345927.jpg

d0150720_12555514.jpg

d0150720_12560933.jpg

d0150720_12563098.jpg


唯一 外観を撮れた家屋がこれである。
題して「はいしゃ」元 歯科医院であった建物である。
外壁を廃材のトタン屋根で張ったような家
如何にも廃墟でオンボロの建物、何もないような奥の部屋に、1階 2階を通し抜けてド~ンと、
巨大な「自由の女神」があった。
d0150720_12540369.jpg


これも「家プロジェクト」の一つ。
護王神社
実際の神社の境内に「家プロジェクト」で造られた社殿がある。
本殿 ? に登るように地面からガラスの階段が....。
神社 横の坂道を少し下り、海を見下ろす場所から狭い地下通路を行くと、地下石室があり、
地下空間にガラス階段があった。

d0150720_12550551.jpg



石室に通じる狭く薄暗い通路 人一人がやっと通れる程です。  
懐中電灯を貸して頂き入りました。

d0150720_12551865.jpg



フェリー船の発着する宮浦港の近くに実際に入浴できる直島銭湯 
    「 I   ♥ 湯 」(アイ ラブ ユウ) 

ェ~  これが銭湯屋の建物  古い建築廃材を集めて造ったような印象の建物です。
浴室内も奇抜で驚くそうだ。 
コンセプトは、地元の人と観光客が気軽に交流できるように造られているそうです。

d0150720_20374615.jpg


直島銭湯 「 I   ♥ 湯」の 横 外壁

「 I   ♥ 湯」は、前記の家プロジェクト「はいしゃ」と同じ大竹伸朗氏の作品です。

d0150720_20380163.jpg


直島(なおしま) 宮浦港にある草間彌生さんの作品「赤南瓜」
d0150720_12572144.jpg


直島 宮浦港近くにある神社の狛犬
大きな口を開いて、大笑いしている。

「笑う門には福来る」でしょうか。
d0150720_12570547.jpg


町中を走るバスも草間彌生さんの作品「南瓜」が描かれている。

d0150720_12573649.jpg



直島(なおしま) 宮浦港からフェリー船に乗り 約1時間 香川県 高松港へ。
高松港にあるのが、流木・材木などで造ったアート作品
「 国境を越えて 海 」
一見 流木で傘を造ったような ?   先端に少女像が立っている。

d0150720_14065799.jpg


再び、香川 高松港から別便のフェリー船に乗り換えて、小豆島の土庄(とのしょう)港へ行く
写真は、海から見た高松港(香川県)の風景です。

d0150720_14071741.jpg



この後、約1時間 フェリー船に乗り、小豆島 土庄(とのしょう)港に入港。
土庄(とのしょう)港にもオリーブのアートがある。

d0150720_06513064.jpg


小豆島は、昔 映画で有名な「二十四の瞳」の島です。
昭和29年(1954年) まだ戦争の影響が色濃く残る時代に公開された監督 木下惠介、主演 高峰秀子の映画 「二十四の瞳」
日本が第二次世界大戦に突き進み、歴史のうねりに、否応なく飲み込まれていく女性教師と生徒たちの苦難と悲劇を描いた作品でる。 
原作は、壷井栄の小説 「二十四の瞳」

銅像「平和の群像」・・・「二十四の瞳」の教師・生徒たち

d0150720_06514726.jpg

この日は、小豆島 土庄(とのしょう)港にあるホテルの泊まります。
次回もアート・芸術を巡る旅 (3日目 最終日) に続きます。
メインアートは、大塚国際美術館です。
そして最後に、
私の庭にある ミニ・アート作品 ?
を。。。写真で紹介します(笑)

by saitamanikki2008 | 2018-06-05 11:20 | Trackback | Comments(3)

アート・芸術を巡る旅 3日間 (初日)


この歳になるまでアート・芸術分野に全く程遠い身ですが、
3日間 アート・芸術にタップリと浸るのも。。。良いのかな~と思って、
アート・芸術を巡るツアーに参加した。

