人気ブログランキング |

タグ:街角 ( 78 ) タグの人気記事

目に留まった風景





ある日、自転車に乗って大宮駅前に行く途中に
出会った2階建ての民家。
巨大に成長し、屋根まで届く「サボテン」
さしづめ「お化けサボテン」とでも名付けようか。
そして更に
ジャングルように庭 全体を覆う「ノウゼンカズラ」

この2つの巨大な植物が、車庫を押し込むように我が物顔で一戸建ての庭を占領している。

サボテン & ノウゼンカズラ に花が咲いていた。

サボテンの花言葉は、「燃える心」「 偉大」
ノウゼンカズラの花言葉は、「名声」「名誉」

家主は、花言葉を知って植え続けているのか ?
二階のベランダで、洗濯の干し物をしていた。
目に留まった風景_d0150720_10513112.jpg





早朝散歩の大宮公園 サッカー場 「NACK 5 スタジアム」 
コロナ禍で観客の声援は途絶えている。
目に留まった風景_d0150720_10524692.jpg





梅雨の雨が このように長く続くと、
少し晴れた早朝
遊具 ジャングルジム
の影を見ると何故か 新鮮味を感じる。

目に留まった風景_d0150720_10531386.jpg





サッカー場「NACK  5 スタジアム」 近くの店舗の柱に
複数の小さい狸が。。。

「たぬき」を漢字にして、

「た」は「他」、「ぬき」は「抜く」、「他を抜く」という意味に通じ、
狸は、縁起が良いと云われ、商売繁盛 開運 招福 
開店祝い などに使われる。 

目に留まった風景_d0150720_10540601.jpg

タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-07-10 06:42 | Comments(1)

日本一 巨大な モッコウバラに囲まれた建物





・・・黄色いモッコウバラに囲まれた建物・・・
( さいたま市北区所在 )

日本一、 それとも  世界一か ?!

昨年 この建物を取り巻くように咲く、モッコウバラの写真を掲載した。
今年もモッコウバラの咲く季節になったので、
咲き具合を確かめに訪れた。

オォ~ !!

今年も巨大なモッコウバラが、建物全体を覆っている。

この建物は、4階建てのマンションと思える。

その風景は、バラと云うより巨大な怪物がビルを襲っているような印象である。

ツルの先が4階建て建物の屋根まで届いている。


・・・建物 北東側から撮った写真・・・

日本一 巨大な モッコウバラに囲まれた建物_d0150720_15404963.jpg





・・・建物 北側の玄関先から撮った写真・・・

1階 玄関前に車が駐車しているので、2階部分から上部を撮った。
日本一 巨大な モッコウバラに囲まれた建物_d0150720_15413850.jpg





・・・建物のベランダ側 (西側)・・・

1階部分の窓は、モッコウバラで隠れている。
日本一 巨大な モッコウバラに囲まれた建物_d0150720_15411450.jpg





・・・玄関と反対側 (建物南側) の出窓風景・・・

 1階部分は、モッコウバラが咲き、建物を覆っている。
東側は、4階部分までモッコウバラが伸びている。
日本一 巨大な モッコウバラに囲まれた建物_d0150720_15415225.jpg

タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-04-21 16:40 | Comments(3)

私好みの カフェ店 (3)




・・・私の時間・・・

大宮公園隣接 ・ 県立歴史と民俗の博物館  横  

お洒落な隠家的 一軒家 ・ カフェ

『 Blue  Bird  Cafe  (ブルーバード カフェ) 』
Open 月・火・水・土  11:30 ~18:00

所在地 さいたま市大宮区寿能町1-16-11 1F
アーバンパークライン 大宮公園駅より徒歩 4分

私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16191252.jpg
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12255335.jpg




入り口 の看板  「 Blue  Bird  Cafe 」

私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16292093.jpg




玄関ドアにあるオブジェ
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16211578.jpg




室内 入り口 横の テーブル
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16304510.jpg




1Fにある 薪ストーブ
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16295649.jpg



寒い冬の季節、流れる音楽に耳を傾けながら、
薪ストーブの燃える炎を見ると、やすらぎがある。
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16310675.jpg




