人気ブログランキング |

タグ:秋谷海岸 ( 202 ) タグの人気記事

梅雨の晴れ間に海を見に行く




・・・梅雨明け前の快晴日・・・

この日は、既に梅雨明したような快晴日となった秋谷海岸
d0150720_09590390.jpg




夏の海だ !!

綺麗な波が浜辺に。。。
d0150720_09592768.jpg



半分雲に隠れているが、富士山も見えた。
d0150720_09595227.jpg




天神島の「浜木綿」が見頃とテレビ放映していたので天神島に行った。
天神島は、横須賀・佐島にある狭い海水路のある天神橋を渡っただけで行けるので、
まったく島とは、思えない場所である。

天神橋際にある「開運 なんでも鑑定団」に出演している
北原照久さんの別荘の一角
昭和初期に旧 竹田宮家の別荘として建てられ、竹田宮が手放した後、数人の所有者を経て北原さんの所有になったようだ。
建物の中から直接 海に漕ぎ出せるボートの停泊場があり
現在では、歴史的にも貴重な建物として、
建築当時の原型を保っているとか。

d0150720_09570428.jpg




天神島の浜辺

d0150720_09572520.jpg



天神島で咲く 浜木綿(はまゆう)

浜木綿が咲く、北限が天神島とのこと。

d0150720_09574301.jpg


d0150720_09583896.jpg



天神橋 近くにある地魚料理店
「はまゆう」で昼食

d0150720_09580296.jpg



カマスの唐揚げ・刺身定食

d0150720_09581897.jpg



太陽が沈む秋谷海岸の夕景

この夜、葉山の森戸海岸沖 「裕次郎灯台」近くの小島から
「葉山 花火」の打ち上げがある。

d0150720_10025880.jpg




秋谷海岸から西海岸通りをブラブラ歩き、長者ヶ崎海岸にある
高台の駐車場脇から花火見物した。

d0150720_10001965.jpg

d0150720_10003629.jpg






 夏の夜 ひと時を、「打ち上げ花火」を楽しんだ。

d0150720_10005415.jpg



by saitamanikki2008 | 2019-07-31 05:01 | Comments(3)

秋谷海岸 梅雨と梅雨明けの狭間に




今年の梅雨は、長かった~。
7月 29日になり、やっと梅雨明した。

梅雨明け前、夏の海を見に秋谷海岸に行った。
夕暮れ空は、薄い夏雲と厚い梅雨雲が、押し合っていた。
d0150720_16402131.jpg




北西の空には、虹も見えた。
d0150720_16414279.jpg




海は、どんよりした梅雨雲が空を覆い
海は、薄雲から漏れる太陽光が海原を白色に、
そこに海流の違いで線が。。。
d0150720_16410185.jpg




・・・浜辺の散歩人・・・

蒸し暑い日であるが、
夕方になると海風が涼しく心地よい。
d0150720_16412499.jpg




・・・コントラスト・・・

梅雨雲 & 海原 & 浜辺

d0150720_16403709.jpg



夕暮れになると浜辺では、
夜空の星のごとく
浜辺で一斉に コマツヨイグサ
が咲きだした。
d0150720_16430684.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-07-30 09:52 | Comments(3)

秋谷海岸の あの建物が。。。




今年 6月 2日付の私のブログ 「さいたま日記」に

「秋谷海岸の休日 堅牢で立派な建物に興味津々」と題して投稿しました。

そのブログ記事がこちら
写真をクリックすると、そのブログ内容が見られます。

「 秋谷海岸の丘の上に建つ 巨大で素晴らしい建築物がある 」
との文章で始まり、
建物の外観を数枚の写真で紹介しました。

後日、このブログ記事を読んだ S(女性)さんから、
この建物について、教えて頂きました。

『 秋元康の別荘兼スタジオ。AKB御殿です 』 と。


AKBと聞いただけで、あの有名な音楽アイドルグループと分かった。
私のような者でもAKB48の歌 特に
平成27年度 NHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌
『 365日の紙飛行機 』
それは、毎朝 夢と希望が溢れる大好きな歌と共に番組を観ていた。

秋元康さんとは、あのアイドルグループ  AKBなど各地のグループの創設者の一人だ。
東京・秋葉原で有名な女性アイドルグループ「AKB 48」を立ち上げた人物である。
今では国内外に女性アイドルグループが存在する。
なるほど地上4階 寄宿舎(現在 工事中)とは、
女性アイドル達が研修生活する場所になるようだ。