初日 岡山県 倉敷美観地区にある大原美術館へ。
2日目 フェリーで瀬戸内海にある直島に渡り、ベネッセハウス・ミュージアム、家プロジェクトを巡り歩く。
3日目 フェリーを乗り継ぎ、 香川県 小豆島にある大塚国際美術館などアート・芸術を巡るツアーです。

久し振りの羽田空港
 搭乗ロビーから岡山空港行 旅客機
d0150720_11171131.jpg


数日前に中国地方は、梅雨入した。
飛行中 眼下は雲が多かった。
d0150720_11172674.jpg


倉敷市内の宿泊は、倉敷アイビー・スクエアー
ホテルの建物全体に綺麗なアイビー(蔦)が。。。
明治時代に建てられたレンガ造りの広い紡績工場をリノベーションして、
蔦の絡まる感じの良い建物になっている。

この地 倉敷アイビー・スクエアーは、明治時代に倉敷紡績の本社工場が設立され、
現在は、その敷地がホテルなどになっている。

倉敷紡績は、現代では様々な業種を傘下に持つ大企業に発展した。
d0150720_11223716.jpg



倉敷アイビー・スクエアーは、広い敷地を生かし空間のある雰囲気の良いホテルになっている。

ホテル ロビーの支柱は、レトロ感たっぷり。
ロビーに有名画家の絵がさりげなく飾ってある。

それは、大原美術館を開設した大原孫三郎の父親は、倉敷紡績を立ち上げた人物 大原孝四郎である。
その大原孝四郎は、倉敷の大地主であり又、実業家でもあった。 

d0150720_11225783.jpg



宿泊棟への通路から中庭方向の水路風景

蔦と水路がヨーロッパの古城のように見えてイイ感じに。。。

d0150720_11241260.jpg




夕暮れ時
ホテルの中庭

d0150720_11234842.jpg



ホテルの中庭

d0150720_11233280.jpg



倉敷アイビースクエアー敷地内 水路
d0150720_11245720.jpg



ホテルにチェックイン後、倉敷美観地区散策を散策

板塀の路地

d0150720_11371445.jpg



倉敷美観地区を流れる倉敷川の水面

d0150720_15571357.jpg


岡山県は、桃太郎伝説がある
倉敷川の河岸にあったベンチに座り「きび団子」を賞味

d0150720_11373334.jpg



直ぐに大原美術館へ直行する。
大原美術館は、一流の美術品を多数収蔵していると聞いていたが、
絵画に疎い私でも知っている数多くの有名な絵画を多数展示している。
岸田劉生、ピカソ、モネ、エル・グレコ、小島虎次郎、棟方志功、
民藝品など多数 展示してあった。

大原美術館 工芸館の建物
建物外観も素晴らしいが、内部の床、壁も大変美的である。

d0150720_11354946.jpg


中庭から工藝館の建物

d0150720_11363129.jpg



中庭に咲く スイレン

d0150720_11365429.jpg


夕暮れの倉敷川

d0150720_11315553.jpg



ライトアップされた大原美術館 本館
ギリシャ神殿のように堂々と建つ。

ここで大原美術館 開設の歩みを簡単に話します。

実業家 大原孫三郎は、画家志望の児島虎次郎と出会ってから、
大原孫三郎は、虎次郎を経済的に支援、一つ違いの歳であった二人は、共に信頼する間柄となる。
大原孫三郎は、虎次郎をヨーロッパに美術留学させた。
その後 虎次郎は、大原孫三郎にヨーロッパの美術品の収集を提言し了承される。
大原孫三郎の意向を受け虎次郎は、ヨーロッパの有名画家の作品を収集する。
児島虎次郎は、47歳の若さで亡くなったが、
死を悼んだ孫三郎は、虎次郎が収集した作品、虎次郎が画家として描いた作品を公開する為、
1930年(昭和5年) 大原美術館を開館しました。
大原美術館を更に大きく発展させたのは、孫三郎の跡を継いだ長男 大原總一郎であった。
西洋近代絵画、近代日本画家の作品を収集拡充した。
大原總一郎は、大原美術館で開催された作家の展示品の売れ残りを
全部買い取っていたとか。
『 ウ~ン 中々真似できないことだ !! 』

d0150720_11313530.jpg



午後6時、美観地区の店舗(土産物店・食堂)は殆ど全て閉店している。
大原美術館と倉敷川を挟んだ対岸には、
旧大原家が建てた立派で大きな建物が夕暮れの街に浮かび上がっていた。