薪ストーブに火を焚いて、
直ぐ近くで、炎を見ながら美味しいコーヒーなどを飲める。
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16204618.jpg
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_16213873.jpg




私の時間
紅茶&パンケーキ
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12271632.jpg



このカフェ 1F は、
靴を脱がずにテーブル席に座れる場所 & 靴を脱ぐフロァー席がある。

私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12270427.jpg




オーナーが美大出身だそうで、フロァー席には
その時々に作家の絵が飾られている。
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12264504.jpg
私好みの カフェ店 (3)_d0150720_12262233.jpg

そして、不定期であるが時々 バンド演奏(2~3人)がある。
席料 500円+飲食代


by saitamanikki2008 | 2020-01-18 14:11 | Comments(1)

 私好みの カフェ店 (2)





・・・私の時間・・・

「 福丸珈琲  1F、2F 」

所在地 さいたま市北区盆栽町91-2

東武アーバンパークライン 大宮公園駅 横

Open 10:00~18:00頃
定休日  水曜日
駐車場 1~2台 (尚、指定の有料駐車場に入れると100円の補助あり)




店内は、古民家風、骨董、アジアン風である。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12172207.jpg





午後 太陽が西に傾くと、
木枠を通して光と影が綺麗に見える。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_15450011.jpg





この日、頼んでのが、福丸・ブレンドコーヒー
尚、バターカレーも美味しい。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16421188.jpg






この時計は、インテリアとして飾られている。
太陽が木枠を通して射し込むと
その影が時計に映りイイ感じになる。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_15452162.jpg





猫の絵も。。。
以前 この店のマスコット 猫であったらしい。
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12194883.jpg





テーブルには、色々なランプが置いてある。
クラッシックな西洋ランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16103100.jpg





懐かしい昭和調のテーブルランプ
 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16152249.jpg




和風のテーブルランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16111145.jpg





シンプルなテーブルランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16115881.jpg





アンテーク調の西洋ランプ

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16113301.jpg





店内のテーブル間の仕切り

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12163986.jpg





これも仕切り板  なにやら 絵・文字が描かれている。。。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_15455170.jpg





これは、造作的に面白い仕切り板である。
革製の板に 「平安時代のような人物絵 と  和歌」が描かれていた。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_16122832.jpg





2階に上がる階段

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12174341.jpg





2 F  懐かしい黒電話が。。。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12191969.jpg




これは、昔 実家にあったような茶箪笥が。。。

 私好みの カフェ店 (2)_d0150720_12183682.jpg


オーナー(日本人)は、英語を話し、
盆栽村に盆栽を見に訪れた外国人が立ち寄ると、流暢に会話している。
又、不定期であるが 金曜日(昼) 2階でアメリカ人による
英会話教室があるそうだ。
 1,000円+飲食代 
又、不定期(冬季を除く)ながら、夜間 昔懐かしい映画鑑賞会も。。。

次回も 私好みの カフェ店 が続きます。 


タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-01-16 10:56 | Comments(2)

私好みの カフェ店 (1)





・・・私の時間・・・

古民家風 一軒家 

自家焙煎 「 紅毛屋  珈琲店 」

所在地  さいたま市北区宮原町2-126-4。
Open A 10:00~21:00
定休日  金曜日

駐車場 5台

最寄り駅 新交通システム 伊奈線 ニューシャトル 東宮原駅 徒歩 4分位
(東宮原防災公園近く)
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11381044.jpg





カフェ店入り口
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11383053.jpg





店内に入ると、天井の枕木が見え、壁、床、テーブル、椅子 全てが木材。

店内は、FMラジオの音楽が流れ、
美味しいコーヒーを飲みながら、時間が止まったような静かな空間を楽しめる。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11390407.jpg





ガッチリとした厚い木材製のテーブル、椅子

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11401601.jpg





天井は、ドッシリした枕木に屋根裏がそのままに。。。

壁には、大きな掛け時計
 時間ごとに、振り子時計が「ボ~~ン」「ボ~~ン」と.....鳴る。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11394705.jpg




