人気ブログランキング |

タグ:花 ( 455 ) タグの人気記事

大宮公園 夏の草花




・・・初雪草・・・

雪で彩られているかのように葉に白い斑がある。
d0150720_17241014.jpg



・・・ヤブミョウガの白い花・・・
d0150720_17232482.jpg




ヤブミョウガの黒い実
今の季節 花と実が混在している。

d0150720_17234176.jpg


           

 ルコウソウ

d0150720_17250054.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-09-02 08:31 | Comments(2)

キカラスウリ & カラスウリ 花の違い




大宮公園の一角に「キカラスウリ」と「カラスウリ」が茂っている場所がある。
どちらの花も 夜 7時~8時頃になると咲き始めて、
夜中になると、カラスウリの花は萎んでしまう。

キカラスウリの花は朝方になっても見られる。
それぞれの花を比べると、
キカラスウリの花は、男のような厚みがある。
一方 カラスウリの花は、女性のように繊細な感じである。


・・・キカラスウリの花・・・
d0150720_17531232.jpg


キカラスウリの花
数日前に咲き萎んだキカラスウリの花が
写真 左側の上部にある。
d0150720_17533040.jpg


・・・カラスウリの花・・・

これは8月16日夜、カラスウリの花を撮影、17日付で私のブログに投稿した写真です。
キカラスウリと比べると、幻想的で繊細に見えます。
d0150720_17361401.jpg


カラスウリの花が萎んだ写真
d0150720_06550164.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-08-28 07:16 | Comments(2)

青色の鮮やかな花 つゆ草



まだ 8月の下旬であるが、
秋雨前線のような気圧配置になり、雨・曇り日が続いている。

・・・つゆ草・・・
空き地や道端で咲く雑草であるが、
小さい鮮やかな青色の花に目が向く。

一昨年 空き地にあった つゆ草を庭に移植したところ、
今年は、思っていた以上に繁殖した。

朝 咲き、昼頃になると萎むが、
ここ数日、雨や曇り日が多く、つゆ草が元気である。
d0150720_07000127.jpg



小さい この花に魅せられる
d0150720_07002390.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-08-23 13:41 | Comments(2)

庭に咲く 秋の花




今年の8月は、37~8℃の射すような猛暑が連日続いていたが、
17日(土) 18日(日)を最後に、幾分 和らいだ。

庭先で 秋の花 オミナエシ(女郎花) が満開になった。
漢字をすんなり読むと、「じょろうばな」
女郎とは、古い意味の言葉で、 遊女、娼婦などの意味である。
勿論 遊女の花ではない。

女郎花(おみなえし)と正確に読むと、
「をみな」とは、女性のことであり、
「へし」とは「圧(へ)す」の連用形で、圧倒するほどの美しい意味だとか。
日本語がもつ意味は、深く難しい。

それでは、圧倒するほど美しい花「おみなえし」を。。。
d0150720_12280399.jpg

d0150720_12275224.jpg




我が家の庭で、今 初秋らしい赤茶色の小さな花、
吾亦紅 (われもこう)が咲いている。

花言葉は、「もの思い、愛慕」

昔 流行った詩であるが、50~60歳代の男心を歌った
杉本 眞人さんの「吾亦紅 ・ われもこう」がある。
彼の風貌・歌声が、この「吾亦紅」の歌にピッタリだ。

今このブログを投稿している時、
ユーチューブ(You Tube)で杉本 眞人さんの「吾亦紅」を聴いているが、
この歌詞の内容から、9月 お彼岸の季節に 又、聴いてみたい。

d0150720_12290570.jpg



花が咲いたら家の中に飾り、そのままドライフラワーとして、
一つの風景として飾り楽しむのも良いでしょうね。
・・・我が家で・・・
d0150720_06525114.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-08-20 07:27 | Comments(5)

原市沼の古代ハス




今朝の早朝散歩は、9月の梅雨入りのように肌寒かった。
今年の夏は、異常気象になるのか。
ふり返れば、昨年の夏は、極端な猛暑続きの連続だったが.....。
地球の温暖化により地球そのものが病み始めている。
地球温暖化を少しでも阻止する為に、地球自身が平均温度を下げようと
冷夏を求めているようにも思える。

     早朝から蒸し暑い日になったある朝、隣の街にある「 原市沼の古代ハス 」を見に行った。
  
      原市沼の古代ハス園は、地域のボランティアの方が管理しているハス園です。
        8月15日まで朝 5時半から夕方 4時まで開園、 入場無料です。
       駐車場所は、特にありませんが、直近の農道に10台位 停められます。
       公共乗り物は、JR大宮駅からニューシャトル(6:00始発)で13分 沼南駅下車
       徒歩 5分が便利です。

ハス沼を管理しているボランティアの方が、
こんな説明してくれた。
「今年は、天候不順が影響しているのか、花の開花が悪い」
確かに、7月上旬になると蒸し暑くなるのだが、
肌寒い日が多かった。

d0150720_15592058.jpg




それでも園内は、数多くの古代ハスが咲いている。
大変 綺麗だ !!
d0150720_15573346.jpg


d0150720_15554866.jpg



古代ハスの花、蕾、花托
d0150720_17265904.jpg

d0150720_15564895.jpg



・・・開花間際の花・・・

花弁の中心にある黄金色に輝く花托
d0150720_15584525.jpg
d0150720_15530159.jpg



花が散り、花托が残る
d0150720_15534858.jpg
d0150720_15532511.jpg
d0150720_15571812.jpg




園内には、ラズベリー棚があり多くの実が茂っている。
紫色の実を数個 採って食べた(フリーです)。
甘酸っぱい汁が口の中に広がった。
d0150720_15594475.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-07-22 09:33 | Comments(3)