昼 あれ程いた観光客の姿もなく、時折 ヨーロッパからの旅人と出会う。
静かになった倉敷美観地区を散策した。
薄暗い狭い路地の先に綺麗な満月が......浮かんでいた。

d0150720_11343929.jpg

次回もアート・芸術を巡る旅 (2) に続きます。



by saitamanikki2008 | 2018-06-02 17:49 | Trackback | Comments(1)

桜を追って、東北・北上展勝地 桜まつり & 秋田 角館 桜まつり の 旅 続編



JR盛岡駅 新幹線の構内に、東北 夏祭りの一つ

華やかな「盛岡さんさ踊り」の小さい人形が数多く展示されていた。
d0150720_13115174.jpg


盛岡市内 材木町 光原社近くにある

宮沢賢治像と握手
d0150720_13120567.jpg


JR盛岡駅から秋田新幹線に乗車した。
秋田新幹線は、盛岡駅を出発すると、在来線の線路を使って走行する。
岩手県と秋田県にまたがる山々、鉄道の脇などは、まだ雪が少し残っていた。
秋田 角館駅で降車、歩いて15分位で
全国 桜名所 100選の場所
武家屋敷 及び 桧木内川堤に着いた。
桧木内川堤の桜(ソメイヨシノ)は、満開でした。
d0150720_13124114.jpg


天気は、曇り
強い川風が吹き、大変寒かった。
バックから冬用のフリースを出して着た。
d0150720_13125857.jpg
d0150720_13131356.jpg


角館 武家屋敷
黒い板塀が続く通りの両側に枝垂れ桜が見頃を迎えていた。
角館 武家屋敷の枝垂れ桜は、白っぽい桜色なので黒い板塀とマッチして立体感が増し大変風情がある。
昼食で秋田名物 稲庭うどんを食べていた時、
台湾から奥さんと共に桜を見に来ていた日本人の方は、
武家屋敷の枝垂れ桜は、寂しい感じがすると話していた。
確かに紅枝垂れ桜は、桜がピンク色なので華やかであるが、
曇り日でもあり、白っぽく桜色の枝垂れ桜の風景を寂しく感じたのだろう。
d0150720_13140107.jpg
d0150720_13134771.jpg


大きな敷地内にある背の高い 枝垂れ桜
枝ぶりが、武士流に云うなら「あっぱれ !!」である。
d0150720_13142458.jpg
d0150720_13151950.jpg


ソメイヨシノの下で制服の生徒たちが、写真を撮っていた。
黒い板塀の門を額に見立て、 
中学生 ? 高校生 ? 春の門出を祝う意味で パチリ。
d0150720_13154763.jpg


つい先日までは、蕾の情報でしたが、数日で満開に
東北の春は、駆け足で来るようだ。
d0150720_13165158.jpg


武家屋敷を背景にモミジの新芽&新緑が良い風景でした。
d0150720_13160839.jpg


武家屋敷を離れて角館の街中を桜散策
紅枝垂れ桜 と 枝垂れ桜
d0150720_13171584.jpg

枝垂れ桜 & 新緑
d0150720_13173349.jpg


建物と桜がイイ雰囲気で
d0150720_13163086.jpg


桧木内川堤近くの鉄製の門扉にあったマーク
透かしがイイ感じであった。
d0150720_13181036.jpg


懐かしい徳利
今は、骨董屋さん以外で殆ど目にすることはない。
d0150720_13175527.jpg


武家屋敷近くにあったショップ内で
置物の猫が、イイ感じで桜散策の通行人を。。。? 眺めているようであった。
d0150720_13182328.jpg


同じショップ内にある雰囲気ある空間
店の方に承諾を得て撮りました。
d0150720_13183819.jpg


角館は、寒かったと冒頭に書きましたが、
街中の駐車場の隅、建物の境界に残雪が !!
4月下旬(26日)、東北 角館は、思いの外寒かった。
d0150720_13190142.jpg