天井下に飾ってある いや 置いてあるポスター、絵、白黒写真など
時を重ねた品々が、歴史の 一時代の歩みを醸し出していた。
何とも ノスタルジックである。
この風景が、心の落ち着きをもたらす。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11405392.jpg



日本が、経済成長時代に流行ったスキー場のポスター
 信州 乗鞍スキー場

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11414102.jpg




ぶら下がった電灯
何とも この電灯傘が昔の雰囲気 タップリ
心休まる カフェ店である。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11432616.jpg

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11435393.jpg




棚に並んだコーヒーカップ
同じコーヒーカップは、一つも無いようだ。
ここのマスターがお客の顔 雰囲気で、その日のコーヒーカップを
選ぶのだろうか ?

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11422961.jpg




マスターがメニューを持って来た。
コーヒーのメニューは、色紙に手書きしたものだ。
日本でコーヒーを飲める店は、カフェ、喫茶店、レストランなど数百万店もあるだろう。
しかし、
そのメニューが全て「ひらがな」で書かれている店舗は、
唯一 この「紅毛屋  珈琲店」だけであろう。

「あめりかんぶれんど」「きりまんじゃろ」「れあちいずけいき」「こけももじゅうす」「ばたあとおすと」等と、

全て「ひらがな」で書いてあると読み難いが.....。意外性があり面白い。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10545076.jpg





今日、私のコーヒーカップは、これだ。
右の焼き物コップに水が入っている。

私好みの カフェ店 (1)_d0150720_11440564.jpg




店内にも数点の絵が飾ってある。

店内の人が座らないコーナーには、広告・雑誌・新聞などの切り抜きが
数多く貼ってある。

画家 藤田嗣治の切り抜きが多くあり
オーナーは、相当 藤田嗣治の絵画が好きそうである。
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10551162.jpg





本箱は、藤田嗣治展、セザンヌ展、ログハウス、喫茶店経営の本などがある。
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10553423.jpg



又、
過去の「国展 絵画部」20冊位、山下清 心の名画集、現代日本画傑作集、
フランス近代名画選などの本がある。
私好みの カフェ店 (1)_d0150720_10555549.jpg

本箱から興味ある本を手に取り
読んでみるのも良いだろう。

次回も私好みの カフェ店を掲載します。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2020-01-14 11:50 | Comments(3)

優しい色彩の葉





・・・綺麗だナ~・・・

いつも買い物、食事などで通る道の街路樹
初冬になると、葉が綺麗に紅葉する。

本当に柔らかい色彩に魅せられる。
その葉の色彩は、
緑から黄色、赤色に変化する。

優しい色彩の葉_d0150720_09502449.jpg



この優しい色彩が、堪らなく良い。

優しい色彩の葉_d0150720_09505143.jpg

第四回プラチナブロガーコンテストを開催します!
写真部門に応募します。

タグ:
by saitamanikki2008 | 2019-12-07 09:19 | Comments(3)

工作物の美




今回 投稿した写真は、今年 撮った未投稿の残り写真です。
興味ふる建物風景・工作物など

・・・建物 比較・・・

現代的なコンクリート住宅 と お堂のある風景
(さいたま市内)
工作物の美_d0150720_15224979.jpg





外部から見えない個人宅の庭に独立した築地塀がある。
依頼主が如何に「築地塀 Love」であるか窺える。
当時、築地塀を造作中の職人さんにお願いして撮影した。
(さいたま市内)

※ 築地塀とは
石垣を台座として塀の中心となる部分に木の柱を立て
そこに練り土(粘土質の土に油や藁などを混ぜた土)を入れて棒で突き固める。
強度を増し雨水から守るため、瓦を間に入れて作られている。 
古来より公家の邸宅や寺院などに見られ、今でも御所や寺院などにある。
工作物の美_d0150720_15230739.jpg



庭も広いが、立派な築地塀

土壁に組み込まれた瓦が波のような模様に。。。
イイな~ !!