秋谷漁港から見上げた建物全体は、正に 「 御 殿 」である。
ブログの中で書いたように、立派な建物と不法侵入者を感知する
センサー反応のワイヤー と 防犯・監視カメラで守られた建物を見て興味津々となり、
勝手な憶測で「国の重要施設、皇室関係施設、原子力施設、アラブの石油王」、
果ては、黒色フィルムを張った数台の高級乗用車を見て暴力団 ?
等と勝手に推測を巡らせ大変失礼いたしました。
最後に
見ず知らずの私のような者に
『 AKB御殿 』を教えて頂いた
 S(女性)さん
誠に有難うございました !!
秋谷海岸での楽しみが増しました。


by saitamanikki2008 | 2019-06-07 20:35 | Comments(2)

秋谷海岸の休日(4) 堅牢で立派な建物に興味津々




・・・秋谷海岸の丘の上に建つ 巨大で素晴らしい建築物・・・

秋谷海岸 前田川河口近く、マンションが建つ道路(車は行き止まり)を登って高台に行くと、

真新しい重厚なコンクリート建物が完成していた。
d0150720_17381247.jpg


コンクリート造りの大型建物は、
高台の広い敷地に分厚く背の高い黒塀に囲まれている。
塀には、センサー反応のワイヤーが張り巡らされている。
2~30メートルごとに防犯・監視カメラを設置してある。

国家の特別重要な建物・施設か ?
或いは、皇室の住む敷地等は、警戒警備の為に周囲にはセンサー反応のワイヤーが張って、
防犯カメラが設置してあるが。。。?

堅牢で立派な建物であるが故に興味が沸いてくる。
敷地内は、大きな木々を移植してある。
d0150720_17392237.jpg


d0150720_11362163.jpg



建物内への入り口は、車両が出入りする開閉門 と 人の出入りするドア

厚いコンクリート製の塀の上に、不法侵入者を感知する
センサー反応のワイヤー と 防犯・監視カメラ
d0150720_17395224.jpg


煙突が一本 
堅牢で窓が無く、一見 原子力施設のようにも見えるが、
そうでもなさそうだ。
d0150720_17401719.jpg



秋谷海岸 秋谷漁港から見上げると、
大きな3~4階建ての立派な建物
建物の左側は、まだ一部 工事中で幕に覆われている。
この日は、品川ナンバーの黒塗りの高級乗用車、マイクロバスが来ていた。
何れも後部座席は、目隠しの黒色フィルムが張ってある。
海岸道路にも黒塗りの高級乗用車が数台駐車していた。
まさか 暴力団の車両 ?? とも思ったが、
車内で待っている運転手さんを見ると、暴力団には見えない。

庭に数個のビーチパラソルを広げ、
30~50歳代の男女 数十名が談笑する姿があった。

この建物が建つ以前 5~6年前、高台を一部整地した時、
この高台から眼下に見える秋谷海岸や相模湾の海原を眺めたことはあったが、
兎に角 眺望は抜群 180度 
大島・伊豆半島・箱根・富士山・江の島・丹沢山系
など広く望めて眺望抜群だった。
この建物は、南側に大きな開口部を設け、建物内部からも抜群な眺望のようだ。

d0150720_17411991.jpg


この建物の一段下は、高い断崖(だんがい)になっているが、
この場所にも
不法侵入者を感知する
センサー反応のワイヤー と 防犯・監視カメラがある。

アラブの石油富豪が、この建物の所有者 ?
でもなさそうだ。何故なら、それらしき外国人の姿はない。
1枚目の写真の道路を登って行くと、
 この建物の入り口横の工事車両の出入り口には、
仮称 秋谷研修センター 新築工事
又、その横には、地上4階 寄宿舎とあった。

丘の上、広大な敷地に堅牢で立派な建物が
何だって !?
 「秋谷研修センター 及び 地上4階建の寄宿舎」

環境が良く眺望抜群の場所に建ち、不法侵入者を感知する
センサー反応のワイヤー と 防犯・監視カメラで守られた
素晴らしい大規模な施設内で。。。
宿泊しながら、どんな職業の方々が研修センターで学ぶのだろう ?