東北 桜旅 二日間で歩いた歩数 約 34,000歩 歩き疲れました。
これで、桜を追って「東北 桜旅」を終わります。


by saitamanikki2008 | 2018-05-01 15:15 | Trackback | Comments(5)

桜を追って、東北・北上展勝地 桜まつり & 秋田 角館 桜まつり の 旅


4月25日 桜を追って、東北 北上展勝地 桜まつり & 秋田 角館 桜まつり の 旅に出た。
大宮駅から秋田新幹線に乗って、北上駅で下車 小雨が降っていた。
歩いて北上川沿いに咲く「北上展勝地 桜まつり」へ。
もう既に葉桜になっていた。

北上展勝地に鯉のぼりが泳ぐ。。。

d0150720_17370035.jpg


残桜の土手並木を歩く

水溜まりに桜の木が写り込み、散り落ちた桜の花びらが
地表でも咲いているように見えた。

「桜の花びら & 水溜まり」
d0150720_17374213.jpg


これから咲くツツジに、桜の花びらが落ちて、
桜の終わりを告げていた。
残桜の並木道を数多くの外国人観光客が歩いている。

d0150720_17372610.jpg


北上展勝地の休憩場所には、露天が連なり東北の食べ物など販売していた。
残桜のソメイヨシノを見て、隣接している「みちのく民俗村」に行った。
里山を切り開いた自然の中に古民家 10棟ほどが点在している。

水車小屋

d0150720_17383300.jpg


苔むした茅葺の屋根
d0150720_17424660.jpg



園内には、国指定重要文化財 旧菅野家住宅(1720年頃の建物)などがあり、
興味深かった。

東北地方にも春の訪れ。。。

d0150720_17380135.jpg



昔 懐かしいボンネットの消防車
(消防資料館で)

d0150720_17381977.jpg



荷物を背負って歩いていたので、少し疲れた。
帰路は、北上川を小舟で対岸まで渡る。

d0150720_17385422.jpg



JR北上駅に戻り、普通電車で盛岡駅まで。
盛岡駅から歩いて、市内観光へ。
 石割桜(エドヒガン桜) 巨大な石の間から太い桜木が伸びている。

d0150720_17402674.jpg

盛岡城址公園の紅枝垂れ桜は、満開です。
岩手銀行 赤レンガ館、盛岡 啄木・賢治 青春館などを周り
宿泊ホテルに着いた。
d0150720_17395533.jpg


紺屋町番屋(消防第五分団の詰め所)
大正時代の木造洋風建築で、望楼がイイ雰囲気を醸し出している。
d0150720_17400987.jpg


宮沢賢治の代表作『注文の多い料理店』を出版した光原社 
「光原社」という社名は、本の出版に際して、賢治が付けたとか。
今は、民芸品の焼物、家具、綿織物など販売している。
光原社には、落ち着いた中庭がある。
d0150720_17390983.jpg


その中庭にある喫茶 「可杏館」でコーヒータイム。
d0150720_17392542.jpg


中庭のディスプレイ
d0150720_17394023.jpg


ホテルに入り、4月25日 歩いた歩数を見ると、
約 20,400歩 荷物を背負っていたので歩き疲れた !!

4月26日
盛岡の朝は良く晴れた。
北上川にある開運橋から岩手山が綺麗に望めた。
初代の開運橋は、青森駅 開業に伴ない 当時の岩手県知事 石井省一郎が中心になり
私費を投じて木造橋を造ったそうだ。
確かに、駅近くに北上川が流れていると、街の発展に妨げになる。
今は、北上川が街中の潤いになっている。
d0150720_17404216.jpg

次回は、JR盛岡駅から秋田新幹線に乗り、角館駅下車
「角館 桜まつり」
に行きます。

by saitamanikki2008 | 2018-04-30 11:46 | Trackback | Comments(4)

続 「あしかがフラワーパーク」


「あしかがフラワーパーク」
快晴に恵まれた 4月18日 撮影
この日、足利アウトレットに寄ってから「あしかがフラワーパーク」に行った。
今年 4月1日 JR両毛線に「あしかがフラワーパーク駅」が新設。
「あしかがフラワーパーク」西ゲート入り口に近く、大変 便利になった。
鉄道の第三セクター運営、廃線・廃駅の話題が多い中で、
JR線に新駅が出来るのは珍しい。