工作物の美_d0150720_15232075.jpg



赤色屋根が綺麗だ
沖縄に旅行した時 竹富島の赤屋根も綺麗だったが.....。

・・・秋谷海岸で・・・

工作物の美_d0150720_16140929.jpg

タグ:
by saitamanikki2008 | 2019-10-07 15:16 | Comments(3)

令和元年 大宮・夏祭り




・・・令和元年 大宮氷川神社・夏祭り・・・

大宮駅前会場

一糸乱れぬ

菊水連の「 阿波踊り 」

令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15182088.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15183899.jpg



和太鼓 演奏
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15194172.jpg



・・・梯子乗り・・・

高さ6~7メートルの梯子の上で、乗り手が命綱をつけないで色々な演技を披露する。

スリリングな演技にハラハラする時も。。。
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_16024000.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_16055403.jpg

令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15165918.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15163757.jpg




竹梯子の上でバランスを取り、この格好で両手を離す。
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15172155.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15173514.jpg




各町内会の山車が大宮駅前に集まって来る。
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15204642.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15210469.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15212751.jpg



山車の後に各町内会の神輿が続く
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15251126.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15253818.jpg



人の後ろ姿は、好きな被写体である
その人の生き方を物語っているようで。。。
(声掛けして撮影しました)
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15270175.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15271782.jpg



各町内会の山車が一堂に集まった
JR 大宮駅前
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15285276.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15282580.jpg
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15312879.jpg

令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15292644.jpg



山車では、色々な踊りが繰りひろげられる。
キツネ、おかめ、ひょっとこ、大黒天、武神など
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15462060.jpg



山車から白い紙に包まれた「菓子」等が投げられると、
大勢の人が縁起物を拾おうと群がっている。

(大勢の人々が写っているのでボケ写真にしてます)
令和元年 大宮・夏祭り_d0150720_15294230.jpg


8月1日から始まった令和元年「大宮氷川神社 夏祭り」

8月3日 全て終了

そして、また静かな氷川参道に戻りました。

タグ:
by saitamanikki2008 | 2019-08-06 09:03 | Comments(1)

令和元年 大宮氷川神社 夏祭り




今年も「大宮 夏祭り」の熱い日がやって来た。

武蔵一之宮 大宮氷川神社

楼門前には、夏祭りの提灯が飾られ、

祭り本番を待つ。

令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16264017.jpg
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16265878.jpg



早朝の楼門内、神職の歩く場所は、綺麗に整えられた。
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16240302.jpg



回廊内も行燈で飾られ、夏祭り当日を待つ
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16241882.jpg



街中でも祭りを祝う雰囲気に
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16245956.jpg



精巧に出来た山車が通路に飾られた。
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16251765.jpg



町内会の神輿は、静かに出番を待つ。
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16243759.jpg



8月1日 午前10時 
大宮町内会の山車、神輿が武蔵一之宮 氷川神社境内に集まった。
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16281507.jpg
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16285433.jpg
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16294387.jpg



神職からお祓いを受けて
「勅使参向」
を待つ

※「勅使参向」とは、天皇陛下のお遣いのこと。
宮内庁の侍従職が勅使として、天皇陛下からの供え物を献じ、ご祭文を読み上げる。

楼門内での一連の行事が終わると、
氷川神社境内から、山車、神輿が一斉に其々の町内会に戻る。
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16283648.jpg



・・・8月2日 午後・・・

氷川神社境内では、神幸祭が行われた。
ご神体を神輿に移して、氏子地域内に一巡する意味があるとか。
幟、笛、太鼓、剣などを先頭にして、
特別な神輿が境内を一巡する。
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16310201.jpg



古式床しい衣装を身に纏う
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16312746.jpg
令和元年 大宮氷川神社 夏祭り_d0150720_16320871.jpg

次回も大宮・夏祭りを掲載します。


タグ:
by saitamanikki2008 | 2019-08-04 18:02 | Comments(1)

大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)