興味本位から地元の人に、この建物について聞いてみた。
その人の説明は、
ある有名な音楽関係者(団体)の建物で、大きな地下室も備えている。
と教えてくれた。
秋谷漁港から丘の上の立派な建物を見上げると、
世間とはかけ離れた雲の上の存在と思えた。
これ程 完璧にセキュリティ対策を施している訳は、何故だろう。
それなりに理由はあるのだろうが.......その守るべきものは 何 ?
その音楽関係者(団体)は、誰なのか分らないが、
世間から隔離したような施設で、
世間が心地よく共感するような音楽が作れるのだろうか ?

・・・終り・・・

by saitamanikki2008 | 2019-06-02 13:38 | Comments(2)

秋谷海岸の休日 (3) 夕暮れ sanpo





・・・夕暮れ時の秋谷海岸を散策・・・

秋谷海岸は、夕陽が綺麗に見える場所として知られている。

日中の直射日光の下では、暑く感じるが、

夕暮れになると半袖では肌寒くて長袖に着替えた。
d0150720_11245387.jpg




内陸の地 さいたま市に暮らしていると、
夕陽は、建物の陰になり見えないので、夕陽が沈む位置は、全く気にしてない。
しかし、
今の季節(5月下旬)、秋谷海岸から見る夕陽は、
江の島の少し左側に沈む。
因みに、冬の12月は、伊豆半島の中央部付近に沈む。
d0150720_11240296.jpg



赤い夕陽に照らされて海面が赤く染まる。
d0150720_11243385.jpg




夕暮れのライダー
夕暮れになると、地元の人々も砂浜に座り
夕陽を見に来る人もいる。
d0150720_17323049.jpg


夕暮れの砂浜に一掃のヨットが。。。

d0150720_11260922.jpg



「立石公園 梵天の松 と 夕景」

この日、立石公園付近には、大勢のカメラマンが来ていた。
d0150720_11263124.jpg



赤い夕陽が沈む。。。

カップルが松の下に立ち、ズ~と綺麗な夕景を眺めている。

d0150720_11264558.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-05-31 14:40 | Comments(3)

秋谷海岸の休日 (2)



・・・初夏 快晴の秋谷海岸・・・

海風が吹く秋谷漁港の防波堤に座ると、
涼しくて、気分爽快である。
沖合にヨット、漁船が航行する。
d0150720_10360745.jpg


一列に並んで水鳥が飛んでいく
d0150720_10364014.jpg



漁港内の浮き球

d0150720_10561524.jpg



海岸付近は、狭い通路が多い
この坂道を下り 
キラキラ公園に行く
d0150720_11032090.jpg


高台のキラキラ公園から
ここからも綺麗な海原が。。。
d0150720_10560113.jpg




秋谷海岸に戻ると、沖合を数人乗りのボートが航行する

d0150720_11012290.jpg



砂浜では、周辺にトンビの食べ物は、見当たらないが、
上空からトンビが降りて、
近づいて来る。
小さめなので子供のようだ。

d0150720_10374001.jpg



石垣に生えた草花
(立石公園で)
d0150720_11014618.jpg



立石公園の松 
数多くの若芽が生えて。。。いるが、
松らしくない松の樹形。

d0150720_10545904.jpg



by saitamanikki2008 | 2019-05-30 11:16 | Comments(1)

秋谷海岸の休日 (快晴)



初夏 雲一つ無い快晴に恵まれ、
美しい秋谷海岸が。。。

全国的に暑い初夏となり、北海道では記録的な猛暑となったが、
湿気のない暑さに海風が吹き、秋谷日和と云うか
ハワイにいるようで、大変心地よい秋谷海岸。

気分爽快 !!
d0150720_10235203.jpg




相模湾上に冠雪の富士山が薄っすらと見える。
太平洋側から富士山を見ると、初夏でもまだ冠雪しているが、
山梨県側から見ると、冠雪は少なくなっているとか。

d0150720_10241047.jpg




青空の下 海辺に座って寄せては返す美しい波を見ていた。

d0150720_10252625.jpg




綺麗な浜辺の風景を独り占めしたような錯覚さえ。。。

d0150720_10260309.jpg




何処までも続く広い海原 

d0150720_10263603.jpg




一人の外国女性が 浜辺を歩いて来た。
砂浜に衣類を置き水着になって泳ぎ始めた。
この綺麗な海を見て泳ぎたくなったのだろう。
一度 沖合まで泳いで行き、浜辺に上がり、そのまま衣類を着て歩き去った。
初夏の水温は、まだ冷たいだろう。

d0150720_10270836.jpg


次回も秋谷海岸が続きます。


by saitamanikki2008 | 2019-05-29 16:10 | Comments(2)