例年なら5月のゴールデンウィーク頃が藤の見頃であるが、
今年は、10日以上も早く藤の見頃を迎えた。
昼間は、海外から特に中国語を話す観光客が目立った。
夕方からは、欧米人の観光客も多かった。

白藤
d0150720_14463970.jpg

紫藤
d0150720_14462066.jpg

園内 彼方此方に藤とツツジが見頃
d0150720_14470218.jpg

大白藤とツツジ
d0150720_14483075.jpg

ハンカチの木
純白の花が満開
d0150720_14485018.jpg

ハンカチの木 花
d0150720_14490507.jpg

良く晴れて気温がグングン上昇
「とちおとめソフトクリーム」が大変 美味しかった。
栃木は生産量日本一の「いちご王国」 
なかでもイチゴ「とちおとめ」は、
大粒で糖度が高く、ほどよい酸味がある。
d0150720_14495187.jpg

「ツツジの海」は、見頃でした。
d0150720_14492336.jpg

d0150720_14493894.jpg

「あしかがフラワーパーク」の入園者に対する心遣いで
大変有り難いと思うのは、園内の彼方此方に無料 休憩所があり、
数多くの椅子があることだ。
綺麗な花を見て巡り、ガーデンチェアーに座ると
藤の香りが漂ってくる。
平和だな~と感じる ひと時を楽しむ。。。

佐野 名物の佐野ラーメンを頂き
日没過ぎまで園内で過ごした。

ライトアップの大長藤
d0150720_14473692.jpg


夜 浮かぶ白藤
d0150720_14472496.jpg

むらさき藤のスクリーン
まだ蕾状態でした。
d0150720_14474828.jpg

白藤の滝
蕾状態でした。
d0150720_14480167.jpg

白藤のトンネルは、まだ蕾状態でした。
d0150720_16090120.jpg

終り



by saitamanikki2008 | 2018-04-25 06:12 | Trackback | Comments(5)

世界が認めた「あしかがフラワーパーク」の美 


アメリカ CNN お勧めの世界の夢の旅行先 10選に選ばれている。
「あしかがフラワーパーク」
(所在地・・・栃木県足利市迫間町607)
そこには、世界が認めた『 The Best of Best 』美の光景があった。

「大藤」
それは、樹齢 150年を超え、広さ 1,000㎡の場所に 2本の大藤棚がある。
その光景は、言葉を失うほどである。

夢の中に立ち入ったようでもあり、
又は、幽玄の世界に迷い込んだようでもあり、
或いは、巨大な襖絵の前に立っているようでもある。

d0150720_11292947.jpg

d0150720_11391284.jpg


2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画 「アバター」の世界に入り込んだようでもある。
d0150720_11505153.jpg
d0150720_11503222.jpg


2本の「大藤」の間にある通路は、頭上から 長~ぃ藤の花が降り注ぐ。
d0150720_11514175.jpg

ご存じのように藤の花 一本一本は、
このような花ですが。。。
d0150720_11510632.jpg


薄紅の棚

d0150720_11263875.jpg


見上げて見ると、 こんな感じ。。。
d0150720_11294424.jpg


ライトアップされた「 薄紅の棚 」
d0150720_11275755.jpg


夕方からライトアップが始まる。
d0150720_11272172.jpg
d0150720_14063376.jpg
d0150720_14070190.jpg
d0150720_11301246.jpg

春風になびく藤 (ライトアップ)
d0150720_11285435.jpg

次回も「あしかがフラワーパーク」が続きます。
大藤以外の園内の花々を掲載します。

by saitamanikki2008 | 2018-04-24 14:29 | Trackback | Comments(3)