平成28年(2016年) 10月 さいたま新都心に造幣局 埼玉支局が開設された。
所在地・・・埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-190-22
造幣局と聞くと、日常では一般的に馴染がないが、春 大阪 造幣局の「桜の通り抜け」が知られている。
比較的近い場所にあるので、造幣局 埼玉支局内を見学した。
埼玉支局は、製造工場・博物館がある。
そもそも 造幣局とは、どんな場所なのか ?
日本のお金(貨幣)を製造をしている財務省傘下の独立行政法人の施設です。
1円硬貨から500円硬貨、記念硬貨、勲章・褒章や金属工芸品などを製造している。
売店では、貨幣セット、金属工芸品、お菓子なども販売していた。
  
造幣局 埼玉支局
(ネットの写真をお借りしました)

造幣局の外観の写真


・・・貨幣博物館と、貨幣製造工場を見学・・・

来年 平成31年 1月 
天皇陛下御在位三十年を記念する記念貨幣が発行される。
この写真は、そのポスターを撮影したものです。
記念貨幣の発行を知らなかったが、一枚 欲しくなりました。
今年 11月1日から事前に申し込む必要がある。
限定枚数で数が少ないので抽選になるだろう。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10194029.jpg



硬貨の損傷を診断する機械もありました。
私の小銭入れから取り出した、10円硬貨を取り出し機械に入れると
10円硬貨の直径、厚さ、重さを計算して
10円硬貨 その物の損傷状態を診断してくれます。
「健康です」
と書かれたシートが出て来ました。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10270791.jpg



造幣局で実際に使われている硬貨入れの袋
1円硬貨、5円硬貨、10円硬貨、50円硬貨、100円硬貨、500円硬貨を詰めた状態で
どの位の重さなのか 持ち上げて確かめることも出来ます。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10275851.jpg


千両箱が一個 置いてあった。
この千両箱の重さは、20キロとか。
試しに持ち上げると、ずっしり重かった。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10195420.jpg




博物館は、大判小判の古銭や明治以降の貨幣、
記念貨幣、勲章、褒章、オリンピックメダルなど貴重な展示物がある。

日本の紙幣・硬貨は、精巧に出来ているが、
その例が、500円硬貨に刻まれた00の部分に500円と刻まれている。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10200682.jpg


2020年東京オリンピックに際して大会直前に発行される
1000円銀硬貨
大変綺麗な絵柄です。
この他、フェンシング・柔道の記念硬貨も発行されるようです。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10211521.jpg


2020年東京 パラリンピック記念
1000円硬貨
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10212814.jpg


七宝焼きの綺麗なメダルなど多数展示している。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10201970.jpg
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10203389.jpg

歴史上の偉人メダルもあった。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10204786.jpg
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10210378.jpg

記憶に残るあの 3.11 東日本大震災
震災後の復興事業を願い記念して発行された
1000円硬貨も。。。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10214824.jpg


地方自治法施行六十周年記念で発行された
全国都道府県別の千円銀貨 プルーフ貨幣セットもあった。
これは、埼玉県のプルーフ貨幣セットを撮りました。
渋沢栄一と川越「時の鐘」のデザインです。

因みに、プルーフ貨幣とは、
硬貨の表面(凹部)に鏡のような光沢を施し、
模様のある面をつや消しで浮き出して造る硬貨です。
収集家には人気があるようですネ。
大蔵省 造幣局 見学 (さいたま市)_d0150720_10220181.jpg


博物館内の勲章・褒章、 及び 工場内は、撮影禁止でした。
工場内を見学した印象は、機械化されているが、
勲章・褒章、七宝などは、職人が手作業で丁寧に造られていることが分かりました。
因みに、同じお金でもお札(紙幣)の印刷は、造幣局でなくて
 東京都北区西ケ原2-3-15
独立行政法人 国立印刷局
事前に見学申請書の提出と当日 身分証明書の提示が必要のようです。

次回は、造幣局 埼玉支局を見学した後、造幣局近くにある庭の綺麗なカフェでランチしました。
その写真を掲載します。

タグ:
by saitamanikki2008 | 2018-09-21 11:04 | Comments(3)