梅雨空の下で咲く




今日も梅雨空が続く

今日 7月7日は、七夕さまである。


・・・織姫と彦星の物語・・・
ネットの「暮らしの歳時記」から

天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。
織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。
そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。
ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。
これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、
七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。
こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、
年に一度の逢瀬をするようになった。


梅雨空の下 庭の桔梗が、元気に咲いている。
d0150720_05503337.jpg


庭の花 レインリリー
その俗称のごとく、雨が降ると咲く
d0150720_05505082.jpg


今年 庭のつゆ草が元気である。
d0150720_05515648.jpg



散歩道の ノウゼンカズラ
d0150720_05511305.jpg


久し振りに吹奏楽を聴きに行った。
マーチ曲を聴くと、その軽快なテンポ、迫力ある音響から、
梅雨時でも心身ともに元気になる。
(フラッシュを使わないとステージ撮影 OKでした)
d0150720_05521065.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-07-07 12:20 | Comments(4)

散歩道に咲く花




・・・ 散歩道に咲く花たち ・・・

未央柳 (びょうやなぎ)

d0150720_14590107.jpg

d0150720_14592953.jpg




未央柳 (びょうやなぎ)に似ている黄色い花であるが、
この花は、
金糸梅 (きんしばい)
d0150720_15074292.jpg


d0150720_15075948.jpg




クチナシ

初夏 甘い香りを漂わせて白い花が咲く

d0150720_15010213.jpg




ザクロ  (柘榴の花)
最近は、ザクロの実を食べなくなったが、
子供の頃 握り拳大の実が裂けると
食べ頃となって木から採って食べたのだが。。。

d0150720_15004487.jpg




灯籠 と 紫陽花
( 氷川神社で )

d0150720_15000396.jpg



モミジ の 新芽 
(大宮公園で)

d0150720_15015092.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-06-22 16:03 | Comments(3)

梅雨空に咲く 庭の花 




梅雨空に咲く 庭の花を撮りました。

沙羅の花 
(別名  夏椿)

梅雨時のムシムシした時は、
この花を見ると
爽やかなイメージが膨らむ。 

椿のように毎朝、ポト ポトと木から花が落下する。
d0150720_14171593.jpg



レインリリー  (正式名 ゼフィランサス)

梅雨の季節に合わせたように咲く花
d0150720_14485602.jpg



半夏生(はんげしょう)

新しい葉が、半分純白に染まり、
女性の半化粧とも思える語感と、その色彩イメージがある。
d0150720_14183935.jpg



つゆ草

この花の形から ミッキーマウスのイメージと重なる。
d0150720_14190773.jpg


ストケシア
d0150720_14195805.jpg

by saitamanikki2008 | 2019-06-21 14:46 | Comments(2)

初夏の貴婦人 

【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!



初夏の庭に咲く 綺麗なこの花の名前は、

I  Am  Lady   Q   (アイ アム レディー キュー)

『 私は、Q 夫人です 』 (和訳)

数年前、
バラの花が咲き終わった初夏の季節
園芸店の苗木に付いていたタグに
I Am Lady Q (アイ アム レディー キュー)
と名称が書いてあった。

興味ある苗木の名前に魅かれ、
I Am Lady Q (アイ アム レディー キュー)を
庭で咲かせたいと思って購入した。

この季節になると、数多くの綺麗な花が咲く。
その姿は、初夏 爽やかな高原の貴婦人のようなイメージである。


I  Am   Lady  Q  (アイ アム レディー キュー)

貴婦人のように晴れ晴れと 賑やかに。。。

d0150720_10252081.jpg


時には、貴婦人のように 慎ましく
d0150720_06591306.jpg


或いは、貴婦人のように しっとり 

d0150720_07000543.jpg


又、或る時は、自信に満ちた貴婦人のように咲く

d0150720_10141383.jpg



クレマチス科 I Am Lady Q (アイ アム レディー キュー)は、

支柱に絡ませると、高さ3メートル位まで伸びる。


by saitamanikki2008 | 2019-06-18 20:27 | Comments(2)

梅雨空に咲く 庭の花




ここ数日 梅雨寒の日々が続いている。
押し入れから、薄掛け布団を出して寝ている。

梅雨らしい空模様であるが、明日は梅雨の中晴れになるようだ。

梅雨空の下 庭に咲く花たち

鉄砲ユリ
咲いたばかりのユリ花
d0150720_17074575.jpg



この場所に植えて数年経過しているので、
毎年 幹が細くなり背丈も低い
夕方になると良い香りが周囲に漂う。
d0150720_17075944.jpg



昼咲き月見草
d0150720_17070739.jpg



花菖蒲 金星
d0150720_17064971.jpg



ベロニカ ヘイデカインド
d0150720_17072613.jpg



ブラキカム
d0150720_17082694.jpg




4月 家の外壁を塗り替えした際、シートでバラを覆った為か ?
バラ グリマルディ
まだ 花芽もあり咲いている。
d0150720_17345026.jpg



今季 最後のバラ 
グラハム・トーマス
d0150720_17342942.jpg


by saitamanikki2008 | 2019-06-12 17:48 | Comments(4)