真冬 黒森歌舞伎を見た後に クラゲ水族館、酒田市観光


2月 16日 曇り
朝 観光バスに乗り、数多くのクラゲを展示している加茂水族館に行った。
このクラゲ水族館は、山形県鶴岡市立の水族館
過去に入場者数が少なく閉館状態であったが、クラゲをメインに展示したところ、
一挙に入場者数が増加 今では全国からクラゲに魅せられる人々が来場
世界でも類をみない多種のクラゲを展示する水族館として有名になった。
 クラゲ 独特のフワフワ感、 癒し感など
目の前で繰り広げられる不思議な世界を楽しめる。
勿論 クラゲの他にもアシカショーなどあります。
d0150720_14393475.jpg
d0150720_14402922.jpg
d0150720_14401123.jpg
d0150720_14412801.jpg
d0150720_14405154.jpg

光るクラゲ
d0150720_14415547.jpg
d0150720_14421961.jpg
d0150720_14425304.jpg

クラゲドームシアター(冬季限定 ライトアップ中)
直径5メートルの水槽の中で泳ぐミズクラゲ
d0150720_14434264.jpg


山形県・酒田市散歩

日本海に流れ込む最上川の河口に築かれた酒田(庄内平野)は、
江戸時代に北前船の航路が開けたことから、
湊町、商人の町として文化が栄えた。
又、酒田と云うと 酒田に「本間家あり」と云われていたように、
「本間家」は、日本一の大地主と称された。
住民から「本間様」と呼ばれ、住民の為に資金援助や経済活動に尽力した。


・・・酒田 山居倉庫・・・
江戸の人口が増加したのに伴いコメの需要が増したことから、
幕府は、出羽国の年貢米を江戸に送るよう命じた。
コメは、最上川の各地から小舟で川を下り、酒田に造られた幕府の米蔵に集められた。
 
山居倉庫は、明治 26年 旧藩主 酒井家がコメの集積と保存の為に
巨大なコメ倉庫 14棟を建造した。
平成の時代になった今でもコメ倉庫として使用されている。
テレビや雑誌で紹介される「山居倉庫と欅並木」が一緒に写っている場所は、倉庫の裏側にあたる。
昔 放映されたNHKの連続テレビ小説「おしん」のロケ地でもある。

d0150720_14435896.jpg

d0150720_14441431.jpg


一部の倉庫は、伝統工芸品の展示販売・お土産店、食堂になっていた。
見事な組み木細工
d0150720_14443515.jpg

これも見事な船箪笥(貴重品入れ小箱)
d0150720_14462751.jpg

山居倉庫の一角でランチ
d0150720_14465299.jpg

次に向かったのが、
・・・山王くらぶ 国の登録有形文化財・・・
酒田を代表する格式をもった元料亭の建物内部を見物した。

玄関奥 板戸に描かれた襖絵
d0150720_14470771.jpg

組子入り障子
d0150720_14472513.jpg


d0150720_14475041.jpg
襖障子
d0150720_14480397.jpg

・・・傘福 つるし飾り・・・
家族の幸せや子どもの成長を願い作った飾りを傘につるし飾る。
2月下旬から3月末まで2階 106畳の大広間で
大掛かりの「傘福 つるし飾り」が展示される。

又、2階には、人形作家 辻村寿太郎の作品を展示している。
d0150720_14482082.jpg

こんな「長寿 十則」がありました。
一つ 二つでも この十則に近づきたいと。。。
d0150720_14483610.jpg


帰路 新幹線から車窓風景
d0150720_14485308.jpg

今回、山形 日本海沿いをツアー旅して、
2月15日~16日 二日間とも曇り日、一時 降雪でした。
ホテルの女将、バスガイドさん、山居倉庫、山王くらぶ 現地案内人、
何れの方々も口を揃えて、

大変天気の良い日に旅行に来た旨を話題にしてました。

今年は、冬の寒さが特に厳しく、
14日まで地吹雪状態、17日から又 荒れた空模様になると云っていた。
テレビの天気予報は、不要不急の外出は控えるようにと、
云っていたのを思い出した。
2月17日(土) 黒森歌舞伎公演の予定日になっている。
過去、どのような社会状況、気象状況でも、
毎年 黒森歌舞伎は、演じられていたとか。
夕暮れの車窓を見ながら、荒れた天候にならないように.....と願った。
d0150720_14490917.jpg


by saitamanikki2008 | 2018-02-22 11:53 | Trackback | Comments(2)