春の海を見に行く 第 2 回




3月 23~24日、寒い シベリア高気圧が日本列島に南下して、
関東地方は、真冬のような寒さになった。
夜間 寒い雨が降ったので、大気に浮かぶ塵が雨で流され、
この日は、雲一つない綺麗な青空となった。

この季節としては珍しく、
車に屋根、ウインドウ、ボンネットに氷が張り付いていた。


・・・秋谷海岸 前田川 と 青空・・・
d0150720_12405281.jpg



冠雪した富士山の姿が綺麗だ。
d0150720_12363121.jpg



秋谷海岸の沖合 7~80メートル沖の気嵐(けあらし)

海面から立ち上る水蒸気が、
海上の冷たい空気に触れて発生する霧 (気嵐) が発生していた。
d0150720_12352629.jpg



綺麗な青空の下、漁船が出航する
d0150720_12575734.jpg



早朝に釣り人の姿も
d0150720_12355728.jpg



昼  穏やかな秋谷海岸
d0150720_12335559.jpg




広い海原 と 冠雪した富士山
d0150720_12342119.jpg



ヨットも出航準備
d0150720_12372893.jpg



春風に乗り沖合に。。。
d0150720_12392560.jpg



温かくなった秋谷海岸を散策する人々
d0150720_12380498.jpg




犬も気分良さそうに散歩
d0150720_12385930.jpg




ボードの上に座り、湘南らしい風景を楽しむ人の姿も。。。
d0150720_12383971.jpg


春を感じさせる前田川の小さな魚の群れ
d0150720_12401297.jpg



夕方まで良く晴れた秋谷海岸でした。
d0150720_12411450.jpg

次回は、満開になった大宮公園の桜を掲載します。

by saitamanikki2008 | 2019-03-30 12:04 | Comments(5)

春の海を見に行く



春の海を見に久しぶりに
三浦半島 秋谷海岸に行った。
比較的 温かい日になって、海水が温むような感じです。

d0150720_10132775.jpg


何処までも澄んだ大空に 広い海原
内陸の地 我が家周辺では、
視界を遮る建物などがあり
青い大空を飛んでみたいような気分に浸れない。
d0150720_10134598.jpg



早朝散歩の時、西の空に輝いていた残月
d0150720_10161611.jpg


早朝散歩の秋谷海岸
d0150720_10164907.jpg



立石 と 残月
d0150720_10171165.jpg



立石公園
ブルー(青空) と 影のコントラスト
d0150720_10173564.jpg
次回も春の秋谷海岸を掲載します。

by saitamanikki2008 | 2019-03-27 10:37 | Comments(4)

夕陽を見に 秋谷海岸へ (3)



前回に続き秋谷海岸の夕景です。

赤く染まった夕景の中 小舟が往く

d0150720_16085360.jpg

d0150720_16091750.jpg




もう 陽が沈む......。

d0150720_16093718.jpg




秋谷海岸 前田川でダイサギが一羽
小魚を狙っていた。

d0150720_16111856.jpg




何の変哲もない 一本の電柱
何故 写真に ?  と思うに違いありません。
今 日本国内に立っている電柱は、殆どがコンクリート製
これは、今となっては大変珍しい 木製の電柱なんですョ。
立っている場所は、
横須賀市秋谷1丁目 キラキラ公園から海岸方向に降りた場所近く。 

まだ頑張って立っている木製電柱に いつまでも頑張って !!  と声援を送りたくなった。


昭和初期ごろから耐久性に優れたコンクリート製の電柱が製造され現在ではこれが主流となっている。
因みに、函館の観光パンフレットにも掲載されている末広町にある日本最古のコンクリート電柱、
大正12(1923)年に設置された、日本最古のコンクリート製の電柱であるのを以前 函館観光した時に見た。

・・・秋谷1丁目に立つ木製電柱・・・

d0150720_16113529.jpg

by saitamanikki2008 | 2018-12-08 07:15 | Comments(2)